Amazon商品の返品方法を紹介!未使用・開封済みの返金条件や返品期限も!

Amazon商品を返品したい時には、どのような手続きをすればよいかご存知ですか?今回はネットから簡単に手続きできる返品方法をご紹介します。また返品条件や、 返品できるもの・返品できないもの、そして返金額なども詳しく解説します。

Amazon商品の返品方法とは?

返品方法|プリンター使用編①注文履歴から返品手続き

ディスプレイ

Amazon商品の返品方法のプリンター使用編1つ目は、「注文履歴」から返品手続きをします。パソコンとスマホの手順は同じようにおこなえます。「注文履歴」から返品したい商品の右側にある「商品の返品」をクリックして手続きを進めましょう。

    Amazon商品の返品方法|プリンター使用編①「注文履歴」から手続き

  1. 1「注文履歴」から返品したい商品の右側の「商品の返品」をクリック
  2. 2「返品の理由を選択」から理由を選ぶ
  3. 3コメントを入力する
  4. 4「次に進む」をクリック
  5. 5「手続き方法を選択」から返金方法を選ぶ
  6. 6「次に進む」をクリック
  7. 7「返送手続きを開始」をクリック
  8. 8登録されたEメールに情報が送信される
Amazonの返金方法

・決済に利用したクレジットor携帯決済に返金 ・Amazonギフト券で返金

返品方法|プリンター使用編②ラベルを印刷

プリンタ

Amazon商品の返品方法のプリンター使用編2つ目は、ラベルの印刷をします。自宅にプリンターがある場合は、返品用ラベルを用紙に印刷する設定をします。印刷されたラベルの上部には、返送先の住所が記載されているので、送り状などを準備する必要がありません。ラベルの下部は「返品受付ID」になっています。

    Amazon商品の返品方法|プリンター使用編②ラベルを印刷

  1. 1「返信用ラベルを印刷」をクリック
  2. 2プリンターでラベルを印刷
  3. 3ラベルの下部「返品受付ID」と商品を箱に入れる
  4. 4梱包してラベルの上部「返送先の住所」を貼り付ける

返品方法|プリンター使用編③商品を返送

箱

Amazon商品の返品方法のプリンター使用編3つ目は、商品を返送します。Amazonの返品無料商品は着払いで返送します。利用できる配送サービスは、日本郵便やヤマト運輸、佐川急便3社のいずれかになります。それ以外の配送業者を使い着払いで返送してしまうと、受領されずに再度着払いで返送されてしまいます。

返品無料商品以外の返品には、元払いで利用します。その際の配送業者は指定されていません。元払いで送らなければならない商品を着払いで返送してしまった場合には、返金額からその返送料が差し引かれてしまいますので気を付けましょう。

    返品無料商品を着払いできる配送業者

  • 日本郵便
  • ヤマト運輸
  • 佐川急便

返品方法|プリンター不使用編①ラベルを手書き

ペン

Amazon商品の返品方法のプリンター不使用編1つ目は、ラベルを手書きすることです。プリンター使用編の①と③は同じ手続きですが、②はプリンターがないため、印刷する代わりに、「返品受付ID」を手書きして商品と一緒に梱包します。

返品方法プリンター不使用編②バーコードや送り状も可

書類

Amazon商品の返品方法のプリンター不使用編2つ目は、バーコードや送り状でも可能です。「返品受付ID」を手書きする代わりに、商品に貼られている「sp」から始まるバーコードや、梱包に貼られた「送り状ラベル」などでも代用できます。いずれかを同梱させましょう。

    「返品受付ID」を印刷する代わりに同梱させるもの

  • 「返品受付ID」を手書きする
  • 「SP」から始まるバーコード
  • 「SP」から始まるバーコードが貼られた箱で返送
  • 送り状ラベル
  • 納品書

返品方法|電話・チャット編

電話

Amazon商品の返品方法の電話・チャット編です。カスタマーサービスを利用して、電話やチャットでも返品を受け付けています。Amazonの公式サイトから「カスタマーサービスに連絡」を選択すると、電話の場合は「今すぐ電話がほしい」にすると、Amazonから電話が折り返しかかってきます。

「チャットでのお問い合わせ」を選択すると、すぐにチャット画面が立ち上がり、担当者と話ができます。わからないことがあれば、どちらの場合も丁寧に説明をしてもらえますので、手続きで迷ったらこの方法を利用するのも良いでしょう。

    Amazon商品の返品方法|電話編

  1. 1「カスタマーサービスに連絡」をクリック
  2. 2問い合わせ内容を選択する
  3. 3問い合わせ方法から「電話」をクリック
  4. 4電話番号を入力
  5. 5「今すぐ電話がほしい」をクリック
  6. 6Amazonから電話がくる

    Amazon商品の返品方法|チャット編

  1. 1「カスタマーサービスに連絡」をクリック
  2. 2問い合わせ内容を選択する
  3. 3問い合わせ方法から「チャット」をクリック
  4. 4問い合わせ内容を入力
  5. 5「チャットを開始」をクリック
  6. 6チャット画面で質問する

Amazon商品の返品条件とは?

