一般職の平均年収はいくら?大手企業・銀行の給料はいくら?

この記事では大手企業などの一般職の平均年収についてお伝えしています。公務員・商社・銀行などの給料や仕事内容を把握することで今後の就活に役立てていただける記事になっています。また、一般職を目指す女性におすすめの書籍や総合職の仕事内容についてもお伝えしているので、ぜひ参考になさってください。

一般職とは?仕事の内容は?

一般職とは負担が軽い反面給料が安い女性が就くことが多い仕事

一般職のイメージ画像

一般職とは負担が軽い反面給料が安い女性が就くことが多い仕事です。一般職として女性を採用する企業が多く、男性の一般職が少ないということから、一般職は女性の仕事というイメージを抱く人が少なくありません。

一般職は女性が就く仕事といったイメージが強く、仕事の内容・給与面などから男女平等の精神にそぐわない表現であると考える人が増えてきました。そのため一般職という言葉を使う企業が企業は少なくなってきています。

しかし昔ながらの企業体質を持つ会社の中には一般職という職種で募集していることもあり、まだまだ一般職という職種で働いている人はたくさんいます。一般職にはメリットもあればデメリットもありますので、この記事で一般職の特徴を理解してご自身に合った仕事選びの参考になさってください。

一般職の仕事内容は総合職の補助・型にはまった仕事など

一般職の仕事内容について考える人の画像

一般職の仕事内容は総合職の補助・型にはまった仕事などです。総合職とは仕事の主な役割を任される仕事で、男性が就くことが多いと言われる職種です。総合職は仕事の負担が大きい反面、給料が上がることも珍しくないと言われています。

一般職はそんな総合職をサポートしたり、型が決まっているルーティンワークなどを担当する仕事です。一般職は定時で帰れるケースも珍しくなく、総合職に比べて仕事が難しくないなどの理由から、その分給料が安くなるといった特徴があります。

このように仕事の負担や仕事に対する責任が比較的軽い職種が一般職と呼ばれ、仕事の負担・責任が比較的重い職種が総合職と呼ばれます。このような特徴から一般職の社員は残業が少ないという特徴もあります。

【公務員】一般職の平均年収は?

公務員の一般職の平均年収は約350万円~650万円

給料のイメージ画像

公務員の一般職の平均年収は約350万円~650万円です。公務員は安定しており、福利厚生も充実していることから人気の職業です。しかし公務員の一般職の平均年収はずば抜けて良いものではありません。

公務員の一般職の場合、初任給をもらっても手取りが20万円に達しないということは珍しくありません。公務員は仕事が安定していて福利厚生が充実している分保険料などの天引きが多いと言われています。そのため手取り額が少なくなる傾向があります。公務員は勤務年数を重ねていくごとに昇給するというイメージがあります。

しかし、一般職の場合給料の上がり方が緩やかであると言われています。そのためなかなか給料が上がらず、余裕のある暮らしができないという人も珍しくありません。以下のサイトでは公務員が裕福ではなく、生活にゆとりがないという実体験が書かれていたので参考になさってください。

子供を私立小学校に通わせたいなら、公務員の年収は少なすぎる

公務員の一般職の仕事内容は書類の処理・データ入力など

データ入力のイメージ画像

公務員の一般職の仕事内容は書類の処理・データ入力などです。公務員の一般職はルーティンの仕事を任されることが多く、仕事をメインで担当する総合職の公務員をサポートする役回りになるケースが多いと言われています。

公務員の一般職は総合職に比べると公務員試験の難易度も低めであり、仕事に就いてからも残業などが少なめであると言われています。また一般職の公務員は定時で勤務を終えられるケースが多く、仕事が残った場合には総合職の職員に仕事を任せて先に帰るというケースも珍しくありません。

公務員はしっかりとした職種であることから、残業代が出るケースが多く、サービス残業は少ないと言われています。その一方で公務員は真面目な性格の人が多いので、むやみに残業代をもらわずに自らサービス残業をして帰るという人もいます。

【商社】一般職の平均年収は?

