「長文失礼しました」を使ったお詫びメールの例文を解説!好印象を与える文章はコレ!

「長文失礼しました」を使ったお詫びメールの例文が分からず、困っていませんか?当記事では、長文失礼しましたの使い方と例文を詳しくご紹介していきます。ビジネスメールでも使える、相手に好印象を与える文章を学べます。ぜひチェックしてください。

長文失礼しましたの使い方とは?

①10行以上のメール

調べる

「長文失礼しました」という表現は、ビジネスでも10行以上のメールになった場合に使用しましょう。自分が書いたメール文書を、その都度確認するのが使い方のコツです。逆にシンプルで短いメールに当例文を使用する使い方は、適切ではありません。

10行以上というのはあくまでも目安ですが、大体の指針となる長さです。メールやLINEなどをビジネスで使用する場合、内容はもちろんですが、長さに留意することもとても大切です。文章の長さに、きちんと使い方を合わせて使用するようにしてください。

②ビジネスメールの結び

外回り

「長文失礼しました」は、主にビジネスメールの結びに使用します。これは、ビジネスの場でやり取りされるLINEや手紙の場合も基本的には同じです。伝えたい事柄を書いた上で、文書の文末に当例文を挿入し使用するのが正しい使い方と言えます。

まれに、相手に最初から長い文面になる許可をもらうという目的で、冒頭に「この文書は長文になります。すみません。」という内容を持ってくる場合もあります。しかし、この使い方はごく稀です。「長文失礼しました」を文末に持ってきて活用しましょう。

③お詫びの気持ちを込める

ワーク

お詫びの気持ちを込めて使用するというのも、大切な使い方の一つです。「長文失礼しました」には、「文面が長くなってすみません」というお詫びの気持ちが込められています。他にもより直接的にお詫びを伝える例文もありますが、同表現も同様、お詫びの気持ちをしっかり込めて使用しましょう。

メールだけでなく、ビジネスの連絡用として使用するLINEでのやり取りの場合も同様です。アプリを使用したコミュニケーション上では、お互いの気持ちが伝わりにくいということもあります。ぜひ、自分の伝えたい気持ちに注意した使い方を目指してみてください。

長文失礼しましたを使用したお詫びメールの例文3選!

①顧客向け

駅

顧客向けの例文例として、「長文失礼しました。他ご質問などありましたら、ぜひお気軽にお声かけください。」が挙げられます。例えば、顧客側から自社商品・サービスに関する問い合わせがあった場合に、文面の最後に挿入して使用できます。

顧客対応では、なるべく丁寧な対応をすることが求められます。「長文失礼しました。」だけでは、少し冷たいイメージがありますので、追加で自分が相手に貢献できることを付け加えて良い印象を与えましょう。特に文書最後の結び部分は、全体のイメージを左右する重要な箇所です。留意してみましょう。

②取引先向け

取引先

取引先向けの場合、「長文失礼しました。お忙しいところ恐縮ですが、またご返信いただけますと幸いです。」という例文も活用できます。当例文も、文面の最後に挿入し、相手に丁寧なイメージを与えることが可能です。

「お忙しいところ恐縮ですが」という枕詞が入っているので、相手に配慮した表現として伝わります。お互い忙しい中で、連絡を取り合うことは時に困難さを伴います。当例文のように、その中でもできるだけ返信率を上げる表現を活用していきましょう。

③社内向け

出張

社内向けの場合、「長文失礼しました。以上、どうぞよろしくお願いいたします。」と使用することが可能です。例えば、忙しい自分の上司に長文で何かを伝える文書を送る場合、最後の結びの部分は当例文のようにできるだけ簡潔にすると良いでしょう。

上司は、基本的には自分よりも管轄する仕事が多く、何倍も忙しく働いている存在です。そんな相手に対しては、お詫びの言葉も端的に、敬語もスマートで簡潔に使いこなしていくことが重要です。すっきり、簡潔な例文例として活用してみてください。

長文失礼しましたの敬語・丁寧語表現とは?

①お詫び申し上げます

検索

最初にご紹介するのは、「長文お詫び申し上げます。」です。これは、敬語を上手く使った表現となります。「長文失礼しました」よりも、お詫びの気持ちが強いことを表しています。かなり固い敬語表現なため、歳や役職が自分よりもかなり上の上司、あるいは社外の人に対して使用しましょう。

特にまだ役職も低く若いビジネスマンの場合、相手に丁寧なイメージを与えることは重要です。当表現を文書最後に挿入し、相手への好感度アップを狙ってみてください。

②恐縮です

夕日

次にご紹介するのは、「長文となってしまい、恐縮です。」です。「恐縮です」とは、「申し訳ない」という意味を表す敬語となります。従って、当表現も上司や社内の人に使用するのがおすすめです。十分丁寧さはありますが、端的で直接的なニュアンスがより伝わります。

手紙・メールのみならず、LINEでももちろん使用可能です。文章の最後に持ってくると、端的ながら丁寧さが伝えられます。「恐縮です」という言い回しは、ビジネスでは定番の言い回しですから、ぜひ当機会に覚えてみてください。

③失礼いたしました

チェック

「長文失礼いたしました。」も、敬語表現として重宝します。「失礼しました」をより丁寧な敬語表現にしただけの、覚えやすい表現とも言えます。「いたしました」は、色んな動詞につけるだけで、簡単に敬語表現を作れるので、おすすめです。

特に社外の人や、上司など目上の人に使用すると効果的です。当表現も、LINEでのやり取りにも使用することができます。より洗練された、丁寧な敬語表現を求めている方は、こちらをぜひ活用してみてください。

長文失礼しましたの言い換え表現とは?

