【空】を表す言葉18選!空に関する表現を季節ごとに紹介!雲や天気の種類も!

あなたは、日本語で空を表す言葉をいくつ知っていますか?この記事では、空に関する言葉を季節ごとにご詳しく紹介していきます。雲や天気の種類を表す表現などの紹介もありますよ。気になる方は、ぜひこちらの内容を参考にしてみてくださいね。

【春】空を表す言葉3選!

①麗らかな空

春空

春の空に関する表現には、「麗らかな空」がまず挙げられます。これは、「柔らかな日差しが届き、空がのどかに晴れている様子」を表す言葉です。例えば、「今日も綺麗に晴れて、麗らかな空となりました。」と活用できます。

②小春空

春の空

次にご紹介するのは、「小春空」です。この言葉は、「暖かい春のような空」を表す言葉として知られています。例えば「今日は小春空が広がる、気持ちの良い日だ。」などの形で使用することができます。春のキラキラした美しい空の様子を表現したい方は、ぜひこれらの表現を活用してみましょう。

③春空

春空

最後にご紹介するのは、「春空」です。この言葉は、文字通り「春の空」という意味を持ちます。具体的には、例えば「今日は美しい春空が広がっています。」という形で使用できます。 

【夏】空を表す言葉3選!

①風光る空

夏空

夏の空に関する表現としてまずご紹介するのは、「風光る空」です。これは、「日差しが強くなり、光輝くような空」という意味を表します。例えば「今日はすっかり晴れて、風光る空が見られる一日となりました。」と使用することが可能です。

②炎天

炎天

次にご紹介するのは、「炎天」です。これは、「日差しが強すぎる真夏の空や天気」という意味を持ちます。例文としては、例えば「炎天下の中、スポーツ大会が盛大に行われた。」などがあります。暑い夏の空の描写にぜひ活用したい言葉です。

③暑天

暑天

最後にご紹介するのは、「暑天」です。この言葉は、「夏の空」という意味を表す言葉です。例えば、「今日は綺麗な暑天となった。」と使用できるでしょう。

【秋】空を表す言葉3選!

①秋旻

秋空

「秋旻」は「爽やかで澄み渡った秋の空」という意味を持つ言葉です。例文を挙げると、例えば「今日は秋旻と呼ばれる、本当に秋らしい空に恵まれた。」と活用することが可能です。

②秋天

秋

次にご紹介するのは、「秋天」です。これは、「秋の空」を意味します。例えば、「今日は綺麗な秋天が見渡す限りに広がっています。」と使用できます。

③秋高し

秋高し

最後にご紹介するのは、「秋高し」です。意味は「秋の大気が澄んで、空が高く広々とした状態」とされています。例文としては、例えば「秋高しとは申しますが、この美しい空のもと、皆様にはお集まり頂きまして誠にありがとうございます。」という形で使用できます。

【冬】空を表す言葉3選!

①凍て空

冬空

「凍て空」は、「凍りつくように寒い日の空」を意味します。例えば、「今日の東京は気温もマイナスを記録し、凍て空となった。」と活用できます。ぜひ凍てつくような寒い冬の空を描写する際に使ってみましょう。

②寒天

冬空

次にご紹介するのは、「寒天」です。これは、「寒い冬の空」という意味を持ちます。「今日は昨日までの空と打って変わって、寒天となった。」などの形で使用してみましょう。特に寒さを感じる冬の空に使用すると効果的です。

③霜天

霜天

最後にご紹介する冬の空を表す言葉は、「霜天」です。「霜が降った早朝の空」という意味で使えます。例文としては、「今日の朝は霜天が見られた。」と活用してみましょう。この言葉でも、冬の空を情緒豊かに表現することが可能ですね。

【雲の種類】空に関する表現3選!

①高積雲 (こうせきうん)

高積雲

まず最初にご紹介するのは、「高積雲 (こうせきうん)」という雲の種類です。これは、特に秋の季節に見られる美しい雲のことを指します。この雲は、見方によっては羊の群れが集まっているように見えるので、「ひつじ雲」という名前もついています。何だかかわいい響きの名前ですよね。

特に、秋の朝方と夕方に日が差してきた時には何とも美しい姿が楽しめます。日常生活でこの雲の種類や名前を活用する際には、例えば「今日は仕事の帰りに、綺麗な高積雲を見た。」などと使うことができます。かわいい名前もついたこの空を楽しんだことを周囲にも自慢してみてくださいね。

