中学校教師の平均年収はどれくらい?年代別・男女別や私立・公立別も紹介!

中学校教師の平均年収はどれくらいあるのか興味はありませんか?幼い頃から中学校教師になることが夢という人には、人生設計のためにも必要な情報でもあります。中学校教師の平均年収を年代別・男女別や私立・公立別の区分ごとにご紹介します。

中学校教師の仕事とは?

中学校教師の仕事|学級経営

教室

中学校教師の仕事には学級経営というものがあります。学級経営とはクラスの担任を受け持つことです。中学校は小学校のように一人の先生が担任をしているクラスの生徒に全ての教科を教えることは基本的にはありません。しかし朝や帰りのホームルームや各行事はクラス単位で行うため学級経営は責任ある重要な仕事です。

中学校教師の仕事|教科指導

勉強する

中学校教師の仕事には教科指導というものがあります。私立公立の中学校、クラス担任をするしないにかかわらず中学の先生になれば誰でもする仕事のひとつです。中学校教師の主な仕事が教科指導になります。

中学校では各教科によって指導する先生が変わります。先生それぞれが持っている教科の免許状によって教える教科が決まります。場合によっては複数の教科の免許状を持っている先生が掛け持ちで複数の教科を受け持つこともあります。

中学校教師の仕事|生徒指導

教える

中学校教師の仕事には生徒指導というものがあります。担当科目の勉強を教えるだけではなく各中学校で定められている校則に従った服装やヘアスタイルをきちんと守っているか、学校に不要な物を持ってきていないかなどのチェックや指導をする仕事です。

また放課後の校内や校外パトロールや休暇中の夜間パトロールなどを行う学校もあります。勉強だけではなく生徒の生活指導も大切な仕事のひとつです。

中学校教師の仕事|進路指導

考える

中学校教師の仕事には進路指導というものがあります。中学校卒業してから高校に進学する生徒や就職をする生徒のこれからの進む先を一緒に考えて指導する仕事です。中学3年生になると受験間近の期間に突入する為、どこの高校に進学をするのかなど親を交えての3者面談などを行うという仕事もあります。

生徒の学力や家庭環境その後の将来を見据えて的確な指導をすることが必要です。生徒が希望していても学力が満たない場合には、相手の気持ちを考えながらもよりよい方向へと導いてあげることも大切です。

中学校教師の仕事|部活指導

スポーツ

中学校教師の仕事には部活指導というものがあります。全ての先生がこの仕事をするわけではありませんが、特に公立の中学校ではほとんどの先生が部活の指導を行うのが現状となっています。自分が得意なスポーツや文化部の指導を受け持つ先生もいれば未経験の分野を受け持つ先生もいます。

たくさんの仕事がある中で時には休み返上で部活指導をしなければならないので、実際には教師の負担になっているのが現状の様です。

中学校教師年代別の平均年収は?

中学校教師年代別の平均年収|20代:約360万円

お金

中学校教師の年代別の平均年収20代では約360万円です。教員免許を取得してすぐに勤務した初年度はここまで年収はありません。また最終学歴が4年生大学と短期大学の違いで初任給に少し差があります。4年生大学卒業の場合の初任給は約25万円で短期大学卒業の場合は約22万円と言われています。

中学校教師年代別の平均年収|30代:約490万円

お金

中学校教師の年代別の平均年収30代では約490万円です。同じ年代のサラリーマンの平均年収は約403万円と言われていますので中学校教師の年収は決して少なくありません。大変なことも多いでしょうが仕事にも慣れ生徒からの信頼も得ることができ仕事の楽しさもわかりだす年代です。

中学校教師年代別の平均年収|40代:約520万円

お金

中学校教師の年代別の平均年収40代では約520万円です。このころになると勤続年数が20年という人もいることでしょう。生徒一人一人とじっくりと向き合う余裕もあり、教師としてベテランの域に入ってきます。

中学校教師年代別の平均年収|50代:約650万円

お金

中学校教師の年代別の平均年収50代では約650万円です。教師として大先輩であり生徒だけではなく教師の指導を担う立場でもあります。また教頭や校長になることでさらに年収はアップし年収1000万円ほどになると言われています。

日本の義務教育は中学校の他に小学校があります。同じ義務教育でも中学校教師の平均年収と小学校教師の平均年収には違いがあるのでしょうか。下の記事で小学校の平均年収を紹介しています。中学校教師と小学校教師の年収に違いがあるのか参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 264788195
小学校教師の平均年収はどれくらい?年代別・男女別や私立・公立別も紹介!

小学校教師の平均年収はいくらなのでしょうか?年代別、男女別、区分別などでそれぞれの平均年収をご紹介します。私立、公立での違いなど、小学校教師の平均年収を詳...

中学校教師男女別の平均年収は?

