オリコカードでお得に支払える公共料金は?ポイントやキャンペーンについても!

オリコカードで公共料金の支払いができるのをご存知ですか?毎月必ず支払う公共料金を、オリコカード払いにすればポイントがどんどん貯まっていきます。支払える公共料金の種類や、オリコポイントのお得な獲得方法・キャンペーンなどもご紹介します。

オリコカードで公共料金を支払いするメリットとは?

①ポイントが貯まる

クーポン

オリコカードで公共料金を支払いすると、毎月ポイントが貯まります。電気・ガス・水道など毎月必ず支払いする公共料金を、オリコカードにするだけで自然にポイントが貯まっていくのでお得です。毎月の携帯電話などの料金も、オリコカード払いにすればポイントが貯まりやすくなります。

オリコカード払いで貯まったポイントは、オンラインクーポンや他のサイトやサービスへポイント移行できます。例えば、Amazonギフト券やiTunesギフトコードなどのオンラインクーポンは、オリコポイントが500ポイントから交換できてすぐに使えます。ポイント移行のタイミングは各サービスによって違います。

オリコポイントを交換できるオンラインクーポン一覧

オンラインクーポン 金額 交感ポイント
amazonギフト券 500円分・2,000円分 500ポイント・2,000ポイント
iTunesギフトコード 500円分・1,500円分 500ポイント・1,500ポイント
Google Playギフトコード 1,000円分 1,000ポイント
nanacoギフト 1,000円分 1,000ポイント
EdyギフトID 1,000円分 1,000ポイント
ファミリーマートお買い物券 500円分 500ポイント
すかいらーく優待券 5,000円分 5,000ポイント
自治体ポイント 1,000円分 1,000ポイント

オリコポイントを交換できるポイント移行先一覧

ポイント移行先 金額 交換ポイント
オリコプリペイドカードへチャージ 500円~49,000円 500~49,000ポイント
WAONポイント 1,000ポイント 1,000ポイント
T-POINT 1,000ポイント 1,000ポイント
楽天スーパーポイント 1,000ポイント 1,000ポイント
Pontaポイント 1,000ポイント 1,000ポイント
ベルメゾン・ポイント 1,000ポイント 1,000ポイント
ANAマイレージクラブ 600マイル 1,000ポイント
JALマイレージバンク 500マイル 1,000ポイント
dポイント 1,000ポイント 1,000ポイント
auWALLETポイント 1,000ポイント 1,000ポイント
オリコポイント交換一覧

②支払いの手間が省ける

会計

公共料金の支払いをオリコカードにすると、支払いに行く手間が省けます。電気やガス、携帯電話などそれぞれの支払いをするために、銀行の窓口やコンビニのレジに行く手間が省けて便利です。また、オリコカードの支払い日には口座から引き落とされるので、遅れたり忘れたりすることがありません。

③支払い日がまとまる

お金

公共料金の支払いをオリコカードにした場合には、支払い日がひとつにまとまるというメリットもあります。毎月かかる公共料金や携帯電話料金が、それぞれ支払い日が違うと遅れたり忘れたりというリスクが高くなります。オリコカード払いにしておけば、支払い日を毎月1回にまとめられます。

オリコカードの引き落とし日は「毎月27日」

オリコカードは毎月末日が締め日で、翌月27日に引き落としされます

オリコカードで支払いできる公共料金とは?

①毎月かかる公共料金

電気

毎月かかる公共料金は、オリコカードで支払いができます。電気・ガス・水道をはじめとして、携帯電話・固定電話・電報、新聞・放送などの月々かかる料金の支払いに対応しています。ただし、すべての会社に対応しているわけではありませんので、利用会社に確認が必要になります。携帯電話の大手キャリアは対応しています。

    オリコカードで支払いできる毎月の公共料金

  • 電気
  • ガス
  • 水道
  • 携帯電話
  • 固定電話
  • 電報
  • 新聞
  • 放送
オリコカードで支払いできる携帯電話・固定電話・電報 オリコカードで支払いできる電気・ガス・水道料金 オリコカードで支払いできる新聞・放送料金

②税金の支払い

税金

オリコカードは、税金の支払いにも使えます。住民税・固定資産税・自動車税・ふるさと納税などの税金も、オリコカードで支払えます。ただし、税金のクレジット払いにすべての自治体が対応しているわけではありません。また税金支払いにはポイント還元されませんが、税金の中でもふるさと納税のみポイント還元があります。

    オリコカードで支払いできる税金

  • 住民税
  • 固定資産税
  • 自動車税
  • ふるさと納税
オリコカードで税金を支払いできる自治体

③保険の支払い

保険

オリコカードは、保険の支払いにも使えます。公的保険・年金などや、生命保険・損害保険などの支払いができます。税金と同じように保険の支払いにはポイント還元はありませんが、未払いで保険が失効してしまうというリスクを防げます。

    オリコカードで支払いできる公的保険・年金

  • 国民健康保険
  • 介護保険
  • 後期高齢者保険
  • 国民年金

    オリコカードで支払いできるその他の保険

  • 生命保険
  • 損害保険
オリコカードで支払いできる公的保険・年金 オリコカードで支払いできるその他の保険

公共料金をオリコカード払いにしてさらにお得になる方法とは?

