面白い人の特徴10選!ユニークな人になりたい方向けの会話・話のコツも

面白い人はどんな特徴を持っているか把握していますか?面白い会話ができる男性や女性は、周囲にモテるのはもちろん、一緒にいて楽しい存在なので、人気者としての一面を持ち合わせています。そんなユニークな人間になるための方法も紹介します。

面白い人の特徴10選

面白い人の特徴①いつも笑顔

笑顔

面白い人の特徴その1は、いつも笑顔であることです。大勢で会議するときや、だるくなりがちな朝の挨拶など、みんなが辛い時こそ笑顔を作って明るい雰囲気を作り出します。そのため、一緒にいて楽しい安心できる存在として、周囲の人からモテるようになります。

面白い人の特徴②好奇心旺盛で様々な情報を集める

情報

面白い人の特徴その2は、好奇心旺盛で様々な情報を集めることです。面白いと感じた様々な出来事や情報に対して興味や関心を持ち、常にそれらについて学ぼうとしています。集めた情報は会話のネタにもなるので、会話が尽きることもありません。

面白い人の特徴③内面と外見の差がある人間性

ギャップ

面白い人の特徴その3は、内面と外見の差がある人間性です。厳つい外見やクールな雰囲気を持っている人が実はユニークな面白人間だったり、いかにもスポーツ万能そうな見た目なのに実は運動音痴など、見た目に反して内面や能力が違っていると、良い意味で裏切られて興味を持たれます。

このように、見た目に反して中身が変わっていると言うギャップを持つ人は、いじられキャラとして立場が確立され、周囲から話のネタになっていきます。

面白い人の特徴④オーバーリアクションを取る

リアクション

面白い人の特徴その4は、オーバーリアクションを取ることです。誰かに突っ込まれた時に、お笑い芸人のようなリアクションをとることで、周囲からはノリが良い人として話題を振りやすくなります。このような人は一緒にいて楽しいため、老若男女から好かれる傾向にあります。

面白い人の特徴⑤一緒にいて楽しい空気を作れる

楽しい

面白い人の特徴その5は、一緒にいて楽しい空気を作れることです。初対面の人は警戒心を持っていたり、緊張して上手く喋れない傾向にありますが、そんな人がリラックスできる雰囲気作りが上手です。そのため、最初は強張っていた人も、最後にはまた話したいと思うようになります。

面白い人の特徴⑥ユーモアに溢れているユニークな人

ユーモア

面白い人の特徴その6は、ユーモアに溢れているユニークな人です。知っている情報をただ伝えるのではなく、そこに興味をそそられるエッセンスをいかにつけられるかを把握しています。この人から話を聞きたいと思わせるユニークさは、一般的な生活や感性によって作り出されています。

こちらの記事では、面白い自己紹介ネタについてまとめられています。学校や会社に所属する上で、自身をアピールできる自己紹介は、粗末にできない大切なものです。こちらの記事を参考にして、ユニークで一筋縄ではいかない人だと思われるような紹介文を作ってみましょう。

Small thumb shutterstock 547272460
面白い自己紹介ネタと項目10選!学校や会社のユニークな自己PRは?

この記事では、面白い自己紹介のネタや例文、一言の項目などを紹介しています!学校や会社で使えるユニークな自己PRとは、一体何なのでしょうか?印象に残るような...

面白い人の特徴⑦人間大好き

好き

面白い人の特徴その7は、人間大好きなことです。その人が周囲を楽しませようと思えるのは、好きだからと言えます。このような人は人間観察が得意なので、相手に合わせた対応が上手な傾向にあります。もし嫌いであったら、楽しませようと言う気持ちは持たず、観察もしないでしょう。

面白い人の特徴⑧コミュニケーションを大事にする

コミュニケーション

面白い人の特徴その8は、コミュニケーションを大事にすることです。自分本位で話さず、相手に合わせた会話を心掛けているため、興味を持てる話題を探りながら喋ります。上手く相手の関心をついた話題を見つけられると、そこから会話を広げようとするでしょう。

