さん付けする男性と女性の心理6選!急にさん付けで呼ばれる時の意味とは?

会社では相手の名前をさん付けや呼び捨て、そしてちゃん付けにしますがそれぞれ相手に対する深層心理が隠されています。ここでは名前の呼び方別での審理や男性女性別の心理、そして呼び方そのものに隠された心理まで詳しく紹介していきます。後半ではさん付けをやめて距離をグッと縮めたい方におすすめの方法を紹介しているのでぜひ参考にしてください。

さん付けで女性の苗字や名前を呼ぶ男性心理

①相手を認めている

コーヒーを飲む男性

さん付けで女性の苗字や名前を呼ぶ男性心理の1つ目は、相手を認めていることです。男性は多くの場合、女性を最初にさん付けで呼びます。それはさん付けで呼ぶことが相手に対して一番失礼がないからです。そして、認めている相手に対して失礼にあたる呼び方をしたいとは思いません。

相手に対してちゃん付けや呼び捨てで呼ぶと、相手を舐めているようなニュアンスが伝わることがあります。そのため、さん付けで呼んでいる状況では相手の男性が女性のことをある程度認めていることを示しているのです。

②相手と良好な関係性を保ちたい

笑顔の男性

さん付けで女性の苗字や名前を呼ぶ男性心理の2つ目は、相手と良好な関係性を保ちたいという気持ちです。例えばすごく親密にしてニックネームで呼び合っていたような仲なのに急にさん付けで呼ぶようになれば相手も怒るかもしれませんが、基本的にさん付けで相手の女性を呼んで怒られることはまずありません。

そのため、さん付けで呼ぶ男性心理には波風を立てずに、人間関係を維持したいという願望が込められています。ただし、逆にこの心理には人間関係をこれ以上いい方向に発展させようという心理の希薄さも表すので、心理的に関係性を良化させたい場合には呼び方を変えたいと思うことが少なくありません。

③ビジネスライクな関係を意識

時計を見る男性

さん付けで女性の苗字や名前を呼ぶ男性心理の3つ目は、ビジネスライクな関係を意識していることです。ビジネスにおいては男性女性関係なくさん付けで呼ぶことが多くなります。さん付けで相手のことを呼んでいる状況では、少なからず相手に対して壁を作っている、ということになります。

何故なら、ビジネスを行う相手に関しては最低限失礼がないようにすることが求められ、またどこまでいってもお互いの利害関係があるのでどうしてもある程度以上距離感を詰めるのが難しいためです。また、変な呼び方をしていると周囲からの目もあります。そのためビジネスを意識すると心理的にさん付けに縛られるのです。

さん付けで男性の苗字や名前を呼ぶ女性心理

①相手との距離を取りたい

クールな女性

さん付けで男性の苗字や名前を呼ぶ女性心理の1つ目は、相手との距離を取りたいという気持ちです。ここでいう距離は様々な距離感がありますが、少なくとも女性は相手の男性との距離を極限まで詰めようとします。この点は女性と男性では大きく違う点です。そのため女性はさん付けで男性との壁を作ろうとするのです。

また、結婚しても相手のことをさん付けで呼ぶ女性もいますが、これは相手に対して畏れ多いと感じているため、距離が詰め切れていないことを示していることが多くなっています。旦那に対して尊敬の意はあるものの、逆にそれが邪魔をして呼び捨てにする勇気が沸かないという状況であるわけです。

②仕事での関係性を意識したい

電話する女性

さん付けで男性の苗字や名前を呼ぶ女性心理の2つ目は、仕事での関係性を意識したいことです。例えば男性上司が女性部下と付き合う、などというシチュエーションはよく聞かれることでしょう。しかし、女性が相手の男性をどこかで拒絶したい場合にはさん付けが変わらないことが少なくないのです。

女性が男性を頑なにさん付けで呼び続けるという状況では、女性側はあくまでも仕事の枠を飛び出した関係性を拒否している可能性が高くなっています。気のない女性に対してアプローチをし過ぎると相手からセクハラもしくはパワハラよばわりされてしまうので注意が必要です。

