愛情不足で育った大人の性格・特徴6選!子供が見せるサインも

愛情不足で育った人というのは、大人になって色々な悪影響を受けるといわれています。それだけ、両親から子供に注がれる愛情というのは重要な役割を果たしています。そこで今回は、愛情不足で育った大人の性格・特徴や子供が見せるサインなどについてご紹介します。

愛情不足のまま育った大人の性格・特徴6選

愛情不足のまま育った大人の性格・特徴①人やものに依存しやすい傾向がある

依存

愛情不足のまま育った大人の性格・特徴1つ目は、人やものに依存しやすい傾向があることです。子供の頃に、愛情たっぷり注がれて育っていない影響で些細なことや不測の事態によって、大きな不安を感じてしまいがちです。

このように不安を感じた時、愛情たっぷり注がれて育った大人であれば愛情を受けたことで不安を払拭する事ができます。しかし、子供の頃、愛情不足のまま育った大人は不安を感じたときに、恋人や友人やお気に入りのものをそばにおいていないと不安を乗り越える事ができません。

子供の頃に愛情不足のまま育った以外にも、依存しやすくなる原因はたくさんあります。自分が依存体質だと感じており、治したいという方は下記の「依存体質の特徴や性格10選!人に依存する原因と治し方や改善方法は?」の記事をチェックして、自分に合った治し方や改善方法を試してみてはいかがでしょうか。

Small thumb shutterstock 594266549
依存体質の特徴や性格10選!人に依存する原因と治し方や改善方法は?

あなたの周りに依存体質の人はいますか?あなたはどうでしょうか?ここでは、依存体質の特徴や性格、原因などについて、詳しくご説明して参ります。更に、治し方や改...

愛情不足のまま育った大人の性格・特徴②自己肯定感が非常に乏しい

自己肯定感

愛情不足のまま育った大人の性格・特徴2つ目は、自己肯定感が非常に乏しいことです。周りの人から少しでも否定的な意見をいわれたり叱られたりすると、愛情たっぷり育った大人であれば、それでも自分の意見が正しい部分があると自己肯定感を発揮します。

しかし、愛情不足のまま育った大人は、周りの人から否定的な意見を言われたり叱られたりすると、「自分には生きる価値がないのではないか」と思いつめてしまいます。こうなってしまうのは、子供の頃に両親から認められたり肯定されてこなかったことが原因でしょう。

愛情不足のまま育った大人の性格・特徴③愛がない人になりやすい

愛がない

愛情不足のまま育った大人の性格・特徴3つ目は、愛がない人になりやすいことです。子供の頃に愛情たっぷり注がれなかった大人は、両親以外の周りの人からの愛情たっぷり注がれたい、愛情を求めたいという気持ちは人一倍あります。

しかし、両親から愛情不足のまま育てられた大人は、自分に愛される自信がありません。それだけではなく、自分自身も相手にどう接してよいかわからず、結局は愛がない人となってしまいがちです。

愛情不足のまま育った大人の性格・特徴④自己防衛本能から攻撃的な性格

攻撃的

愛情不足のまま育った大人の性格・特徴4つ目は、自己防衛本能から攻撃的な性格です。子供の頃に両親から愛情たっぷり注がれなかった大人は、両親が守ってくれると感じることができないために身も心も常に防御体制になっています。

したがって、初対面の相手などには自分を守りたい一心で攻撃的な対応をしてしまう傾向があります。また、初対面の相手以外にも、「攻撃こそが最大の防御」という精神から、相手に何かされる前に自分から攻撃を仕掛けてしまうということも多いでしょう。

愛情不足のまま育った大人の性格・特徴⑤独占欲が強く嫉妬深い性格

束縛

愛情不足のまま育った大人の性格・特徴5つ目は、独占欲が強く嫉妬深い性格です。子供の頃に愛情たっぷり注がれなかった大人は、コミュニケーションを取ることに慣れていないため相手が何をしたら喜び、何をしたら嫌がるかに疎い傾向があります。

したがって、相手が独占欲や嫉妬深さで束縛してしまうことを嫌がると気付く事ができません。もしくは、相手が独占欲や嫉妬深さで束縛してしまうことを嫌がっていると気付いてはいてもそれを止めることができません。

愛情不足のまま育った大人の性格・特徴⑥些細なことに影響を受け不安に陥る

不安

愛情不足のまま育った大人の性格・特徴6つ目は、些細なことに影響を受け不安に陥ることです。愛情不足のまま育った大人は、子供の頃に愛情たっぷり注がれていないため、安心感というものを感じて育てられていません。

したがって、常に不安にさらされていることが多く、普通の人から見ると些細なことにも影響を受けてしまい不安に陥ってしまいます。そのため、なんの影響も受けていないときでも、「これでいいのか?」や「これは大丈夫か?」と不安をにじませています。

愛情不足の子供が見せるサイン5つ

愛情不足の子供が見せるサイン①ふとしたときに何かを口に入れる

口に入れる

愛情不足の子供が見せるサイン1つ目は、ふとしたときに何かを口に入れることです。子供がふとしたときに指しゃぶりをしたり爪を噛んだり何かを口に入れるという行動は、ストレスや不安の表れだといわれています。

しかも、指しゃぶりをしたり爪を噛んだり何かを口に入れるという行動が続く場合は、この行動を解消するほど愛情を感じていない可能性があります。とはいえ、不安やストレスの感じ方は子供によって違います。何かを口に入れるからといって愛情不足とは限りませんが、愛情の注ぎ方を見直してみてはいかがでしょうか。