①長々と

ベッド

「長々と失礼しました。」は、「長文失礼しました」の言い換え表現として活用できます。意味は、「長々と書いてしまって」「長い文章になってしまって」という意味です。使い方も言い換え前のものとほぼ同じで大変便利です。

ニュアンスとしては、「長々と失礼しました」の方が少し軽い響きがあります。より丁寧さを求めるなら「長文失礼しました」を使用し、それ以外では当言い換え表現を使用すると効果的です。

②乱筆乱文

乱文

次にご紹介するのは、「乱筆乱文失礼いたしました。」です。当表現は、昔から特に手紙の中での表現として使用されてきました。近年では、時代の変化と共にメールなどの文面内でも使用されることがあります。自分でもまとまりのない、長い文章を書いてしまった際に使うと効果的です。

LINEでも使用できないことはありません。しかし、LINEでの使用は未だ限られていると言えるでしょう。文面を読み返してみて、自分でも「まとまりがない!でもとりあえず相手に送りたい!」という際に活用すると良いでしょう。

③長いメール

クーポン

最後にご紹介するのは、「長いメールになってしまい、失礼しました。」です。主語を自分の書いたメールに置き換えた例文となります。「長文失礼しました」とほぼ同義で使用することが可能です。上司や社外向けに使用する場合は、最後の部分を「いたしました」に変えて応用することもできます。

もちろん、主語をLINEやメッセージ、手紙など他のものに変えて活用することも可能です。自分が使っているツールに合わせて言葉を変えながら、ビジネスの色んな場面で活用してみてください。

下記関連記事では、「メールにて失礼いたします」という表現について詳しくまとめています。例えば、本来ならお礼がてら来社する必要があるのに、メールで済ませる場合などに重宝する使える表現です。それ以外にも、先輩・上司に向けた社内での使用も可能です。興味のある方は、ぜひこちらのチェックしてみてください。

Small thumb shutterstock 505918801
メールにて失礼いたしますの使い方は?目上に送るメールに使える文末も

メールにて失礼いたします、用件のみにて失礼いたしますといったメールの表現を丁寧にする言い回しを紹介します。また、拝啓・敬具といった、目上の人に使う文章上の...

長文失礼しましたを使用する際の注意点とは?

①メール以外の方法も検討

電話

まず、他連絡ツールの使用も検討するという注意点が挙げられます。もちろん、どんなに内容を削り落としても長文になってしまうという場合は例外です。しかし、文章が長文になってしまった時点で、同じ内容を電話で伝えられないか?を検討してみましょう。

今回は仕方がないと判断した場合も、次回から、他に適切な連絡ツールはないか?ということを常に念頭に置いておきます。意外と文字で伝えるより、口頭の方が分かりやすく、早く伝わるということもあります。念頭に入れておきましょう。

②毎回の使用は避ける

カフェ

当表現の毎回の使用は避けるというのも、大切な注意点です。あくまでも当表現は、「自分で精いっぱい努力してみたが、どうしても長くなってしまった」場合に使用するものです。逆を言えば、毎回言葉では「失礼します」と書きながら、それが改善されないのはただの怠惰ということになります。

相手側からしても、毎回長い文面が送られてくると、読む気を失ってしまいます。これでは、もしかしたら成立するかもしれない契約も台無しになってしまいます。相手の信用を勝ち取るためにも、当表現の毎回の使用は避けるように注意してみてください。

③相手の忙しさを考慮

若手

相手の忙しさを考慮するというのも、意外と見落とされがちな注意点と言えます。例えば、自分の上司は普通、自分よりも仕事をしているため自分よりも忙しいはずです。そんな相手に、下の立場の自分が「長文失礼しました。」と書くのは、通常憚られるはずです。

当表現を使用する際は必ず、事前に相手の忙しさを考慮してください。その上でやむを得ない場合に使用するようにします。特に上司や社外の人への使用では注意しましょう。

長文失礼しましたをビジネスでもっと活用しよう!

美女

「長文失礼しました」は、丁寧な敬語としても応用できる大変便利な言い回しです。また、言い換え表現も多々あり、バリエーション豊かでもあります。メールやLINEの最後に挿入するだけで、相手への印象がぐっと変わります。あなたもぜひ、当表現をビジネスでもっと活用してみてください。

下記関連記事では、「すいません」のビジネス敬語について分かりやすくまとめています。「すみません」との違いも含め、注意点などを今一度整理したい方は、ぜひ参考にしてみましょう。

Small thumb shutterstock 771921220
「すいません」は間違い?「すみません」との違いと感じやビジネス敬語も

「すいません」は間違いで「すみません」が正しい表現だとする意見が多数派かと思われますが、実際にその違いが説明できる人は少ないかと思います。ここではその漢字...

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。