商社・大手企業の一般職の平均年収は大手企業に迫る300万円~750万円

商社の給料の画像

商社・大手企業の一般職の平均年収は大手企業に迫る300万円~750万円です。大手企業や一流企業になると年収が1,000万円を超えることは珍しくないと言われており、商社・大手企業の一般職の平均給料も高いことで知られています。

商社・大手企業には安定的に大きな収益をあげる企業が多く、その分年収も高くなる傾向があると言われています。一般職で300万円~750万円の給料をもらっているなら総合職だといくらになるの?と思う人も少なくありません。ちなみに商社の総合職になると年収が600万円~1,500万円にもなると言われています。

そのため一般企業の総合職に勤める男性より、商社や大手企業に勤める一般職の女性の方が高い年収を得ているケースも少なくありません。以下のサイトではそんな商社で勤める一般職の女性の年収について詳しく書かれていたので参考になさってください。

就活生必見!大企業一般職は年収もいいし最強の働き方。

商社・大手企業の一般職の仕事内容は給料に比例して難易度が増す

商社の一般職のイメージ画像

商社・大手企業の一般職の仕事内容は給料に比例して難易度が増します。商社・大手企業の一般職は給料が高い反面、仕事のスキルや経験なども高いレベルのものが求められます。商社は安定して大きな利益を確保するために総合職の職員がかなりの頑張りをしています。残業や休日出勤も珍しくなく、過労に倒れる人もいます。

そんな商社・大手企業の一般職は仕事量・仕事の責任が重い総合職をサポートするために、より高いスキル・経験が求められます。しかしながら、商社の一般職では出世競争などのしがらみがない・飲み会や取引先の接待に付き合わなくてもいいというメリットがあります。そのようなことから商社の一般職を目指す人は大勢います。

商社などの大手企業・一流企業においては出世競争や職場のしがらみでストレスを溜め込んでしまう人が少なくありません。以下の記事では商社などの一流企業に勤めるメリット・デメリットや一流企業のランキングや年収などについて詳しくお伝えしているのでぜひ合わせてご覧ください。

Small thub shutterstock 769705507
一流企業の定義とは?入社するメリットや人気ランキングTOP13も

一流企業の定義とは何かご存知ですか?この記事では一流企業の人気ランキングや入社の際の就職難易度・倍率などについて紹介しています。楽天のようなベンチャー企業...

【銀行】一般職の平均年収は?

銀行の一般職の平均年収は300万円~550万円

銀行員の給料のイメージ画像

銀行の一般職の平均年収は300万円~550万円です。銀行の一般職の場合、10年以上勤務すると450万円ほどの年収を超える人も現れ始めます。しかしその後は年収が伸び悩む人が多く、よほどのスキルや知識を身につけていないと年収550万円ほどには到達しないと言われています。

その代わり銀行の一般職の場合、転勤になることはレアで、安定して長期間働けるというメリットがあります。また銀行で働いているとボーナスもしっかりと出ることが多いので、仕事を覚えると安定した生活が送れると言われています。

銀行の一般職を目指す人は、このような給料の実態をしっかりと把握することで自分に合った仕事選びができると言われています。どんどん仕事をこなしていきたいという場合、入社後10年ほどが経った後にやりがいを感じなくなってしまったという人も少なくないので注意が必要です。

銀行の一般職の仕事内容は窓口業務・振込関係の事務処理など

事務処理をする女性の画像

銀行の一般職の仕事内容は窓口業務・振込関係の事務処理などです。銀行で働く一般職の職員はあまり外に出ることが少ないと言われています。銀行内で窓口業務をしたり、振込関係や書類の整理などの事務処理をメインとして任されるケースが多く見られます。

このようにある程度定型的な仕事内容になることから、残業は少なく、休日出勤はほとんどないと言われています。それに対して銀行の総合職として働く職員は営業のために外回りに行ったり、取引先からの相談や調整など、多岐にわたる業務をこなしています。

そのため総合職の職員は出世をするスピードが早く、給料が上がる頻度や昇給額も一般職よりも多くなるというメリットがあります。その分仕事の量や質、責任などは増しますので残業や休日出勤については一般職の職員よりもはるかに多くなるという傾向があります。

一般職を目指す女性におすすめの書籍は?

