アドテクノロジーの意味は?最新技術や基礎に図解とは?広告や教科書も

マーケティングに関わる仕事をしている場合は、アドテクノロジーの技術は欠かせないものになります。今回はアドテクノロジーの意味や用語、媒体社と広告主に関わるサービスの内容、さらに図解や基礎から学べるおすすめの本もご紹介しています。

アドテクノロジーの意味は?

アドテクノロジーの意味とはネット広告に関連するシステムのこと

パソコン

アドテクノロジーの意味とはネット広告に関連するシステムのことです。広告テクノロジーやアドテク、アドテックなどと呼ばれることもあります。ディスプレイ広告だけでなく、テクノロジーが駆使された広告の領域の全てが対象になります。

デジタルマーケティングと言われるデジタルが活用されたマーケティング活動の一部にインターネット広告があります。その中の一部としてテクノロジーが活用された広告領域のアドテクノロジーが存在する形になります。

アドテクノロジーの基礎は3つの技術を知ること

IT企業

アドテクノロジーの基礎を理解するためには3つの技術を知ることです。広告が表示される領域を提供する「メディア」、ロジックに従って広告を配信する「広告配信」、配信された広告の結果を集計・評価する「効果測定」などの基礎技術が使われています。

アドテクノロジーの企業とは?

アドテクノロジーの企業①メディア(広告を表示させる媒体社)

たくさんのディスプレイ

アドテクノロジーの企業1つ目はメディア(広告を表示させる媒体社)です。インターネットに広告を出したい広告主がどの媒体に出すのか迷ったり複数の媒体に出すためにはたくさんの契約を結んだりということを、媒体社のアドテクノロジーを利用して、複数のメディアの広告枠を一元化する企業です。

アドテクノロジーの企業②広告主(広告の出稿主)

デジタル

アドテクノロジーの企業2つ目は広告主(広告の出稿主)です。予算を使い広告を配信するためにアドテクノロジーを活用してより適したターゲットを獲得し、コンバージョン(Webサイトにおける目標達成)を目指す企業です。

アドテクノロジーの目的は?

アドテクノロジーの目的①投資対効果の最適化

グラフ

アドテクノロジーの目的1つ目は投資対効果を最適化することです。広告主がどのくらいの投資をしていくら儲かったのかを表す指標として、広告の効果測定を利用することにより投資対効果を最適化させることができます。

アドテクノロジーのサービスを運用するためには、IT用語なども詳しく理解する必要があります。まずは基礎的な知識を証明できるITパスポートを取得するのも良いでしょう。国家資格のITパスポートについての記事を参考にしましょう。

Small thumb shutterstock 307999805
ITパスポートの難易度は?合格率や受験料・独学の勉強時間や勉強法も

ITパスポートという試験をご存知ですか?今回はITパスポートの難易度や合格率、受験料、独学での勉強時間などについてご紹介します。独学だけでは合格が難しいの...

アドテクノロジーの目的②媒体社の収益を最大化

お金

アドテクノロジーの目的2つ目は媒体社の収益を最大化することです。コンテンツの特性を活かして広告主がメディアに多く掲載されることで、広告枠に対しての表示価値を高めて媒体社の収益を上げやすくし最大化させます。

アドテクノロジーのサービスを利用したディスプレイ広告はWeb上に表示される広告ですが、ディスプレイ広告の種類や始めるときのポイント、またディスプレイ広告の掲載方法などを解説している記事も参考にしてください。

Small thumb shutterstock 504516640
ディスプレイ広告とは?リスティング広告との違いや始める時のポイントも

ディスプレイ広告とはどんな広告かを説明します。間違えられやすいリスティング広告との違いや、種類、始める時のポイントなど、ディスプレイ広告について知りたい情...

