SNSやらない人の特徴6選!興味ない・嫌いな心理は?やる人の理由も

あなたはSNSをやっていますか?世の中にはSNSをやらない人もいます。ここでは、興味ない人の特徴や心理について、詳しくご説明して参ります。また、やらないほうがいいメリットについて、人間関係などに焦点を当てて、ご紹介してまいります。



SNSやらない人の特徴6選

SNSやらない人の特徴①リアルの人間関係が大切

内緒話で盛り上がる3人

SNSやらない人の特徴の1つ目は、『リアルの人間関係が大切』ということです。SNSでも人間関係はあります。ですが、直接会って話をするわけではありません。そういう点では、やはりリアルさに欠けます。それよりも、直接会って話ができるリアルな人間関係の方が大切だと、SNSをやらない人は考えています。

SNSやらない人の特徴②仕事が忙しい

仕事が忙しい男性

SNSやらない人の特徴の2つ目は、『仕事が忙しい』ということです。SNSは、意外と時間を取られます。本当に仕事が忙しい人は、自分の時間のすべてを仕事に注ぎ込んでいます。また、このタイプの人は、仕事が大好きであるという特徴もあわせ持っていることが多くあります。SNSに時間を取っている暇はないのです。

SNSやらない人の特徴③趣味が多い

絵を描く女性

SNSやらない人の特徴の3つ目は、『趣味が多い』ということです。インドアやアウトドアに限らず、多方面に趣味を持っている人は、自分の空いている時間はすべて趣味に注ぎ込みます。趣味に打ち込んでいる時間が、本人にとって最高の癒しの時間になのです。自分の大切な時間を、趣味以外に使うのはもったいないのです。

趣味は見つけ方次第で、面白い趣味を発見することができます。気になる方は、こちらの記事もあわせて、参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 360472328
趣味がない人の特徴10選!心理5選と悩みや面白い趣味の作り方も

趣味がない人の特徴や心理、悩み、趣味を見つける方法、面白い趣味をまとめてみました。飽き性でつまらないから趣味を作らない人や、お金をかけたくない人など、様々...

SNSやらない人の特徴④個人情報に大変慎重

たくさんのパソコン画面

SNSやらない人の特徴の4つ目は、『個人情報に大変慎重』ということです。ニュースなどではネット上での個人情報の流出が取り沙汰されています。これらの多くは、SNS上で不用意に公開した個人情報が元になっていることが多くあります。そのような危険から身を守る為には、最初からやらなければ良いのです。

SNSやらない人の特徴⑤自分の時間を大切にする

自分の時間を大切にする人

SNSやらない人の特徴の5つ目は、『自分の時間を大切にする』ということです。SNSは創造している以上に時間を取られます。「10分だけ」と思っていても、ふと時計を見ると1時間近く時間が経っていたなどのようなこともあるでしょう。このような時間の使い方が大変無駄だと考えている為、やらないのです。


SNSやらない人の特徴⑥周りがしていない

カフェで談笑する3人の女性

SNSやらない人の特徴の6つ目は、『周りがしていない』ということです。意外とこのような理由でやっていない人も多く見られます。自分の周りの友達や知人が誰もしていないのなら、「やってみよう」と思うことはないでしょう。また、始める必要性も全く感じられません。その為、ずっとやらないのです。

SNSやらない人が興味ない・嫌いな心理や理由9選

SNSやらない人が興味ない・嫌いな心理①過去の人間関係と繋がるのが嫌

携帯を操作する女性

SNSやらない人が興味ないまたは嫌いな心理の1つ目は、『過去の人間関係と繋がるのが嫌』ということです。特にフェイスブックなどでは、過去の人間関係とつながる可能性が高くなります。フェイスブックのシステムに、本人のデータから過去の人間を抽出する機能があるからです。迷惑極まりないシステムと言えるでしょう。

SNSやらない人が興味ない・嫌いな心理②SNS上での人間関係が面倒

眉間を抑える女性

SNSやらない人が興味ないまたは嫌いな心理の2つ目は、『SNS上での人間関係が面倒』ということです。顔が見えない為、一度こじれるとリアルでの人間関係以上に面倒なことになります。また、一度でもSNS上での人間関係の問題に巻き込まれた経験がある人は、その面倒さから、大嫌いになる可能性が高くなります。

