貯金が趣味の人に学ぶ!つまらない人とは言わせない6つの貯金術!

貯金が趣味、という人が世の中には存在しますが、どのような性格の人が貯金を趣味にするのでしょうか。貯金が趣味と言う人の性格を分析するとともに、貯金が趣味の人から学べるお金の賢い貯め方はもちろん、お金の使い方・充実した生活の送り方まで徹底的に究明します。

貯金が趣味の人ってどんな性格?

「貯金が趣味」と言う人が世の中にはいますが、貯金が趣味の人は実は賢くお金を貯めている人たちです。どのような性格の人が貯金に向いていて、貯金を趣味にまでしてしまうのか、詳しく見てみましょう。

計画性があって自己管理が得意!

貯金をするためには、いくらお金を貯めると決めて計画的に行動し、かつ計画を実施していく能力が必要です。貯金が趣味という人は、一般的に計画性があって自己管理も得意な人と言えます。 特に、貯金の目標金額に向かって日ごろから無駄遣いをせず衝動買いをしない、金銭管理が得意な性格の人が、貯金を趣味にまで高めています。

度が過ぎる貯金癖には要注意

貯金が趣味の人でも、「貯金が趣味」と言った時に他人が受ける、「この人はケチなのだろう」「付き合っていてもつまらなそう」というイメージには注意が必要です。 本当に上手に貯金を趣味にしている人ほど、「貯金が趣味」と公言したり、周りに「ケチ」「つまらない」と言う印象を持たれたりはしていません。 上手に貯金を趣味にしている人は、こっそり貯金を趣味にする一方で、使うべきところではお金を使う、お金の貯め方・使い方が計画的でメリハリがある人なのです。

貯金が趣味の人がお金を使う時って?

貯金が趣味の人はただやみくもに貯金をしているわけではなく、前述したようにお金の貯め方・使い方に計画性・メリハリがあります。では、貯金が趣味の人はどのような時にお金を使っているのでしょうか。

自分の心を満たすものに投資する

貯金が趣味という人は、お金を貯めるのが大変ということを知っているので、お金を使う時も計画的に利用します。お金を使う時には何を買うかをよく吟味して、自分の生活をよりよくするもの、自分を成長させてくれるもの、自分の心を満たすものを購入します。 たとえば、歯の矯正をする・勉強の費用に充てる・旅行をする・寄付をする・趣味に使う、など用途は様々ですが、無駄遣いは決してしません。

子どもの進学や親孝行など家族に使う

貯金が趣味の人が大きなお金を使うのが、子供の進学や、両親に海外旅行をプレゼントするなど、家族のためになる場合です。自分の結婚式や出産費用、子供の進学費用などにお金を使うことはもちろん、退職後に余裕のある生活をするため、家族のためにお金を貯めています。 そのほかに、家族旅行をしたり、家族や友人にプレゼントをしたりなど、自分の近しい人のためにも計画的にお金を使うことがあります。

家電や車、家の修理に使う

貯金が趣味と言う人は、家電や車の買い替え費用、家の修理費用などのためにも、計画的にお金を貯めて、使っています。貯金が趣味である人には「突然家電製品がだめになって臨時出費で家計が苦しい」という事態は発生しません。 家電は壊れる前に次を買うためのお金を貯めておき、車の買い替え費用も確保し、家の修理に必要な費用も計画的に貯めているので、買う時には思い切りよくお金を使うことができるのです。

貯金で心を充たす3つの理由とは?

貯金が趣味の人の性格と、貯金が趣味の人がお金を使うタイミングを見てきましたが、貯金を趣味にする喜びが分からない方もいるでしょう。ここでは、貯金を趣味にする人が、どうして貯金を趣味にしているのかを分析します。

通帳だけで満足感とやる気を出せる

貯金をしていると、通帳の残高がみるみる増えていくのが快感、という人もいます。「通帳の残高を見ると顔がにやける」「一年間こんなに頑張ったと実感できる」など、通帳を見るだけで満足し、明日からの仕事も頑張る気力が湧いてくるのが、貯金を趣味にする醍醐味の1つです。

