【レポートの文字数】1000字程度の許容範囲は?全体の数え方もご紹介!

文字数1000字程度の大学のレポートとは、どのくらいの文字数を書けばいいのでしょうか?1000字との差がどこまで許されるのか、気になりますよね。この記事では、レポートの文字数1000字程度の許容範囲や、文字数の数え方をご紹介します!参考にしてください。

1000文字程度のレポートで書くべき文字数は?

許容範囲|900~1100字

だいたいの値を計算する女性

文字数の許容範囲は、900~1100文字です。レポートの文字数を指定された場合、指定文字数の10%が許容範囲の目安となります。

1000字程度の場合、指定された文字数「1000字」の10%は100字です。「1000字程度」は1000字をオーバーしても構いません。よって許容範囲は、100字少ない900字から、100字多い1100字までです。

理想|1000~1100字

パソコンの前でほほ笑む女性

理想的な文字数は、1000~1100字です。大学の課題で「○字以内」ではなく「○字程度」との条件でレポートを作成する場合、出題者は指定した文字数を超えることを理想としています。そのため、一般的には許容範囲内であっても、1000字に欠けるレポートには厳しい評価を下されがちです。

「最低でも1000字」と言われると多く感じるかもしれませんが、Wordのデフォルト設定ではA4用紙1ページが1440字です。実際には見出しや改行、字下げが入ります。そのため1000字でも1ページには収まらないものの、図表なしのレポートが3ページに及ぶことはありません。

文字数の許容範囲はあくまで目安で、1000字以上書くことが望ましいとは言え、上限を超えることのないように注意しましょう。大学の課題レポートに求められるのは、制限字数の範囲内で記述内容をまとめる力です。多すぎてもいけません。

最も重要なのは内容

レポートの評価で最も重要視されるのは内容です。課題の条件に反していなければ、「少ない字数=低評価」とはなりません。例え900字以下でも、内容が良ければ高評価を得られます。

バランス|序論・本論・結論の配分は25:60:15が理想的

バランスの良いレポート

レポートの序論・本論・結論の文字数の配分は、25:60:15が理想的です。1000字程度のレポートに当てはめると、序論が250字程度、本論が600字程度、結論が150字程度となります。レポート全体の文字数の他に、各章に配分する文字数にも気を配りましょう。

また、本論は論点を3つ設けて、各論を200字程度で述べると、見た目だけではなく内容的にもバランスよく仕上がります。各論で本文の文字数に隔たりがあり過ぎる場合は、それぞれの内容に著しい過不足が生じていますので、推敲を重ねてください。

レポートの文字数にカウントされる項目は?

①本文

Sentences

本文は、レポートの文字数にカウントされます。課題の条件により、文字数にカウントされる項目が指定されて、文字数の数え方が変わることがありますが、本文だけは必ず文字数のカウント対象となります。

カウント対象となるのは、本文中の文字だけではありません。レポート課題の出題時に「句読点は文字数に含めない」などの条件提示がない限り、句読点も文字数に含まれます。記号なども同様です。但し、空白や改行は文字数に含まれません。

    文字数に含まれるもの

  • 文字
  • 句読点
  • 記号(括弧・中点・ハイフンなど)

    文字数に含まれないもの

  • 改行
  • 空白

②見出し

見出し

見出しは、レポートの文字数にカウントされることがあります。その場合、見出しタイトルだけではなく、付与されている番号の部分もカウントされますので、アウトラインの様式によっては本文に割ける文字数がかなり制限されます。

例えば、見出し1・見出し2・見出し3に「1」・「1-1」・「1-1-1」と数字が全角で上位の見出し番号が付与されると、これだけでかなりの文字数が消費されます。様式の指定がない場合は、上位の見出し番号を継承しないアウトラインを使用することをおすすめします。

また、序論・本論・結論のトップレベルの見出しはカウント対象外であっても、下位の小見出しは本文扱いでカウント対象に含むというケースもあります。見出しについてはルールが曖昧ですので、教員に確認しておきましょう。

レポートの文字数にカウントされない項目は?

