頑張っての意味は?敬語表現は?仕事/類語/要望/応える/沿う/添える

頑張ってという言葉の意味や敬語表現はご存知ですか?目上の人に対して応援の意味合いを込めたメールを送る際などに使える言い換え表現などをお伝えするのでお役立てください。仕事においては良好な人間関係を築くことは非常に大切ですので、頑張ってというメッセージを上手く伝えてより良い人間関係を築きましょう。

「頑張って」の意味は?

「頑張って」の意味は難しい状況や課題などがあっても忍耐強く乗り切って

頑張る人の画像

「頑張って」の意味は難しい状況や課題などがあっても忍耐強く乗り切ってという意味です。頑張ってという表現は、頑張るという言葉が変化した表現です。頑張るという言葉には忍耐強く難しい状況や課題などを乗り切るという意味合いがあります。

そのため相手に対して頑張ってと言う場合には難しい状況や課題などがあっても忍耐強く乗り切ってくださいという意味があります。ちなみに頑張るという言葉の意味は以下のサイトで詳しく紹介されていたので参考になさってください。

頑張る(頑張る)とは

「頑張って」の意味は仕事等で使われる応援メッセージや軽い挨拶言葉だった

頑張ってという人の画像

「頑張って」の意味は応援のメッセージや軽い挨拶言葉といった意味合いがありました。以前は頑張ることはとても良いことだという価値観があり、頑張れば頑張るほど努力と忍耐を積み重ねて目標を達成しようとする、素晴らしい人格の持ち主であるかのような考え方がありました。

しかしそういった価値観は時代の流れとともに変わってきており、現在では頑張ってと言うと「もう頑張ってるんだよ」・「どれだけこき使うつもりなんだよ」などといった不快感を与えるおそれのある言葉だと言われています。頑張りすぎることで精神病になってしまったり過労死してしまったりというケースがあるからです。

仕事で過労死してしまう人は少なくありません。労働条件や福利厚生が整えられているはずの大企業でも過労死をする人がいることから、大企業に就職することを目標にしがちだった価値観も変わってきていると言われています。そのため頑張ってという言葉の受け取り方についても時代の流れと共に変わってきたと言われています。

「頑張って」の敬語でメールの送り方は?

「頑張って」の敬語でメールの送り方①「ご活躍をお祈りする」に言い換える

メールする人の画像

「頑張って」の敬語でメールの送り方の1番目は、ご活躍をお祈りするに言い換えるというメールの送り方です。知人などの場合は、頑張ってくださいというところを仕事などの場面で表現する際にはご活躍をお祈りするといった表現に言い換えるケースは少なくありません。

頑張ってくださいという表現は小さな子供でも使う表現であることから、仕事などの場面で大の大人が使うことに抵抗を感じる人が少なくないからです。ただしこういった人と人とのやりとりは、当事者同士の人間関係や付き合い方に大きく左右されることから、頑張ってくださいという表現が適切な場合も多々あります。

そのため、相手との距離感や親密さ、その時の状況などをふまえて立派な社会人らしい敬語表現が求められると言われています。親しい仲の相手に頑張ってと伝える場合でも、多くの人が見ている式典などで声をかける際には状況に応じて言い換えるなどの適切な言葉遣いが求められます。

「頑張って」の敬語でメールの送り方②目上の人には「ご健闘」に言い換える

目上の人に対してメールする人の画像

「頑張って」の敬語でメールの送り方の2番目は、目上の人にはご健闘に言い換えるというメールの送り方です。頑張ってくださいと目上の人に対して伝えたい場合には、礼儀をわきまえた表現としてご検討くださいといった表現が好まれます。しかし、この場合も相手との関係性や状況に適した言葉遣いをすることが重要です。

また、目上の人に頑張ってくださいという言葉遣いをすることは場合によっては失礼な言葉遣いであったり、相手に不快感を与えてしまうおそれがあるので注意が必要であると言われています。

なぜなら目下の人が目上の人に頑張ってくださいというと、目上の人は「あなたの頑張りが足りないからもっと頑張ってください」「あなたの能力では成功が難しいから一生懸命頑張ってください」といった意味合いに受け取られてしまうケースがあるからです。目上の人への言葉遣いは慎重に選ぶようにしましょう。

「頑張って」の敬語でメールの送り方③陰ながら応援しております

敬語でメールする人の画像

「頑張って」の敬語でメールの送り方の3番目は、陰ながら応援しておりますというメールの送り方です。陰ながら応援しておりますという言葉の意味は、見えないところからあなたのことを心配しています、見守っていますといった意味合いです。

陰ながら応援しておりますという表現は、自分にできることは何もなく、その場に居合わせることすらできないですが、あなたのことを応援していますといった意味合いがあります。また場合によっては、あなたの味方なんですよといった意味合いの親密さを表す言葉でもあります。

そのため異性に陰ながら応援しておりますというと、状況によっては相手が勘違いして好意を感じてしまうケースもあり得ます。このようなことからその気の無い異性に陰ながら応援しておりますという表現を使う際には注意が必要であると言われています。

