「作成」と「作製」の違いは?意味や使い方とは?例文16選!制作も

「作成」と「作製」という同じ読み方をするふたつの言葉には、意味と使う方にどのような違いがあるのでしょうか。また似たような言葉である制作という言葉の意味と使い方とは?作成を使った例文と「作成」と「作製」の違いを紹介します。参考にしてみてください。

「作成」の意味は?

作成の読み方は「さくせい」

読む

作成の読み方は「さくせい」です。作成の作は訓読みの「つくる」の方が使い慣れたよく聞く読み方という方も多いでしょうが音読みで「作文(さくぶん)」「豊作(ほうさく)」などという使い方もよくします。

作成の成は訓読みでは「なる・なす」と読みます。どちらかと言うと「成功(せいこう)」「成人(せいじん)」などのように音読みの「せい」で使う方が多いです。音読み同士の組み合わせの読み方で読み間違いがあまり少ない読みやすい言葉だと言えます。

作成の意味とは「文章などを作ること」

文章を書く

作成の意味とは「文章などを作ること」です。作成の作は「作ること」「行う」「工夫してものを作り上げる」という意味で使う言葉です。作成の成は「できあがる」「物事を成し遂げる」「しあがる」「作り上げる」という意味で使う言葉です。

作るという意味を持つふたつの言葉を合わせると「作り上げる」という意味になります。作成は主に文章や書類、計画などもともと基本にあるものをまとめて完成へと仕上げる作業に使うことができる言葉です。

「作成」の使い方は?

「作成」の使い方①書類を作る

書類を作る

「作成」の使い方1つ目は「書類を作る」ときに使うことができます。書類は目的があって作る文書や記録のことです。作成はもともとあるものをまとめて完成へと仕上げる作業に使うことができる言葉ですので書類を作成するという使い方をすることができます。

「作成」の使い方②予定表を作る

カレンダー

「作成」の使い方2つ目は「予定表を作る」ときに使うことができます。予定表とはする必要がある物事や自分の行動を、実際に行うことができる日にちや時間に前もって予定として表にまとめることです。

月毎に定められた日にちや曜日に予定している行動や作業をまとめてひとつの完成へと仕上げる作業を「予定表を作成する」と表わすことができます。

「作成」の使い方③資料を作る

資料を作る

「作成」の使い方3つ目は「資料を作る」ときに使うことができます。資料を作るときにはあらかじめ集めていたデータや文書をもとにして必要な資料を完成させていきます。その作業内容からもともとあるものをまとめて作り上げる意味がある作成を使い「資料を作成する」と表わすことができます。

ビジネスシーンではまとめた資料を取引先などに郵送やファックス、メールで送ることがよくあります。その際、資料だけを送るのではなく必ず送付状を添えることが基本のマナーです。下の記事でビジネス書類や資料の送付状の書き方を紹介しています。正しい送付状を作成するための参考にしてください。

Small thumb shutterstock 394528183
送付状の例文&テンプレート9選!ビジネスの書類や資料での書き方も

この記事では、ビジネス書類を送る時に同封する送付状の例文やテンプレートが9種類紹介されています。また、一緒に送付状の書き方や送り方、封筒の選び方などについ...

「作成」と「作製」の違いは?

作製の意味とは「製品を作ること」

作製

作製の意味とは「製品を作ること」です。作製の作は「作ること」「行う」「工夫してものを作り上げる」という意味で使う言葉です。作製の製は「物品を作ること」「布を裁断して衣服を仕立てる」「作ったもの」という意味で使う言葉です。

ふたつの言葉を合わせると「作ること」という意味になります。作製は主に衣服を仕立てることや図面を作るなど実物や本体のあるものづくりを表わすときに使う言葉です。

「作成」と「作製」は実体があるかないかの違いがある

作製

「作成」と「作製」には実体があるかないかの違いがあります。作成と作製はものを作るという共通点はあります。その中での違いとして作成は使われる目的や内容という基本になるものがあり、その完成に向けて企画書やポスターなどを新しく作ります。

けれども作るものは情報や考えであり実物や本体はありません。それに対して作製は衣服や機械など材料を使い品物や本体を作ることです。

「作成」と「作製」と「制作」の違いは?

