「あなた」の正しい敬語表現を解説!目上の人への丁寧な使い方とは?

目上の人に対して使う「あなた」の正しい敬語表現をご存知ですか?手紙やメールなどの文章で用いる「あなた」の丁寧な使い方や、電話や会話などの口語で使う「あなた」の正しい敬語表現などをご紹介いたします。ぜひ、日頃のコミュニケーション作りに役立ててください。

「あなた」の正しい敬語表現とは

①名前や役職を知らない場合に使う

スーツを着た男性の後ろ姿画像

相手の名前や役職を知らない場合に、「あなた」の敬語表現を用います。取引先や目上の人など、名前や役職を知っている相手に対しては「○○様」や「○○課長」などの呼び方をしましょう。通常、電話や会話などの場合、名前を知っている相手に対して「あなた」の敬語表現を用いることはありません。

②尊敬語や謙譲語の概念はない

スーツ姿の女性画像

「あなた」に尊敬語や謙譲語の概念はありません。尊敬語や謙譲語は、動作に対して用いるものです。相手のことを指す「あなた」は二人称に分類されます。その為、「あなた様」というように様をプラスして使うことで丁寧語のような働きで目上の相手に対し敬意を示すことができるのです。

相手別|「あなた」の正しい敬語表現

女性に対して|貴女

テーブルに向かい合って座るスーツ姿の女性画像

「貴女」は女性に対して用いる敬語表現です。しかし、公的な文章や書類には「貴女」という敬語表現を使うことはありません。「貴女」は、厳格なシーンで使われる表現ではないのです。相手の女性に対し、親しみを込めて軽い敬意を表する時に使います。手紙で使うことが多い敬語表現です。

また、女性をターゲットとした広告や大勢の女性顧客に対して送るメールなどにも用いることがあります。「貴女」は、「貴殿」や「貴台」に比べフランクな印象を受ける敬語表現である為、親しみやすさをアピールしたい時に使いやすい表現です。

同期や先輩の男性に対して|貴兄

スーツ姿で腕組みする男性画像

「貴兄」は同期や先輩の男性に対して用いる敬語表現です。もともと、男性が使う敬語表現でした。しかし、最近では女性も同期や先輩の男性に対して「貴兄」を用いるようになっています。けれども「貴兄」は、貴女と同様に厳格なシーンで使うことはありません。

相手に対し親しみを込めて敬意を表する敬語表現なのです。公的なビジネスシーンで用いるのではなく、内々での円滑なコミュニケーション作りに適した表現です。

公務員に対して|貴職

シャツを着て腕組みする女性画像

「貴職」は公務員に対して使う敬語表現です。公務員の職務的地位である「官職」が基となった敬語表現です。「貴職」は、口語で用いることはありません。メールや手紙などの文章で用いるものです。

民間企業で、「貴職」という敬語表現はほぼ使うことはないでしょう。あくまでも、公務員に向けて使う表現なので用いられるシーンが限られているのです。

「あなた」の敬語表現|文章での使い方

①手紙:貴殿・貴台

白と金の文具画像

手紙での「あなた」の敬語表現は、「貴殿」や「貴台」を用います。「貴台」は「貴殿」よりもさらに丁寧な表現となります。その為、改まった様子を手紙を通して相手に伝えたい時の文章に用いられることがあります。ですので、使用頻度としては「貴殿」の方が高くなります。

貴殿はかつて、男性が目上の人や自分と同等の立場の相手に対し使っていた表現です。しかし、今では男女ともに使うことができる敬語表現へと変化しました。女性が女性に対して用いても良いですし、男性から女性に対して用いても良い敬語表現です。目上の人に対し、敬意を込めて手紙に用いることが多いです。

②メール:貴殿・あなた様

パソコンを見る女性画像

メールでの「あなた」の敬語表現は、「貴殿」や「あなた様」を用います。貴殿は公的な文章で用いられることができるほど、目上の人にかしこまった印象を与えることができる敬語表現です。時候の挨拶や結びの挨拶など、ビジネスシーンに欠かせない文章に用いることが多い敬語表現です。

それに対し「あなた様」は少し柔らかな印象を与える敬語表現です。メールの内容や送る相手との関係性に合わせて「貴殿」と「あなた様」を使い分けるようにしましょう。

「あなた」の敬語表現|文章での使い方例文

①貴台を用いた手紙例文

パソコン前で肘をつく女性画像

「貴台」はとてもかしこまった印象を相手に与える敬語表現です。通常、「貴殿」が用いられることが多いのですが、それに比べ「貴台」は非常に丁寧な敬語表現となります。「貴台」の台は、かつて壇のことを指す意味として使われていました。壇とは、土を積み固め作ったものです。

壇の上に建設された建物のことも、昔は台と呼ばれていました。台は、宮殿や寺院などを指す言葉として使われていたのです。今では、「貴台」は個人に対して使われる「あなた」の敬語表現です。

しかし、神聖な建物を指す言葉として「台」が使われていた名残から、貴殿よりも非常に丁寧な表現として捉えられるようになったのです。その為、「貴台」は役職が高い相手や社会的な地位が高い相手に対する手紙で用いることが多いのです。

    貴台を用いた手紙例文

  • 貴台におかれましてはますます益々ご清栄のことと拝察申し上げます。

②貴殿を用いたメール例文

眼鏡をかけパソコンの前に座る女性画像

親しみを込めた柔らかみのある文章の中で、「貴殿」と用いると違和感が生じます。「貴殿」は、厳格でお堅い印象の敬語表現です。「貴殿」をメールの文章内で使用する時は、メール全体の文章構成を統一するよう意識することが大切です。