「頑張って」の敬語でメールの送り方④目上の人には「ご自愛」に言い換える

目上の人へのメールを考える人の画像

「頑張って」の敬語でメールの送り方の4番目は、目上の人にはご自愛に言い換えるというメールの送り方です。どうぞご自愛くださいというメールの使い方をすることによって、相手に頑張ってくださいといった意味合いを伝えることができます。

ご自愛くださいという言葉には、お身体を大事にされてくださいといった意味合いがあります。「ご自愛」という言葉は自分を愛するという字を書くため、自分自身のことを大切にしてくださいねといった意味合いが込められた表現です。

そのため、いつも頑張っていらっしゃるので、頑張りすぎないでお身体に気を付けてくださいねという意味になります。頑張ってという言葉には難しい状況や課題などがあっても忍耐強く乗り切ってという意味合いがあるため、身体を壊しては困難を乗り切ることができません。そういった意味合いが込められた配慮のある言葉です。

「頑張って」の使い方は?

「頑張って」の使い方①応援しています

応援していますという人の画像

「頑張って」の使い方の1番目は、応援していますという表現です。メールなどの文章ではなく会話や電話などの口頭で頑張ってという意味合いを相手に伝えたい場合には、応援していますという言葉が使われるケースが多いと言われています。

会話や電話などではメールなどの文章とは異なり、言い方や声色などで相手に対する敬意や親密さを表現しやすいことから、応援していますといった表現でも失礼にあたらないと考える人が多いためであると言われています。

また会話や電話などでは相手に対して距離感を縮めるために、あえてフランクで柔らかい表現をすることが少なくありません。相手との距離感を縮めて仲良くなることは仕事をするうえでとても大切だからです。そのためメールなどの固い表現ではなく、あえて柔らかくて簡単な表現を選んで使う人は少なくないと言われています。

「頑張って」の使い方②目上の人には成功をお祈りしています

成功をお祈りしていますという人の画像

「頑張って」の使い方の2番目は、目上の人には成功をお祈りしていますという表現も使えるということです。目上の人に対して頑張ってという言葉がけをする際には注意が必要ですが、成功をお祈りしていますという表現は相手に不快感を与えるおそれが少ないと言われています。

メールのような文章で伝える場合には固い文章が好まれますが、口頭で相手に頑張ってという意味合いを伝える場合には、表情や仕草などを交えたコミュニケーションができますので、相手に対する誤解を生じさせにくいと言われています。

成功をお祈りしていますという表現には、うまくいくように願っていますといった意味合いになることから謙虚で腰の低い姿勢が感じ取れると言われています。そのため頑張ってくださいというような、「あなたの能力では頑張らないと成功しませんよ」といった誤解を生じさせにくい言葉遣いであると言われています。

「頑張って」の使い方③期待しています

期待していますという人の画像

「頑張って」の使い方の3番目は、期待していますという表現です。期待していますという表現は比較的相手と親密な場合に使われる言葉遣いです。期待していますという言葉は相手に対して期待を寄せることの意思表示であり、その裏には「あなたの能力なら成功できるので期待しています」といった意味合いが込められます。

そのため相手の能力を十分に認めたうえで「他の人なら難しい仕事ですが、あなたになら成し遂げることができると信じているので期待しています」といったニュアンスを込めることができます。メールでのコミュニケーションとは違って口頭でのやりとりの場合は、このような意味合いを伝えやすいと言われています。

その一方でメールで期待していますというと上から目線の言葉遣いをする人と思われてしまうおそれがあるので注意が必要です。期待していますという言葉は上司から部下にかけられる言葉であるケースが多いことから、表情や仕草などでのコミュニケーションができないメールで用いると誤解されるおそれがあると言われています。

頑張っての意味や敬語表現・言い換え表現を把握して適切に使いましょう

頑張ってという言葉を伝えたい場合には、相手との関係性やその時の状況などによって注意を払わなければいけません。メールなどの文章で伝える場合には表情や仕草などを用いたコミュニケーションができないことから相手に不快感を与えてしまう恐れがあります。

その一方で相手を応援する頑張ってくださいという言葉遣いを適切使いこなせるとより良い人間関係が築けるので仕事をうまく進めることにつながりやすいと言われています。仕事ができる人ほど、適切に言葉を使い良好な人間関係を築いていると言われるので、頑張っての意味や敬語・言い換え表現を把握して適切に使いましょう。

最後に仕事に関する記事を紹介します。一流企業の定義や人気の一流企業ランキングに関する記事です。また仕事の場面で使われるイノベーションという言葉についても紹介した記事をお伝えしておきますので、お役立てください。

Small thumb shutterstock 769705507
一流企業の定義とは?入社するメリットや人気ランキングTOP13も

一流企業の定義とは何かご存知ですか?この記事では一流企業の人気ランキングや入社の際の就職難易度・倍率などについて紹介しています。楽天のようなベンチャー企業...

Small thumb shutterstock 681206938
「イノベーション」とは何か?意味や使い方は?例文16選!定義や技術も

イノベーションとは何かご存知ですか?この記事ではイノベーションの意味・使い方・定義などについてお伝えします。イノベーションは技術革新と訳される経済学の用語...

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。