面白い人の特徴⑨男性・女性問わず誰でも仲良くなれる

仲良し

面白い人の特徴その9は、男性・女性問わず誰でも仲良くなれることです。一般的に、女性を軽蔑したり、男性に非力さをからかったりする人がいますが、皆平等に扱うべきだと考えているので、性別差別をしません。そのため、周囲の人は安心し、一緒にいて楽しい時間を過ごせます。

面白い人の特徴⑩積極的な男性・女性

積極的

面白い人の特徴その10は、積極的な男性・女性であることです。情報収拾を怠らず、経験豊富で誰もやらないことを積極的に取り組む姿は、周囲からすれば奇想天外な存在だと認識しています。そのような人は、自ら体験した過去の経験を喋って周囲を弾ませる傾向にあります。

面白い人の会話の特徴7選

面白い人の会話の特徴①ストレートでわかりやすい

会話

面白い人の会話の特徴その1は、ストレートでわかりやすいことです。回りくどい表現や難しい言葉を使わず、想像しやすい表現と誰でも理解できる言葉を使うため、学がない人でも理解できる上、のめり込みやすいものとなっています。

面白い人の会話の特徴②聞き上手な男性・女性

聞く

面白い人の会話の特徴その2は、聞き上手な男性・女性であることです。一方的にしゃべるのではなく、利き手側の言葉にも耳を傾けるため、お互いに気持ちの良い会話が繰り広げられます。また、相手の知識や状況を聞き出すタイミングも上手いため、相手からすれば嬉しくて夢中になるでしょう。

面白い人の会話の特徴③サービス精神が旺盛

サービス

面白い人の会話の特徴その3は、サービス精神が旺盛なことです。仕事終わりの飲み会や新人歓迎会といったイベントの中で、盛り上げ役として活躍する場面が多々あります。

その理由は、相手からの無茶振りに対して怒らず、見ていて愉快になれるリアクションを取ってくれるからです。一般的にはこれを嫌がる傾向にありますが、気を使って尽くしてくれるので、周囲からすれば嬉しい限りです。

面白い人の会話の特徴④語彙力が高い

語彙力

面白い人の会話の特徴その4は、語彙力が高いことです。状況にあった様々な言葉を知っているため、それらを使った表現を得意とします。その言葉選びの巧みさから、周囲にモテる傾向にあります。

こちらの記事では、ボギャブラリーの意味についてまとめられています。この言葉を日本語に訳すと「語彙」になりますが、言葉の引き出しを持っていると、会話だけでなく文章作成にも一役買います。知性のあるスムーズな会話を繰り広げるためにも、こちらの記事を読んで、語彙力を高める方法について勉強してみましょう。

Small thumb shutterstock 1040557237
ボキャブラリーの意味とは?言葉が少ない人必見の語彙が豊富になる方法も

ボキャブラリーの意味とはどのようなものなのでしょうか?この記事では、知っている言葉の数が少ない人必見の、語彙が豊富になる方法についてまとめます。語彙力をつ...

面白い人の会話の特徴⑤頭の回転が早い

頭の回転

面白い人の会話の特徴その5は、頭の回転が早いことです。吸収した情報をわかりやすく伝えるための情報転換が早かったり、言われた言葉を返す時の言葉選びが正確なため、見ている人からは台本を用意しているのではと錯覚するほど楽しくなります。

面白い人の会話の特徴⑥会話のネタが豊富

会話

面白い人の会話の特徴その6は、会話のネタが豊富なことです。いつも話題になる情報を集めたり、過去の経験を面白く伝える方法を考えたりと、ネタ作りを欠かさないため、引き出しに困らず、相手に取って楽しい話題を選んだ饒舌な会話を繰り広げます。

面白い人の会話の特徴⑦盛り上げ上手

盛り上げる

面白い人の会話の特徴その7は、盛り上げ上手なことです。周囲のテンションを上げるために自ら弄られ役になったり、ちょうど良い感じに相手を弄ったりと、敵を作らない楽しい弄りをこなします。まるでテレビに出ている芸人のような行為に、周囲は盛り上がるでしょう。

面白い人になりたい人が実践すべきことは?

