ネットリテラシーの使い方は?低い高いの意味は?教育方法や情報問題も

ネットリテラシーが低い人の対策について知っていますか。こちらの記事では、言葉の意味から、ネットリテラシーの使い方、診断リストを使うなど身につけさせるための教育方法について紹介しています。賢く情報を集めたい方はぜひご覧になってください。

ネットリテラシーの意味は?

ネットリテラシーの意味とは①リテラシーは読み取る力という意味の言葉

本と人

ネットリテラシーの意味の1つ目は、リテラシーとは読み取る力という意味の言葉であるということです。言葉や画像から情報を読み取る力は、より効率よく求めている情報について調べたり、情報から結論を導くために大切なものの1つとなっています。

リテラシーと聞くとわかりづらい言葉のように感じられる方もいますが、情報を上手に取り扱うための力の1つと解釈すると、よりイメージを掴みやすくなるでしょう。

ネットリテラシーの意味とは②ネットで得た情報に揺さぶられず受け取る

顔に手を当てる人

ネットリテラシーの意味とは、ネットで得た情報に揺さぶられず受け取ることです。ネットの情報は、文字だけをそのまま捉えると情報を発信している人の意図に気づくことができなかったり、正しく把握しづらくなります。

直接的な情報によって強く動揺するようなことがないように意識しながら調べるようにする、という姿勢も、ネットリテラシーの言葉の意味の1つです。

ネットリテラシーの教育方法は?

ネットリテラシーの教育方法①ネットが多くの人の目に触れることを伝える

上司と後輩

ネットリテラシーの教育方法の1つ目は、ネットが多くの人の目に触れることを伝えることです。ネットに書いたり発信したものは、基本的に消すことはできず、多くの人の目に映ってしまうことと、それによって自分が忘れたあとも誰かが覚えている可能性があることを自覚させることが大切です。

自分の発言や投稿に責任感を持たせることで、ネットや関連したサービスに公開した情報によって巻き起こるトラブルを避けやすくなります。

また、ネットでの投稿が元で痛い人だと言われてしまうこともあります。こちらの記事では、痛い人という言葉の使い方や、具体的な行動、SNSで見かけるような発言についてご紹介しています。どんな情報が痛いと診断されてしまうのか知りたい方や、どんな投稿が批判を受けやすいのか知りたい方はぜひご覧になってください。

Small thub shutterstock 1061495264
痛い人とはどんな意味?特徴や行動・SNSで見かけた痛い発言も

あなたの周りに痛い人はいませんか?痛い人には目に見える大きな特徴があります。今回は、痛い人とはどんな人なのかをまとめました。痛い人の特徴や行動、SNSで見...

ネットリテラシーの教育方法②正しくない情報が溢れていることを教える

医師

ネットリテラシーの教育方法の2つ目は、正しくない情報が溢れていることを教えることです。出典の分からない情報や、でまかせで書かれたこともネットには含まれていることがあります。その事実を把握しておくことで、情報が本当に間違っていないのか確認する癖をつけることができるようになります。

ネットリテラシーの教育方法③心無い言葉は気にしないように伝える

パソコンと人

ネットリテラシーの教育方法の3つ目は、心無い言葉は気にしないように伝えることです。ネットでチャットをしていたり誰かとやり取りをすると、時折人に使うべきでない言葉が返答として帰ってきたりすることもあるでしょう。

変なことを言ってくる相手に対しては真面目に対応しようとせず、無視することも手段として大事であることを教えておけば、必要以上に傷つかずに済むでしょう。

ネットリテラシーの教育方法④どんな問題があったのか具体的に伝える

会議室

ネットリテラシーの教育方法の4つ目は、どんな問題があったのか具体的に伝えることです。どんな問題が実際に発生していたのか具体的に伝えて教育するようにすることで、より身近な問題であると認識させることができるでしょう。

自分は問題に巻き込まれることはないだろうから大丈夫だと慢心してしまうのではなく、誰もが陥りやすいからこそ対策しておこう、という姿勢にさせることが大切です。

ネットリテラシーが低い人の原因は?

ネットリテラシーが低い人の原因①個人情報の扱いに関した知識が少ない

聞こえていない人

ネットリテラシーが低い人の原因の1つ目は、個人の情報に関した知識が少ないことです。個人の情報は、顔が写った写真や住所、電話番号など個人を特定できるようなもののことを言いますが、そういった情報は慎重に扱わなければいけないことを知らないという人もいるでしょう。

情報を吟味せず、また許可を取らずに公開することの問題に対する理解の程度が低いと、何も考えずにSNSなどに写真をあげてしまう事態が発生することがあります。

ネットリテラシーが低い人の原因②勢いのある情報ばかり優先してしまう

テンションが高い人

ネットリテラシーが低い人の原因の2つ目は、勢いのある情報ばかり優先してしまうことです。声が大きい情報や、色々な人に賛同されている情報ばかりが正しいものであるとは限らないため、理解力が低いと自分はどう考えるか冷静に立ち止まってみることが難しくなってしまう場合があります。