一般職を目指す女性におすすめの書籍①一般職・エリア職をめざすふつうの~

一般職を目指す人の画像

一般職を目指す女性におすすめの書籍の1番目は、一般職・エリア職をめざすふつうの女子学生が内定をつかむ本です。著者は日詰慎一郎です。一般職・エリア職をめざすふつうの女子学生が内定をつかむ本は、その名の通り一般職やエリア総合職といった職種に就きたい人のための本です。

一般職・エリア職をめざす ふつうの女子学生が内定をつかむ本 ―学生生活・エントリーシート・面接の知っておきたい!ルール

一般職・エリア職をめざすふつうの女子学生が内定をつかむ本は、特別な経験やスキルがない普通の女子のために書かれた本であることから、むやみに背伸びをしない自然体に近い状態で就活に臨めると評判の一冊です。しかし自分の通う学校が有名校ではないから一般職で妥協するという消極的な姿勢の方は考え直してください。

近年は学歴に関わらず、能力のある人がより高い収入を得られる時代になってきています。そのため自分の力を試したい方は、ぜひ自分の能力を信じて就きたい仕事に挑戦してください。ちなみに以下のサイトでは学歴ではなく能力こそが年収に影響するという内容が記されていたので参考になさってください。

東大卒でも他でも結局収入は同じ?TV「林先生が驚く初耳学」で放送の衝撃の事実とは!

一般職を目指す女性におすすめの書籍②就活女子のための就活迷宮から~

就職試験の面接を受ける人の画像

一般職を目指す女性におすすめの書籍の2番目は、就活女子のための就活迷宮から抜け出すトビラです。著者は井上真里さんです。 就活女子のための就活迷宮から抜け出すトビラは自分にとっての就活の意味を再認識し、自分にとっての最良の就職先を見据えるために役立つ書籍であると評判です。

就活女子のための就活迷宮から抜け出すトビラ

一般職を目指す女性は多いですが、世の中には数多くの一般職があります。そのためどのような会社の一般職を志望すべきかといった点で悩む人は少なくありません。そんな時に就活女子のための就活迷宮から抜け出すトビラは役立ちます。

就活女子のための就活迷宮から抜け出すトビラは周囲の人に流されて就活に挑むのではなく、より良い将来をつかむために自発的にチャレンジするために考えや気持ちを整えてくれる書籍です。そのため、自分に合った企業を見つけられることにつながり、そのことが結果的に就活を成功に導いてくれる一冊であると言われています。

一般職の平均年収を知って就活に役立てましょう

一般職の平均年収は公務員や大手企業、商社、銀行などによって異なります。また一般職の仕事の内容や求められるスキル、仕事の量などもそれぞれの仕事によって異なります。そういったことをふまえて自らが望む一般職の状況を把握しておきましょう。

自分の志望する会社や職種だけの年収を把握しているだけでは、他の会社や業種の一般職との比較ができないので、知らない間にもっと魅力的な仕事を見逃している恐れがあります。就職は一生に関わる大きな選択になることから、幅広く情報収集をしたうえで自分に合った仕事に就けるよう努力を重ねましょう。

最後に今後の就活で使える言葉について詳しくお伝えしている記事を紹介します。「経験をいかす」という漢字表記や履歴書に書くための志望動機の例文などを紹介した記事です。また就職時に使える大学の敬称について紹介した記事も紹介します。正しい言葉遣いを覚えておくことは今後の就活に役立ちますのでぜひご覧ください。

Small thub shutterstock 386845444
経験を生かす・活かす漢字はどっちが正しい?履歴書の志望動機の例文も

経験を生かす・能力を活かすの漢字表記はどっちが正しいかご存知ですか?新しい仕事などを始める時の履歴書には正しい漢字表記で良い志望動機を書きたいと思う人は少...

Small thub shutterstock 378848479
大学の敬称とは?貴大学・貴校の面接やメール例文と自分の大学の呼び方も

大学の敬称に貴大学や貴学という表現が使われることをご存知ですか?この記事では面接やメールで使える敬語表現や、「貴」という漢字の持つ意味とはといった内容をお...

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。