物怖じしない人の特徴5選と長所・短所を紹介!仕事で動じないための参考にも!

物怖じせず堂々と振舞える人に出会ったことがある、という人は多いでしょう。そこで今回は、物怖じしない人の特徴や性格、長所や短所などをご紹介します!また仕事で動じない為の方法も解説していますよ。是非参考にしてみてくださいね。

物怖じしない人の特徴5選!

①とにかく行動をする

行動

物怖じしない人の特徴として、とにかく行動力が高いということが挙げられるでしょう。例えば、一般的に人は「失敗したらどうしよう」「この行動にはリスクがある」という考えを優先し、実際に行動することを躊躇します。しかし物怖じしない人は、「とにかくやってみる」ということを大切にするのです。

また多少失敗したからと言って、途中で投げ出してしまうこともありません。めげずに最後までやり通そうとするのも特徴でしょう。そのため物怖じしない人は、「根気強い人」と評価されることも多いです。

②初対面の人とも交流できる

交流

物怖じしない人の特徴に、初対面の人ともコミュニケーションを取ることができる、という事があるでしょう。物怖じしない人は基本的に遠慮がありません。例え相手が初めて会う人であっても恐れることがないのです。そのため積極的に自分から交流を仕掛けられますよ。

また物怖じしない人は、人見知りをしない性格でもあります。「この人はどんな人か」「自分にとって良い影響を与えてくれるか」ということは考えず、とにかく交流してみる性格なのです。周りから活発な人と思われることも多いですね。

③チャレンジ精神が旺盛である

チャレンジ

チャレンジ精神が強いという性格も、物怖じしない人の特徴でしょう。一般的に多くの人は、自分がやったことのない分野や自信のないことに尻込みしてしまいがちです。不安を感じ、挑戦しないという選択をする人も珍しくありません。しかし物怖じしない人は、どんなことにも積極的に挑戦していきますよ。

物怖じしない人は様々なことに挑戦していきますが、闇雲に行動しているわけではありません。自分がやりたいと感じたこと、必要だと思ったことを行なっているというのも特徴の一つです。

④周りの環境に流されない

意思

物怖じしない人は、周りの意見や環境に流されず、自分の意見を持ち続けるという特徴があります。自分が何をすべきかという確固たる意思があるため、どのような状況でも動じません。誰かから強く反対されたとしても、自分の心のままに行動するでしょう。

⑤過去の失敗を引きずらない

失敗

物怖じしない人の特徴に、過去に犯した失敗をくよくよ引きずらないということがあります。物怖じしない人は、何にでも挑戦するためトラブルやミスも多いです。しかしこういった事態に動じることはありません。むしろ失敗を「自分の成長だ」とポジティブに捉える性格ですよ。

失敗を過度に恐れないことが、物怖じしない性格の後押しをしているとも言えるでしょう。ビジネスや人付き合いなどで強みになる特徴です。

物怖じしない人の長所5選!

長所①周りから頼りにされる

頼り

物怖じしない人の長所として、周りから頼られるということがあるでしょう。物怖じしない人はビジネスやプライベートなどで大きな成功を納めやすいです。また活発に行動し、自分から何かを得ようと挑戦します。この性格を尊敬する人から慕われ、頼りにされていきますよ。

長所②向上心が高い

向上心

物怖じしない人の長所として、向上心が高いということがあるでしょう。物怖じしない人は常に「自分がどうなりたいのか」を考えながら行動しています。ビジネスや趣味など、どんな分野でも同じことが言えるでしょう。この向上心の高さに憧れる、という人も多いですよ。

長所③誰にでも平等に接する

平等

物怖じしない人の長所に、誰にでも平等に接するということがあります。例え相手が目上の人でも後輩でも、変わらずにコミュニケーションを取ります。人の悪口にもあまり参加しませんし、悪口を阻止することも多いですよ。

物怖じしない人は人間関係などで悩むことが少ないと言われています。そのため人によって態度を変えたり、その場の雰囲気で悪口を一緒に言ったりという気を使うことがないのです。この性格が「平等に接する」という長所につながっていると言えるでしょう。

長所④成長スピードが早い

成長

物怖じしない人は、他の人よりも成長するスピードが早いと言われています。「この行動をすべきか」ということを考える前に行動しますし、例え失敗しても次に繋げようとします。つまづくことなくスムーズにステップアップしていけるため、物怖じしない人は成長スピードが早いのですよ。

長所⑤変化に強い

強い

環境の変化に強いということも、物怖じしない人の長所と言えるでしょう。例えばビジネスや人間関係など、自分を取り巻く環境が変わると人はストレスを感じます。しかし物怖じしない人の場合は、変化をプラスに受け止めます。変化した後の状態でどのように動けば良いのかを瞬時に判断できるのです。

そのため、マニュアルにない事態が起こっても臨機応変に対応することができます。変化をマイナスにとらえずポジティブ思考を崩さないことこそ、物怖じしない人の長所と言えるでしょう。

物怖じしない人の短所3選!

