レスポンスが早い人の特徴は?意味や使い方・返信が遅い人の改善方法も

レスポンスが早い人の特徴をご存知ですか?レスポンスとは、問いかけに対する反応・対応という使い方をします。レスポンスが早い場合のメリットやLINEの対応・返信、レスポンスが遅いと損な理由などをご紹介します。あなたの仕事効率にきっと役立ちますよ!

レスポンスの意味は?使い方も

レスポンスの意味①反応・対応

レスポンス

レスポンスの意味の1つ目は反応と対応です。相手が発信した出来事に対して、反応や対応をすることを、レスポンスするといいます。また、レスポンスという言葉は人物だけに限らず、人間が起こした行動に対して起こる反応に対しても使用されます。

レスポンスは英語でもよく使われる言葉であり、「response」と書きます。レスポンスにつながる、迅速な対応の英語や類語についても知りたいという方は、以下の記事もぜひご覧ください。

Small thub shutterstock 1072490423
迅速な対応の英語・類語は?早速の・素早い対応の敬語の使い方6選も

「迅速な対応」という言葉を聞いた言葉ありますか。「迅速な対応をありがとう」「素早いご連絡をありがとう」というような、ビジネスメールでよく使うフレーズです。...

レスポンスの意味②質問に対する回答

回答

レスポンスの意味の2つ目は質問に対する回答です。相手の質問に対して回答・応答することをレスポンスするといいます。レスポンスの正確な意味としては、相手の行動に対して、回答をするまでのすべての行動や状況を指します。

ですから反応するだけでもレスポンスといいますが、回答するという意味で理解している場合、相手がレスポンスを求めているときには明確な回答を欲している場合もあります。ニュアンスなどから判断して応答するよう心掛けましょう。

レスポンスの使い方①レスポンスが遅い

遅い

レスポンスの使い方の2つ目は、レスポンスが遅いという表現です。この場合のレスポンスは、基本的な意味である反応・対応が当てはまりますので、相手の行動や言動に対して「反応が遅い・回答が遅い」という意味で使用される言葉になります。

ビジネスシーンにおいてこの言葉を言われてしまった場合には、仕事ができない人だと判断されている可能性があります。レスポンスの早い人になれるよう、この記事をじっくり読んでくださいね。

レスポンスの使い方②レスポンスタイム

悩む

レスポンスの使い方の2つ目は、レスポンスタイムです。レスポンスタイムとは、起こした行動や言動に対して反応があるまでの時間のことを言います。主に機械などに指示を与えた後に、システムが反応を返すまでの時間のことを指します。

レスポンスタイムが短ければ短いほど、優秀なシステムであるといえるのです。しかし、相手からLINEの返信を待っている時などにも、「まだレスポンスタイムなんだよね」といった使い方をする場合もあります。

レスポンスの使い方③レスポンスの良いパソコン

パソコン

レスポンスの使い方の3つ目は、レスポンスの良いパソコンです。こちらがパソコンに対して行った作業に対しての反応が良いパソコンのことを、レスポンスの良いパソコンといいます。動作の早いパソコンに対しても使用されます。また、反応の良い車に対しても、レスポンスの良い車という使い方をします。

例えば、ゲーム専用のパソコンなどは、ボタンを押した時の反応が通常のパソコンよりも画面が滑らかでスムーズな動きをするので、ゲームに対するレスポンスの良いパソコンといえます。

レスポンスの使い方④レスポンシビリティ

レスポンシビリティ

レスポンスの使い方の4つ目は、レスポンシビリティです。レスポンシビリティとは「レスポンス」と「アビリティ」が合体した言葉です。アビリティとは能力のことを指します。つまり、レスポンシビリティは「回答することができる、責任がある」という意味になります。

一般的な責任があることに対して、レスポンシビリティがあるかなどと言う使い方をされます。カードなどで支払いの能力があるかどうかというときにも、このレスポンシビリティという言葉を使用します。

レスポンスが早い事のメリット

レスポンスが早い事のメリット①信頼が厚くなる

信頼

レスポンスが早い事のメリットの1つ目は、信頼が厚くなることです。相手は、あなたの反応を期待してアクションを起こしますよね。相手が求めていることに対して素早い対応をすることは、相手の信頼を厚くします。反応・返答を求めている人に対してレスポンスが遅い人は、相手をイライラさせてしまうかもしれません。

しかし、相手に対する回答が、さらに相手の回答を促すものだった場合は、あなたのレスポンスが早すぎると相手を焦らせてしまう場合もあります。基本的に早いレスポンスは相手の信頼を作りますが、ビジネスシーンでのレスポンスは内容によって判断してタイミングを考えることが、ビジネスの成功につながるでしょう。

レスポンスが早い事のメリット②仕事が早い

仕事が早い

レスポンスが早い事のメリットの2つ目は、仕事が早いことです。レスポンスが早いということは、判断能力があるということになります。ビジネスシーンで判断能力にたけている人は、その分仕事も早いですし、数を熟すことができます。早い反応・返答は、レスポンスを求めている相手にも、仕事が早いという印象を与えます。

実際にレスポンスの早い人は、どんなに長い文章の要求であっても、相手が何を言わんとするのか、何を求めているのかを要約して判断することができます。このように、返信の早い人は悩むことなく相手の要求のポイントをつかみ、無駄な時間を省くのが上手なので仕事も早いのですね。優秀な人であるという印象を持たれます。

レスポンスが早い事のメリット③経験値が増える

経験

レスポンスが早い事のメリットの3つ目は、経験値が増えることです。レスポンスが早いと、悩む時間がない分ビジネスでもプライベートでも時間を有意義に使うことができます。そのレスポンスが、たとえ相手が求める返答でない場合でも、その失敗はあなたの経験値になって次のビジネスに活かせます。

