タイトなスケジュールの意味とは?使い方例文5選・厳しい日程・類語も

あなたは、ビジネスでも良く使われる「タイトなスケジュール」という言葉の意味を知っていますか?この記事では、この言葉の意味とは?またその具体的な使い方と例文、類語である「厳しい日程」「余裕がなくきつい」などの表現について分かりやすくお伝えしていきます。

「タイトなスケジュール」の意味とは?

「タイトなスケジュール」の意味とは時間や日程の余裕がない状況

カレンダー

「タイトなスケジュール」の意味とは「時間や日程の余裕がない状況」という意味です。「タイト」はもともと、英語で「きつい、厳しい」という意味を持つ形容詞です。これをカタカナ英語として使用したものがこの表現の形となっています。この言葉の他の使用例で分かりやすいのが「細身」を意味する「タイトスカート」です。

この「タイトなスケジュール」の意味と混同して使用されがちなのが「ハードなスケジュール」です。この表現は、時間的な余裕がないというよりも、その内容が過酷という意味で用いられます。この2つの表現は誤用が生まれやすいものですので、しっかり意味を区別して覚えましょう。

「タイトなスケジュール」の意味は主にビジネスで用いられる

会議

「タイトなスケジュール」の意味は主にビジネスで用いられ、特にビジネスでは「時間の余裕がない」と直接的な表現を避けたい際などに使用します。基本的に、ビジネスでは自分の時間を自分で上手く管理する能力が求められます。これは、社会人として働く全ての人に求められる基本的なスキルであるとも言えるでしょう。

自分の力の及ばない外的要因からの影響があったとしても、「常に時間がない」と言っている人はタイムマネージメント能力のなさを相手から疑われても仕方がありません。しかし、戦略的に忙しく見せることも必要な場合もありますよね。その場合は、婉曲的な表現にもなりうる、「タイトなスケジュール」という言葉を使います。

「タイトなスケジュール」の使い方・例文5選

「タイトなスケジュール」の使い方と例文①タイトなスケジュールなので

電話で会話する女性

「タイトなスケジュール」の使い方と例文の1つ目は、「タイトなスケジュールなので難しいです。」です。この表現は、特に先方から商談などの日程調整を迫られ、自分のスケジュールと合わない理由でそれを断る際に使用する表現となります。

具体的には、「この度はお忙しいところ、商談日程についてのご連絡を頂きありがとうございます。頂いた日程ですが、あいにくこちらで調整が難しく、どの日程もお受けすることができません。タイトなスケジュールなので難しいです。」などの形で使用できます。

「タイトなスケジュール」の使い方・例文②タイトなスケジュールで

メールを読む女性

「タイトなスケジュール」の使い方と例文の2つ目は、「タイトなスケジュールで申し訳ないのですが、何卒よろしくお願い致します。」です。この例文は、相手にこちらから時間的に厳しいスケジュールをお願いする際などに使用すると効果的なものです。

具体的には、「以上が、全体会議当日の流れとなります。タイトなスケジュールで申し訳ないのですが、何卒よろしくお願い致します。」などの形で使用することがでいます。このように、「タイトなスケジュール」は自分以外の人のスケジュールに対して使用することもできます。

「タイトなスケジュール」の使い方・例文③タイトなスケジュールであること

メールチェックする男性

「タイトなスケジュール」の使い方と例文の3つ目は、「タイトなスケジュールであることご理解頂けると幸いです。」です。この例文は、相手から強く、または何度か日程調整を求められたものの、どうしてもスケジュールが合わず断るような場面で活用できます。

具体的には、「何度も日程調整頂きましたが、今回もどうしても日程が合わず恐縮です。来月は当事務所が大きな案件をいくつか抱えており、タイトなスケジュールであることご理解頂けると幸いです。」などの形で使用します。ただ、この例文は相手を間違えると少し横柄な発言と取られかねないのでその点には注意しましょう。

「タイトなスケジュール」の使い方・例文④タイトなスケジュールとなる予定

スケジュール相談する社員

「タイトなスケジュール」の使い方と例文の4つ目は、「タイトなスケジュールとなる予定です。」です。この表現は、相手に素直に日程調整してもらった日が時間的に余裕がないのだ、と伝えたい際に活用できるものです。場合によっては、このようにストレートに相手に自分の状況を伝えるのが効果的な場合もあります。

具体的には、「その日は複数の会議を予定しており、タイトなスケジュールとなる予定です。可能であれば別日で再度日程調整を頂けますと幸いです。」などの形で使用します。このように、時間の余裕がない理由を述べた後、それを踏まえてどうするか?という行動を促す内容を後に続けると相手にも分かり易くて効果的です。

「タイトなスケジュール」の使い方・例文⑤タイトなスケジュールのため

決めるビジネスマン

「タイトなスケジュール」の使い方と例文の5つ目は、「タイトなスケジュールのため日程調整が難しい状況です。」です。この例文も、相手に時間的な余裕がないことを伝えた上で、日程がその日では調整できないことを伝える使える例文です。

具体的には、「その日は、タイトなスケジュールのため日程調整が難しい状況です。可能であれば来月~日頃はいかがでしょうか?」などの形で使用できます。4つ目の例と同様、後に具体的な提案を盛り込むとよりスムーズに日程調整を行うことができるでしょう。

タイトなスケジュール|タイトの使い方は?