ネットリテラシーが低い人の原因③自身を守る術を持っていない

頭を抱えた人

ネットリテラシーが低い人の原因の3つ目は、自身を守る術を持っていないことです。自分の個人的な情報を奪われないようにするための対策や、害のあるソフトやサイト、アクセスを診断して防ぐための術がないといざ悪意のある行動を起こされた時に被害が拡大してしまう事があります。

ネットリテラシーが低い人の原因④顔の見えない相手を信用しすぎている

驚く人

ネットリテラシーが低い人の原因の4つ目は、顔の見えない相手を信用しすぎていることです。話が合うからと相手を信用しすぎると、自分から渡したデータを悪用されたり言いがかりを付けられたりといったトラブルが起こることもあります。

また、常識がない、という言葉はどのような意味を持ち、どんな人を指すか知っていれば、ネットリテラシーが低めな方とも関連した情報を把握することができるでしょう。こちらの記事では、常識を疑ってしまうような行動や、常識がない人への対処法についても触れています。ぜひご覧になって、参考にしてみてください。

Small thub shutterstock 492455668
非常識の意味や英語は?常識を疑う行動や職場の常識のない人の対処法も

あなたの周りには、「非常識だなぁ」と感じる人がいますか?この記事では、「非常識の意味や英語」とともに、「常識のある人・常識がない人の特徴や職場にいる非常識...

ネットリテラシーが低い人の問題対策は?

ネットリテラシーが低い人の問題対策①診断するリストを用いる

書類

ネットリテラシーが低い人の問題対策の1つ目は、診断するリストを用いることです。意識を改めるためには、ネットリテラシーが高めかどうか診断するためのリストでチェックする機会を持たせて自分から何が適していない行動なのか明確に気づかせることが大切です。

ネットリテラシーが低い人の対策②ネットリテラシーが高い人の姿勢を見せる

会話する人

ネットリテラシーが低い人の対策の2つ目は、ネットリテラシーが高い人の姿勢を見せることです。実際にどんな使い方をすればネットリテラシーが高いと言えるのか示すことで、どうすれば問題を防ぐことができるか、自分の立場で考えることができるようになり、しっかりと理解しやすくなります。

また、SNSをしない人と、する人の理由や気持ちについて把握すれば、個人によるネットリテラシーの高さの違いについて理解しやすくもなるでしょう。こちらの記事では、SNSに興味を持たない心理や、嫌っている気持ちについて説明しています。ぜひご覧になってSNSに関連した心理についてチェックしてみてください。

Small thub shutterstock 567601909
SNSやらない人の特徴6選!興味ない・嫌いな心理は?やる人の理由も

あなたはSNSをやっていますか?世の中にはSNSをやらない人もいます。ここでは、興味ない人の特徴や心理について、詳しくご説明して参ります。また、やらないほ...

ネットリテラシーが低い人の問題対策③ネットの使い方を学べる本を使う

読書

ネットリテラシーが低い人の問題対策の3つ目は、ネットの使い方を学べる本を使うことです。ネットの賢い使い方を学ぶことができる教則本を使うことで、対象者の年代により適した使い方の知識を与え、わかりやすく学ぶ機会を与えることができるでしょう。

また、アンチ、と呼ばれることがある人について知れば、ネットリテラシーの大切さについて再確認することができるでしょう。こちらの記事では、特定の人やものに対して粘着してコメントし続けたり、批判を続ける人の心理について紹介しています。嫌がらせをする人について情報を集めたい方はぜひご覧になってください。

ネットリテラシーについて知って対策しよう

ネットリテラシーについて知って、対策しておきましょう。ネットはすぐに情報を調べやすくとても便利ですが、扱う人によって問題が発生してしまうこともあります。そのため、ネットリテラシーの意味や、低い人向けの診断リストを知っておけばより賢く上手に情報を取り扱いやすくなるでしょう。

ネットリテラシーは身につけることでより自分の身を守りながら、自分の知りたい情報を得やすくなります。スマホやパソコンなど、簡単にたくさんの情報に触れられる環境に身を置くからこそ、ネットリテラシーについてぜひ把握しておきましょう。

また、礼儀という言葉もネットを正しく扱う上で大切に成ってくる要素の1つでしょう。こちらの記事では、礼儀という言葉の意味や類語、具体的な実例について説明しています。インターンシップにおける礼儀の重要性にも触れているので、社会に出る上で大切なマナーについて知りたい方は、ぜひご覧になってください。

Small thub shutterstock 678594811
礼儀の意味とは?礼儀作法/基本的なマナー/礼節/礼儀をわきまえる

礼儀という言葉を聞いたことがありますよね。礼儀の意味とは何なのでしょうか?社会人として礼儀はしっかりと身につけておきたいものです。今回は礼儀についてご紹介...

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。