まず最初にご紹介するのは、「高積雲 (こうせきうん)」という雲の種類です。これは、特に秋の季節に見られる美しい雲のことを指します。この雲は、見方によっては羊の群れが集まっているように見えるので、「ひつじ雲」という名前もついています。何だかかわいい響きの名前ですよね。

②巻積雲(けんせきうん)

巻積雲

次にご紹介する雲の種類は、「巻積雲(けんせきうん)」です。この雲も実は秋の季節に多く見られる種類のもので、別の名前として「いわし雲」や「うろこ雲」という名前を持ちます。これらの名前は、その雲の形や見え方からつけられた、ということが予想されます。

この種類の雲は、形が美しいながらもその姿を楽しめるのは一瞬、という特徴を持ちます。活用例を挙げると、例えば「今日は、巻積雲とも呼ばれる、うろこ雲を一瞬だけど見ることができた。」などの形で活用します。ぜひこちらの空の種類の名前も覚えてみてくださいね。

③巻層雲(けんそううん)

巻層雲

最後にご紹介するのは、「巻層雲(けんそううん)」です。これは、空を雲が薄いベールで覆っているかのように見える空の種類を指します。別の名前で、「かすみ雲」とも呼ばれており、飛行機の近くで見られることも多々あるようです。

具体的な例文を挙げると、例えば「今日は巻層雲が空にできていて、空に幻想的なベールがかかっていた。」などの形で活用できます。この種類の空は見られることも稀なので、この例文のように思わず周囲に伝えたくなる気持ちも頷けますね。

【天気の種類】空に関する表現3選!

①日本晴れ

日本晴れ

「日本晴れ」は、天気の種類を表す表現として知られています。これには、「雲ひとつない気持ちの良い天気」という意味があり、見上げるだけで気分が晴れる、そんなすっきりした空を描写する際に本当に良く使われます。

例を挙げると、例えば「予定していたかのスポーツイベントは、幸運なことに日本晴れの気持ちの良い天気となり、成功を収めた。」などの形で活用できます。自分の心も、そして周囲の人の心もスカッと晴れるような、そんな空について表現したい場合はぜひ使ってみてください。

②五月晴れ

五月晴れ

「五月晴れ」は、「5月頃に見られる梅雨晴れの天気」を表す言葉です。5月になると、梅雨の季節も近づき、雨の日も多くなります。そんな中、すっきり晴れた空を描写したい場合、この言葉を上手く使うと効果的です。

例えば、「連日、梅雨でジメジメした嫌な天気が続いていたが、今週末は五月晴れとなりそうだ。」などの形で活用できます。春が終わり、夏に移行するまでの雨の合間に見られる晴れの天気について描写したい場合にぜひ使ってみてくださいね。

③雨模様

雨

最後にご紹介するのは、「雨模様」です。これは、「雨が降り出しそうな空・天気」という意味を表します。良く天気予報などでも使われる言葉なので、聞いたことのある方も多いでしょう。日本人にとって、かなりなじみ深い表現であると言えます。

具体的な使用例を挙げると、例えば「明日の天気は雨模様となりそうです。」などの形で使用できます。この形がまさに、天気予報のレポートで一般的に使われる表現です。ぜひあなたも日常生活でも活用してみてくださいね。

空を表す言葉を日常生活にも活かそう!

野外

日本語には、春・夏・秋・冬にかけての季節空の様子に関する表現が沢山あります。また、それだけでなく、具体的な雲の種類や天気の種類から空の様子を連想させるものも多く存在するのです。

もちろん、日常生活でシンプルに「綺麗な空ですね。」と表現しても差し支えありません。しかし、やはり色んな空の様子を、情緒豊かに表現できると満足感も高いですよね。あなたもこの記事内容を参考にして、空に関する表現を日常生活にもぜひ活かしてみてください。役立つこと間違いなしです。

下記関連記事では、「風を表す言葉20選」を分かりやすくまとめています。風の種類や風に関する日本語表現を知りたい!という方にはおすすめの内容です。ちょっと知的な表現を手に入れたいと思っている方にも読んで頂きたい内容となっています。興味のある方は、こちらの内容もぜひチェックしてみてください。

Small thumb shutterstock 177721904
【風】を表す言葉20選!風の種類・風にまつわる日本語表現を知ってちょっと知的に!

風を表す言葉には色々な種類があるのを知っていますか?風の強さや吹く方向、季節によっても様々な呼び方があります。ここでは風にまつわる日本語のバリエーションを...

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。