短所①空気が読めないところがある

嫌い

物怖じしない人の短所として、空気が読めない部分があるということがあります。例えば物怖じしない人は、他の人が「あえて」手をつけていなかったことをやることがあります。これは、他人の目や周りの意見は聞かずに行動するためです。暗黙の了解とされているルールを破ることが多いため、反感を買いがちですよ。

何事にもチャレンジ精神旺盛なのは良いことですが、あまりにも周りを顧みないことは短所になります。周囲の空気を読みながら自分の行動を考える、ということが大切になるでしょう。

短所②計画性がない

失敗

物怖じしない人の短所に、計画性のなさがあります。物怖じしない人は、ビジネスでも趣味でもとにかく行動を優先します。具体的なプランを考えていなくてもどんどん前へと進んでいくでしょう。これが長所になる時もありますが、ビジネスの場合は短所になることが多いです。

きちんと計画を立てていないため、トラブルが起こったり周りの人間に迷惑をかけたり、ということが多くなります。人の上に立つのは無理だと判断され、出世ができなくなる危険性もありますよ。

短所③目上の人に生意気に見られる

生意気

目上の人から可愛がられにくいというのも、物怖じしない人の短所でしょう。物怖じしない人は、例え自分よりも上の立場の人にでも堂々と発言をします。口論になることもあるでしょう。こういった態度が「素直でない」と捉えられ、上司から嫌われてしまう可能性がありますよ。

物怖じせずに振る舞える理由とは?

理由①恐れを知らないから

自信家

物怖じしない理由に、恐れを知らないからということがあります。物怖じしない人は、基本的にネガティブなことを考えません。「こうなったら嫌だな」と言った悪い状況を考えず、前向きなことを考えるようにしています。そのため物事に恐れをなすことなく、様々なことに挑戦できるのです。

理由②自分の軸を持っているから

堂々

物怖じしない理由として、自分の軸をはっきり持っているからということがあります。物怖じしない人は何がしたい、こんな風になりたいという明確なビジョンがあります。他の人が何を言っても特に気にしません。これが物怖じせず振る舞える理由でしょう。

理由③自分に絶対的な自信があるから

ビジネスウーマン

物怖じしない理由に、絶対的な自信があるから、ということがあります。自信がない人は他人の評価を気にするため、何かをするときに物怖じしてしまいます。しかし「自分は失敗しない」「失敗しても何とかなる」という自信があると、物怖じしないで振る舞うようになりますよ。

ビジネスなどで物怖じしないための方法3選!

方法①完璧にこなそうとしない

禁止

ビジネスなどで物怖じしない方法として、完璧主義をやめることがあります。人は「失敗したくない」という感情があるからこそ、様々なことに物怖じしてしまいます。完璧ばかりを追い求めて悩んでいると、せっかくのチャンスを逃してしまいますよ。

ビジネスには「100パーセントの結果が出るベストプラン」はないとされています。完璧な結果にこだわらず、「ベターな結果」を求めるようにしてみてください。こうすることで物怖じする気持ちがなくなりますよ。

方法②自分の考えを明確にする

考え

物怖じしない方法として、自分自身の考えを明確にするという方法があります。人の意見ばかりを尊重していると、「この人はどう考えるだろう」という不安が強くなり、物怖じしやすくなりますよ。まずは確固たる自分の考えを持つようにしましょう。

方法③自分の立場を気にしない

気にしない

ビジネス等で物怖じしなくなる方法に、自分の立場を気にしすぎないという方法もおすすめです。人は、自分が相手よりも下の立場である時に物怖じしてしまうと言われています。自分の立場は二の次にして、相手と対等に話すことを意識してみてください。

物怖じしない性格の自己PR方法とは?

①物怖じしなかった場面を例に出す

面接

物怖じしないことをPRしたいのなら、実際に物怖じしなかったという経験を例に出して話すと良いでしょう。具体的な状況を話すことにより、説得力が上がりますよ。またこの時に披露するエピソードは成功体験がおすすめです。

②別の言葉に言い換えてPRする

対談

物怖じしないことを自己PRするときは、別の言葉に言い換えるというのもおすすめです。「物怖じしない」という言葉には短所もあるため、面接官がネガティブなイメージを持つことも少なくありません。「行動力がある」「向上心が高い」など、具体的な言葉で伝えるようにしてみてください。

またこちらに、新卒の自己PR例文が紹介されている記事を載せておきます。自分の強みをどのように伝えれば良いのか悩んでいるという方は、是非こちらの記事にも目を通してみてくださいね。

Small thumb shutterstock 569098801
新卒の自己PR例文10選!事務職と看護師の履歴書の書き方も

新卒の自己PRは履歴書の中で最も重要です。事務職と看護師の履歴書の書き方から、自分の長所を最大限相手に伝えるための書き方・例文まで紹介します。履歴書だけで...

特徴や理由を知って物怖じしない性格を手に入れましょう!

物怖じしない人には、それぞれ長所、短所などの特徴があります。こういった特徴や物怖じしない理由などを知ることで、ビジネス等に役立てることができますよ。是非参考にしてみてくださいね。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。