①タイトル

Title

タイトルは、通常、レポートの文字数にカウントされません。但し、大学における標準仕様や、そのレポート課題の条件として、タイトルも文字数に含めるルールとなっている場合は、タイトルもカウント対象とする必要があります。

②図表の文字

グラフ

図表の文字は、通常、レポートの文字数にカウントされません。ただ、タイトルと同様、大学における標準仕様や、そのレポート課題の条件によっては、表の内部の文字が文字数としてカウントされる場合があります。その場合でも、図表の番号やタイトルは文字数に含めないのが通例です。

③参考文献

書籍

参考文献は、レポートの文字数にカウントされません。参考にした本のタイトルや著者名などがどれほど長くても、文字数を気にする必要はありません。冊数が増えて沢山のタイトルが並んでも、この部分は文字数のカウント対象外ですので安心してください。大学の図書館でしっかり資料を揃えましょう。

参考文献は必ず記載してください。参考文献の記載がないレポートは、独りよがりな主張と見なされてしまいます。参考文献の書き方は、こちらの記事で詳しく紹介されています。書き方と必要事項をしっかり確認しておいてくださいね。

Small thumb open book 57e4d74b4e 1280
レポート参考文献の書き方の基本はコレ!再提出にならないために要チェック!

レポートの参考文献の書き方には決まりがあるのをご存じですか?内容は良くても、参考文献が正しく書けていないと再提出になってしまうことがあります。この記事では...

PC|レポートの文字数の数え方は?

①Wordの機能を利用する

Wordのマーク

1つめは、Wordの機能を利用した数え方です。Wordには、「文字カウント」機能があります。この機能は、文書全体の文字数だけでなく、どこからどこまでを数えるのかを選択した範囲内の文字数だけをカウントするという数え方もできます。

特定の範囲内の文字数は、カウントしたい部分だけを選択して「文字カウント」機能を使えば数えられます。範囲指定後に、[Ctrl]+[Shift]+[G]のショートカットキーを利用すると、更に簡単に文字数をカウントできます。

また、Word画面のアンダーバーにも文書内の文字数が表示されています。範囲を選択すると、表示される文字数も選択範囲内の文字数に変わります。見出し番号がカウントされないので数え方としては正確とは言えませんが、レポート作成中の参考値として利用してみましょう。

    指定範囲内の文字数のカウントの仕方

  1. 1文字数をカウントしたい部分を選択します
  2. 2「校閲」タブを開きます
  3. 3「文字カウント」ボタンをクリックします

②文字数カウントツールを利用する

パソコンでネットサービスを利用する男性

2つめは、文字数カウントツールを利用した数え方です。ネットには、文字数をカウントできる無料ツールが沢山あります。使い方は、どれもほぼ同じです。カウントしたい文字をフォームにコピー&ペーストするだけ、もしくはコピー&ペーストした後に「カウント」等のボタンを押すだけです。

ツールによって、数え方や結果表示のバリエーションに多少の違いはあります。「文字数カウント」などの文言でネット検索して、自分に合ったものを見つけましょう。以下のリンクは、文字カウントツールの一例です。

文字数カウント|Sundry Street

手書き|レポートの文字数の数え方は?

①PCで下書きする

パソコンで下書きする男性

1つめは、PCを利用した数え方です。レポートを手書きする前に、PCで下書きをします。手書き必須の課題レポートは、本来、用紙の種類やページ数を指定されます。ですが、PCで下書きするのが当たり前のようになってきた昨今、手書きであっても文字数を指定されることが珍しくなくなりました。

PCで下書きをしたら、手書きによる清書に進む前にしっかりと文字数を数えておきましょう。数え方は、前述の通りです。特に、Wordで下書きしたのであれば、そこで数えておかない手はありません。

②原稿用紙を利用する

文字数を計算する男性

2つめは、原稿用紙を利用した数え方です。PCでの下書きができない場合は、原稿用紙を使用します。原稿用紙に下書きをして、カウント対象となる文字数を計算します。400字詰めの原稿用紙なら1行あたり20字ですので、カウント対象となる行数に20を乗じて、空いているマス目の数を差引けば、文字数を算出できます。

1000字程度のレポートを書くときに注意すべきことは?

