ビジネスや仕事におけるフットワークが軽い人の定義とは?ESや履歴書での書き方も

フットワークの軽い人は、ビジネスや仕事において成功する可能性が高いと言われています。これはESや履歴書でもアピールや長所にもなります。ビジネスで成功するために、また就活の面接でもアピールするためにESや履歴書を作成する際のポイントも合わせてご紹介していきます。

ビジネスや仕事におけるフットワークが軽い人の定義とは?

ビジネスや仕事におけるフットワークが軽い人の定義①行動力がある

行動

ビジネスや仕事におけるフットワークが軽い人の定義の1つ目は、「行動力がある」です。「フットワークが軽い」とは言い換えれば、「思ったことをすぐ行動に移せる様子」とも言えます。

この意味から考えると、「行動力がある」という定義を理解するのは難しくないでしょう。ビジネスで言えば例えば相手の誘いにすぐに返事をしてそれに参加する人などがまさに「行動量がある人」だと言えます。

ビジネスや仕事におけるフットワークが軽い人の定義②決断力がある

決断

ビジネスや仕事におけるフットワークが軽い人の定義の2つ目は、「決断力がある」です。行動力があるという資質を備えているフットワークの軽い人は、決断力があります。

当然ですが、何かを行動に起こす際には「それを行動する」という決断がまず必要ですよね。意識的であれ無意識的であれ、フットワークの軽い人はこれを瞬時に行っており、他の人よりも行動量が多いと言えます。

ビジネスや仕事におけるフットワークが軽い人の定義③好奇心が強い

好奇心

ビジネスや仕事におけるフットワークが軽い人の定義の3つ目は、「好奇心が強い」です。好奇心とは、簡単に言うと「何かをもっと知りたいと思うこと」です。フットワークの軽い人は基本的に色んなことに対してオープンで、それをもっと知りたいと思っています。

この好奇心を軸にすれば、それを満たす場所にどんどん出かけていき、それが結果的にフットワークが軽いという状態になるというのはごく自然なことだと言えるでしょう。

ビジネスや仕事におけるフットワークが軽い人の定義④チャレンジ精神豊富

チャレンジ

ビジネスや仕事におけるフットワークが軽い人の定義の4つ目は、「チャレンジ精神豊富」です。チャレンジ精神とは、「新しいことに飛び込んでいこうとする様子」を表します。

フットワークの軽い人は、「何でもまずは試してみよう」と考える人が多いので、チャレンジ精神が豊富だということができるでしょう。またそのプロセスを楽しむことができます。

ビジネスや仕事におけるフットワークが軽い人の定義⑤柔軟性が高い

柔軟

ビジネスや仕事におけるフットワークが軽い人の定義の5つ目は、「柔軟性が高い」です。フットワークが軽い人は、色んな分野の人や情報に広く対応する力を持っており、これが「柔軟性が高い」という点にも繋がります。

どんな場所や人に対しても上手に対応することができますので、周囲からも信頼されます。またその柔軟性や対応力をぜひ発揮して欲しいと相手から仕事を頼まれることも多々あるでしょう。

フットワークが軽いとどんな良いことがあるの?

フットワークが軽いと起こる良いこと①仕事に繋がる人脈が増える

人脈

フットワークが軽いと起こる良いことの1つ目は、「仕事に繋がる人脈が増える」です。ネットワークが軽い人はその行動力で色んな人に出会っていきます。

そうすると、自然と人脈が増えていき、ビジネスでは特にその人脈が新しいビジネスに繋がることもあるでしょう。仕事も突き詰めれば全てが人を経由してやってきます。

フットワークが軽いと起こる良いこと②自分の得たい情報が集まってくる

リサーチ

フットワークが軽いと起こる良いことの2つ目は、「自分の得たい情報が集まってくる」です。自分の興味を軸にフットワークを軽くしておくと、そこで出会った人から様々な情報を得ることができます。

イメージとしては、その場にいるだけで自分の得たい情報が集まってくるようなイメージです。これもフットワークを軽くしておく長所の一つと言えるでしょう。

フットワークが軽いと起こる良いこと③相手にポジティブな印象を与えられる

ポジティブ

フットワークが軽いと起こる良いことの3つ目は、「相手にポジティブな印象を与えられる」です。フットワークが軽い人は、逆にいつも一人で行動しない人に比べるとポジティブな印象を相手に与えられます。

その状態でいるだけで、特に自己PRやアピールをしなくてもその様子が自分の長所としてポジティブに伝わることが多いでしょう。

フットワークの軽い人になる具体的な方法3選!

