推奨の意味とは?「推奨する」の使い方例文7選・類語・対義語・英語表現

推奨するという言葉の意味や使い方、類語について知っているでしょうか。人に何かを勧めるときに使われる言葉で、強制力があるのではないかという疑問もあります。推奨という言葉を普段目にしないでしょうか。この記事では例文や英語などもまとめていますので、ぜひ正しい使い方や意味を学んでください。

推奨とは|読み方・意味は?

推奨の読み方とは「すいしょう」意味は人へ特におすすめすること

おすすめする

推奨の読み方とは「すいしょう」意味は人へ特におすすめすることです。推奨という言葉を聞いたことがあるでしょうか。パソコンの性能にこだわる方など一部の人にとっては聞きなじみのある言葉かもしれません。推奨は何かを選ぶことを特におすすめするという意味でよく使われる言葉です。

例えばパソコンであれば推奨動作環境という言葉があります。パソコンでゲームやソフトウェアを動作させるために必要な性能はこれぐらいですよ、ということを指すときに使う言葉です。ほかには推奨○○・○○推奨という使い方をします。

推奨を英語で言うとRecommendation

英語で

推奨を英語で言うとRecommendです。自動詞と他動詞で意味が異なります。自動詞では勧告を出すこと、他動詞では何かを勧めたり、助言のニュアンスが強い勧告を表します。使い方も日本語と同じような感じで、人に対して何かを特におすすめしたり、助言するときに使います。

例文を挙げてみると「recommend~for~」と書くと「~を(人)に推奨する」という意味の英文となります。また「recommend~most cordially to~」と書くと「心から~を(人)に勧める」といった意味の英文となります。前置詞と組み合わせて活用する英語です。

「推奨」の使い方・例文7選

「推奨」の使い方・例文①非推奨

非推奨

「推奨」の使い方・例文1つ目は、非推奨です。非がついているので否定形になり、推奨ではない、おすすめではないことを表します。使い方としては、選択肢としてはこういうものもありますが、この方法や選択をするのはおすすめではありませんよ、というときに使います。

非推奨の例文を挙げてみましょう。例えば「このやり方もありますが、手間が多いので非推奨です」「こんな人は向かないので非推奨です」「パソコンの性能が足りないので非推奨です」となります。どれも、選択肢のリターンが劣るためおすすめではないことを示した例文となっています。

「推奨」の使い方・例文②推奨事項

推奨事項

「推奨」の使い方・例文2つ目は、推奨事項です。満たすことが勧められる何らかの条件や事項があることを表しています。使い方としては、何らかの理由で、この事項や条件に当てはまることを勧めたい場合などに使います。例えば事項を満たす方がメリットが大きい場合などが考えられます。

推奨事項の例文を挙げてみましょう。例えば「以上が推奨事項となります」「推奨事項を満たしている方が好ましいです」「推奨事項に当てはまらない方はちょっと難しいかもしれません」などになります。どれも満たす方がメリットが大きい事項があることを例文で示しています。

「推奨」の使い方・例文③推奨ブラウザ

推奨ブラウザ

「推奨」の使い方・例文3つ目は、推奨ブラウザです。勧められるウェブブラウザのことを指します。大抵のサイトはどんなブラウザを使用していてもキレイに表示されます。しかし、じつはブラウザによって挙動に違いがあるため、推奨ブラウザ以外で見ると正常な表示ができないサイトも中にはあります。

推奨ブラウザを使った例文を挙げてみましょう。「このサイトは推奨ブラウザの○○での閲覧を想定して作られています」「推奨ブラウザ外での閲覧は動作保証対象外です」「推奨ブラウザ以外でサイトを見ると表示が崩れる場合があります」などになります。どの例文も特定のブラウザで見ることを勧めています。

「推奨」の使い方・例文④推奨すべき

推奨すべき

「推奨」の使い方・例文4つ目は「推奨すべき」です。ほかの選択肢と比較して特におすすめする選択があることを表します。使い方としては、ほかの手段よりも一番無難、特におすすめしたい、他のはあまり魅力的な条件ではない、といったときに使えます。

推奨すべきを使った例文を挙げてみましょう。例えば「ほかのどれよりも推奨すべきアイテムがある」「様々な手段がある中で、これを一番推奨すべきだと思う」「推奨すべき選択肢は無難な印象を受けた」などになります。他よりも選ぶ理由があって魅力的な選択肢があることを示しています。

「推奨」の使い方・例文⑤推奨する

推奨する

「推奨」の使い方・例文5つ目は「推奨する」です。特におすすめすることを表しています。使い方としては、無難で間違いがない、特に勧められる選択や考えであることを明示したい場合に使えます。例文を挙げるなら「指定された道具を用いることを推奨する」「やり直しを推奨する」などになります。

「推奨する」の例文を挙げてみましょう。例えば「指定された道具を用いることを推奨する」「やり直しを推奨する」「上司が推奨するやり方で仕事をこなすことにした」「教授は偉そうに、もう一度考え直すことを推奨すると述べた」などになります。どの例文も、お勧めであることを推奨という言葉で示しています。

「推奨」の使い方・例文⑥強く推奨

強く推奨

「推奨」の使い方・例文6つ目は「強く推奨」です。特定のことをよりお勧めしたいことを表しています。使い方としては、状況や条件を考慮してもほかの選択肢の中で一択であること、強くお勧めしたい動機や理由がある場合に使えます。

「強く推奨」の例文を挙げてみましょう。「初めての方はこちらを強く推奨します」「こちらの方が安価で使いやすいため強く推奨しています」「彼はこちらの方が性能が良いと言い、強く推奨してきた」などになります。どれも理由があって特にお勧めしたいことを表しています。