SNSやらない人が興味ない・嫌いな心理③SNSそのものが面倒

飲み物を飲みながら携帯をチェックする女性

SNSやらない人が興味ないまたは嫌いな心理の3つ目は、『SNSそのものが面倒』ということです。フェイスブックなどでは、長期間ログインや更新がなされていないと、アカウントが停止されるなどのようなお知らせが流れてきます。面倒くさがりの人にとったら、このようなお知らせ自体も大変面倒に感じられるのです。

SNSやらない人が興味ない・嫌いな心理④他人に興味がない

バツ印をする男性

SNSやらない人が興味ないまたは嫌いな心理の4つ目は、『他人に興味がない』ということです。これは、もともと人間そのものに興味がないという人と、SNS上の人間に興味がないという人の2つのパターンに別れます。ですが、どちらにせよ、人間に興味がないことは同じですから、始めようとは思わないのです。

SNSやらない人が興味ない・嫌いな心理⑤時間がもったいない


腕時計を見る男性

SNSやらない人が興味ないまたは嫌いな心理の5つ目は、『時間がもったいない』ということです。「ちょっとチェックするだけ」と思っても、意外と時間が経っていることが多くあります。このような時間の使い方に疑問を感じた人は、SNSそのものが嫌いになる可能性があります。時間の使い方を見直したのです。

SNSやらない人が興味ない・嫌いな心理⑥疲れる

疲れている女性

SNSやらない人が興味ないまたは嫌いな心理の6つ目は、『疲れる』ということです。特に更新しなくても、チェックするだけで疲れます。また、人によっては「チェックしないと」などのように義務になってくる場合もあります。自分で自分にプレッシャーをかけてしまっているのです。するとよけいに疲れます。

SNSやらない人が興味ない・嫌いな心理⑦自分には必要ない

頬舌する女性

SNSやらない人が興味ないまたは嫌いな心理の7つ目は、『自分には必要ない』ということです。これが一番多く挙げられる理由かもしれません。自分にとって必要性が感じられないのなら、始める理由はありません。特にやりたいとも思いませんし、やらなければならないとも思っていないのです。だから興味もないのです。

SNSやらない人が興味ない・嫌いな心理⑧個人情報の流出が怖い

パソコンを操作する怪しげな男性

SNSやらない人が興味ないまたは嫌いな心理の8つ目は、『個人情報の流出が怖い』ということです。ニュースなどでよく取り沙汰されている個人情報の流出は、決して他人事ではありません。自分が個人情報の取り扱いに注意していても、友人や知人から流出してしまう危険性もあります。それが怖いのでやらないのです。

SNSやらない人が興味ない・嫌いな心理⑨依存症になりたくない

ふさぎ込む女性

SNSやらない人が興味ないまたは嫌いな心理の9つ目は、『依存症になりたくない』ということです。依存症になっている人は、自分では気づいていません。ですが、周囲の人たちから見るとすぐにわかります。暇さえあれば常にチェックしているからです。そのような姿を見て、「あんなふうになりたくない」と思ったのです。

SNS好きでやる人の特徴・意味とは?

SNS好きでやる人の特徴①架空の人間関係に積極的

屋外で携帯を触る女性

SNS好きでやる人の特徴の1つ目は、『架空の人間関係に積極的』ということです。顔を合わせない架空の人間関係に対しては、大変積極的に行動します。その為、ネット上での友人知人の人数は三桁や四桁になっている、というケースも多く見られます。簡単につながれるお手軽さが、本人にとっては良いのです。

SNS好きでやる人の特徴②リアルの人間関係は狭い

友達がいない男性

SNS好きでやる人の特徴の2つ目は、『リアルでの人間関係は狭い』ということです。リアルでの人間関係は狭いから、SNSを始めたという人が多くいます。リアルでの人間関係の範囲が狭いと、話し相手がいないので退屈になります。いつでも気軽につながれて話ができる仲間が欲しいのです。