愛情不足の子供が見せるサイン②人の物を盗ったり隠したりする

泥棒

愛情不足の子供が見せるサイン2つ目は、人のものを盗ったり隠したりすることです。どれだけお話しするのが上手な子供でも、愛情不足である事を大人に伝えるのは難しいものです。

したがって、人の物を盗ったり隠したりすることで自分を見てもらおうと行動することがあります。もちろん、子供は人の物を盗ったり隠したりすることが悪いことだと解っています。悪いことをしてでも両親の気を引きたいほど愛情に飢えているのかもしれません。

愛情不足の子供が見せるサイン③かまって欲しいがために嘘をつく

嘘

愛情不足の子供が見せるサイン3つ目は、かまって欲しいがために嘘をつくことです。愛情不足の子供は、両親から愛情を受けることが無理そうだと感じると、周りの大人や子供、誰でもいいから自分を見てもらおうと行動を起こします。

その行動の1つが、嘘をつくことです。一度嘘をついて周りの大人や子供の目を自分に集めてしまうとその嬉しさが忘れられず、さらに嘘を重ねてしまう子供もいます。あまりに嘘を重ねていってしまうと、自分が嘘をついているということを忘れてしまうこともあるので注意が必要です。

愛情不足の子供が見せるサイン④喜怒哀楽を表に出さない無表情である

無表情

愛情不足の子供が見せるサイン4つ目は、喜怒哀楽を表に出さない無表情であることです。普通の子供であれば、両親と喜んだり怒ったり哀しんだり楽しむという時間を一緒に過ごしたいため、表情豊かにアピールしてくるでしょう。

しかし、愛情不足の子供は自分が両親と喜んだり怒ったり哀しんだり楽しむという時間を一緒に過ごしたいと表情豊かにアピールしても共有してもらえないと悟ってしまいます。したがって、表情が乏しくなり、やがては無表情となってしまいます。

無表情な人というのは、子供の頃愛情不足だったことだけが理由ではありません。周りに無表情な人がいる人や自分が無表情かもしれないという方は、下記の「無表情な人の心理14選!」の記事をチェックして、無表情な人について知ってみてはいかがでしょうか。

Small thumb shutterstock 742485433
無表情な人の心理14選!表情の乏しい男性・女性との上手な付き合い方は?

あなたの周りには無表情な人はいますか?あなたはどうでしょうか?世の中には感情が表情に出ない人がいます。ここでは、そんな表情に乏しい人の心理や特徴について、...

愛情不足の子供が見せるサイン⑤親以外の大人の気を引こうと甘える

甘える

愛情不足の子供が見せるサイン5つ目は、親以外の大人の気を引こうと甘えることです。子供というのは、何歳になっても両親に甘えたいと考えています。

したがって、両親に甘えられない子供や両親に甘えさせてもらえない子供は両親以外の大人に甘えようと探し回ります。この場合、両親以外に甘えられる大人を見つけられた場合は愛情不足が解消されたり、両親の愛情不足を補える可能性があります。

愛情不足にならない為の子供への愛情の伝え方は?

愛情不足にならない為の子供への愛情の伝え方①愛情たっぷり目を見て話す

見る

愛情不足にならない為の子供への愛情の伝え方1つ目は、愛情たっぷり目を見て話すことです。子供は、常に両親に見ていて欲しいと考えています。

したがって、子供と話すときにはできるだけ愛情たっぷり感じられるように目を見て話すようにしましょう。常に目を見て話すことが難しいというときには、せめて「おはよう」や「ありがとう」などの挨拶をするときには目を見て挨拶すると愛情が伝わりやすいです。

愛情不足にならない為の子供への愛情の伝え方②叱るときは理由まで伝える

叱る

愛情不足にならない為の子供への愛情の伝え方2つ目は、叱る時は理由まで伝えることです。子供は、「××してはダメ!」や「××しないで!」や「××はやめなさい!」という叱り方をしても、その場ではキチンと従います。

しかし、その場でキチンと理由まで理解しているとは限りません。理由を理解していなければ、叱られることがストレスになってしまい愛情不足となってしまいます。したがって、「ケガをするから××はやめなさい!」という風に理由がわかる叱り方をしましょう。

愛情不足で育った自分を癒す方法は?

愛情不足で育った自分を癒す方法①喜怒哀楽の中の負の感情の発散する

悲しい

海城不足で育った自分を癒す方法1つ目は、喜怒哀楽の中の負の感情を発散することです。喜怒哀楽の怒りや哀しみというのは、愛情不足であると蓄積される傾向にあります。蓄積された怒りや哀しみを、書きなぐったり叫んだりして発散すると、愛情不足であった記憶も薄れやすくなります。

愛情不足で育った自分を癒す方法②愛情不足でどう傷付いたかを診断する

知る

愛情不足で育った自分を癒す方法2つ目は、愛情不足でどう傷付いたかを診断することです。愛情不足で育った自分を癒そうと思ったとき、愛情不足がどのように影響して、どう傷付いたかを診断することが何よりの近道です。診断して思い出すことは、愛情不足を何よりも理解できる行動であり、癒しに繋がります。

愛情不足は辛いけれどもだからといって悪影響を受けるわけではありません!

いかがでしたでしょうか。愛情不足で育った人は、確かに周りと違った環境で育っています。しかし、だからといって変わった性格、特徴的な人になるわけではありません。悪影響を受けるか受けないかは、自分次第です。しっかりとした自分であれば、どのような環境で育っても、なりたい自分になれるのではないでしょうか。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。