①オリコカードは入会キャンペーン中に発行

クレジット

オリコカードのキャンペーン期間中に入会すると、還元率が上がります。通常オリコポイントは100円で1ポイントの還元率ですが、入会後6か月間はポイントが特別加算されて還元率は2%になります。さらに入会特典で1,000ポイントをプレゼントされます。

期間中に「Start THE POINT」キャンペーンに参加して10万円以上利用すると、条件によりポイントが加算されます。例えば、対象となる電力会社や携帯電話のキャリアをオリコカード払いにすると、1,500ポイントがプレゼントされてとてもお得です。

「Orico Card THE POINT」のキャンペーン概要

②年会費無料のオリコカードを選ぶ

ゼロ

公共料金をオリコカード払いにする時には、年会費無料または年会費実質無料のお得なクレジットカードを選びましょう。高い年会費がかかると、還元率の良いカードでもお得に感じない場合もあります。クレジットカードの利用額に応じて年会費が無料になるキャンペーンなどを利用するのも良いでしょう。

③公共料金をオリコカード払いにするキャンペーンに参加

プレゼント

公共料金の支払いをオリコカードにすると、お得なキャンペーン中に変更手続きをしましょう。2019年9月13日~2020年1月12日まで、対象になる公共料金を、オリコカード払いにすると賞品が抽選で当たるキャンペーンをおこなっています。ポイントが月々貯まるうえに、さらにプレゼントが当たるかもしれません。

    キャンペーン対象の公共料金

  • 携帯電話
  • 電気
  • ガス
  • 水道
  • 視聴料金
  • 保険
  • 国民年金

    公共料金をオリコカード払いにすると当たるキャンペーン賞品

  1. 1パナソニック「ワイヤレススピーカーシステム(SC-VA1)」×10名
  2. 2リンベル「(選べる食事ギフト)美食のダイニング」×30名
公共料金のカード払いがお得なキャンペーン

オリコカードを公共料金支払いに変更する手順は?

①公共サービスがクレジット支払いに対応しているか確認

パソコン

公共料金をオリコカード払いにするためには、公共サービスがクレジット払いに対応しているかどうかを確認する必要があります。オリコカードが支払いに使えるサービスを紹介しているHPから、利用している公共サービスが対象になっているか確認しましょう。

オリコカード払いに対応しているサービス

②公共サービスに申し込む

電話

公共料金をオリコカード払いにするためには、公共サービスに変更手続きをします。上記リンクから各公共サービスの申込み方法を確認できます。公共サービスを提供している会社によって、郵送申込・Web手続き・フリーダイヤルなど、支払いの変更手続きに違いがあります。

③電気・ガスはeオリコサービスから変更手続き

手続き

電気とガスの料金をオリコカード払いにするには、eオリコサービスから変更手続きができます。直接利用している公共サービスに、変更手続きを申し込むこともできますが、eオリコサービスからオンラインで手続きする方が簡単に変更できます。

毎月のお支払い(公共料金)の変更申込み方法

④翌月か翌々月から変更される

支払い

公共料金をオリコカード払いに変更してから、適用されるのは翌月か翌々月になります。支払いをする公共サービスによって支払い日が違うため、変更にかかる日数が変わってきます。通常は翌月の支払いからオリコカード払いになりますが、場合によって翌々月からになることもあります。

オリコカードで公共料金支払いするデメリットとは?

①口座振替割引が適用されない

通帳

公共料金の支払いをオリコカードにすると、口座振替割引が適用されません。東京水道局や一部の電力会社などは、支払いを銀行口座振替にすると、毎月50円(税抜)の割引をしています。クレジット払いにすると、この割引は適用されなくなります。

クレジットカードの還元率が1%の場合、5,000円未満の支払いになると、口座振替を利用した方が割引率は高くなります。月々の利用料金が少ない場合は、電気・ガス・水道などは利用している公共サービス会社が、口座振替割引をしているか確認した方が良いでしょう。

②残高不足で延滞情報が残る

困った

公共料金をオリコカード払いにした場合、銀行口座の残高不足で延滞情報が残ってしまいます。オリコカードの引き落とし日に、銀行口座の残高が不足していた場合、公共料金がすぐに止まってしまうということはありません。ハガキやメールなどで次の引き落とし日が通知され、再度引き落としになります。

この支払いが遅れた情報は、個人信用情報機関に2年間残ってしまいます。この情報が残っている間に、新しいカードに申込みをしても審査が通りづらくなることがあります。ローンを組む時にも影響が出る可能性もあります。

公共料金はオリコカード払いでポイントをゲットしよう

カード

電気やガスなどの公共料金や毎月の携帯電話料金の支払いを、すべてオリコカードにまとめるとポイントがたくさん貯まります。貯まったポイントはオンラインクーポンにして、お得な買物に利用しましょう。さらに還元率の良いキャンペーン期間中に申し込んで、ポイントを2倍ゲットしましょう。

オリコカードのポイントには、交換期限があります。ポイントの還元率や、その使い方について下記の記事でも詳しく解説されています。あわせてご覧いただいて、高還元率になるオリコポイントの活用法を覚えましょう。

Small thumb fotolia 180100669 subscription monthly m
オリコカードのポイント交換期限とは?還元率や使い方などのまとめ

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。