タイトの使い方①スケジュールがタイトです

少人数の会議

タイトの使い方の1つ目は、「スケジュールがタイトです」です。この表現は、自分のスケジュールが厳しい、あるいはきついことを相手に非常にストレートに伝えることのできる表現となります。具体的には、「頂いた日程に関してですが、その日はスケジュールがタイトです。」などの形で使用します。

ただ、この表現は非常にシンプルなので相手に簡素に響きすぎる恐れもあります。後に「他日程で再度調整頂くことは可能でしょうか?」など少し丁寧な形で妥協点を探る発言を重ねておくことも忘れないようにしましょう。

タイトの使い方②予算がタイトです

2人での会議

タイトの使い方の2つ目は、「予算がタイトです」です。これは、「スケジュール」という言葉を「予算」という言葉に置き換えて用いたものです。この場合、自分の生活予算や会社の予算などが余裕がなく厳しいという意味となります。

具体的には、「今月は当社の営業部の不振などとも重なり、当担当部署の予算がタイトです。」などの形で使用できます。このように、「タイト」という言葉は日程やスケジュール以外ににも用いることが可能です。

ここまで、「タイトなスケジュール」という言葉の意味と具体的な例文などをご紹介してきました。下記関連記事内では、就活や転職にも役立つ二次面接の案内メールへの返信例文についてまとめています。日程調整の際の表現についてもご紹介しています。この記事と合わせて、ぜひ参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 1090237772
【就活・転職】二次面接の案内メールへの返信例文11選|日程調整/辞退

今回は、就活・転職の際の二次面接の案内メールへの返信例文11選を中心に紹介します。就活・転職活動において、採用担当者とメールでのやり取りは自分の印象を上げ...

タイトなスケジュール|タイトの類語・言い換えは?

タイトの類語と言い換え表現①厳しい

カレンダーと机

タイトの類語と言い換え表現の1つ目は、「厳しい」です。冒頭でもお伝えした通り、「タイト」とは他の日本語にすると「厳しい」という言葉に置き換えられますので、その言葉を使用して表現したものです。「タイト」と表現した時よりも少し堅い、あるいはストレートな響きを持つ表現となります。

具体的な使用方法としては、「ご相談頂いた来週の商談の日程についてですが、日程的に厳しいです。」などの形で使用できます。相手によっても表現を柔軟に変化させる必要がありますが、この表現は相手に割とはっきり日程調整ができないことを伝えたい際に効果的に働く表現です。

タイトの類語と言い換え表現②きつい

笑顔の社員

タイトの類語と言い換え表現の2つ目は、「きつい」です。これは、時間的に余裕がない状態を表す類語となります。具体的な使用例としては、「その日は会議が複数あるので日程的にきついです。」です。この類語は、かなりストレートなニュアンスを持つので、基本的には目上の人や取引先の担当者などには使用できません。

使用できる相手の例としては同僚や仲の良い先輩、かなり関係性の深まっている取引先の人などです。うっかり目上の人に対して使用してしまわないように注意して活用するようにしましょう。このように、効果的な表現も相手を間違えると逆効果となる場合もあります。この点については常に意識しするようにしてください。

タイトの類語と言い換え表現③余裕がない

パソコンのネットワーク

タイトの類語と言い換え表現の3つ目は、「余裕がない」です。この類語は、文字通り、時間の余裕がなく厳しいという意味を表します。相手に自分の状況をかなりストレートに表現しながらも、失礼さがさほどないので状況によってはかなり活用できる類語表現となるはずです。

具体的には、「頂いた日程での調整はあいにくその間、時間的な余裕がありません。」などの形で使用します。その後に再度の日程調整などを依頼する丁寧な表現を重ねて使用すると効果的でしょう。

タイトなスケジュールという言葉の意味を理解して会話を円滑にしていこう!

交渉成立

当記事ではここまで、「タイトなスケジュール」という表現とその意味、具体的な例文や類語表現などを豊富にご紹介してきました。特にビジネスでは仕方なく相手からもらった日程を断る必要性も出てきます。

心理的に、自分の忙しさを理由に相手に日程調整がきついことを伝えたり、再度日程調整を依頼することはハードルが高いことだと言えます。しかし今回ご紹介した表現は、そのような場面でまさに使える表現ばかりですので、しっかり覚えて会話を円滑にしていってください。

下記関連記事内では、社会人の勉強方法としてスケジュール管理とやるべきこと、そしておすすめの資格について分かりやすくまとめています。常にキャリアアップを目指して努力していくことは、社会人としてとても大事です。この記事の内容と合わせて、ぜひ下記関連記事の内容もチェックしてみてください。

Small thumb shutterstock 1040557237
社会人の勉強方法|スケジュール管理とすべきことやおすすめの資格も

社会人の勉強方法について気になっていませんか?資格のために勉強したいけれど、どのようにスケジュール管理をしたらいいのかおすすめの資格は何か?このようなこと...

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。