③年上に示す最低限の敬意

笑顔の女性重役

さん付けで男性の苗字や名前を呼ぶ女性心理の3つ目は、年上に示す最低限の敬意です。もちろん男性女性に関わらず年上の人をさん付けで呼ぶのが基本ですが、女性の方が年上に敬意がない場合に、本人がいない場所で呼び捨てにする傾向が強くなっています。

ちなみに敬意のある人に対してはさん付けで呼ぶだけでなく、間違いのないしっかりとした敬語表現を使いたいものです。下記の関連記事は「お伺いいたします」という間違いやすい敬語表現について分かりやすく紹介しているおすすめの記事です。こちらも是非チェックしてみてください。

Small thumb shutterstock 369920516
お伺いいたしますは間違い敬語?訪問を伝えるビジネスメールや英語は?

皆さんビジネスメールしっかりできていますか?今回は「お伺いいたします」の使い方を記事にしました。訪問先や職場内で失礼の無いように学んでいただきたいです。職...

さん付け以外の女性の名前の呼び方の男性心理

①ちゃん付けは親密さを熱望

大学生の笑顔

さん付け以外の女性の名前の呼び方の男性心理の1つ目は、ちゃん付けは親密さを熱望していることです。女性のことをちゃん付けで呼ぶ男性は、女性に対してより親密になりたいという強い願望があり、距離を縮めたい思いを込めてちゃん付けで呼ぶのです。また、堅苦しい関係性を嫌う心理傾向も表しています。

②呼び捨ては恋愛感情の可能性

かっこつける男性

さん付け以外の女性の名前の呼び方の男性心理の2つ目として、呼び捨ては恋愛感情の可能性があることが挙げられます。ちゃん付けで呼ぶのではなくあえて女性を呼び捨てにする場合には、相手に対して親密になりたいと思う以上の感情があることが少なくありません。

③あだ名は特別な関係を意識

腕を組む男性

さん付け以外の女性の名前の呼び方の男性心理の3つ目はあだ名は特別な関係を意識する気持ちを表します。みんなに呼ばれているようなあだ名ではなく2人の間でしか使わないあだ名は2人の特別な関係を望んでいる心理を表し、特にあだ名で呼ぼうと強く意識している場合には特別な好意が存在している可能性が高くなります。

さん付け以外の男性の名前の呼び方の女性心理

①ちゃん付けは親しみを示す

笑顔の黒人女性

さん付け以外の男性の名前の呼び方の女性心理のちゃん付けは親しみを示しています。女性が男性にちゃん付けで呼ぶのは男性としては馬鹿にされていると感じることが多いのですが、女性側としては親しみを込めてちゃん付けにしています。悪意がない場合が多く、むしろ好感を持たれています。

男性をちゃん付けで呼ぼうとする女性は人懐っこい傾向にあります。そのため、男性はちゃん付けで呼んでくるような女性と親しくしていくことで、その女性を中心に人間関係が広がっていきます。

②呼び捨ては下に見ている

向き合う2人

さん付け以外の男性の名前の呼び方の女性心理の2つ目として、呼び捨ては下に見ている可能性が挙げられます。女性が男性を呼び捨てにしている状況は、その男性との距離感が近いことを表すとともに、少なくとも上には見ていないことを示しています。

そのため、カップルや夫婦といった親密な仲であれば対等であることを表しますが、そうでない間柄の場合は、相手のことを下に見ている可能性が高いと言えるでしょう。

③「あなた」は怒りがある

喧嘩する2人

さん付け以外の男性の名前の呼び方の女性心理の3つ目として、「あなた」は怒りがあることが挙げられます。これも夫婦でそう呼び合う習慣があるような場合は除きますが、普段から「あなた」と呼ばない女性が男性を「あなた」と呼ぶ場合には、相手への怒りがある状況が想定されます。

もしも親密だと思う感情があるならば名前で呼びますし、あえて名前を呼ばずに「あなた」と呼ぶ状況の裏側には怒りや不満が込められていることが少なくありません。

彼女や好きな女性のさん付けを止められない男性が呼び方を変えるコツは?