制作の意味とは「創作活動をすること」

創作活動

制作の意味とは「創作活動をすること」です。制作の制は「形を作り整える」「思うようにする」という意味がある言葉です。制作の作は「作ること」「行う」「工夫してものを作り上げる」という意味で使う言葉です。

ふたつの言葉を合わせると「思うような形を作ること」という意味になります。制作は主に映画や絵画、音楽などの芸術作品を創作することを表わすための言葉です。

「作成」と「制作」は創造性があるかないかの違いがある

創造性

「作成」と「制作」には創造性があるかないかの違いがあります。作成と制作は両方とも形がないものを作るという共通点はあります。その中での違いとして作成は企画書やポスターなどを新しく作ることを意味しますが、初めから目的や内容がある程度決められています。

それに対して制作は音楽や映像など形が全く決まっていない目の前にないものを、独自の感性や才能を生かして新しい作品へと創り上げていくものです。

「作製」と「制作」は決まった形があるかないかの違いがある

違いがある

「作製」と「制作」には決まった形があるかないかの違いがあります。作製は完成した資料やポスターなどのデータが既にありそれをコピーして大量に作ることを表わしています。それに対して制作は形が何もない状態のものを一から創り上げていくものです。

「作成」の例文16選①~⑥

「作成」の例文①重要書類を作成する

書類を作成する

「作成」の例文1例目は「重要書類を作成する」という使い方です。用意されているデータなどをひとつの記録や文書にまとめて作り上げることなので作成が使えます。

ビジネスシーンの重要書類は社外秘や社内秘と記された書類ということがあります。社外秘の意味を理解していますか。また社内秘と社外秘にはどのような違いがあるのでしょうか。下の記事で紹介していますので、しっかりと理解するための参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 623855219
社外秘の意味は?英語や社内秘との違い・機密の使い方やマークも

社外秘や社内秘と赤くマークされた書類はよく目にしますよね。社外秘には外部秘や関係社外秘などいろいろな種類があり、意味合いも少しずつ違ってきます。今回は社外...

    「重要書類を作成する」を使った例文

  • 今月中に重要書類を作成する。

「作成」の例文②今年度の計画表を作成する

カレンダー

「作成」の例文2例目は「今年度の計画表を作成する」という使い方です。例えば決まった日に新しい商品を発表するためには準備をどのペースで行っていくかなどをある程度の予定を立てておくことが必要です。決まっている内容にそって作り上げるものなので作成が使えます。

    「今年度の計画表を作成する」を使った例文

  • 来年の新作発表会に向けて今年度の計画表を作成する。

「作成」の例文③新商品のポスターを作成する

ポスター

「作成」の例文3例目は「新商品のポスターを作成する」という使い方です。ポスターはどのような目的で使うのか基本的に決めてから作りますので作成するという言葉が使えます。

    「新商品のポスターを作成する」を使った例文

  • 新商品のポスターを作成するためにデザイン案を提出する。

「作成」の例文④招待状を作成する

招待状

「作成」の例文4例目は「招待状を作成する」という使い方です。招待状は結婚式やパーティーなど何を行うのか決まった内容を相手に伝えるためのものです。そこで初めから目的や内容がある程度決められていることを作る意味がある作成が使えます。

    「招待状を作成する」を使った例文

  • 結婚式の招待状を作成する。

「作成」の例文⑤お礼状を作成する

お礼状を作成する

「作成」の例文5例目は「お礼状を作成する」という使い方です。お世話になったことへの感謝の気持ちを伝えたり、頂きものをしたときなどに送るお礼状は、文章がある程度初めから決まっていますので作成が使えます。

    「お礼状を作成する」を使った例文

  • 感謝の気持ちを込めてお礼状を作成する。

「作成」の例文⑥年賀状を作成する

デスク

「作成」の例文6例目は「年賀状を作成する」という使い方です。年賀状は新年の挨拶の文章として書き方や使う言葉などが初めから決まっていますので作成が使えます。

    「年賀状を作成する」を使った例文

  • 元旦の配達に間に合うように年賀状を作成する。

「作成」の例文16選⑦~⑪

「作成」の例文⑦見積書を作成する

ビジネス

「作成」の例文7例目は「見積書を作成する」を使うことができます。見積書は商品やサービスの金額など相手との取引条件を文書として提示するものです。ビジネスシーンでは重要な書類として基本的な書き方が決まっていますので作成が使えます。

