仕事の覚えが悪い人の原因3選|特徴や教え方のコツ・早く覚える方法も

あなたの周りに、仕事の覚えが悪い人はいませんか。仕事の覚えが悪い人の多くは、その原因が分からず悩んでいる人が多いでしょう。そこで今回は、仕事の覚えが悪い人の原因や特徴、教え方のコツや早く覚える方法などについてご紹介します。

仕事の覚えが悪い人の原因3選

仕事の覚えが悪い人の原因①聞くだけで何かに書き留めないから覚えられない

紙とペン

仕事の覚えが悪い人の原因1つ目は、聞くだけで何かに書き留めないから覚えられないということです。仕事の覚えの悪い人は、仕事の内容を説明されている時に聞いていさえすれば覚えられると考えています。しかし、人というのはどんなに記憶力がよく覚えるのが上手な人でも聞いたことを記憶していくには限りがあります。

また、聞いたことを何かに書き留めておくということが仕事ができない人のようで格好が悪いと追い持っている人も多いようですが、一度教えてもらった仕事を忘れてしまう方がよっぽど格好が悪いです。変な見栄やプライドなどは捨ててしまい、聞いたことは何かに書き留めることを習慣化しましょう。

仕事の覚えが悪い人の原因②分かっていないのに分かったふりをしてしまう

仕事をしている人

仕事の覚えが悪い人の原因2つ目は、分かっていないのに分かったふりをしてしまうことが原因です。仕事の覚えが悪い人の多くは、仕事の説明を受けている中で「ここまでの内容は分かりましたか?」と聞かれると「はい」と答えることが多いでしょう。

しかし、これは必ずしも仕事の内容を理解しているというわけではなく、日本人特有の「いいえ」と言えない心理からの「はい」です。つまり、仕事の内容をキチンと理解できていないのに分かったふりをしています。確かに、悪気があるわけではありませんが、いざ仕事となるとできなかったりミスばかりになってしまいます。

仕事の覚えが悪い人の原因③仕事に対する意識が低いから覚えようとしない

退屈そうな女性

仕事の覚えが悪い人の原因3つ目は、仕事に対する意識が低いから覚えようとしないことが原因です。会社に入ってくるからといって、その全員が仕事に対して高い意識を持っていて「仕事を早く覚えよう」や「良い仕事をしよう」と考えているわけではなく、なかには「とりあえず会社に入った」という意識が低い人もいます。

しかし、仕事に対する意識が低ければ仕事を覚えようとしないのはしかたがないと考えてはいけません。仕事を覚えなければ、会社の上司や一緒に働く同僚に迷惑をかけるだけではなく、取引先にも影響が及びます。仕事に対する意識が高かろうが低かろうが、仕事をすることで報酬を得ているということを忘れてはいけません。

とはいえ、仕事に対する意識が低いままであるといつまでたっても仕事を覚えようとしないでしょう。そんな仕事を覚えない人が周りにいるという方は、下記の「当事者意識とは|意味・英語・仕事をやらされてる感・意識を持たせるには」の記事をチェックして、仕事に対する意識を少し変えさせてみましょう。

Small thumb shutterstock 769705507
当事者意識とは|意味・英語・仕事をやらされてる感・意識を持たせるには

あなたは、「当事者意識」という言葉の意味を知っていますか?仕事ではやらされてる感ややらされ感満載でこの当事者意識が欠如しているを時々目にしますよね。この記...

