マーケッター(マーケター)の意味とは?仕事の内容や向いてる人も

マーケティングの仕事をしている人をマーケッターまたはマーケターと呼びます。マーケッター(マーケター)の仕事内容は多岐に渡るため、多くの知識やスキルを必要とします。具体的な仕事内容やマーケッターに向いてる人、持っておくと良いスキルをご紹介します。

マーケッター(マーケター)の意味とは?

マーケッター(マーケター)の意味とはマーケティング業務に従事する人

分析

マーケッター(マーケター)の意味とはマーケティング業務に従事する人のことを言います。業務の内容は多岐にわたり、製品を商品に変える仕事とも言えます。企業によって業務の範囲は異なりますが、基本的に調査・分析・提案が主な業務内容になります。

マーケティングの定義は売れる仕組みを考えること

プロモーション

マーケティングの定義は売れる仕組みを考えることです。価格戦略やマーケティングリサーチ、プロモーションやダイレクトマーケティングなどの方法で既存のユーザーにアプローチすることや新規ユーザーの獲得を目的としています。

webマーケティングを担当するのはwebmarketerと呼ぶ

web

webマーケティングを担当するのはweb marketer(ウェブマーケッター)と呼ばれます。多くの企業では自社のWebサイトを所有し、その自社Webサイトからマーケティングをおこない、登録者数やアクセス数の増加を目的とし分析や改善をします。

webマーケティングは世界に向けて発信できることや、市場調査の収集や分析が高速で実行できてターゲットを細かく絞れること、従来の市場調査に比べて費用が抑えられることなどのメリットがあることから、マーケティングと言えばwebマーケティングが主流になってきています。

マーケッター(マーケター)の仕事の内容は?

マーケッター(マーケター)の仕事の内容①市場やターゲットを調査すること

アンケート

マーケッター(マーケター)の仕事の内容1つ目は市場やターゲットを調査することです。どんな商品を提供するべきかを考えるために市場調査をしてニーズを把握し、ターゲットになるユーザーの趣味や行動パターンを分析する仕事です。

また既存の商品やサービスなどの売り上げから購買層の違いを調べたり地域によっての人気商品を調べたりして、詳しく分析して改善点を考えるということも調査の一つになります。成功例は参考にして失敗例はその理由を分析することで新しいものを作り出すヒントが得られます。

マーケッターが市場調査してリードと呼ばれる見込み客を獲得することをリードジェネレーションと言います。その見込み客から顧客に育てるリードナーチャリングの手順やプロセスを解説した記事をマーケティングの参考にしてください。

Small thumb shutterstock 508260937
リードナーチャリングの意味とは?マーケティング/顧客獲得へのプロセス

マーケティングの手法の一つのリードナーチャリングとは、ナーチャリングと呼ばれることもあり、リード(見込み客)を獲得するためのリードジェネレーションから顧客...

マーケッター(マーケター)の仕事の内容②商品コンセプトや企画設計をする

商品

マーケッター(マーケター)の仕事の内容2つ目は商品コンセプトや企画設計をすることです。市場調査やターゲットの分析をした結果から、商品のコンセプトを決めたり企画設計をおこなったりします。企業によっては専門の部署でおこなう場合もあります。

マーケッター(マーケター)の仕事の内容③販促の方法を考案する

販売

マーケッター(マーケター)の仕事の内容3つ目は販促の方法を考案することです。商品の企画が完成したら、どのように販売していくのかを考えます。商品を企画する担当者はアイデアを出しあいヒット商品になりえるものを考えて、営業の担当者は商品の価格設定や販売エリアなどを検討して販促活動をおこないます。

そのキャンペーンには様々な部署の担当者が企画に携わりチームを作ります。マーケッターはその中心に位置して、各担当部署がきちんと連動し、コンセプトのズレが生じないようにまとめていくことも仕事内容の一つになります。

マーケッター(マーケター)の仕事の内容④広告運用・SEOの実務

プログラマー

マーケッター(マーケター)の仕事の内容4つ目は広告運用やSEOの実務をおこなうことです。販促方法が決定したら、実際に商品の広告運用をおこないます。検索したときに自社のサイトが上位に表示されるようにSEO施策なども必須になります。

