敬語で質問する時のビジネスメール例文5選!お聞きしたい/お尋ねしたい

敬語で質問をするときのビジネスメールはどのように書くべきなのでしょうか。この記事では、敬語で質問する時のビジネスメール例文を5選にしてご紹介します!お聞きしたい/お尋ねしたい/ご質問がございますなど、事細かな例文をまとめたので、参考になること間違いなしです。



質問や問い合わせをする時のビジネスマナー

質問や問い合わせをする時のビジネスマナー①内容がわかる件名をつける

パソコン

質問や問い合わせをする時のビジネスマナー一つ目は、内容がわかる件名をつけるようにすることです。ビジネスメールを出す時は、内容が一目でわかるような件名をつけるのがビジネスマナーです。具体的でありながらにして簡潔な、わかりやすい件名をつけて、相手に開封してもらえるようなメールを心がけましょう。

具体的には、「〇〇について質問がございます」「〇〇に関するお問い合わせ」「〇〇についてのご質問」などといったような件名にすると、相手に理解してもらいやすく、好印象な質問メールをすることができるでしょう。また、初めて相手にメールを送る際は、自身の名前や会社名を入れることも忘れないでください。

件名に差出人である自分に関する情報を入れることで、相手に安心感を与えることができます。件名を「〇〇に関するお問い合わせ」とした後に、(〇〇株式会社〇〇部 自分の名前)と入れるようにすると良いでしょう。

ビジネスマナー②お聞きしたい・お尋ねしたいなどの「お」「ご」の扱い

パソコン

質問や問い合わせをする時のビジネスマナー二つ目は、「お」「ご」の扱いに関してです。尊敬語・謙譲語として使うことのある「お」「ご」ですが、行為の向かう先の相手を高める謙譲語として使う場合は、自分の所作に対して使うことができます。一方尊敬語は相手の所作に対して使うものなので、間違いとなります。

「お問い合わせいたします」などといった例文を見てもわかるように、質問や問い合わせをする際には自分自身の所作に対して「お」「ご」を使うことは一般的です。ただし、「ご質問がございます」などといった表現は一般に間違いであるとされているので、気をつけましょう。

質問や問い合わせをする時のビジネスマナー③複数質問をする際は箇条書き

パソコン

質問や問い合わせをする時のビジネスマナー三つ目は、複数質問をする際は箇条書きにするということです。一つの問い合わせなら問題ありませんが、複数の質問がある場合、それをそのまま文章にしてしまうと読みづらく、わかりづらい文面となってしまうでしょう。それを避けるために、複数の質問内容は箇条書きにしましょう。

箇条書きにする際は、まず最初に「下記の内容についてご相談申し上げます。」としてから、「1.2.3.…」などといったように、文頭に数字をふるようにして質問を箇条書きにまとめましょう。こうすることで、視覚的にもわかりやすく、答えやすい質問メールとすることができます。

質問や問い合わせをする時のビジネスマナー④結びの言葉


パソコン

質問や問い合わせをする時のビジネスマナー四つ目は、結びの言葉についてです。質問をしたことで、相手に負担がかかるのは言うまでもありません。それに関して、配慮をする姿勢を示すことも大切です。この姿勢は、結びの言葉をもって代えましょう。「ご確認いただけるようお願い申し上げます。」

「以上、ご回答いただけるようお願い致します」などといったようにして、丁寧に締めくくることで相手への配慮を示しましょう。「お手数をおかけしますが」「恐縮ではございますが」などといった婉曲表現を用いるとなおのこと良しです。ただ「ご回答下さい」とするだけでは、高圧的な態度にとられてしまいます。

質問したい時の正しい敬語の使い方5選!ビジネスメール例文は?

質問したい時の正しい敬語の使い方・ビジネスメール例文①商品に関する質問

パソコン

質問したい時の正しい敬語の使い方とビジネスメール例文一つ目は、商品に関してお尋ねしたい場合です。「先日はパンフレットを御送付頂きありがとうございました。新商品の呼称についてですが、アルファベット読みをしてよろしいでしょうか。ご多用のところ恐縮ですがご回答頂けますと幸いです。」などと質問をしましょう。

以下に関連記事として、ビジネスメールの質問の書き方についてまとめられているものがあります。マナーや問い合わせの返信例文についても紹介されているので、これでビジネスメールのマナーを理解できるようになること間違いなしです。この記事とあわせて参考にすることで、あなたのビジネスメールに役立ててください。

Small thumb shutterstock 717032236
ビジネスメールの質問の書き方|マナーや問い合わせの返信例文も

ビジネスメールで質問や回答する時はどのような書き方をしたらいいのかわからなくなります。この記事では、ビジネスメール時の質問や問い合わせの仕方や回答の仕方の...