仕事の覚えが悪い人の特徴5選

仕事の覚えが悪い人の特徴①仕事をどうやって覚えるべきかを知らない

ハテナ

仕事の覚えが悪い人の特徴1つ目は、仕事をどうやって覚えるべきかを知らないことです。仕事の覚えが悪い人の中には、真面目にキチンと仕事を覚えようとしているにもかかわらず、どうしても覚えられないという人もいます。

このような人は、仕事を教えてもらっている時にメモを取っていなかったり、説明が終わった直後に分からないことを質問するという物事をどうやって覚えるべきかを身につけずに成長してきたのでしょう。このケースでは、仕事を覚えるにはどうやればよいかをアドバイスすれば覚えられる可能性が高いです。

仕事の覚えが悪い人の特徴②話を聞いて理解する能力が非常に低い

ショックを受ける女性

仕事の覚えが悪い人の特徴2つ目は、話を聞いて理解する能力が非常に低いことです。仕事の内容を説明している時に書き留めたりしているにもかかわらず、仕事の内容を理解していない人は能力が低い可能性が高いです。

この特徴の仕事の覚えが悪い人は、仕事の内容を覚えたいという気持ちは強く持っているので婚期よく対応することが大切です。何度も時間をかけて仕事の内容を説明したり、少しずつ区切って節ねいするなどの工夫をすれば時間はかかるものの仕事を覚えてくれるでしょう。

また、仕事の内容を理解するのが苦手な人が近くにいるという方は、下記の「理解力とは?ない人の会話や仕事の特徴と鍛えるトレーニング方法5選も」の記事をチェックして、仕事を覚える気はあるものの覚えが悪い人の理解力を鍛えてあげましょう。

Small thumb shutterstock 136024517
理解力とは?ない人の会話や仕事の特徴と鍛えるトレーニング方法5選も

理解力とは、日常的な会話や仕事の面において非常に重要な事でもあります!理解力がない人は、教養がなく周囲からの信頼も失くしてしまう場合もあるのです。今回は、...

仕事の覚えが悪い人の特徴③「大丈夫です」「頑張ります」とやたら言う

まかせてください

仕事の覚えが悪い人の特徴3つ目は、「大丈夫です」や「頑張ります」とやたら言うことです。一見、しっかりとした返事をしているような「大丈夫です」や「頑張ります」という言葉ですが、この「大丈夫です」には根拠がありませんし、この「頑張ります」には今から頑張って理解しますという意味が隠されています。

このような返事をしてくる人に仕事を教えているのであれば、少し教えるペースをい遅くしたり、理解しているかの確認をマメに行うようにしましょう。

仕事の覚えが悪い人の特徴④ボーッと話を聞いていて頷くことすらない

ボーっとしている

仕事の覚えが悪い人の特徴4つ目は、ボーッと話を聞いていてうなずくことすらないことです。この特徴の人は、まさに仕事の内容の説明を理解するどころか聞くこともせずに聞き流している状態です。このように、こちらか仕事の内容を説明しているにもかかわらず、頷くなどの反応がない人は要注意だといえるでしょう。

仕事の覚えが悪い人の特徴⑤仕事を教えてもらうことに緊張していない

リラックスしている

仕事の覚えが悪い人の特徴5つ目は、仕事を教えてもらうことに緊張していないことです。人は、ある程度緊張した状態で話を聞かないと記憶しようと覚えようとしなくなります。この特徴の人は、何度同じことを説明しても忘れていることが多いでしょう。

一緒に仕事をする上司や先輩などに早いうちに馴染むのは非常に良いことではありますが、緊張感をなくすほどになると仕事に支障が出てしまいます。会社の上司や先輩に馴染むのは程ほどにし、程よい緊張感を持って仕事に取り組めるようにする必要があります。

仕事の覚えが悪い人への教え方のコツ3選

仕事の覚えが悪い人への教え方のコツ①メモを取らせると共に取り方も教える

書く

仕事の覚えが悪い人への教え方のコツ2つ目は、メモを取らせると共に取り方も教えることです。仕事の覚えが悪い人には、まずメモを取って話を聞くことをが教え方のコツです。さらには、メモの取り方が上手ではない場合もありますので取り方も教えるとスムーズに進むでしょう。この2つを並行して行うのが教え方のコツです。

仕事の覚えが悪い人への教え方のコツ②手順・実務・意味の順番で教えていく

ホップステップジャンプ

仕事の覚えが悪い人への教え方のコツ2つ目は、手順・実務・意味の順番で教えていくことです。まずは、仕事の手順や流れを説明する教え方をします。次に、この手順どおり実務を行っていきます。その上で、意味を教えていくという教え方であれば一度に詰め込んで教えることはありませんので理解しやすいでしょう。