アドテクノロジーの目的③ユーザーにとって有益な広告が表示

ディスプレイ

アドテクノロジーの目的3つ目はユーザーにとって有益な広告が表示されることです。アドテクノロジーによって収集されたデータから、Webサイトにアクセスしたときに自分にとって有益となる広告が表示される機会が増えます。

広告を見ているだけのユーザーはエンドユーザーではありません。IT用語のエンドユーザーは実際にアプリやソフトを利用する人のことを指します。ビジネスや他業界でもよく利用されるようになっている言葉ですが、顧客や消費者とはどう違うのか、エンドユーザーの使い方などを紹介した記事もあわせてご覧ください。

Small thumb shutterstock 481902994
エンドユーザーの意味とは?顧客や消費者との違いは?使い方4選も

エンドユーザーの意味について知っているでしょうか。顧客・消費者とよく似た意味を持っています。しかし、厳密に見れば3つの言葉の持つ意味は少し違うのです。この...

アドテクノロジーの最新技術とは?

アドテクノロジーの最新技術①最適な広告をタイミングよく見せること

ジャスト

アドテクノロジーの最新技術1つ目は最適な広告をタイミングよく見せることです。膨大なデータの中から個人に最適な広告を、タイミングよく見せることが大事になります。デジタルマーケティングの精度が向上し、効果も最適化が進んでいます。

アドテクノロジーの最新技術②AIを利用

ビジネス

アドテクノロジーの最新技術2つ目はAIを利用することです。人工知能の活用によって、蓄積されたデジタルマーケティングの膨大なデータから属性ごとに分類して、人間では考えられない領域の発想が導き出されるようになっています。

デジタルマーケティングにも使用されるマーケティング用語には利益を表すベネフィットという言葉もあります。このベネフィットの意味や使い方やメリットとの違いの記事で紹介しているマーケティング用語は、アドテクノロジーにも使用されますのであわせてご覧ください。

Small thumb shutterstock 1041999151
ベネフィットの意味・使い方・例文とは?恩恵/顧客/マーケティング

ベネフィット(benefit)という言葉は恩恵や利益を意味する英語表現ですが、ビジネスにおいてよく使わている頻出表現です。ここでは例文や使い方を紹介すると...

アドテクノロジーの最新技術③動画広告

動画

アドテクノロジーの最新技術3つ目は動画広告です。現在ではスマホでも長時間の動画再生ができるようになり、テレビCMだけでなく、Web広告にも動画が使われるようになっています。Web上でのみできる効果測定やマーケティングを魅力的と感じる企業が増えてきています。

アドテクノロジーの最新技術④新規顧客の予測

お客

アドテクノロジーの最新技術4つ目は新規顧客の予測です。企業が所有しているクッキー情報を活用して、既存の顧客と類似した行動パターンのほかのWebサイトのユーザーを新規顧客に誘導する機能が提供されています。

アドテクノロジー技術を提供しているIT企業ではプロジェクトを統括するポジションの人材を必要とします。PMP試験はプロジェクトマネジメントの知識を持った人材だということを証明できる国家資格です。アドテクノロジーのプロジェクトリーダーを目指す人はこちらの記事も参考にしましょう。

Small thumb shutterstock 1044267301
PMP試験の難易度は?合格率や受験料や資格の価値・勉強時間も

会社のプロジェクト展開・管理にて「縁の下の力持ち」であるPMP。企画全体の運営業務を行うPMPは国家資格のなかでも難易度の高いものとされています。試験内容...

アドテクノロジーのサービスとは?