①デートや食事に誘う

グループデートの光景

男性が彼女や好きな女性をさん付け以外で呼ぶコツの1つ目は、デートや食事に誘うことです。デートや食事に誘うということは、人間関係をワンステップ前に進めることを意味しています。そのため、まずはデートや食事に誘い、そこで仲が深まったと感じたらさりげなく「〇〇って呼んでもいい?」と聞いてみましょう。

これは必ずしも2人きりのデートでなくても大丈夫です。グループデートやグループで食事に行った時に仲良くなった時に、2人きりの時にさりげなく切り出してもいいでしょう。「もう自分の中で〇〇さんって感じじゃないから、呼び捨てでいいよね?」といった形で軽く切り出すのがポイントです。

②自分への呼び方も変える

デートの2人

男性が彼女や好きな女性をさん付け以外で呼ぶコツの2つ目は、自分への呼び方も変えることです。相手の呼び方を変えていいかどうか聞く前に、自分の呼び方を「〇〇って呼んでよ」と言ってみるものいいでしょうし、自分が何て呼ばれているのか、あるいは自分がどう呼ばれたいのかという話に持っていくのも有効です。

自分の呼び方の話から切り出すことで、相手に対してどう呼ぶかという提案に対して、相手もノーと言いづらくなります。そのため、もしも自然に呼び方を変える流れに持っていきたければ、この方法を実践してみましょう。

③あだ名を付ける

メニューを見る光景

男性が彼女や好きな女性をさん付け以外で呼ぶコツの3つ目は、あだ名を付けることです。もしも呼び捨てが難しいような状況であれば、あだ名を付ける方法を選ぶといいでしょう。これは、何人かがいる場所で、全員がニックネームで呼び合う、という提案をするものです。

あだ名で呼び合うことでそのコミュニティー内での親睦が深まりますし、それに伴って自分も相手もあだ名で呼ばれることになるので、個人間についてもより親密になります。好きな相手との距離があり、2人きりで呼び方の話まで持っていくのが難しい場合にはこの手を使ってみましょう。

彼氏や好きな男性のさん付けを止められない女性が呼び方を変えるコツは?

①飲み会等で切り出す

食事の光景

女性が彼氏や好きな男性をさん付け以外で呼ぶコツの1つ目は、飲み会等で切り出すことです。女性が彼氏や好きな男性をさん付けで呼ぶには、みんながいるところで「今日から〇〇さんを△△って呼ぼうよ」と切り出すのが有効です。

例えば「〇〇さんの絵のレベルは巨匠の域だよ!じゃあ今日から巨匠って呼んじゃう?」といった感じです。こういった形で自然に一回呼んでみて「これだよね?」と問いかけるように切り出すと、その呼び方が浸透しやすくなります。呼び捨ての場合も一回呼び捨てにして「もう呼び捨てでいいや」などと言うといいでしょう。

②自然に呼び方を変える

5人の友人たち

女性が彼氏や好きな男性をさん付け以外で呼ぶコツの2つ目は自然に呼び方を変えることです。ただしある日突然呼び捨てやニックネームで呼ぶと「え?どうしたの?なんで?」と聞かれますので、親密な関係性になった時に1回さりげなく別の呼び方をしてみるといいでしょう。意外に呼び方を変えても受け入れてくれるものです。

③2人の時間を増やす

2人で作業中

女性が彼氏や好きな男性をさん付け以外で呼ぶコツの3つ目は2人の時間を増やすことです。2人の時間を増やすことで、さん付け以外で呼びたくなるように関係性を深めることができますし、それを切り出す機会も増えるでしょう。また、向こうから自然と「堅苦しく呼ばないで〇〇って呼んでよ」と言ってくれるかもしれません。

呼び方を変えていくことも確かに大切なのですが、それ以上にさん付け以外で呼ぶような関係性を作っていくことが大切です。慣れている人は強引に呼び方を変えていくような手法を取りますが、それをきっかけに相手に厚かましい・強引という印象を持たれる可能性もありますので、流れに逆らわず呼び方を変えていきましょう。

さん付けのメリットを理解して状況に応じて使い分けていこう!

さん付けで呼ぶことは人間関係に距離感があることを示しているものの、一方で人間関係を円滑にするために必要なことでもあります。そして、呼び方を状況に合わせることで、より人間関係が円滑になることでしょう。ここで紹介したことを、今後のスムーズな人間関係の構築に役立ててもらえたらうれしいです!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。