目標設定の方法とは?具体的な例や立て方のポイントをわかりやすく紹介!

「目標設定」と聞いて何を思い浮かべますか?「面倒くさい」「何をすればいいかわからない」という感情を持つ方が大半だと思います。しかし目標設定は人生を豊かにする力を持ちます。今回は目標設定の具体的な方法や、目標の立て方のポイントなどをわかりやすくご紹介します。

目標設定とは?どのような目的や効果があるの?

目標設定とは「実現したい事を設定すること」

目標に向かう人

目標設定とは「実現したい事を設定すること」です。目標設定の多くは、ビジネスや仕事・ダイエットなどの、数値目標が必要とされる場面で行われます。実現したいと思っている事柄を目標にすることで自分のやるべきことを見失わずに活動できるようになります。

目標設定の目的・効果①行動力がアップする

行動力がある男性

目標設定の目的・効果1つ目は、行動力がアップすることです。活動をする上で目標になるものが見えている場合、目標達成への意欲が芽生えるため、人は積極的に動くようになります。目的までの最短ルートを考えるようになり、無駄な動きを軽減する効果も得られます。

目標設定を行うことで自分のやるべきことが見え、達成に向けての道筋を立てることができるのです。仕事に対してやる気を持てない人、自分のやるべきことが見つからず時間を持て余している人は、目標設定をしてみると良いかもしれません。人生にハリをもたせるためにも何か目標を設定してみましょう。

またこちらに行動力の意味や類語などについてまとめた記事をご紹介します。行動力がない原因を知りたい、もっと行動力を身に着けたい人は、是非こちらの記事を参考にしてみてください

Small thumb shutterstock 1095671468
行動力の意味や類語とは?ない原因とつける方法5選も

今回は「行動力の意味や類語とは」をテーマに、行動力がない原因とつける方法なども併せて紹介していきます。行動力があるというのは、仕事においては有利に働く事が...

目標設定の目的・効果②仕事の進み具合を明確にする

目標

進み具合を明確にすることには、「人の仕事内容を管理したい」という意図が存在する場合もあります。本当に仕事をしているのか怪しい人に目標設定をさせることで、その人の状況や意思などを見るのです。上司に目標設定を言い渡された場合、「自分は信頼されていないのかも」と思ったほうが良いでしょう。

目標設定の目的・効果2つ目は、仕事の進み具合を明確にすることです。目標設定は、物事の進捗具合が分かっていない場合に使われる手段でもあります。具体的な目標を立てることで、物事の進捗や今の状況などを明確に判断することができるのです。物事を整理して、今の状況と今後の目的を明確にしたい時に行いましょう。

目標設定の方法とは?目標の立て方・設定方法をご紹介!

目標設定の方法①ベーシック法

目標達成までの方法

目標設定の方法1つ目は、ベーシック法です。今まで目標設定をした経験がない人におすすめの方法です。この方法では4ステップに分けて目標を立てます。まず「何を達成するのか」を決めましょう。更にレベルアップしたい事柄や今抱えている問題、新たに始めたいことなどを達成項目にすると良いでしょう。

次に「目標のゴール」を決めます。目標達成の終着点を明確にすることで、挫折や諦めなどを防ぐ効果があります。ゴールとなる指標はできるだけ具体化し、可能であれば数値目標にしてください。その後、目標を達成するまでの期限と計画を立てれば、ベーシック法は完了です。

達成する事柄、目標のゴール、達成までの期限と計画は、全て具体的に決めてください。具体的な目標設定は、自分のやりたいことを明瞭にしてくれます。意義のある目標設定にするためにも「具体性」は常に意識するようにしてください。

目標設定の方法②ベンチマーク法

目標設定をする男性

目標設定の方法2つ目は、ベンチマーク法です。これは目標設定の基準を自分のライバルにする方法です。ライバルを目標達成項目にすることで「自分とライバルの差」「自分になくてライバルにあるもの」が見えてきます。客観的な自己分析力、他人分析能力などが必要とされる、少し難易度の高い目標設定方法と言えるでしょう。

ベンチマーク方法では、まず「ライバルを越えることで何を達成したいのか」を考えます。あくまで自分自身がどのような存在になりたいかを目標にしてください。「ライバルよりも上に行きたい」などの目標は、自分ではなく他人が中心になってしまうのでNGです。

自分がなりたい存在をイメージできたら、ライバルが自分よりも優れている要因を探します。ライバルが優れている要因が分かれば自身の改善点が見えてくるでしょう。ベーシック法は、ライバルを設定することでやる気が出る人におすすめの方法です。他人と比べることで自己嫌悪になる人は行わない方が無難です。

目標設定の方法③期中設定法

目標を設定する男性

目標設定の方法3つ目は、期中設定法です。この方法はやり遂げるのが難しいと思われる目標設定の場合に使われる方法です。「失敗する可能性が高い」「成功するのは難しい」とされている目標は、達成するための道筋や手順などが確率されていません。そのため具体的な数値目標が立てられないことが多いとされています。

この方法は「具体性のない目標」を立てることと「達成項目を明瞭にしていく」という2つの作業から構成されます。ベーシック法のように最初から具体的な手順を設定するのではなく、徐々に目標項目を明らかにしていくのが特徴です。

期中設定法は、達成が難しいビジネス目標や漠然とやってみたいと思う目標を徐々に達成に近づけていくことができる手法です。具体的な目標項目や達成ビジョンが見えないときは、この目標設定方法を採用してみると良いでしょう。

目標設定で意識すべき事柄!