アドテクノロジーのサービス①媒体社に関わる「アドネットワーク」

ネット

アドテクノロジーのサービス1つ目は媒体社に関わる「アドネットワーク」です。広告掲載が可能な媒体を集めているネットワークことや媒体に広告配信すること自体をアドネットワークと呼び、このネットワークが誕生したことによって、広告主は媒体側への広告出稿を一括してできるようになりました。

アドテクノロジーのサービス②媒体社に関わる「アドエクスチェンジ」

価格

アドテクノロジーのサービス2つ目は媒体社に関わる「アドエクスチェンジ」です。特定の広告枠に対して売買を可能にしたプラットフォームで、広告枠の値段は1表示ごとに入札方式で決定します。媒体側は空いている広告枠を販売して広告主は自由にその枠を購入できます。値段は一律ではないため運用スキルが必要です。

アドテクノロジーのサービス③媒体社に関わる「SSP」

ノートパソコンの画面

アドテクノロジーのサービス3つ目は媒体社に関わる「SSP」です。「Supply Side Platform」の略で消費者やユーザー側が媒体へ訪問したときに属性に適した広告を配信するシステムを言います。広告配信の仲介となるプラットフォームで、広告枠の販売や広告収益の増加を支援できます。

アドテクノロジーのサービス④広告主に関わる「DSP」

タイム

アドテクノロジーのサービス4つ目は広告主に関わる「DSP」です。「Demand Side Platform」の略で、ほとんどの場合SSPと組み合わせて使用されます。広告主側のプラットフォームで広告主が希望するターゲットが媒体を訪問したときにすぐに広告枠を買い付けて掲載します。

アドテクノロジーのサービス⑤広告主に関わる「RTB」

入金

アドテクノロジーのサービス5つ目は広告主に関わる「RTB」です。「Real Time Bidding」の略で、SSPとDSPの間で価格調整をリアルタイムでおこなうシステムです。競争入札が手動ではなく自動でおこなえます。

アドテクノロジーのサービス⑥広告主に関わる「リターゲティング」

リターンする

アドテクノロジーのサービス6つ目は広告主に関わる「リターゲティング」です。略してリタゲと呼ばれることが多く、一度サイトに訪問した人に対しての追跡広告のことです。他サイトへ移動しても同じ内容の広告を見せられます。「ダイナミックリターゲティング」はリターゲティングの上位互換で個人により特化されています。

アドテクノロジーの基礎から学べるおすすめの本は?

アドテクノロジーのおすすめの本①基礎が学べる「ザ・アドテクノロジー」

マニュアル

アドテクノロジーを学べるおすすめの本1つ目は基礎が学べる「ザ・アドテクノロジー」です。アドテクノロジーについて歴史・位置づけ・意義など基本概念を理解でき、専門的知識がなくても読める本です。範囲が広くアドテクノロジーの大枠をつかめます。

ザ・アドテクノロジー

アドテクノロジーのおすすめの本②基礎からの「アドテクノロジーの教科書」

テキスト

アドテクノロジーのおすすめの本2つ目は基礎からの「アドテクノロジーの教科書」です。アドテクノロジーに関しての歴史や仕組みを時系列でわかりやすく説明されている本です。実例がたくさんあり、実践の基礎から始める導入本として良い本です。

アドテクノロジーの教科書

アドテクノロジーのおすすめの本③「図解&事例で学ぶ」

本

アドテクノロジーのおすすめの本3つ目は図解&事例で学ぶ「Webマーケティングの教科書」です。基礎知識から用語や手法や活用法、さらに成果を出している企業の事例など図解を用いてわかりやすく解説されています。

図解&事例で学ぶ「Webマーケティングの教科書」

アドテクノロジーのおすすめの本④「図解マーケティングの教科書」

教科書

アドテクノロジーのおすすめの本4つ目は「図解マーケティングの教科書」です。マーケティングに詳しくなくても、図解と解説文がありわかりやすく基本が学べます。アドテクノロジー解説講座やマーケティング事例、業界マップの図解なども掲載されています。

図解マーケティングの教科書

アドテクノロジーの技術を身につけよう

パソコン作業

普段何気なく目にしているインターネット広告にはたくさんの技術が使われていたのですね。今回ご紹介したサービスはアドテクノロジーのほんの一部です。日々進化し続けているアドテクノロジーのサービスを運用するのには、対応する技術と能力を身につけましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。