    貴殿を用いたメール例文

  • 拝啓 貴殿におかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

③あなた様を用いたメール例文

黄色のトップスを着てパソコンの前で微笑む女性画像

「あなた様」は、お客様や目上の人に対し親しみと敬意を込めて使うことができます。大勢の顧客に対しメールを送信する時にも用いることができる敬語表現なのです。

    あなた様を用いたメール例文

  • 弊社では、あなた様からのご要望や感想をお待ちしております。

「あなた」の敬語表現|口語での使い方

①電話:あなた様

グレーのセーターを着て電話をする女性画像

電話での「あなた」の敬語表現は、「あなた様」を用います。しかし、名前や役職を知っている相手に対して「あなた様」という使い方はしません。面識が無く、名前や役職を知らない相手に対して用いることが多い表現です。

通常、ビジネスシーンで電話をかける場合、自身の会社名と名前を名乗ることがほとんどです。その為、電話の際は相手が会社名や名前を名乗ったら、忘れないようにメモを取りながら話すとその後の電話での会話がスムーズに進みます。

名前を聞き取ることができたら、「あなた様」ではなく「○○様」と名前に様を付けて呼ぶようにしましょう。電話で相手が名乗っていない状況であったり、名乗っていても忘れてしまった場合に「あなた様」という敬語表現を使うのです。

②会話:あなた様

スーツ姿で集まる男女画像

会話での「あなた」の敬語表現は、「あなた様」を用います。しかし、ビジネスシーンではほとんど使うことはありません。名前や役職を知っている場合、「あなた様」とは呼ばないからです。また、お客様との会話で名前がわからない場合は「お客様」と呼びます。

「あなた様」は、使い方によっては呼ばれた側がどこか見下されているような印象を受ける場合もあります。名前や役職がわからない上に、お客様と呼ぶ相手ではない場合に「あなた様」と使いましょう。その時は、あくまでも「あなた様」と敬意を表し呼んでいることが相手に伝わるように、丁寧な話し方をすることが大切です。

「あなた」の敬語表現|口語での使い方例文

①「あなた様」を用いた電話例文

スーツ姿で電話する女性画像

「あなた様」は、相手の名前がわからない時や忘れてしまった時などに使います。ビジネスシーンで電話を受けた場合、社名や名前などがうまく聞き取れないこともあります。折り返し電話が欲しいなど、名前がわからない相手から要望を受けた場合、「あなた様」を使い対応することができます。

    「あなた様」を用いた電話例文

  • かしこまりました。よろしければ、あなた様のご連絡先をお聞かせいただけますでしょうか。

②「あなた様」を用いた会話例文

飲み交わす男女画像

「あなた様」は、大勢の人と関わる際に使うことのできる表現です。慣れ親しんだ社内の人や、取引先とは違い初対面同士が多い会合などでは、相手の名前や役職をその時に覚えるのは大変です。そんな時、名前はわからないけれども敬意を表したい相手に対して「あなた様」と呼びかけることができます。

    「あなた様」を用いた会話例文

  • 異業種交流会の新年会での会話
  • 「今年もお互い良い年になるよう頑張りましょう。」
  • 「そうですね。ありがとうございます。あなた様の今年一年のご多幸を願っております。」

「あなた」の敬語表現を用いる際の注意点

①文章と口語で使い方が違う

笑顔でこちらを見る大勢の会社員画像

「あなた」の敬語表現は、文章と口語で使い方が違います。電話や会話で「貴殿」や「貴台」と呼ぶことはありません。相手への敬意を表する為の「あなた」の敬語表現ですが、シーンにより使い方が違うのです。

相手に対し、尊敬や敬意を持っていることを伝えたいという意志があり「あなた」の敬語表現を用いると思います。しかし、間違った使い方をすると相手に違和感を与えることになるので注意が必要です。

②「あなた」は取引先や目上の人に使わない

スーツ姿で座る男性画像

「あなた」を漢字表記すると「貴方」となる為、敬語表現に感じる人も少なくないでしょう。しかし、「あなた」は敬語表現ではないので上司や先輩、取引先に対して使うことは避けましょう。

「あなた」は、立場が同等の相手や自分よりも目下の人に対して使います。その為、取引先や目上の人に対して「あなた」という呼びかけをすることは失礼にあたるのです。

文章や口語での「あなた」の正しい敬語表現を知りシーン別に使いこなそう

「あなた」の敬語表現は、相手と自分との関係性や使うシーンに合わせて上手に使いこなすことが大切です。文章や口語により「あなた」の敬語表現は変わります。

適切な使い方ができると、相手が受ける印象が良くなり自身の評価も上がります。「あなた」の敬語表現を上手に使い、日頃のコミュニケーション作りに役立ててください。

こちらの記事では、「社長様・会長様は間違い|正しい敬語・敬称は?呼び方やメールの宛名も」「先方の意味とは?英語と敬語の使い方やメール例文も」について詳しくご紹介しております。ビジネスシーンでよくある、相手との関わり合いの中で必要とする敬語について知ることができます。ぜひ参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 117636538
社長様・会長様は間違い|正しい敬語・敬称は?呼び方やメールの宛名も

あなたは社長様や会長様という呼び方が間違いなのを知っていますか?この記事では、これらが間違いである理由とその正しい呼び方や敬称、メールの宛名についても詳し...

Small thumb shutterstock 268450025
先方の意味とは?英語と敬語の使い方やメール例文も

先方という言葉を聞いても、どのような意味なのか分からないという方も多いですよね。こちらの記事では、そんな先方の意味やメールでの使い方を敬語や様の使い方と共...

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。