フットワークの軽い人になる具体的な方法①自分の興味を探してみる

興味

フットワークの軽い人になる具体的な方法の1つ目は、「自分の興味を探してみる」です。まずは自分はどんなことに興味があるのかな?と自問するところから始めてみましょう。

人はき基本的に自分が興味のあることや、好奇心を抱けるものに対してはそれをもっと知るために行動もできますし、ポジティブにもなれます。自分の興味を紙に書き出してみるのもおすすめです。

フットワークの軽い人になる具体的な方法②人からの誘いに乗ってみる

誘い

フットワークの軽い人になる具体的な方法の2つ目は、「人からの誘いに乗ってみる」です。まずは人からの誘いに乗ってみましょう。こうすることで、行動力を養う練習をすることができます。

また、これは色んなことを先入観で判断しないという練習にもなります。とりあえず行ってみる、やってみるの精神で練習していくと良いでしょう。

フットワークの軽い人になる具体的な方法③失敗を恐れない

恐れ

フットワークの軽い人になる具体的な方法の3つ目は、「失敗を恐れない」です。色んな場所にフットワーク軽く飛び込んで行く際に、「自己PRに失敗したらどうしよう」など考えすぎないようにしましょう。

重要なのは、行動力を上げて量をたくさんこなすことです。あまり余計な心配はせず、ピンと来たらそれにすぐ飛び込むように意識すると良いでしょう。

ここまで、ビジネスや仕事におけるフットワークが軽い人の定義とその利点、またフットワークの軽い人になるための具体的な方法をお伝えしてきました。下記関連記事では、フットワークの軽い人のようにポジティブな生き方を身につける方法をご紹介しています。鈍感力を鍛える方法も学べますのでぜひ参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 430472275
鈍感力を鍛える方法4つ|ポジティブな生き方を身につける方法とは?

鈍感力という言葉の意味をご存知ですか?最近はSNSなどで周りを気にしすぎて疲れている人も多いと思いますが、鈍感力を鍛えることでガラリと生き方が変わるんです...

就活にも|ESや履歴書・面接でフットワークの軽さをアピールするには?

ESや履歴書・面接でフットワークの軽さを自己PRする方法①謙虚さを持つ

謙虚

ESや履歴書・面接でフットワークの軽さを自己PRする方法の1つ目は、「謙虚さを持つ」です。基本的に、就活ではあまりに自分の長所をアピールしすぎると相手から疎まれてしまう可能性があります。

フットワークの軽さをアピールする際も、例えば「私は、良く友達からフットワークが軽い人間だと言われます。」など、あくまでも他人から客観的な評価を得ているという伝え方をして謙虚さを持って伝えましょう。

ESや履歴書・面接でフットワークの軽さを自己PRする方法②簡潔な言葉

簡潔な言葉

ESや履歴書・面接でフットワークの軽さを自己PRする方法の2つ目は、「簡潔な言葉にまとめる」です。就活で自分のフットワークの軽さをアピールする際は、その特徴を簡潔な言葉でまとめましょう。

例えば、「私は、良く周囲の人達から行動力があり、フットワークが軽いと言われます。」などの一文にまとめます。就活で長所をアピールしたりする場合は、それを聞いた相手に分かりやすく伝わるか?を意識しましょう。

ESや履歴書・面接でフットワークの軽さを自己PRする方法③具体例を示す

リスト

ESや履歴書・面接でフットワークの軽さを自己PRする方法の3つ目は、「具体例を示す」です。就活で自分がフットワークが軽いことを簡潔に伝えた後は、それを裏付ける具体的な例を提示しましょう。

例えば、「先日、こんなことがありました。」と実際に起こったことをより鮮明に描写して例として提示できると、自分の長所のアピールに効果的に働きます。また就活で出会う試験官にも印象を残すことができるでしょう。

フットワークの軽い人には短所もあるの?

フットワークの軽い人の短所①飽きっぽい

飽きる

フットワークの軽い人の短所の1つ目は、「飽きっぽい」です。「好奇心が旺盛」という長所は、裏返すと「飽きっぽい」という短所にもなり得ます。

フットワークが軽い人は、先述した通り色んなことに興味があるので、それが周囲から見ると短所と写る場合もあるかもしれません。それを長所として、また柔軟性が高いと受け入れてくれる場所を見つけられると良いですね。

フットワークの軽い人の短所②深い人間関係を築けない

孤独

フットワークの軽い人の短所の2つ目は、「深い人間関係を築けない」です。フットワークが軽い人は、基本的に行動力があるのでその柔軟性を活かして色んな場所を転々とします。

そればかり繰り返していると、ある場所に一定期間留まって、深い人間関係を築くということが難しくなることがあるかもしれません。

フットワークの軽い人の短所③興味が色んなところにありすぎてまとまらない

混乱

フットワークの軽い人の短所の3つ目は、「興味が色んなところにありすぎてまとまらない」です。フットワークの軽い人は色んなことにオープンで柔軟性があるので、それをまとめたり統合するのが苦手な傾向があります。

フットワークの軽さを長所としてしっかり自分をアピールしていこう!

評価

当記事では、特にビジネスや仕事におけるフットワークが軽い人の定義を中心にお伝えしてきました。それを踏まえて就活にも使える自己PRの方法についてもまとめてみました。基本的に、フットワークの軽さというのはその柔軟性などを加味しても長所と見なすことができます。

これからも就活や日常生活など自己PRが必要な場面で、このフットワークの軽さをぜひ長所として存分にアピールしてみてください。

下記関連記事内では、履歴書とESの趣味にかける例を分かりやすくまとめています。就活や転職での書き方、また特技の書き方についても具体的に学べますよ。今まで、これらの欄に何て書いて良いのか悩んでいた方にはおすすめの記事となっています。気になる方はこちらの記事の内容もぜひ参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 717032236
履歴書とESの趣味の例10選!就活や転職での書き方と特技も

就活や転職の際、履歴書やES(エントリーシート)に書く趣味や特技で迷ったことはありませんか?自分には履歴書に書けるような趣味や特技なんて無い、そう感じる方...

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。