面白い人になりたい人が実践すべきこと①最新情報を収集する

情報

面白い人になりたい人が実践すべきことその1は、最新情報を収集することです。ネットで話題の情報を集めたり、テレビでアイドルや芸能人がが取った行動を記録したりと、会話のネタになる情報を集めるべきです。しかし、なんでも良いわけではなく、相手に不快にならないような良いものを選ばなければなりません。

面白い人になりたい人が実践すべきこと②知識を高める

勉強

面白い人になりたい人が実践すべきことその2は、知識を高めることです。話題の映画やドラマを視聴したり、知名度がある本を読んだりすると、豊富な知識が得られます。また、一つの分野の知識を応用したり、パロディを理解できたりできるので、困ることもありません。

面白い人になりたい人が実践すべきこと③一緒にいて楽しい人間を真似する

楽しい

面白い人になりたい人が実践すべきことその3は、一緒にいて楽しい人間を真似することです。なりたいと思う人を観察し、その人が実践している行動を取ることで喋り方や行動パターンが把握できます。これにより、理想の人気者へと近づけるでしょう。

面白い人になりたい人が実践すべきこと④当たって砕ける精神で挑戦する

挑戦

面白い人になりたい人が実践すべきことその4は、当たって砕ける精神で挑戦することです。男性・女性問わず、どんな人でも一度はウケずに滑った経験を持ちます。ですが、そのような経験を持っているからこそ失敗を繰り返さない対策が考えられるのです。恥ずかしいと思うかもしれませんが、一度は挑戦しましょう。

面白い人になりたい人が実践すべきこと⑤はっきりと喋る

会話

面白い人になりたい人が実践すべきことその5は、はっきりと喋ることです。相手に聞き取れないほどの小さな声で喋ったり、把握できないほど早口でしゃべると、相手は何を言っているのか分からず、会話になりません。誰かと話すときは、相手が聞き取れるように大きな声ではっきりと喋りましょう。

面白い人がモテる理由は?

面白い人がモテる理由①男性・女性問わず人気がある

人気

面白い人がモテる理由その1は、男性・女性問わず人気があることです。性別問わずに面白い話ができる人は、その人の話を聞いている側からすればもっと知りたくなる人間性を持っています。このような人は、人脈が豊富で友達も多い傾向にあります。

面白い人がモテる理由②周囲に一緒にいて楽しい人間だと認識されている

明るい

面白い人がモテる理由その2は、周囲に一緒にいて楽しい人間だと認識されていることです。いつも笑顔で対応し、相手を蔑むことをしないため、不愉快な雰囲気にならず、むしろ安心して楽しめる状態になります。そのため、周りから一緒になりたい人が集まって引っ張りだこになっています。

面白い人がモテる理由③豊富な知識を持っている

知識

面白い人がモテる理由その3は、豊富な知識を持っていることです。どんな人と対話しても対応できるほどたくさんの知識を持っているため、相手を選ばずに様々な人と会話ができます。また、その知識をひけらかさないために嫌味を感じないので、好感度が高く、周囲からモテています。

面白い人がモテる理由④笑顔を絶やさない

笑顔

面白い人がモテる理由その4は、笑顔を絶やさないことです。笑顔は周囲に雰囲気を和ませる効果があることを知っているため、常に笑顔でいようとします。そして、それを見た人も自然に笑顔につながるため、必然的に良い雰囲気になります。このように、幸せの連鎖の発端となるため、周囲から愛される傾向にあります。

面白い人がモテる理由⑤喜怒哀楽が豊か

喜怒哀楽

面白い人がモテる理由その5は、喜怒哀楽が豊かなことです。面白いときは笑った顔を、悲惨なときは悲しい顔をするといった、現在の状況にあった表情をとるので、見ている人からも感情が読み取れます。また、表情は雰囲気作りにも使える材料なので、真顔の人が伝えるも気持ちが伝わります、