マーケティングにはデジタル広告が多く利用されますが、デジタル広告とリスティング広告には違いがあります。デジタル広告の種類や始めるときのポイント、掲載方法について詳しく解説している記事を自社の製品やサービスのデジタル広告の参考にしてください。

Small thumb shutterstock 504516640
ディスプレイ広告とは?リスティング広告との違いや始める時のポイントも

ディスプレイ広告とはどんな広告かを説明します。間違えられやすいリスティング広告との違いや、種類、始める時のポイントなど、ディスプレイ広告について知りたい情...

マーケッター(マーケター)の仕事の内容⑤LPOの最適化

エンジニア

マーケッター(マーケター)の仕事の内容5つ目はLPOの最適化です。LPOとはユーザーが最初に訪問したページをライティングページと言い、このページを改善してサイトから離れる離脱率の減少を図ることで、ライティングページが最適化されます。

マーケッター(マーケター)の仕事に向いてる人の資質5選

マーケッター(マーケター)の仕事に向いてる人の資質①流行を察知する力

流行り

マーケッター(マーケター)の仕事に向いてる人の資質1つ目は流行を察知する力です。マーケッターは市場の動向や変化を敏感に感じて、流行を察知する高いアンテナ力で誰よりも早く世の中の流れを読み取ることが必要になります。

マーケッター(マーケター)の仕事に向いてる人の資質②リーダーシップ

リーダー

マーケッター(マーケター)の仕事に向いてる人の資質2つ目はリーダーシップがある人です。マーケティングは形のないものから方向性を決めて成功に導くための道筋を作る仕事です。強いリーダーシップを持ってチームを統率していくことが必要になります。

マーケッターはある製品やサービスのプロジェクトを組んで業務を進めますが、その時にはリーダーシップが取れるPMOの立場になることもあります。IT企業にはかかせないPMOの意味や役割、必要な能力やスキルを紹介した記事を参考にしてください。

Small thumb shutterstock 769705507
PMOの意味とは?ITにおける役割・業務や必要な能力とPMとの違いも

PMOと呼ばれるプロジェクトマネジメントオフィスを多く企業で設置されるようになってきましたが、具体的な業務内容はわかりにくいですよね。PMOの具体的な業務...

マーケッター(マーケター)の仕事に向いてる人の資質③好奇心が強い人

楽しむ

マーケッター(マーケター)の仕事に向いてる人の資質3つ目は好奇心が強い人です。顧客になる人が何に興味を持っているのか、何が欲しいのかを知りたいと思う気持ちがマーケティングの基本になります。人に対して好奇心を強く持つことが必要になります。

マーケッター(マーケター)の仕事に向いてる人の資質④コミュニケーション

握手

マーケッター(マーケター)の仕事に向いてる人の資質4つ目はコミュニケーション能力です。マーケッターは宣伝や営業、商品開発などの様々な部署の人との連携が必要になります。円滑に業務を進めるためのコミュニケーションが必要になります。

プロジェクトのリーダーとしてチームを導く役割だけでなく、各部署のフォローや社外の担当者との打ち合わせなど多くの人と関わりを持ち、相手の立場に立って物事を考えられる高いコミュニケーション能力が求められます。

マーケッター(マーケター)の仕事に向いてる人の資質⑤論理的思考

考える

マーケッター(マーケター)の仕事に向いてる人の資質5つ目は論理的思考です。良い成果を出すために、マーケティングで得たデータを客観的に捉えて、仮説や検証を繰り返しおこない、論理的な思考でまとめる力が必要になります。

マーケッターの仕事に向いてる人の資質の論理的思考には、思考力を高める方法があります。考える力や論理的になる訓練をしてマーケッターの資質を高めましょう。詳しいトレーニング法などの記事を参考にしてください。

Small thumb shutterstock 681206938
思考力を高める方法11選!考える力や論理的になる訓練やトレーニング法は

この記事では、思考力を高める方法を11選にしてご紹介します!考える力や論理的になる訓練やトレーニング法についてまとめるので、考える力やその能力を高めたいと...

