「なるほど」が口癖な人の心理5つ!相手に与える印象や直す方法もご紹介!

あなたの周囲には、「なるほど」が口癖になっている人はいますか?なるほどを使う人は、どんなことを考えているのでしょうか。そこで今回は、「なるほど」が口癖になっている人の心理をご紹介します!相手に与える印象や、口癖を直す方法もまとめていますよ。

「なるほど」が口癖の人の心理5つ!

①感心している

感心

「なるほど」が口癖になっている人の心理として、他人の意見に感心している、ということがあるでしょう。自分の意見と違う意見を誰かが言った場合、「そういう考え方もあるのか」と納得しているのです。他人の意見を受け入れようとしている心理でもあります。

②本当は納得できていない

不満

「なるほど」という口癖には、相手の意見に納得できていない、という心理も含まれています。心の底では納得できていないのですが、表面上で「なるほど」と同調しているのです。違う意見を言って周りの雰囲気を乱すのが怖い、という心理が働いていると言えるでしょう。

また中には、「なるほど」と言った後に反論を述べる場合もあります。真っ向から反対意見を述べると角が立ちますが、一度同調をすることで相手を尊重することができます。自分の意見は言いたいけれど、周りの人との関係も悪化させたくない、という心理が読み取れます。

③人の話に興味がない

興味がない

「なるほど」と連呼する人の心理として、興味が持てず話を聞いてない、という心理もあります。自分のことで精一杯で、他人に興味がないため、上の空で話を繋げているのです。どんな意見を言っても「なるほど」で返されたり、相手の目を見ずに「なるほどなるほど」と言っている場合は、この心理である可能性が高いです。

このような心理は、特に男性に多いと言われています。また話を聞いてないのは、当然ですが相手にも伝わります。「蔑ろにされている」と感じ、どんどん嫌われていきますよ。

④話を聞いていることを主張している

会話

「なるほど」と使う心理の中には、話を聞いていると主張したい、という心理もあります。話を聞いて納得した、という意思表示のために、「なるほど」を使っているのです。「なるほど」と言った後に自分の意見を述べるのなら、この心理であると考えられますよ。

しかしあまりにも「なるほど、なるほど」と連続で言い続けると、反対に「話を聞いてない」「内容をわかってない」と思われることもあります。話を聞いていると伝えたいのなら、連続で言わないように注意が必要でしょう。

⑤話を切り上げたい

話

「なるほど」が口癖になっている人の心理に、話を切り上げたいというものもあります。特に男性によく見られる心理だと言われています。「こんな話よりももっと他の話をしよう」と言う言葉を、「なるほど」という言葉で代用しているのです。男性が「なるほど。ところで…」などと、話題を変えてくる時は、この心理でしょう。

「なるほど」が口癖の人の性格4つ!

①自己中心的

自己

「なるほど」が口癖の人の性格に、自己中心的だという特徴があります。人の話は「なるほど」という言葉で流し、自分の話を聞いてもらおうとしているのです。相手の都合や感情は気にせず、自分の気持ちばかりを優先させる性格ですよ。

相手の話を無視し続けると角が立つため、一応「なるほど」という言葉で話を聞いているような姿勢を見せます。その後、「なるほどね。ところで私は…」と、自分の話にすり替えるでしょう。自分の話がしたくてたまらない、自己中心的な性格なのです。

②こだわりがない

大雑把

「なるほど」を使う性格に、こだわりがないという特徴もあります。特に何もこだわりがないため、自分の意見は述べず、「なるほど」と言う言葉で流しているのです。感心しているわけではなく、ただ相槌として「なるほど」と言っているにすぎません。

こだわりのない性格の人は、特に何も考えずに「なるほど」という言葉を連呼しています。「なぜ、なるほどと思うの?」と聞いても、うまく答えることができないでしょう。それどころか、自分が「なるほど」と言っていることをわかってないことも多いです。

③トラブルを避ける性格

トラブル

「なるほど」を多用する人の性格として、トラブルを避けるというものもあります。人の話を聞いてない、わかってない場合でも、とりあえず「なるほど」と言えば相手に不快な思いをさせずに済みます。さも話を理解している態度を取り、トラブルを避けようとしていますよ。

④計画性がない

自由

「なるほど」という口癖の人は、計画性がない性格であることも多いです。自分が「なるほど」ということでどんなことになるのか、全く想像していません。とりあえず目の前のことをこなそうとする性格なのです。

「なるほど」という口癖が相手に与える印象5つ!

