スローガンの作り方のコツ5選!会社の目標や学校の標語例も

こちらの記事では、スローガンの意味や作り方のコツなどを紹介しています。会社や学校で実際に使いやすい目標や標語の例とポイントについても触れています。多くの人に効果的に呼びかけることができるスローガンについて知りたい方はぜひご覧になって下さい。

スローガンとは?作る目的や理由は?

スローガンとは集団で掲げる目標を簡潔に言い表したもの

話し合う2人

スローガンとは集団で掲げる目標を簡潔に言い表したものです。昔の言葉のゲール語で、鬨の声という意味の「sluagh-ghairm」という言葉から由来したと言われています。スローガンには対象者によって色々なパターンがあります。会社が商品などを売り出すために決めるスローガンは、キャッチコピーと言われます。

会社や学校だけでなく、ボランティア団体の広告や、デモなどの看板に使われることもあり、日常生活の様々な場所で見かけることができるでしょう。

スローガンを作る目的や理由①多くの人と目指すべきものを共有できる

同じ方向を向く人々

スローガンを作る目的や理由の1つ目は、多くの人と目指すべきものを共有できることです。スローガンという形で言葉を目立たせることで、その言葉を目にしたたくさんの人と、どのような目的で頑張っていけばいいのか、考えを共有することができます。

自分で口頭で伝えるよりも、スローガンを作って色々な人の目に触れやすい場所に設置した方が、より簡単に目指す方向を定めやすくなります。

スローガンを作る目的や理由②団結力を高めやすくなる

親しいチーム

スローガンを作る目的や理由の2つ目は、団結力を高めやすくなることです。スローガンを作って一緒に復唱したり同じものを認識すると、気持ちがまとまりやすくなります。さまざまな個性を持つたくさんの人がいる中で、何もせずに集団をまとめることは難しいです。

そのため、スローガンを作ってみんなで目標を統一することで、より1人1人の共通点が増えることになり、親しみも湧きやすくなります。みんなで力を出し合うことができる組織にしていくことができるでしょう。

また、多くの人がいる中で、仕事になかなか本気で取り組むことが難しい人もいるでしょう。こちらの記事では、仕事に身が入らない人が考えていることや、はりきって仕事をさせるための方法が紹介されています。1人1人が頑張ることができるようにしていきたい方はぜひご覧になって、参考にしてみて下さい。

Small thumb shutterstock 472129438
仕事のやる気のない人の特徴5選!働かない心理とやる気を出させる方法も

あなたの職場には、やる気のない人はいますか?一人もいない職場は存在しないのではないでしょうか。この記事では、「仕事のやる気のない人の特徴」とともに、働かな...

スローガンの作り方のコツ5選!

スローガンの作り方のコツ①熟語を使う

分厚い本

スローガンの作り方のコツの1つ目は、熟語を使うことです。熟語を使うと、伝えたいイメージがはっきりしやすくなります。言葉を1人1人に詳しく説明していくことは難しいため、言葉の意味やイメージがよくわからないスローガンは多くの人に呼びかける力が弱まってしまいます。

そのため、意味がわかりやすいような熟語をスローガンに起用することで、どんな考え方をしていったら良いのか、どんな行動に努めれば良いのかわかりやすくすることができます。漢字が使われた熟語なら、見た目がかっこいい印象を与えることができるのもポイントです。

スローガンの作り方のコツ②誰でも知っている簡単な言葉を使う

明るい家族

スローガンの作り方のコツの2つ目は、誰でも知っている簡単な言葉を使うことです。たくさんの人に伝えたいスローガンは、簡単な言葉を使うことも大切です。スローガンを見る人の年齢層が幅広いものになればなるほど、辞書を引かないと正しく理解しづらい言葉や英語の格言などは適していないものに分類されるでしょう。

スローガンを作る時には、スローガンを見せたい人がどんな人か、社会人なのか幼い子供なのか、おじいさんやおばあさんなのか意識することも大切です。

スローガンの作り方のコツ③声に出して読みやすいものにする

口を開ける人

スローガンの作り方のコツの3つ目は、声に出して読みやすいものにすることです。スローガンは、そのまま貼り付けて多くの人に見せることもできますが、みんなで一緒に声を出して読むことで気持ちを合わせることもできます。そのため進んで声に出して読みたくなるようなかっこいい響きの言葉にできると良いでしょう。

一見しただけでは読むことが難しい言葉は、横にふりがなやルビを振るようにすると、より見た人の心を1つにまとめやすいスローガンにできるでしょう。

スローガンの作り方のコツ④見ることで前向きになれるものにする

陽気な男性

スローガンの作り方のコツの4つ目は、見ることで前向きになれるものにすることです。目に入ってくる情報のうち、人の行動や考え方を律したり罰したりするような内容のものは、見た人によっては情報を吟味する前に嫌な気持ちになって心に響きづらいことがあります。