仕事の覚えが悪い人への教え方のコツ③褒めて伸ばしながら内容を濃くする

仕事を教える男性

仕事の覚えが悪い人への教え方のコツ3つ目は、褒めて伸ばしながら内容を濃くすることです。仕事の覚えが悪い人の中には、仕事に対する意識が低い人もいますので、やる気を出させるためにもできたことを褒めて成功体験を重ねていきます。こうすることで、仕事に対する意識が挙がりますので教える内容も濃くできるでしょう。

褒めて伸ばすと簡単に言っても、どのような言葉で褒めると効果的であるかを知っているか知らないかではその効果の程が違ってきます。効果的に褒めたいという方は、下記の「相手の褒め言葉15選!面白い&最高の人の叱り方やビジネスや部下の」の記事をチェックして、褒め言葉の言い方について勉強しましょう。

Small thumb shutterstock 289448900
相手の褒め言葉15選!面白い&最高の人の叱り方やビジネスや部下も

褒め言葉を人に言うのって難しいですよね。今回は面白い人や相手に褒め言葉を使う際の単語を集めてみました!また、ビジネスでの褒め方やベタな褒め方、最高の相手へ...

仕事の覚えが悪い人が早く仕事を覚える方法3選

仕事の覚えが悪い人が早く仕事を覚える方法①まずは規則正しい生活をする

規則正しい生活

仕事の覚えが悪い人が早く仕事を覚える方法1つ目は、まずは規則正しい生活をすることです。仕事を覚えるということは、ある程度の脳の働きが必要となってきます。脳の働きをよくするには、睡眠時間や食事などにおいて規則正生活をおくることが効果的です。

仕事の覚えが悪い人が早く仕事を覚える方法②メモを取ってノートにまとめる

メモとノート

仕事の覚えが悪い人が早く仕事を覚える方法2つ目は、メモを取ってノートにまとめることです。仕事を教えてもらっている時に、聞いた話はもちろん、見たことになども必ずメモを取ります。そして、その内容を理解しているかを確認するために、ノートにまとめましょう。

仕事の覚えが悪い人が早く仕事を覚える方法③同じ仕事をしてる人の話を聞く

話を聞く

仕事の覚えが悪い人が早く仕事を覚える方法3つ目は、同じ仕事をしている人の話を聞くことです。どうしても仕事の覚えが悪い人は、同じ仕事をしている人にどのようにして仕事を覚えたかの話を聞いてみましょう。色々な人に話を聞けば、自分が取り入れやすい覚え方を見つけやすくなります。

仕事の覚えが遅い人が分からないことを質問しやすくなる環境の作り方は?

分からないことを質問しやすくなる環境の作り方①仕事に関係ない会話もする

談笑する

仕事の覚えが遅い人が分からないことを質問しやすくなる環境の作り方1つ目は、仕事に関係ない会話もすることです。普段から仕事以外の趣味や好みの話などを話している間柄であれば、仕事に関する質問もしやすくなります。

分からないことを質問しやすくなる環境の作り方②上下関係を感じさせない

上下関係

仕事の覚えが遅い人が分からないことを質問しやすくなる環境の作り方2つ目は、上下関係を感じさせないことです。質問しやすい環境というのは、上下関係を感じさせる環境であるとしにくくなり、しなくなってしまうことが多いです。こうならないためにも、話し方を穏やかにしたり物腰を柔らかくすると良いでしょう。

仕事の覚えが悪い人には原因や特徴を理解し教え方を工夫して気長に対応を!

いかがでしたでしょうか。仕事の覚えが悪い人の中には、仕事の覚えが遅い人もいます。このことを踏まえたうえで、原因や特徴を理解し、教え方を工夫して気長に時間をかけて仕事を教えていきましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。