①文字数の許容範囲・数え方は大学によって異なる

ルールを確認する大学生

文字数の許容範囲や数え方は、大学によって基準が異なります。文字数の一般的な許容範囲は上下10%ですが、大学や学部・学科によっても基準が異なることがあります。例えば、「許容範囲は5%以内」とのルールが設けられていれば、その範囲(950~1050字)内に収めなくてはなりません。

数え方も、本文のみをカウント対象とするのか、見出しやタイトルも含めるのかに注意が必要です。本文だけだと思っていたら見出しもカウント対象で、その所為で大幅に文字数オーバーとなるケースもあり得ます。再提出ならまだマシですが、それで単位を落としたら勿体ないですよね。

文字数の許容範囲や数え方に大学の標準ルールが設けられている場合、ガイダンス資料や大学の公式サイトなどに記載されていることがあります。大学も教員も、読んでいて当然だと思って教えてくれないことがありますので、自力で探してよく確認しておきましょう。

基本は本文のみカウント・差分10%以内

独自のルールや条件が示されていない場合は、一般的な許容範囲と数え方に準ずると解釈して、本文のみをカウントし、その差分を10%以内に収めます。

②指示された仕様で作成する

仕様のチェックリスト

レポートは、指示された仕様に沿った様式で作成します。大学・学部・学科・科目・教員によって、フォントのサイズや種類、余白やヘッダー・フッターなど、独自のルールが定められている場合があります。大学の公式サイトなどを、事前によく確認しておきましょう。

独自のルールがなくても、課題の条件に「1000字程度」以外の指示が提示されていることは珍しくありません。フォントサイズやページ数など、文字数以外の条件も指示されているなら、全ての条件を満たしてレポートを仕上げましょう。条件を満たしていないと、読まれることなく「不可」の評価が下されることになります。

ただ、条件が厳しすぎるのも大変ですが、自由度が高すぎてもどうして良いのかわからなくて不安になりますよね。そのような時は、まず、こちらの記事を参考にして文字サイズとフォントの種類を設定しましょう。レポートに適切な文字サイズなどを紹介していますよ。

Small thumb student 5ee4dc4b48 1280
レポートの文字サイズの基本の大きさって?読みやすいおすすめのフォント紹介!

大学生になったら避けては通れないレポート。文字サイズが決まらなくて、書き始められないこともありますよね。そこで、この記事ではレポートに適切な文字サイズにつ...

③盗用は厳禁

禁止する女性

盗用は厳禁です。1000字程度のレポートに限らず、どんな時でもやってはいけません。ただ、1000字程度でレポートをまとめようとすると、書きたい内容を要約して、表現の無駄を削ぎ落とす必要があります。冗長な説明や内容をかみ砕いた表現を廃した結果、既存の文章と一致する危険度は大きいです。

短い文章は、無理に言い換えることなく、文献から引用するのも手段の一つです。引用した内容に対する、自身の解釈や意見・考察の部分にオリジナリティを持たせましょう。レポートにおける引用の書き方やルールについては、こちらの記事を参考にしてくださいね。

Small thumb shutterstock 1201683940
【注意必須】レポートの引用の書き方と例をご紹介!正しい表記を今のうちに学ぼう!

大学のレポートの引用の書き方が分からなくて困っていませんか?当記事では、レポートの引用の書き方を具体的な例を用いて詳しくご紹介します。また、レポートで引用...

許容される文字数を把握してレポートを1000字程度にまとめよう

1000字程度のレポートにおける、文字数の許容範囲や数え方はご理解いただけたでしょうか。1000字程度とは、レポートを書くには意外と少ない文字数です。更に少ない許容範囲内で、文字数の配分にも注意する必要があります。それぞれの許容範囲をしっかり把握して、レポートを1000字程度にまとめ上げましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。