質問したい時の敬語の使い方・メール例文②可能かどうかをお尋ねしたい場合

パソコン

質問をお聞きしたい・お尋ねしたい時の正しい敬語の使い方とビジネスメール例文二つ目は、可能かどうかをお尋ねしたい場合です。「先日ご提案頂いたプロジェクト案について、B案に差し替えていただくことは可能でしょうか。ご検討のほどよろしくお願いいたします。」などと丁寧に締めくくりましょう。

質問したい時の正しい敬語の使い方・ビジネスメール例文③2回目以降の質問

パソコン

質問をお尋ねしたい・お聞きしたい時の敬語の使い方とビジネスメール例文三つ目は、2回目以降の質問の際の例文です。まずは「先日はご回答ありがとうございました。」として感謝の気持ちを伝えた上で、「大変恐縮なのですが」としてへりくだり、「改めて2つお尋ねしたいことがございます」として質問に繋げましょう。

以下に関連記事として、「がございます」の使い方を紹介しているものがあります。「お聞きしたいことがございます」「お尋ねしたいことがございます」「ご質問がございます」等と使われる敬語表現ですが、どう使うのが適切なのでしょうか。そのマナーについて、以下の記事を参考にしながら敬語の知識を身につけてください。

Small thumb shutterstock 1154187910
「がございます」の使い方と誤用|質問がございます/場合がございます

ビジネスでもよく使われる「あります」の敬語の「がございます」の正しい使い方や質問の形をあなたは知っていますか?この記事では、「がございます」、丁寧語の「御...

質問したい時の敬語の使い方・ビジネスメール例文④意見をお聞きしたい場合

パソコン

質問をお尋ねしたい・お聞きしたい時の正しい敬語の使い方とビジネスメール例文四つ目は、意見をお聞きしたい場合のメール例文です。たとえば相手の会社の商品の導入を検討している場合、「詳しい製品情報をお聞きしたいのですがよろしいでしょうか。」などといったようにして、相手から意見を訊くようにしましょう。

質問したい時の正しい敬語の使い方・ビジネスメール例文⑤問い合わせ

パソコン

質問したい時の正しい敬語の使い方とビジネスメール例文五つ目は、問い合わせをする場合のビジネスメールの例文です。「先日お送り頂きました資料を拝見しました。〇〇についてお聞きしたいことがございますので、ご確認頂けますと幸いです。」と書き始めましょう。

質問内容を書いたら、「お忙しいところお手数をおかけしますがご回答のほどよろしくお願いいたします。」として締めの言葉にします。

質問を受ける時の正しい敬語の使い方例文5選!

質問を受ける時の正しい敬語の使い方例文①メールを頂いたお礼

パソコン

質問を受ける時の正しい敬語の使い方例文一つ目は、メールを頂いたお礼です。まずはメールをもらったことに対し、お礼を述べるようにしましょう。「この度はお問い合わせ頂きありがとうございます」などといったようにして、始まりの言葉としましょう。


以下に関連記事として、「ご心配ありがとうございます」のメール例文についてまとめられたものがあります。敬語の正しい使い方や英語について紹介されているので、ビジネスメールにおいてよく使われる表現について、今一度正しく学び直しておきましょう。普段なにげなく使っている言葉だからこそ知っておきたいところです。

Small thumb shutterstock 1191928219
ご心配ありがとうございますのメール例文!敬語の正しい使い方・英語も

あなたは、ビジネスメールでも良く使われる敬語表現である「ご心配ありがとうございます」などの表現の意味や正しい使い方を知っていますか?この記事では、「ご心配...