「推奨」の使い方・例文⑦推奨している

推奨している

「推奨」の使い方・例文7つ目は「推奨している」です。今現在でおすすめしていることを表しています。使い方としては、今まさにお勧めしていること、現状でお勧めするものがある場合に使えます。

「推奨している」の例文を挙げてみましょう。「一番無難なため推奨している次第です」「こちらの方が現状安定しているため推奨しています」「こちらのルートの方が歩きやすいので推奨しています」などになります。どれも、現状お勧めであることを示しています。

推奨と奨励の違い

推奨と奨励の違い①より強く勧めている

より強く勧めている

推奨と奨励の違い1つ目は、より強く勧めていることです。推奨はよく知っている人が知らない人にどれが一番おすすめできるかを一考し、知らせるニュアンスがあります。一方、奨励は励ますという字があります。励ますは奮い立たす・声を強くするという意味があり、とにかくお勧めであることを強調するニュアンスがあります。

また、推奨の推は推し量るという意味があり、よく知っている人が一考して答えを導き出す意味合いもあります。奨励はどちらの字も励ますという意味があり、とにかくより強くお勧めしたい意味合いが強い言葉だと言えます。

推奨と奨励の違い②勧めることに対する意欲が違う

意欲が違う

推奨と奨励の違い2つ目は、勧めることに対する意欲が違うことです。推奨は先生や経験者など、その物事についてよく知っている人が発言する内容というニュアンスがあります。一方、奨励も推奨とよく似た言葉ではありますが、発言者がどうかというより、ただ声高にお勧めするというイメージが強いです。

推奨の類語・対義語は?

推奨の類語①推薦

推薦

推奨の類語1つ目は推薦です。意味は第三者が誰かを特に優れているとお勧めして抜擢することです。使い方としては、リーダー、コンテストやコンクール、高校や大学へ進学など、だれかを代表して選ぶ場面で使う言葉です。選ぶ人は、多数決か先生などの立場が高い人が担当することがほとんどです。

推奨の類語「推薦」の例文を挙げてみましょう。例えば「学校の推薦で大学へ進学することができた」「クラスメイトの推薦により、生徒会長を務めることになった」「稽古の先生の推薦で次の舞台への道が開けた」などになります。どれも第三者の認められた勧めであることを示しています。

推奨の類語②勧告

勧告

推奨の類語2つ目は、勧告です。意味は何かを説得して勧めることを表します。使い方としては、誰かに何かを説得したいときに使う表現です。とはいっても、一般人が勧告と表現しても特に強制力はありません。しかし、行政機関による勧告などは従う必要があるでしょう。

推奨の類語「勧告」の例文を挙げてみましょう。例えば「隣の住民に騒音についての勧告を出した」「行政機関から韓国のお知らせが郵便で届いた」などになります。どちらも人を説得したいことを表すために勧告が使われています。

推奨の対義語:禁じる

禁じる

推奨の対義語1つ目は「禁じる」です。意味は何かをしてはならないと人に命令することです。使い方としては、特に立場の高い人が決めたり発言することが多いです。例えば親や先生、医者、弁護士などが当てはまります。何か理由があって、人の行動を抑制したいときに使えます。

禁じるの例文を挙げてみましょう。例えば「事故多発につき、周辺で遊ぶことを禁じる」「医者の勧めにより今日からタバコを禁じることにした」「組織の掟によりあることは禁じることになった」などになります。どれも何かの理由によりしてはいけないことを示しています。

「推奨」には強制の意味もある?

「推奨」という言葉に強制の意味は本来ない

強制の意味はない

「推奨」という言葉に強制の意味は本来ないです。少なくとも事情通の第三者が勧めていることを示した言葉ですが、とくに強制力は持っていません。個人がおすすめしているというだけなので、内容に納得できなければ、別のやり方や手段を取っても良いということになります。

推奨に強制力はないが状況によっては発生する場合もある

選択肢のリスク

推奨に強制力はないが状況によっては発生する場合もあります。例えば、極端な場合では推奨されたことに従わないと命の危機に晒されるとき、推奨以外の選択肢のリスクが高い場合などが考えられます。他に選択肢があっても、何らかの理由で推奨されたこと以外選びづらい場合は、強制力があると言えるかもしれません。

推奨は人に勧めること

以上が推奨の意味や使い方、類語などでした。推奨はよく知っている人が何かを勧めることを表します。強制力は特にないので、参考に留めるか従うかは自分の判断で決めても良いということになります。類語についてはほかにもあるので、伝えたいメッセージに対してニュアンスが合わないと感じたら調べるといいでしょう。

以下の記事では「塩対応」と「甲斐性なし」の意味や特徴を述べています。普段の生活でも活用できる言葉ですね。どちらも読みごたえがありますので、ぜひご覧ください。

Small thub shutterstock 589683539
塩対応の意味・語源・反対語とは?塩対応の例10選や魅力の紹介も

アイドルの握手会からブームとなった「塩対応」という言葉、今ではすっかりおなじみですが、今回はその意味や語源をはじめ、「神対応」などの反対語をご紹介します。...

Small thub shutterstock 1166505262
甲斐性なしとは?意味と意気地なしの彼氏や旦那の特徴10選も

甲斐性なしの意味とはご存知ですか?甲斐性なしの男と結婚すると旦那に経済力がなく大変だと言われています。意気地がない、根性がないと言われる甲斐性なしを彼氏や...

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。