返品条件①自宅に到着してから30日が期限

カレンダー

Amazon商品の返品条件1つ目は、自宅に到着してから30日が期限です。商品ごとに設定された「返品期間」にAmazonに返品が完了されているということが条件になりますので、期限は過ぎないようにきちんと確認しておきましょう。

返品条件②期限後は返金額が20%減額

グラフ

Amazon商品の返品条件2つ目は、期限後は返金額が20%減額されます。返品期限が過ぎてしまった場合でも、返品を受け付けてもらうことはできますが、返金額は全額ではなくなってしまいます。購入した商品代金から減額されての返金になるので、期限は守りましょう。

返品条件③不良品

ok

Amazonの返品条件3つ目は、不良品です。原則的に届いた時点で不良品だった場合の商品は、すべて返品でき、返送料も払う必要がありません。不良品など以外の返品に関しては、商品ごとに独自の返品条件が設定されているものもあります。

返品条件④Amazon配送商品

電話

Amazonの返品条件4つ目は、Amazon配送商品であることです。マーケットプレイスなどの商品の返品は、一部の出品者に関しては独自の返品条件を設定している場合があります。出品者に連絡をして確認するようにしましょう。

Amazonを良く利用するならば、Amazonのクレジットカードを利用するのがお得です。普段の買い物ではなかなか貯まらないAmazonポイントも、還元率の高いクレジットカードで買い物すれば貯まりやすくなります。Amazonカードについては下記の記事を参考にしてください。

Small thumb fotolia 189858539 subscription monthly m
Amazonクレジットカードはポイントがお得?楽天カードとも比較

Amazonの返品できる商品とは?

返品できる商品①デジタルコンテンツなどは7日以内

タブレット

Amazonの返品できる商品1つ目は、デジタルコンテンツは7日以内の場合です。デジタルコンテンツ・ダウンロード商品などで、例えばKindleストアで購入したKindle本は、注文日から7日以内ならば返金してもらえるため、間違って購入してしまった場合などに利用できます。

Prime Videoを間違って注文した場合でも、ダウンロード・ストリーミング再生を全くおこなっていないことと、注文してから48時間以内であればキャンセルできます。「注文履歴」から手続きをおこないましょう。

返品できる商品②CD・DVDに損傷がある場合

CD

Amazonの返品できる商品2つ目は、CD・DVDに損傷がある場合です。CDやDVD自体や、マキシシングル・2枚組ケース・特殊なケースに損傷がある場合などは返品を受け付けてもらえます。また通常版のケースのみにキズなどがある場合は、交換用のケースのみを送ってもらえます。

返品できる商品③パソコン・TVゲームは開封済みも可能

パソコン

Amazonの返品できる商品3つ目は、パソコンや周辺機器、TVゲーム機本体は開封済みの場合でも可能です。開封済みのパソコンは、個人情報や履歴などすべて削除して、購入前の状態にしてから返送しましょう。標準以外のソフトウェアをインストールしていないことなどが条件です。

返品できる商品④服・靴・バッグは試着後も返品可能

洋服

Amazonの返品できる商品4つ目は、服・靴・バッグは試着後も可能です。開封済みとみなされると返金が減ってしまうこともあります。未使用であることが条件のため、商品タグをつけたままの状態にすることや、汚れをつけないように気をつけて試着しましょう。

    試着後に返品できるAmazon商品

  • 服&ファッション小物
  • シューズ&バッグ
  • スポーツ&アウトドア

Amazonは毎日のタイムセールや、プライムデーなど様々なセールがおこなわれています。セール品でも返品条件をクリアしていれば、全額返金されます。Amazonのセール情報は下記の記事をあわせてご覧ください。

Small thumb shutterstock 1106102402
Amazonのセールは毎年いつ開催される?予定時期や事前にやるべきことも!