マーケッター(マーケター)になるには?持っておくと良いスキルは?

マーケッター(マーケター)になるのに良いスキル①企画力

企画

マーケッター(マーケター)になるのに良いスキル1つ目は企画力です。マーケッターの仕事は売れる仕組みを作ることで、何もないところから全体の流れを考えてその仕組みを作ることが必要です。新しいものを企画してその流れを構成する力が必要になります。

マーケッター(マーケター)になるのに良いスキル②課題解決力

解決

マーケッター(マーケター)になるのに良いスキル2つ目は課題解決力です。マーケティングは新しいサービスや商品だけでなく、既存のサービスや商品の売上げを改善するということもあります。現状の売上げがなぜ伸び悩んでいるのか、ユーザーの動向や競合他社の動きなどのマーケティングから解決策を考える力が必要です。

マーケッター(マーケター)になるのに良いスキル③アクセス解析の知識

アクセス

マーケッター(マーケター)になるのに良いスキル3つ目はアクセス解析の知識です。アクセス解析はCV数(最終的な成果)のアップが目的になります。そのためにはアクセス解析ツールの操作方法だけでなく、設定方法や効果的な使い方などの知識も必要になります。

マーケッター(マーケター)になるのに良いスキル④SEO施策の知識

ディスプレイ

マーケッター(マーケター)になるのに良いスキル4つ目はSEO施策の知識です。SEO施策とは「Search Engine Optimization」の略で、自社サイトが検索結果で露出を多くするためにおこなう対策のことで、検索エンジン最適化とも呼びます。

SEO施策は基本的にはGoogle検索エンジンに対しておこないます。なぜならユーザーが一番多く利用している検索エンジンで上位に表示されればアクセス数が見込めます。そのためにはGoogle独自の検索のアルゴリズムに沿ってSEO施策を進めましょう。

マーケッター(マーケター)になるのに良いスキル⑤アフィリエイトの知識

広告

マーケッター(マーケター)になるのに良いスキル5つ目はアフィリエイトの知識です。アフィリエイトとは第三者のメディアやブロガーなどに商品の宣伝や販促をしてもらい、販売につながった場合にそのきっかけになった紹介に報酬を支払う仕組みのことを言います。

だれが商品を紹介したかを追跡できるリンク用URLを準備して、契約や購入が完了した場合に商品ごとに異なる報酬額を加算する仕組みが必要になります。また外部サイトから自社のサイトに向けられたリンクを被リンクと言い、この被リンクを増やすことが重要になります。

マーケッター(マーケター)になるのに良いスキル⑥Webサイト構築の知識

エンジニア

マーケッター(マーケター)になるのに良いスキル6つ目はWebサイト構築の知識です。自社のWebサイトをプロデュースするにはLPOをはじめとする多くの基礎知識やサイトの設計方法、サイトデザインの知識が必要になります。

マーケッターに必要なWebサイトを構築する知識にはアドテクノロジーの技術を使用してデジタルマーケティングをします。投資対効果を最適化するための技術を身につけてマーケティング業務により良い結果をもたらすように下記の記事を参考にしましょう。

Small thumb shutterstock 566521042
アドテクノロジーの意味は?最新技術や基礎に図解とは?広告や教科書も

マーケティングに関わる仕事をしている場合は、アドテクノロジーの技術は欠かせないものになります。今回はアドテクノロジーの意味や用語、媒体社と広告主に関わるサ...

マーケッターのスキルを身につけて成果をあげましょう

ビジネスマン

マーケッターとは企業にとって今やなくてはならない仕事になっています。業務内容の範囲は企業によって変わってきますが、売れる仕組みを作ることというのは共通しています。どんな商品やサービスが求められているのかを敏感に感じとり、サービスを具体化して実際の成果につなげましょう。

自分が出したアイデアが商品やサービスとしてヒット商品になる可能性もあります。マーケティングは大学で統計学やマーケティング理論を学んだり、働きながらでもマーケティングのノウハウを学んだりして様々な分野で活躍できるマーケッターを目指してみましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。