見ることで前向きなイメージが湧いてくるような言葉を使ったり、アイディアが閃いてくるような言葉を起用するように意識してスローガンを作ってみましょう。見た人をよりいきいきとした気持ちにさせやすくなります。

スローガンの作り方のコツ⑤印象に残りやすいものにする

驚く女性

スローガンの作り方のコツの5つ目は、印象に残りやすいものにすることです。スローガンを見て、その時は何かしらの情報を受け取っても、そのまま忘れられてしまうようではスローガンとして役割を果たせていないでしょう。より人の心に呼びかけるような、印象深い言葉になるように工夫することが大切です。

あえてダジャレを使ってとんちのきいた言葉遣いにしてみたり、はっとさせられるような内容の言葉にしてみましょう。町中のポスターの言葉を参考にしてみるのも良いでしょう。

会社のスローガン・標語例

会社のスローガン・標語例①初志貫徹

優秀な人

会社のスローガン・標語例の1つ目は、初志貫徹です。特に長く業務を続けている会社では、繰り返されていく仕事にだんだんとやりがいを見出しづらくなったり、月日とともに目的を見失いやすくなることがあります。

初めの志を変わらず抱いて貫き通すことを意味する初志貫徹という言葉をスローガンにすることで、潔いイメージやまっすぐに進んでいく明るいイメージを印象付けやすくなるでしょう。

会社のスローガン・標語例②真心を忘れずに

握手とビル

会社のスローガン・標語例の2つ目は、真心を忘れずに、です。真心を忘れずに、という言葉は、誰でも読みやすいだけでなく優しいイメージを思い起こしやすいでしょう。忙しい仕事の中で、ついつい気持ちも焦ってしまうことはよくあります。

このスローガンを掲げることで、苛立ってしまいがちな心を冷静に保ちやすくなるでしょう。また、いつもよりも気遣いを意識した行動を取りやすくなります。

会社内のスローガン・標語例③安全第一

ヘルメットの人

会社内のスローガン・標語例の3つ目は、安全第一です。特に工事を行ったり、使う時に注意が必要な機器を取り扱っている会社などに効果的なスローガンです。よく使われやすいフレーズなので、目にした時に頭に入ってきやすい標語であることもポイントです。

もともと注意している姿勢があれば、事故のリスクを減らすことができます。当たり前に感じられる言葉でも、スローガンとして目に触れることでより念頭に置きやすくなるでしょう。

学校のスローガン・標語例

学校のスローガン・標語例①あいさつを大切に

花を持つ人

学校のスローガン・標語例の1つ目は、あいさつを大切に、です。あいさつという言葉をあえてひらがなで書くことで、挨拶によって生まれる温かい人の繋がりや優しいイメージを与えやすくなります。また学校の低学年の子供に見せるスローガンとしても読みやすくなるため適しているでしょう。

学校のスローガン・標語例②ものはきれいに使おう

掃除用具

学校のスローガン・標語例の2つ目は、ものはきれいに使おう、です。子供によっては、意識していないとものを散らかしてしまう場合もあるでしょう。みんなで声に出して読むことで、ものを汚してはいけない、というイメージを与えやすくなります。

学校のスローガン・標語例③挑戦

たくさんのバルーン

学校のスローガン・標語例の3つ目は、挑戦です。中学校や高校などでは、長い言葉をスローガンにするよりも、簡潔な短い言葉をスローガンにした方がスマートな印象になりやすくなります。特に、未来を感じさせるような短い熟語をチョイスすると良いでしょう。

スローガンについて知って活用しよう

スローガンについて知って、上手に活用しましょう。スローガンを作ることで、たくさんの人と共通した気持ちを抱くことができるでしょう。作り方のコツも踏まえた上手なスローガンを発表できれば、よりみんなのやる気を高めることもできます。特に会社や学校などでは、集団の協力が大切になります。

スローガンを有効に活用して、たくさんの人の士気を高め、みんなでいきいきとした時間を過ごすことができるようにしていきましょう。

また、スローガンで目標をはっきりさせたら、目標に向けて努力することも大切です。こちらの記事では、社会人がこつこつと勉強するための方法が紹介されています。上手にスケジュールを決める方法やどんな勉強がおすすめなのかも説明されています。目標を立てて頑張りたいと考えている方はぜひチェックしてみて下さい。

Small thumb shutterstock 1040557237
社会人の勉強方法|スケジュール管理とすべきことやおすすめの資格も

社会人の勉強方法について気になっていませんか?資格のために勉強したいけれど、どのようにスケジュール管理をしたらいいのかおすすめの資格は何か?このようなこと...

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。