Amazonは世界最大級のショッピングサイトで、通常価格もとても低価格ですが、セールの時期にはさらに安くなってお得な買い物ができます。そんなAmazonの...

Amazonの返品できない商品とは?

返品できない商品①不良品でないもの

困る

Amazonの返品できない商品1つ目は、不良品でないものです。返品無料の対象商品以外は、不良品でないものに関しての返品ができません。例えば食料品や化粧品、または医薬品やサプリメントなどの商品です。また本自体ではなく、帯が破れている・ついていないなどの場合は不良品には含まれません。

Amazonパントリーで取り扱っている商品も、何かトラブルがあったり不良品だったりした場合のみ、商品代金と手数料を返金してもらえるシステムになっています。自己都合による返品はできないものと思っておきましょう。

返品できない商品②開封済み30万円以上の高額商品

宝石

Amazonの返品できない商品2つ目は、開封済みの高額商品です。高額商品(30万円以上)に関しては、自己都合で返品する場合の開封済みとみなされたものは受けつけてもらえません。未使用で未開封の場合のみ返品を受け付けてもらえる場合もありますが、運送保険料がかかることや返送料も自己負担になってしまいます。

返品できない商品③Amazonギフト券・プリペイドカード類

ギフト

Amazonの返品できない商品3つ目は、Amazonギフト券やプリペイドカード類です。Amazonギフト券や、イベント・サービスなどのチケットや、プリペイドカ一ドなどの商品は、未使用であっても一切返品を受け付けていません。商品別の条件は下記リンクを確認しましょう。

商品別の返品条件

タイヤの販売だけではなく、交換や取り付けサービスもおこなっているAmazonのタイヤのサービスの詳しい料金や、利用手順、そしてAmazonでサービスを利用するメリット・デメリットは下記の記事をご覧ください。

Small thumb shutterstock 517237099
Amazonのタイヤ交換・取り付けサービスの利用手順は?工賃は安い?

様々な品物からタイヤまで安い価格で購入できるAmazonでは、タイヤ交換・取り付けサービスを行なっていることをご存知ですか?今回は、Amazonのタイヤ交...

Amazon商品の返金額とは?

返金額①未使用・未開封は全額返金

OK

Amazon商品の返金額1つ目は、未使用で未開封は全額返金されます。未使用品であることや、開封されていないものは、商品代金の全額が返金されます。届いたまま放置して、期限が過ぎてしまうことがないように気をつけましょう。

返金額②開封済みは半額

困った

Amazon商品の返金額2つ目は、開封済みは半額になります。消耗品など以外の商品は、開封済みでも受け付けてもらえますが、全額返金ではありません。未使用であっても開封済みとみなされるものは減額されてしまうため、商品の状態を確認してから開封しましょう。

返金額③配送料・手数料などは返金不可

荷物

Amazon商品の返金額3つ目は、配送料と手数料などは返金してもらえません。トラブルや不具合があった場合には返金されますが、それ以外の返品については、商品代金以外の配送料手数料、さらにギフトラッピング料なども自己負担になります。

Amazonにもポイントがあるのをご存知でしょうか?すべての商品についてポイントがもらえるわけではありませんが、対象商品を購入するともらえるお得なポイントの貯め方などは、下記の記事を参考にしてください。

Small thumb shutterstock 188190668
Amazonポイントの貯め方は?アマゾンで買い物をして貯める&交換!

Amazonで買い物をするとポイントがもらえます。ポイントの貯め方、貯めると何かと交換できるのか、貯まらないのはなぜ、そもそもアマゾンポイントとは?など、...

Amazonの返品は未使用・未開封で全額返金してもらいましょう

買物

Amazonの返品手続きはとても簡単です。開封していない未使用品ならば、全額返金してもらえることや返送料もかからずに手続きしてもらえます。開封済みのものに関しては、受け付けてもらえるものともらえないものがあるため、よく確認してから注文するようにしましょう。

Amazonにはあわせ買いという商品があります。条件をクリアすれば、対象商品をとても安く購入できるお得なサービスで、送料も無料で利用できます。Amazonをよく利用する場合や、あと少しで送料が無料になるという場合などに便利なあわせ買いは、下記の記事で詳しく解説してありますので、あわせてご覧ください。

Small thumb shutterstock 494747329
Amazonのあわせ買い対象商品とは?購入方法や探し方をご紹介!

Amazonでおこなっているサービスの「あわせ買い対象商品」というのをご存知でしょうか?低価格で商品を購入できるサービスですが、購入するためには条件があり...

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。