プライベートであっても、レスポンスが早ければその分情報を吸収することができます。LINEやメールなどの返信が早いことは、相手にとって喜ばれることですしレスポンスが早い分会話量も増えていきますから、情報量という経験値だけでなく、友達もきっと多く人脈も豊富なことでしょう。

レスポンスが早い人の特徴

レスポンスが早い人の特徴①仕事ができる人・優秀な人

出世

レスポンスが早い人の特徴の1つ目は、仕事ができる人・優秀な人です。先程、レスポンスが早いことのメリットでもご紹介したように、レスポンスが早いことはビジネスにおいてメリットが多くあります。仕事ができる人は、レスポンスに悩んだりする無駄な時間を省けるので、その分熟す仕事量も多くなるのです。

レスポンスの早い人は相手に対してきちんとした印象を与えますので、たとえ少々の仕事のミスがあったとしても好意的に見てもらえることでしょう。このように、ビジネスはもちろん何でもテキパキと熟す優秀な人は、レスポンスも早い人が多いようです。

レスポンスが早い人の特徴②コミュニケーションが上手

コミュニケーション

レスポンスが早い人の特徴の2つ目は、コミュニケーションが上手なことです。LINEやメールなどでレスポンスが早い人は、会話においてもコミュニケーションにも長けているという特徴があります。考える時間のあるLINEやメールと違い、会話はキャッチボールですから、もっと早いレスポンスが求められます。

この様に、ビジネスのレスポンスの早い人は、瞬時に相手の求める言葉で反応できる、会話によるコミュニケーションが上手な人が多いようです。しかしコミュニケーションで良い印象を与える分、相手に自分を好きだと勘違いさせてしまうパターンも多くあるようです。

レスポンスが早い人の特徴③計画性がある

計画性

レスポンスが早い人の特徴の3つ目は、計画性があることです。レスポンスの早い人は期日通りに仕事を熟したり、約束を忘れずにきちんと守るなど、スケジュールの管理や計画性がしっかりしているという特徴があります。言われたことをやるだけでなく、仕事に優先順位を付けて熟せます。

きちんと計画を立てて仕事をして、自分のスケジュールなどをしっかり把握できているからこそ、相手に対して仕事の内容や自分の都合などを迅速にレスポンスすることができるのですね。

レスポンスが早い人の特徴④LINEなどの返信の遅い人にイライラ

イライラ

レスポンスが早い人の特徴の4つ目は、LINEなどの返信の遅い人にイライラすることです。レスポンスが早い人は、基本的には仕事のできる人望の厚いという特徴があるのですが、自分の対応が早い分、レスポンスが極端に遅い人などに遭遇するとイライラしてしまうこともあるようです。

相手のレスポンスが遅いことで、自分の計画やスケジュールが崩れることもあるのでしょう。しかし、相手のレスポンスが遅くても、きちんと対応できる術を見つけて行動できる人になれるといいですね。それが、本当の意味での仕事ができる人・優秀な人であるといえます。

レスポンスが早い人になる方法

レスポンスが早い人になる方法①コミュニケーションを積極的にとろう

積極的

レスポンスが早い人になる方法の1つ目は、コミュニケーションを積極的にとることです。レスポンスの遅い人は、相手に対して返事をすること自体が億劫になってしまい、人とのコミュニケーションを避けがちになります。コミュニケーションを取ることが経験値となり、早いレスポンスにつながります。

いきなりビジネスで積極的になるのは難しいという場合は、まずはプライベートでのコミュニケーションを積極的にとってみましょう。しかし、だらだらと同じことを話すのではなく、頭の中で整理して、出来るだけ端的にポイントをつかんだ会話ができるように心掛けてください。

レスポンスが早い人になる方法②返信ペースを合わせる

スマホ

レスポンスが早い人になる方法の2つ目は、返信ペースを合わせることです。先程もご紹介した通り、相手にレスポンスを求める返信をする場合は、あまり早いレスポンスは相手を焦らせてしまう結果になります。相手がレスポンスの遅い人なのであれば、その相手に合わせることも大切です。

レスポンスの早い人でも相手のペースに合わせることは、イライラ解消にもなります。ビジネスメールの時、相手のレスポンスが必要ない場合もあります。そんな時にメールやLINEでどのように伝えたらいいのだろうと考える方は、以下の記事を併せて読んで参考にしてください。

Small thub shutterstock 717032236
返信不要の敬語は?ビジネスメール・LINEでの丁寧な言い方!

ビジネスメールなどで、確認してもらえれば返信してもらう必要がない時に添える「返信不要」という言葉ですが、そのまま送ると相手の方に不愉快な思いをさせてしまう...

レスポンスが早い人になる方法③LINEの返事で予告をする

LINE

レスポンスが早い人になる方法の3つ目は、LINEの返事で予告をするです。いきなりレスポンスの早い人になろうとしても、なかなか難しいですよね。即答できない内容のメールやLINEもあるでしょう。そんな時には無理やりレスポンスする必要はありません。返事の予告や相手の反応を伺うのもひとつの手になります。

プライベートなLINEであれば「ごめん!今手が離せないので、終わったらすぐに連絡するね!」といった内容の、返信の予告のLINEをしておくことで、相手を安心させてあげましょう。「悩むなーどっちがいいかな?」といった、相手の反応を伺う返事もOKです。もちろん回答がまとまったら、きちんと返信してください。

早いレスポンスでデキる人になろう!

いかがでしたでしょうか?早いレスポンスは、ビジネスシーンではもちろん、プライベートにおいても相手の印象をグンとよくすることが分かりました。レスポンスの早い人になる方法も分かりましたね。早いレスポンスで経験値を積んで、あなたも仕事のデキる、優秀な人を目指してくださいね!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。