SNS好きでやる人の特徴③寂しがり屋

寂しさを感じている女性

SNS好きでやる人の特徴の3つ目は、『寂しがり屋』ということです。リアルでの友達が少ないケースもありますが、一概にそのようなケースばかりとは言えません。リアルでの友達が多くても寂しいと感じて、始める人も多くいるからです。このタイプの人は、無数に友達が欲しいという強い思いが根底にあります。

SNS好きでやる人の特徴④趣味がない

趣味がない女性

SNS好きでやる人の特徴の4つ目は、『趣味がない』ということです。趣味がない為、夢中になれるものがないのです。また、趣味がないということは人とのつながりの範囲が狭い可能性もあります。仕事などのような決まった範囲にしか人間関係を築くことができない人は、広範囲での知人を作り為にやっていることがあります。

SNS好きでやる人の特徴⑤休日は暇

暇な女性

SNS好きでやる人の特徴の5つ目は、『休日は暇』ということです。趣味がなかったり、またはリアルに友達の少ない人は、休日は時間を持て余してしまいます。休日という長い時間を、どんな風に過ごせば良いのかわからないのです。すると、時間潰しの為にSNSを始めて休日を過ごそうと考える人が出てきます。

SNSをやらない人のメリットとは?

やらないほうがいいメリット①人間関係でのストレスがない

ストレスがない女性

やらないほうがいいメリットの1つ目は、『人間関係でのストレスがない』ということです。特にSNS上での人間関係はこじれると、リアルでの人間関係以上に面倒なことになります。簡単に多くの人たちとつながることができるので、関係のない人たちまで巻き込んで大事になるのです。そのようなストレスから解放されます。

やらないほうがいいメリット②自分磨きに専念できる

自分磨きに専念する女性

やらないほうがいいメリットの2つ目は、『自分磨きに専念できる』ということです。余っている時間を、自分の内面を磨くことに費やすことができます。本を読んで知識を増やしたり、自分の世界観を広げたりすることができます。または、新しい資格の勉強を始めて、自分の才能を磨いたり開花させたりすることもできます。

やらないほうがいいメリット③個人情報の流出を防ぐことができる

大きな鍵

やらないほうがいいメリットの3つ目は、『個人情報の流出を防ぐことができる』ということです。本人が気をつけていても、友人や知人から個人情報が流出してしまう可能性があります。または、友人や知人のそのまた友人や知人から流出する、などのようなこともあるのです。最初からしなければ、このようなことは防げます。

やらないほうがいいメリット④情報に踊らされなくて良い

くつろぐ女性

やらないほうがいいメリットの4つ目は、『情報に踊らされなくて良い』ということです。ネット上には、毎日さまざまな情報が飛び交っています。それらの情報を目にしてしまえば、一喜一憂することもあるでしょう。または、流行などに知らない間に乗せられるということもあります。このようなことを避けることができます。

やらないほうがいいメリット⑤リアルでの友達を大切にできる

リア友と食事をする人たち

やらないほうがいいメリットの5つ目は、『リアルでの友達を大切にできる』ということです。リアルでの友達は、ネット上での友達以上に大切です。なぜなら、直接会うことができるからです。また、絆の深さもまったく異なります。リアルでの友達の為に時間を使うことができるようになるので、更に絆は深まるでしょう。

やらないほうがいいメリット⑥休息の時間が取れる

疲れを癒す男性

やらないほうがいいメリットの6つ目は、『休息の時間が取れる』ということです。本人は休息を取っているつもりかもしれませんが、実際は休息になっていません。人間関係を気にしたり、情報をチェックしたりすることにも、それなりのエネルギーを消費しているのです。やらなければ、心身ともに本当の休息が取れます。

SNSをやらない人は時間の大切さを良く知っている

時計とお金

SNSをやらない人は、時間の大切さを良く知っています。自分の貴重な時間を無駄にしたくない、という気持ちが強くあるのです。SNSは、意外と無駄な時間を使ってしまっています。SNSそのものが悪いとは言いません。ですが、時間を決めてするなどの自分を律する気持ちを持つようにしましょう。


商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。