面白い人がモテる理由⑥一緒にいてリラックスできる

リラックス

面白い人がモテる理由その6は、一緒にいてリラックスできることです。知らない人であっても好感持てる態度で接していくため、話していくうちに緊張がほぐれていきます。たとえ初対面の人でも、安心して距離を縮めて会話するようになります。

面白い人がモテる理由⑦プライドが高くない

プライド

面白い人がモテる理由その7は、プライドが高くないことです。高い人は「バカにされたくない」と言う意識を持つため、自ら笑われるような立場になりません。しかし、低い場合は「相手のためにがんばろう」と言う気持ちがあるため、自分よりも周囲を優先します。そのため、男性・女性問わずモテる傾向にあります。

つまらない話でも面白い話にする方法・コツは?

つまらない話でも面白い話にする方法①わかりやすい話を心掛ける

話

つまらない話でも面白い話にする方法その1は、わかりやすい話を心掛けることです。難しい話をするときに、あえて専門用語を使ったり、たとえ話をするときに遠回しの表現を使うと、聞いている人からしたらわかりにくくてつまらないと感じます。

なので、難しい言葉を使ったり曖昧な表現を避けて伝えるようにしましょう。できる限り無駄な言葉を省いて、簡潔に話すようにしましょう。

つまらない話でも面白い話にする方法②伝え方を考える

話題

つまらない話でも面白い話にする方法その2は、伝え方を考えることです。「今朝ゴミ出しをしたら犬を見つけた」という話をする場合、大抵の人はただ真実を注げるだけで終わりますが、面白くするためにはそこから広げる必要があります。

例えば、その時の状況や感情を付け加えて「朝、眠たい目をこすりながらゴミを捨てに行ったら、でっかい犬を見つけてびっくりしたんよ」と言いながら大げさなリアクションを付けるだけでも劇的に変わります。そこにオチとして「びっくりして腰抜けてたけど、ゴミの日じゃなかったんだ」など付け加えられると良いでしょう。

つまらない話でも面白い話にする方法③聞く人と同じ立場に立つ

立場

つまらない話でも面白い話にする方法その3は、聞く人と同じ立場に立つことです。聞く人より上の立場として話すと上から目線のように感じられ、下の立場として話すと卑屈に聞こえます。上司と部下、先輩と後輩といった関係性でない場合は、できる限り対等な状態で話すようにしましょう。

つまらない話でも面白い話にする方法④恥を捨てる

恥

つまらない話でも面白い話にする方法その4は、恥を捨てることです。どんなに面白い話を喋ろうとしたり、リアクションを取ろうとしても、恥ずかしいからといって笑いを取るのをためらってしまうと、タイミングが合わなくなってつまらなくなります。

恥を捨てて、流れに合ったタイミングで一気に笑いを取ることで、周囲は盛り上がります。最初は難しいかもしれませんが、なんども挑戦していくうちに空気が読めるようになって、次第に注目されるようになるでしょう。

つまらない話でも面白い話にする方法⑤一緒にいて楽しい人間を観察する

観察

つまらない話でも面白い話にする方法その5は、一緒にいて楽しい人間を観察することです。その人をよく見て分析すると、愛されている理由がわかるはずです。そして、それを真似したり勉強することで、相手に聞いてもらえる話し方が身につくようになります。

つまらない話でも面白い話にする方法⑥喋り方を調整する

会話

つまらない話でも面白い話にする方法その6は、喋り方を調整することです。話には起承転結があり、これらに合わせてメリハリを付けたり、ちょっと早口で喋ることで、緩急が生まれます。これにより、聞いている人は話に集中し、オチはどうなるのかと期待していきます。

面白い人になろう!

一緒にいて楽しいと思われる存在は、男性・女性問わず人気があり、モテる傾向にあります。このような人になるには、数々の努力はもちろんのこと、状況を計算できる能力や多数の経験が必要になってきます。これらは勉強や努力によって習得できるので、一度はなれるように頑張ってみましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。