同じ年収600万円で独身と既婚では生活はどれほど違う?比較して紹介!

同じ年収600万円でも独身と既婚では生活レベルが変わります。年収600万円は日本の給与所得者の中でも上位に入る水準ではあるものの、手取り額の中から貯金に回せる金額や小遣いに回せる金額は家庭状況により大きく変わってきます。年収600万円が豊かなのか、検証します。

年収600万円稼ぐ既婚者と独身者の手取り給料額の差は?

年収600万円稼ぐ既婚者と独身者の手取り給料額の差は約30万円

腕を組む女性

年収600万円稼ぐ既婚者と独身者の手取り給料額の差は約30万円になります。年収600万円を稼ぐ人でも手取り年収は大きく変わってくることがあります。約30万円の差があるのは既婚者の方が独身者よりも支出が多い傾向にあることへの配慮になります。家族が増えれば増えるほど、手取り金額は多くなってきます。

既婚者の方が税金の控除が多く手取り給与が高くなる傾向にある

2人での仕事

既婚者の方が税金の控除が多く、手取り給与が高くなる傾向にあります。既婚者の方が同じ年収600万円でも手取り金額が多くなる背景には、税金の控除があります。

税金は家族が多いほどに控除が大きくなり手取り額が増えてきます。また、子供の年齢により児童手当の支給等、政府からの援助もありますので、独身者と比べると数十万円の手取り額の差が出ることも少なくはないのです。

独身者の方が手取りは少ないが自由にできるお金は多くなる傾向にある

見上げる女性

独身者の方が手取りは少ないですが、自由にできるお金は多くなる傾向にあります。手取り額が多い既婚者は支出も多いので配慮があり手取りが多くなっています。

しかし取り金額が増える以上に出費が増えることがほとんどです。そのため、手取り金額が独身者の方が少ないとしても、同じ年収600万円であれば独身者の方が自由に使える金額が多くなっているのです。

年収600万円稼ぐ既婚者と独身者の貯金額の差は?

年収600万円稼ぐ既婚者と独身者の貯金額の差は月間約4万円

交差点の風景

年収600万円稼ぐ既婚者と独身者の貯金額の差は月間約4万円です。年収600万円を稼ぐ人たちの平均貯金額が約7万円と言われています。

そのため、独身だと10万円前後の貯金も難しくないですし、逆に既婚者で家族がいる場合には月に3~5万円の貯金額になることも少なくないようです。独身者の方が相当経済的な余裕があり、貯金がしやすい年代層であると言えます。

既婚者は貯金ができないケースもある

歩く男性

既婚者は貯金ができないケースもあります。例えば子供が大学に行く年齢になり、仕送りや学費の出費が増えると、家計に月数十万円のインパクトを与えることも少なくありません。

そのような状況ではコンスタントに貯金をするのが難しくなってくるのです。夫婦2人家族の時は貯金ができていても、子供を持ち子供が大きくなってくると貯金が難しくなってくることもあるのです。

ちなみに下記の関連記事は、貯金を趣味にして楽しく貯金をするためのアイディアが詰め込まれています。貯金も義務ではなく、趣味にしてしまうことで続いていきますし、金額も増えていきます。下記関連記事の内容を参考に、是非貯金を癖にしつつ、楽しく貯金をしていくようにしましょう。

Small thumb fotolia 168820348 subscription monthly m
貯金が趣味の人に学ぶ!つまらない人とは言わせない6つの貯金術!

独身者でも貯金ができず生活に困窮するケースもある

たばこを吸う女性

独身者でも貯金ができず生活に困窮するケースもあります。独身者の場合、生活に困窮して貯金ができないというよりは、趣味や贅沢にお金を使い過ぎて貯金ができないというケースが多くなります。

稀に一時的な自己投資のために貯金が出来ないといった将来に繋がる状況もありますが、独身者が貯金できていない状況の多くはお金を使い過ぎているといった人の割合が多くなっています。

年収600万円稼ぐ既婚者と独身者の生活レベルの差は?

年収600万円稼ぐ既婚者と独身者の生活レベルの差は生活費に表れる

円陣の風景

年収600万円稼ぐ既婚者と独身者の生活レベルの差は、生活費に表れます。独身者の場合だと娯楽費や交遊費について満足のいくような生活ができます。

そして既婚者の場合はそのあたりに制約がかかる場合が多くなってきます。同じ年収であっても独身者か既婚者かの違いが生活レベルの大きな違いとなって表れてきます。

年収600万円稼ぐ独身者はゆとりのある家計を組める

老後の夫婦

年収600万円稼ぐ独身者はゆとりのある家計を組める傾向にあります。年収600万円で独身の場合は生活レベルにもよりますが、よほど贅沢をしない限りは手取り金額の40~70%ほどで生活ができます。

そのため、残りは貯蓄に回すことができます。それに対して既婚者の場合は生活の状況によってはほとんど貯蓄に回せないということが少なくありません。

独身者の方がゆとりを持てて高い生活レベルをキープできる場合が多く、既婚者の方が共働きが必須になったりと、家計に余裕を持てない場合が多くなります。ただし一口に既婚者と言ってもすべてがそのように当てはまるわけではないため、パターン別に見ていく必要があります。

年収600万円の既婚者は共働きをしても家計が回らないと感じることもある

深刻な2人

年収600万円の既婚者は共働きをしても家計が回らないと感じることもあります。年収600万円の場合で生活が困窮するのは多くの場合、老親の介護か子供の大学進学になります。

老親の介護が必要になると共働きや副業ができなくなるので収入を調整することができなくなりますし、子供の大学進学が絡んでくると学費だけではなく仕送り等の出費も考えなければならず、家計が回らなくなる傾向が強くなります。

年収600万円稼ぐ既婚者と独身者はそれぞれ生活に満足している?