①話を聞いてない

無視

男性・女性を問わず、「なるほど」を使う人は、話を聞いてないと思われてしまいます。どんな時も「なるほど」としか返さないため、相手は「自分の話に興味がないのだ」と感じるでしょう。また相手の問いにうまく答えられない場合、「話を聞いてない男性」という印象が強くなってしまいます。

②心を閉ざされている

閉ざす

なるほどを連呼する男性は、心を閉ざしていると思われてしまいます。「なるほどなるほど」と短く言われると、相手は「親身になってくれない」「心を許してくれていない」と感じてしまいますよ。

③偉そうにしている

偉そう

「なるほど」という口癖は、偉そうだという印象を与えてしまいます。特に、男性が持たれてしまいがちな印象でしょう。「なるほど」という言葉には、「自分が上に立っている」という感情が含まれています。そのため、「なるほど」と使う人は、「なんでこんなに偉そうなのか」と反感を買ってしまうのです。

④人をぞんざいに扱う人

ぞんざい

「なるほど」と連呼する人は、人を雑に扱う人だと感じられてしまうでしょう。一生懸命に話したことを「なるほど」と一言で済まされると、相手は「自分に向き合ってくれない」と感じるのです。投げやりかつ早口な物言いだと、尚更「ぞんざいに扱われた」と思われるでしょう。

⑤話の内容をわかってない

わかってない

なるほどという口癖を言う人は、話の内容がきちんとわかってない、という印象も与えてしまいます。難しい話に「なるほど」とばかり返して、意見を言わないと、「本当は内容がわかってないのでは」と思われるのです。

「なるほど」という口癖を直す方法とは?

①別の言葉に言い換える

言葉

「なるほど」という口癖を直す方法として、なるほどを別の言葉に言い換えてみる、ということをおすすめします。なるほどではなく、「確かに」「そうなんだ」という言葉で代用してみましょう。「なるほど」と口に出してしまった後に、訂正する形で言い換えるのもおすすめです。

この方法を繰り返すことで、自分が「なるほど」というタイミングが掴めてきます。それと同時に言い換えがスムーズになり、なるほどという口癖を直すことができますよ。

②人の話をきちんと聞く

話を聞く

「なるほど」という口癖を直す方法に、まず人の話をしっかり理解することがあります。人の話を聞いた上で、きちんと意見を相手に返してあげましょう。これを意識するだけで、口癖が直っていきますよ。

③他人に協力してもらう

協力

なるほどという口癖を直す方法として、他人に協力してもらうことがおすすめです。周りの友人や恋人、家族に「なるほどという口癖を直したい」と相談しましょう。そして、自分が「なるほど」と使うたびに、指摘してもらうのです。

自分がどんな時に「なるほど」と言うのかわかってない場合に、非常に有効な方法ですよ。是非周りの人に協力をあおぎ、口癖を直す努力をしてみてくださいね。

「なるほど」が口癖の心理や性格を理解しましょう!

「なるほど」が口癖になっている人の心理には、様々な種類のものがあります。心理や性格を理解することで、口癖を直す方法も見えてきますよ。今回紹介した方法を参考にして、「なるほど」という口癖に対処しましょう!

またこちらに、口癖から読める心理や性格がまとめられている記事を載せておきます。「なんか」「でも」などの口癖から読み取れる心理が、多数紹介されていますよ。是非こちらの記事にも目を通してみてくださいね。

Small thumb shutterstock 569098801
口癖から読める心理・性格12選!なんか/でも/めんどくさい/ありがとう

人間には様々な口癖があり、その口癖が心理や性格を表していることが少なくありません。ここでは気をつけたい口癖や良い口癖を紹介するとともに、よくある「なんか」...

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。