中学校教師男女別の平均年収|男性教師:約620万円

喜ぶ

中学校教師の男女別の平均年収で男性の平均年収は約620万円です。中学校の男性教師全体で見た場合の平均年収ですのでこの中には校長や教頭など役職の年収も含まれています。中学校の男性教師が全てこれくらいの年収があるという訳ではありません。

中学校教師男女別の平均年収|女性教師:約590万円

笑顔

中学校教師の男女別の平均年収で女性の平均年収は約590万円です。一般職の女性の平均的な年収は約300万円と言われていますので、それに比べると中学校の女性教師の収入は多いということがわかります。年齢とともにスキルアップし収入も増えますのでやりがいのある仕事です。

中学校教師男女別で平均年収に違いがある理由

仲間

男女平等と言われている現代でも中学校教師の平均年収を男女別で見てみると男性の方が年収が高いという違いがあります。その理由としては女性は結婚出産を機に一時的に職を離れる人もいます。また校長や教頭は平均すると男性の方が多い為、収入に差が出るという理由があります。

出産後も同じ職場で教師として働きたい人は休職制度を利用するという方法があります。けれども休職をしている間に退職したいという考えに変わる事もあります。そのような場面に遭遇するかもしれない人は、下の記事で休職中に退職する時の伝え方を紹介していますので目を通しておきましょう。

Small thumb shutterstock 403515808
休職中に退職する時の伝え方!退職金・雇用保険やメールの例文についても

仕事を休職中に退職をしようか考えている人も少なからずいらっしゃいます。会社に行けない程の状態で、診断書を病院からもらう事もあるでしょう。雇用保険などから出...

中学校教師公立私立区分別の平均年収は?

中学校教師区分別の平均年収|公立校:約546万円

仲間

中学校教師の区分別の平均年収で公立中学校の平均年収は約590万円です。公立中学校の教師は地方公務員の区分に入ります。公務員と同じように昇級がありボーナスも年に2回出ますので勤続年数が増えるのと同じように収入は確実に増えていきます。

中学校教師区分別の平均年収|私立校:約465万円

ビジネス

中学校教師の区分別の平均年収で私立中学校の平均年収は約465万円です。私立中学校の教師は公立中学校の教師と違い地方公務員ではありません。それぞれの学校がそれぞれに定めた方針で給料が決定します。

私立中学校というひとつの区分の中でも学校によって収入には大きな差があります。学校の生徒数や規模によって収入に違いがあります。またボーナスもその年の成果によって変動するという学校もあるようです。

義務教育である小学校や中学校の教師とは違う高校の教師の年収はどれくらいなのでしょうか。下の記事で高校教師の平均年収を年代別や男女別で紹介しています。中学校教師だけではなく高校教師にも興味をお持ちの方は参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 459222919 1
高校教師の平均年収はどれくらい?年代別・男女別や私立・公立別も紹介!

高校教師と聞いてどんなイメージを持ちますか? 先生との出会いで高校教師になりたいと思っている方もいると思います。 実際に働いてみた時に生徒の立場だと分...

中学校教師雇用形態区分別の平均年収は?

中学校教師雇用形態区分別の平均年収|正規雇用:約480万円

女性

中学校教師雇用形態区分別の平均年収で正規雇用の平均年収は約480万円です。正規雇用とは勤務する期間を定めずに定年まで雇用契約を結ぶ形態です。わかりやすく簡単に説明すると正社員のことです。

正規雇用ですので基本給に加えて残業代やその他の手当て、ボーナスの支給が原則として保障されています。また定年まで働くことで退職金も支給されます。勤続年数や任された役職によって収入や退職金は増えていきます。

中学校教師雇用形態区分別の平均年収|非正規雇用:約263万円

勉強する

中学校教師雇用形態区分別の平均年収で非正規雇用の平均年収は約263万円です。非正規雇用とはパートタイマーや臨時職員、契約職員など正規雇用以外の雇用形態全てを指します。非正規雇用の教師は勤務日数や勤務時間によって年収はまちまちです。

また正規雇用とは違い必ずボーナスを支給するという決まりや保証もありません。同じ仕事内容でも雇用形態や働き方によって年収には大きな差があります。

中学校教師はどうやってなる?

中学校教師のなり方|教員免許を取得する

勉強する

中学校教師になる為にまずは教員免許を取得する必要があります。高校卒業後に教員過程がある大学や短期大学などに進学する方法が一番スムーズに教員免許を取得する方法です。ちなみに通信制の大学でも教員免許を取得することができます。

ただし教員免許には普通免許、臨時免許、特別免許という種類があります。中学校教師になる為には普通免許を取得します。それにプラスして自分がどの教科の先生になりたいかによってその科目の免許状が必要です。

中学校教師のなり方|教員採用試験を受ける

勉強する

中学校教師になる為には教員採用試験を受ける必要があります。教員免許を取得したからと言ってすぐに教員になれるわけではありません。雇用形態や学校区分によって採用の方法は違いますが、公立中学校で正規教員として働きたい人は教育委員会実施の採用試験に合格しなければなりません。

公立中学校ではなく私立中学の先生として働きたい場合も学校が行っている採用試験に合格しなければなりません。自分が公立私立どちらで先生になりたいのかどのような雇用形態で働きたいのかを決めてから採用試験を受けましょう。

中学校教師はやりがいのある仕事です

中学校教師の平均年収を年代別、男女別や私立公立別で紹介しました。参考になりましたでしょうか。教師と一言で言っても小学校中学校高校によって仕事の内容も年収も違いがあります。中学校の教師になるためになんとなく大学に進学しても教員過程のない学校に進学しては意味がありません。

またせっかく夢だった中学校の教師になれたけれど現実と想像の世界が違い過ぎて後悔することがあるかもしれません。お金が全てではありませんが大切であることに変わりはありません。年収をしっかりと把握してやりがいのある中学校教師を目指してください。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。