質問を受ける時の正しい敬語の使い方例文②簡潔で分かりやすい回答

パソコン

質問を受ける時の正しい敬語の使い方例文二つ目は、簡潔で分かりやすい回答です。曖昧な回答では、相手への配慮を欠いているといえます。質問した相手にも分かりやすいように、「〜のようです」「〜だと思われます」などといったような曖昧な表現は避けるようにして、簡潔に分かりやすい回答を心がけましょう。

例えば、製品に関する質問を受け取った時は、「製品の故障ではなく、仕様によるものですのでご安心ください」などといったように、はっきりと明言することで混乱状態にある相手を安心させられるような回答をしましょう。

質問を受ける時の正しい敬語の使い方例文③答えられない場合

パソコン

問を受ける時の正しい敬語の使い方例文三つ目は、答えられない場合です。質問を頂いたものの、答えることのできない内容であった場合、その旨を伝える必要があります。「その件につきましては弊社の方針により、ご回答いたしかねます」などといったようにして、婉曲表現を用いつつ断りを入れましょう。

質問を受ける時の正しい敬語の使い方例文④回答までに時間を要する場合

パソコン

質問を受ける時の正しい敬語の使い方例文四つ目は、回答までに時間を要する場合です。頂いた質問に対して回答までに時間を要する場合、まずは取り急ぎの返信をすべきです。ただ、複数質問があり、そのうちいくつかに返答することが可能である場合は、その場で回答するべきです。

締めの言葉として、「尚、〇〇の件につきましては、確認次第別途ご回答いたします」などといったようにすると、相手にも親切な回答となるでしょう。

質問を受ける時の正しい敬語の使い方例文⑤締めの言葉

パソコン

質問を受ける時の正しい敬語の使い方例文五つ目は、締めの言葉です。「ご不明な点などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。」といったようにして、気軽に質問を受け付けていると言う姿勢を示すようにしましょう。

以下に関連記事として、「しておりません」の意味と類語、英語について紹介されているものがあります。敬語の使い方も紹介されているので、ビジネスシーンやメールにおいて迷いが生じたときに見ておきたい内容となっています。この記事で質問に関する敬語について学ぶのと同時に、以下の記事にも目を通しておきましょう。

Small thumb shutterstock 229621111
「しておりません」の意味と類語と英語|敬語の使い方も

「しておりません」という表現はビジネスで使われる否定の敬語表現ですが、否定の表現だからこそ使い方を間違えると相手に対して失礼にあたるリスクがあります。ここ...

質問に関する間違った敬語の使い方とは?

ご質問がございます等質問に関する間違い敬語の使い方①ご質問がございます

パソコン

ご質問がございます等質問に関する間違った敬語の使い方一つ目は、「ご質問がございます」です。「ご質問がございます」はよく聞く表現ではありますが、自分で自分に敬意を払っているように感じさせてしまうことがあります。動作をする人に敬意を表すのが「ご」と言う尊敬語なので、あまり良い表現ではないでしょう。

ご質問がございます等質問に関する間違い敬語の使い方②ご回答いたします

パソコン

ご質問がございます等質問に関する間違った敬語の使い方二つ目は、「ご回答いたします」です。これもまた、「ご質問がございます」と同じように自分自身に対して敬意を払っているように感じられる表現なので、避けるようにしておいたほうが無難でしょう。尊敬語は敬意を表する表現です。

以下に関連記事として、「お変わりございませんか」の例文をまとめているものがあります。ビジネスでもプライベートでも使う頻度の高い「お変わりございませんか」という表現ですが、それを用いて正しく敬語表現するにはどうすれば良いのでしょうか。手紙での返事の書き方も紹介されているので参考にしてください。

Small thumb shutterstock 697078654
お変わりございませんかの例文13選!敬語表現・手紙等での返事の書き方も

「お変わりございませんか」はビジネスでもプライベートでも使いやすいフレーズです。今回は「お変わりございませんか」の敬語表現や手紙などの返事の書き方について...

質問や問い合わせをする時のビジネスマナーを身につけよう!

質問や問い合わせをするときのビジネスマナーは、正しいものを身につけておくに越したことはありません。正しいビジネスマナーがわからないからと、不明点をうやむやにしてしまうようなことはあってはならない事態です。ここで質問や問い合わせに関するビジネスマナーを蓄えておくことで、自信を持てるようになりましょう。

「ビジネスマナー」と一口に言っても、状況や場面に応じて、正解は様々です。どんな局面においても正しいビジネスマナーを使えるようになるには、多くの知識を蓄えておくに越したことはないでしょう。特に質問や問い合わせをする場面は多く存在するので、正しい使い方を学んでおきたいところです。

正しいビジネスマナーを身につけることができると、自分に自信を持つことができるだけではなく、業務をスムーズに進めることができるようになります。普段何気なく使っている言葉や表現も、もしかすると間違いかもしれません。疑いの心を持って自身のビジネスマナーを正していくことも、時に必要です。頑張ってくださいね。


商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。