    「見積書を作成する」を使った例文

  • 間違いがないように慎重に見積書を作成する。

「作成」の例文⑧請求書を作成する

ビジネス

「作成」の例文8例目は「請求書を作成する」という使い方です。請求書は取引した商品やサービスの金額を相手に知らせて支払いを求める重要な書類です。見積書と同じように基本的な書き方が決まっていますので作成が使えます。

    「請求書を作成する」を使った例文

  • 月末の支払日に間に合うように請求書を作成する。

「作成」の例文⑨データをもとにグラフの作成をする

グラフの作成

「作成」の例文9例目は「データをもとにグラフの作成をする」という使い方です。グラフは既にあるデータをもとにして目的に合わせた内容のものを完成させるものです。基本的にあるものから完成作を作り上げますので作成が使えます。

    「データをもとにグラフの作成をする」を使った例文

  • 集めたアンケート結果のデータをもとにグラフの作成をする。

「作成」の例文⑩履歴書を作成する

履歴書を作成

「作成」の例文10例目は「履歴書を作成する」という使い方です。履歴書はあらかじめ書く内容や場所が紙にまとめられています。それにそって自分で完成へと作り上げていくものですので作成が使えます。

    「履歴書を作成する」を使った例文

  • 転職するために履歴書を作成する。

「作成」の例文⑪マニュアルを作成する

マニュアルを作成

「作成」の例文11例目は「マニュアルを作成する」という使い方です。マニュアルはある事柄に対しての基本的なきまりなどを一冊の本などにまとめたものです。使う目的や既に決まっている内容をまとめてひとつに作り上げていくものなので作成が使えます。

    「マニュアルを作成する」を使った例文

  • 誰が見てもわかりやすいマニュアル作成する。

「作成」の例文16選⑫~⑯

「作成」の例文⑫会議の資料を作成します

会議

「作成」の例文12例目は「会議の資料を作成します」という使い方です。資料を作るときにはもともとあるデータや文書をまとめて必要な資料を作り上げますので作成が使えます。

    「会議の資料を作成します」を使った例文

  • 明日の会議に向けて新たに会議の資料を作成します。

「作成」の例文⑬研修旅行のしおりを作成する

旅行

「作成」の例文13例目は「研修旅行のしおりを作成する」という使い方です。旅行のしおりは行先や泊まる場所などの情報をもとに作り上げますので作成が使えます。

    「研修旅行のしおりを作成する」を使った例文

  • 参加者全員分の研修旅行のしおりを作成する。

「作成」の例文⑭名刺の作成をする

名刺

「作成」の例文14例目は「名刺の作成をする」という使い方です。名刺は名前、連絡先、会社名など基本的に記す内容がある程度初めから決まっていますので作成が使えます。

    「名刺の作成をする」を使った例文

  • パソコンを使って名刺の作成をする。

「作成」の例文⑮文書作成に時間を費やす

疲れ

「作成」の例文15例目は「文書作成に時間を費やす」という使い方です。文書は計画などもともと基本にあるものをまとめて完成へと仕上げる作業なので作成が使えます。

    「文書作成に時間を費やす」を使った例文

  • 休み時間を返上して文書作成に時間を費やす。

「作成」の例文⑯カタログを作成する

カタログを作成

「作成」の例文16例目は「カタログを作成する」という使い方です。カタログはもともとある物を人に知らせるためにひとつの本にまとめる作業をして作り上げますので作成が使えます。

    「カタログを作成する」

  • 展示会に向けて取扱商品のカタログを作成する。

作成と作製の違いを知り正しく使いましょう

作成の意味や使い方、また同じ読み方の作製との違いや似た言葉の制作との違いもおわかりいただけましたか。何かを作るという共通の意味を持っている言葉同士ですが作るものの種類や工程などに違いがあります。それぞれの言葉にある違いを知り正しく使いましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。