将来への不安が「安心」になる

お金がないと明日の食事すら不安になることもありますが、貯金を趣味にしていると通帳に残高があるので不安はなくなります。「万が一無職になっても貯金がある」「有意義に使えるお金がある」「老後の生活も安泰」という安心感を得られるので、貯金を趣味にしている人は、毎日不安なく過ごすことができます。

目標到達したら大きな達成感がある

貯金を趣味にしている人は、計画的にお金を貯めて、計画的に利用もすることを紹介しました。マイホームを買う、海外旅行に行く、など目標のためにお金を貯め、目標金額に達した時には大きな喜びを得られます。 直近での利用目的がない時でも、毎月コツコツと貯めたお金が、まとまった目標金額に達した時には大きな満足感を得られるのも、貯金を趣味にする人の心を満たすのです。

生活と貯金を両立する6つの貯金術とは?

貯金が趣味の人の性格やお金の使い方、そして貯金の喜びについて紹介してきましたが、貯金を趣味にしている人はどのようにお金を貯めているのでしょうか。「貯金を趣味にまでしなくてもいいから少しでもお金を貯めたい」と思っている人も必見の貯金術を紹介します。

自動的に貯金できる積立貯金を利用

貯金が趣味の人が計画的にお金を貯めるために利用しているのが、毎月決まった金額を普通預金から定期預金口座に振り替えてくれる「積立貯金」というサービスです。 貯金を趣味にしている人は計画性がある、と紹介しましたが、お金は毎日出ていくものなので、計画性があってもお金を貯めるのは意外に難しいものです。積立貯金を利用すると、強制的にお金を移動してくれるので、手間もなく計画的にお金を貯めることができます。

通信費を見直そう

貯金が趣味の人は、入ってくるお金も大事にしますが、余分なお金が出ていかないように管理することにも敏感です。 毎月かかる光熱費などを無駄遣いしないことはもちろん、格安SIMを利用することで通信費を抑える方法も実践しています。スマートフォンは月に1万円以上かかることがありますが、格安SIMで月に数千円抑えることができ、年間で1万円以上を貯金に回すことも可能です。

お財布の現金を減らそう

財布にお金があったのでついつい余分な物まで購入してしまった、という経験は誰にでもあります。貯金を趣味にしている人のようにお金を計画的に使うためには、財布に現金をあまり入れず、「お金がないから今日は買えない」という状態を作ることが大切です。 財布に現金を入れないことで、必要な物は計画的に購入する、という癖をつけることもできます。

一人暮らしの人は自炊からスタート

一人暮らしの人は、自炊を始めることで、外食にかかっていたお金を貯金に回すことができます。自炊は毎日ではなく、週末などにまとめて作って冷凍しておくことで、時間と光熱費を節約することもできます。 また、外食を全て絶つ必要はないので、つきあいのある時は存分に楽しみ、一人の時は自炊するなどメリハリをつけることも大事です。

主婦へのおすすめは食材のまとめ買い

主婦の人は食材をまとめ買いすることで出費を抑えることができます。まとめ買いをする際には必要なものを買い物の前にメモし、必要な物だけ購入することで、余分な買い物をしてしまうことを阻止しましょう。 また、個包装よりもまとめ買いが安い、店頭よりも通販が安い、ということもあるので、値段を比較して賢く買い物をするようにしてください。

ふるさと納税で食費をまかなおう

ふるさと納税の魅力は、税金の控除があることと、お礼の品がもらえるという2点にあります。税金の控除で戻ってきたお金を貯金することはもちろん、お礼の品のお米や食品で食費を節約することも可能です。 また、お礼の品には食品だけでなく、タオルなどの日用品や旅館の宿泊券などもあるので、生活費や旅行代を節約するために利用することもできます。

まとめ

貯金が趣味の人は計画性があり、自己管理もできる性格だと言えます。また、計画的にお金を使うことを知っているので、ここぞという時にお金を使うことを知っていて、必ずしも「ケチ」「みみっちい」人とは限りません。お金を貯めたい人は、貯金が趣味の人が実践している貯金術を真似して、今日からでも少しずつ貯金を始めてみましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。