年収600万円稼ぐ独身者は収入に満足していることが多い

シーソーではかる

年収600万円稼ぐ独身者は収入に満足していることが多くなっています。何故なら、ゆとりのある生活が年収600万円で十分にできるからです。

ただしこの年収帯の独身層だと「自分のビジネスを大きくしたい」「いずれは会社のトップになりたい」といった、高いモチベーションで仕事に臨む人の割合も、高い年代に比べると多くなる傾向にあります。

年収600万円稼ぐ既婚者はお金以外のことに満足していることが多い

家族の風景

年収600万円稼ぐ既婚者はお金以外のことに満足していることが多い傾向にあります。例えば結婚というライフイベントや、将来を添い遂げると決めた伴侶の存在はお金に代えられないものですし、子供ができて家族でその成長を見守るという過程は金銭的な価値に置き換えられないものになります。

独身者から見れば自由がないと思うかもしれませんが、独身者よりも幅広い経験が可能です。また、独身者は寂しい老後を送るかもしれないというリスクが、既婚者よりも高くなっています。そのため既婚者の方が独身者よりも使えるお金は少ないものの、手に入れられるものは大きく、充実していることが多いと言えます。

年収600万円稼ぐ人は現在の収入よりも上を目指していることが多い

3人の会社員

年収600万円稼ぐ人は、現在の収入よりも上を目指していることが多い傾向にあります。もちろん社会人であれば、誰もが今よりも来年の給料の方が高いと思うことでしょう。

しかし、年収が低い人よりも年収600万円の人には成功体験が多いため自信があります。そのため、年収600万円の人の方がより高収入を目指し具体的に努力するのです。

年収600万円の場合だと中小企業では部長以上の役職であることが多く、また国家資格を持っているような人も少なくありません。そのため、年収300万円台の人にとっては手が届きそうな、良い目標になり、また家族との付き合い方等含め良い見本にもなることでしょう。

年収600万円稼ぐ既婚者と独身者が暮らしを豊かにする工夫3選

年収600万円稼ぐ人が暮らしをより豊かにする工夫①健康に留意する

腰をおさえるひと

年収600万円稼ぐ人が暮らしをより豊かにする工夫の1つ目は、健康に留意することです。年収600万円を稼ぐ人の暮らしは物質的には恵まれていても、それ以外では恵まれていないこともあります。例えば贅沢で勝手気ままな食生活を続けて健康を損なうと、せっかくお金があっても幸せな気分にはなれないでしょう。

そのため規則正しい生活や栄養バランスの取れた食事のある暮らしを心掛けて、謙虚に暮らしていくことで、年収600万円をも超えてさらに充実した生活を送ることもできるようになるでしょう。さらに年収600万円の人は役職について責任感やストレスのプレッシャーに押しつぶされそうになることも多いでしょう。

だからこそ健康に留意することが大切なのです。どんな状況に置かれても良好な健康状態を保つことができれば危機的な状況を乗り越えてさらにステップアップしていくことができます。年収が上がり忙しくなると健康について疎かにする人が少なくないですが生活を豊かにする上では年収が上がれば上がるほど大事になってきます。

年収600万円稼ぐ人が暮らしをより豊かにする工夫②付き合う人を選ぶ

真面目な男性

年収600万円稼ぐ人が暮らしをより豊かにする工夫の2つ目は、付き合う人を選ぶことです。年収600万円からステップアップをするために、人間関係の断捨離と、新たなネットワークの構築は重要です。いつも昔の友達とつるんで、中身のない話をして笑い合っているだけではステップアップはできません。

そういった時間を少しでも自分よりも年収が高い人や地位が高い人と過ごし、その人が何故今のポジションにいるのか、学ぼうとする姿勢がさらに年収を上げ、また自分自身を成長させることにも繋がってくるのです。家族以外、誰と付き合えば自分自身がより成長し自分自身の生活が重質するのかを一度考え直してみましょう。

年収600万円稼ぐ人が暮らしをより豊かにする工夫③節税を意識する

ミーティングの風景ミーティング

年収600万円稼ぐ人が暮らしをより豊かにする工夫の3つ目は、節税を意識することです。年収600万円まで稼ぐと所得税と住民税だけで毎年60~70万円の支払いになります。この税金の支払いを抑える方法があり、それを家族単位を意識し実践していくことが大切です。

脱税と節税は違いますが、正規の手順を踏み税金の支払い額を下げるのは節税となります。例えば身近な例ではふるさと納税がこれにあたります。返礼品があり、翌年支払いの住民税額が控除されるので、節税の効果があり簡単な方法です。他にも様々な方法がありますので、自分に合った節税の方法を試してみましょう!

年収600万円稼ぐ既婚者と独身者を正しく理解し生活設計に役立てよう!

ここでは年収600万円の既婚者と独身者の生活や収支を比較してきました。まずは年収600万円稼ぐ既婚者と独身者を正しく理解し、生活設計に役立てましょう!

そしてここで紹介したことは、どの年収層についても共通して言えることも多くなっています。ここで紹介した何かが、あなたの生活を向上させるヒントになればうれしいです!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。