目標設定で意識すべき事柄①自分の意識に合わせた目標を立てる

目標に向かって歩く人

目標設定で意識すべき事柄の1つ目は、自分の意識に合わせた目標を立てることです。「目標は高く持つ方が良い」という話を聞いたことがはありませんか?しかし、この方法が成功するかどうかは人の意識によって違います。高い目標と低い目標、自分のやる気が継続できる方を選ぶべきなのです。

高い目標を見て「頑張ろう!」とやる気が出せる人は、目標を高く持ったほうが良いでしょう。しかし高い目標を見て「自分には難しい」「できっこない」とやる気をなくしてしまうのであれば、無理して高い目標設定をする必要はありません。目標設定において大切なのは自分の意識なのです。

目標設定で意識すべき事柄②具体的な内容を決める

内容を決める女性

目標設定の正しい方法2つ目は、具体的な内容を決めることです。例えば「もっと痩せたい」「給料を上げたい」といった目標では、具体的に何を行うべきなのかが見えません。このような目標では、いざ行動を起こそうとした時に自分のやるべきことがわからなくなってしまいます。

目標を設定する場合は、具体的にやるべき内容を決めるようにしてください。「もっと痩せたい」は「3キロ痩せる」、「給料を上げたい」は「昇格試験を受ける」などといった目標にすれば、やるべきことを見失わずに済みます。

目標設定で意識すべき事柄③実現可能な範囲で設定する

目的設定

目標設定の正しい方法3つ目は、実現可能な範囲で設定することです。現実的に実現不可能な目標を設定することはおすすめできません。やる気を失い、自己嫌悪に陥る危険性があるからです。無理な目標は自分の精神を追い込むかもしれません。必ず自分ができる範囲での目標を設定しましょう。

例えば、今まで自分が1日3軒の営業周りを行なっていたとします。これをいきなり1日20軒に増やすことは現実的に考えて難しいですよね。多くても自分の限界より下の数値を目標にしましょう。

目標設定の具体的な例・立て方をご紹介!

目標設定の具体的な例・立て方①今月は600万円の売上をあげる

売上を出す男性

目標設定の具体的な例・立て方1つ目は、「今月は600万円の売上をあげる」です。これはビジネスの目標設定の例です。この目標のポイントは具体的な数字が設定されている点です。これが「今月はたくさん商品を売る」という目標だった場合、内容が具体的でないため達成が難しい状況になるでしょう。

目標を達成するためには「具体性」をもたせることが大切です。ビジネスだけでなくプライベート上の目標設定においても具体性は欠かせません。自分のやりたいことがはっきりわかる目標を心がけてください。

目標設定の具体的な例・立て方②毎日10本の営業電話を掛ける

営業電話を掛ける女

目標設定の具体的な例・立て方2つ目は、「毎日10本の営業電話を掛ける」です。こちらもビジネスの目標例です。この目標のポイントは「現実的に考えて達成することができる」ことです。絶対に達成できないような目標は立てる意味がありません。自分の努力でできる範囲での数字を目標にしましょう。

またこちらに、ビジネス電話の言葉遣いについての記事を載せておきます。電話での言葉遣いが知りたいという方は是非参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 1090237772
いらっしゃいますかの電話等での使い方!敬語のおられますかは間違い?

電話対応等で使う「~様は、いらっしゃいますか?」という言葉使いですが、「いらっしゃる」は敬語なのでしょうか。また、「おられますか」との違いは何でしょうか。...

目標を達成するためのポイント・手順をわかりやすくご紹介!

目標達成のポイント・手順をわかりやすく紹介①数値目標を立てる

目標を立てる

目標達成のポイント・手順の1つ目は、数値目標を立てることです。ビジネスやプライベートなど、どの目標でも意識すべきポイントです。数値目標にすることで目標に具体性が生まれます。数値目標にできるものは可能な限り数値化しましょう。

数字を目標にすることで、やる気が上がる・目標達成のために努力しつづけることができるなどの効果が期待できます。ただし、漠然としすぎているものや達成が難しいものなどは数値目標にできません。その場合は無理に数値化せず、徐々に具体性を高めていくと良いでしょう。

目標達成のポイント・手順をわかりやすく紹介②行動できる環境を整える

環境

目標達成のポイント・手順の2つ目は、行動できる環境を整えることです。例えば「明日から3軒の営業所を回る!」というビジネス目標を立てたとします。この目標を達成するためには「営業所のリストを作る」「どこのエリアに営業周りに行くか決める」などの事前準備が必要です。

こういった手順は、目標達成を容易にしてくれます。もし事前準備を怠っていたら、目標達成は一気に難しいものになります。仕事やビジネス、ダイエットなどは「瞬間的な勢い」が重要です。自分が思い立った瞬間に取りかかれるような環境を作りましょう。

目標達成のポイント・手順をわかりやすく紹介③達成時に自分に報酬を与える

報酬

目標達成のポイント・手順の3つ目は、達成時に自分に報酬を与えることです。人は何か報酬があると目標達成に対して積極的になります。これは成果主義という行動心理学の1種です。「新しいバッグを買う」「我慢していたものを食べる」などのご褒美を設定してみてください。

方法を正しく理解して目標設定を行いましょう!

目標設定には様々な方法や意識すべきポイントがあります。正しい目標設定は人生を豊かにしてくれるでしょう。仕事やプライベートで目標設定をするときは、今回ご紹介したポイントを意識してみてください。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。