臨床心理士の平均年収はどれくらい?仕事内容や就職率についても紹介!

臨床心理士の平均年収はどれくらいかご存知ですか。専門性の高い職種である臨床心理士の仕事は年代や仕事内容の違いによって差が出てきます。そこで、ここでは臨床心理士の平均年収と仕事内容、就職率について詳しくご紹介します。臨床心理士を目指そうとしている方、必見です。

臨床心理士の平均年収は?

臨床心理士の平均年収は360万円

電卓とお金

厚生労働省によると、臨床心理士の平均年収は360万円となっています。年収は学歴や経験年数、役職、職場などによって差があるので、この数字が臨床心理士に当てはまるかというと違う違う部分もあります。さらに、臨床心理士に限らず、すべての職業に言えることでもあります。

臨床心理士の平均年収はやや低い

1000円札

臨床心理士の平均年収は全業種における平均年収と比べるとやや低いと言えます。全業種における平均年収は414万円となっていますので、約70万円ほど低いといえます。特別な技術と知識を持った有資格者が行う業務ですが、正規社員として雇用されるということは少なく非常勤で掛け持ちをする人が多いのが理由の1つです。

さらに看護師や臨床検査技師など病院で働いている人々の中でも医師を支える仕事をしている「パラメディカル」と臨床心理士の年収を比べても、臨床心理士の年収は他のパラメディカルと比べてやや低い傾向にあります。

臨床心理士の生涯賃金は1億7千万円

はみ出たお札

臨床心理士の生涯賃金は1億7千万円と言われています。一般的な職種の生涯賃金の平均は約2億円と言われているので比べると3千万円ほど低い傾向にあります。雇用形態などによって格差はありますが、基本的に年収が低いのが臨床心理士の特徴なので生涯賃金の数字にもこの影響は大きくあらわれています。

臨床心理士の平均年収が低い理由

臨床心理士の平均年収が低い理由①国家資格ではないから

勉強をする女性

臨床心理士の平均年収が低い理由の1つ目は「国家資格ではないから」ということです。臨床心理士の資格は「公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会」が行う認定試験に合格して得られる民間資格です。

民間資格であっても臨床心理士の資格は信用のあるものではあるのですが、やはり国家資格を持つ看護師などのパラメディカルと比べると年収に影響が出てしまい、将来性に不安が生じる臨床心理士もいます。

臨床心理士の平均年収が低い理由②正規雇用での就職率が低い

財布を見る男性

臨床心理士の平均年収が低い理由の2つ目は「正規雇用での就職率が低い」ということです。国家資格ではないということも大きく影響していますが、日本では心理の職業に対する認知度が外国に比べて低いため、カウンセラーとして臨床心理士を募集する場合、多くの病院や企業は非常勤で雇用することが多いのです。

独立してクリニック等を開業し高収入を得ているという臨床心理士も中にはいますが、それは本当に珍しいことです。そのため結婚した場合は夫婦で共働きをして生計を立てるというのが一般的でしょう。独身であったとしても掛け持ちをしたりして生計を立てているというのが実情です。

臨床心理士の平均年収が低い理由③公認心理師の存在が影響

パソコンを見る女性

臨床心理士の平均年収が低い理由の3つ目は「公認心理師の存在が影響」しているということです。公認心理師とは臨床心理士と同じく心の健康のためにカウンセリングなどをしたりする職業のことを言うのですが、臨床心理士と大きく違うのは国家資格であるというところです。

公認心理師制度は2017年に定められた新しい資格なのですが、やはり国家資格であるというところは大きな強みになっています。そのため臨床心理士との年収の差はこれから広がっていくと思われます。

年代・男女別平均年収の比較①20代臨床心理士

20代臨床心理士の平均年収は200~250万円

お金を持つ男性

20代臨床心理士の平均年収は200~250万円と言われています。これは男女を合わせた20代臨床心理士の平均年収です。同じ20代のすべての業種の平均年収198万円~275万円とされていますから、20代臨床心理士の年収は平均並みと言えます。やりがいを感じて仕事と研究に取り組む人の年収は高いのが特徴です。

20代男性臨床心理士の平均年収は273~280万円

白衣の男性

20代男性臨床心理士の平均年収は273~280万円と言われています。初任給は17万円ほどと他の職種と比べると若干少なめか平均的な金額となっています。しかし臨床心理士は経験がものをいう仕事なので、最初から正社員で雇用されることは少なく、非常勤で時給1000~2000円からというのが相場のようです。

経験が少なくても公務員として病院や警察、役所などに勤めることができれば安定した収入を得ることができます。掛け持ちをしなくても、臨床心理士の収入だけで生計を立てることができるでしょう。狭き門ではありますが、将来性とやりがいを考えて公務員の道を選ぶ男性臨床心理士も少なくありません。

20代女性臨床心理士の平均年収は163~211万円

白衣でパソコンを見る人たち

20代女性臨床心理士の平均年収は163~211万円と言われています。初任給は13万円ほどと他の職種と比べるとかなり低い金額となっています。男性臨床心理士と同じく最初から正社員で雇用されるということは少なく、非常勤で時給1000~2000円からというのが一般的な勤め方と言えます。

男性臨床心理士と比べて収入が低いのはやはり女性臨床心理士のほうがフリーランスで掛け持ちをしているケースが多いからと言えます。女性臨床心理士は男性臨床心理士と比べると多く存在するので、様々な場所で活躍する人が多くやりがいもあるのですが、その分フリーランスで続けていくという働き方になっていくのです。

年代・男女別平均年収の比較②30代臨床心理士

30代臨床心理士の平均年収は260~310万円

お金を数える人

30代臨床心理士の平均年収は260~310万円と言われています。臨床心理士の平均年齢は32.4歳です。つまり、臨床心理士の中でも30代が一番活躍しやりがいを感じる年代と言えます。しかし、同じ30代のすべての業種の平均年収は395万円と言われていますから、平均年収は低めと言えます。

30代男性臨床心理士の平均年収は221~332万円

パソコンを見ながら書類を書く人

30代男性臨床心理士の平均年収は221~332万円と言われています。給与に換算すると20万円ほどになりますから、同年代と比べると低い金額になります。しかし20代で経験を積み非常勤から常勤にステップアップした人は平均年収もアップしています。つまり勤務形態で平均年収に差が生まれるのがこの年代の特徴です。

30代女性臨床心理士の平均年収は165~251万円

笑顔の女性

30代女性臨床心理士の平均年収は165~251万円と言われています。男性臨床心理士と比べて平均年収が低めなのは、結婚や出産などでライフスタイルが変化し非常勤の雇用形態を維持する人が多いからと言えます。また、男性同様常勤雇用された女性臨床心理士は年収がアップするため、平均年収に差が生じています。

年代・男女別平均年収の比較③40代臨床心理士

40代臨床心理士の平均年収は320~380万円

お金を分ける人

40代臨床心理士の平均年収は320~380万円と言われています。臨床心理士としてのキャリアを積み、実力を身に着けた臨床心理士は正規雇用をされていれば肩書がつく年代になってきます。そのため肩書に応じて平均年収は上がってきます。ただし、年齢をかさねても正規雇用のハードルは高いのが現状です。

40代男性臨床心理士の平均年収は253~418万円

書類を書く人

40代男性臨床心理士の平均年収は253~418万円と言われています。給与に換算すると25万円前後になりますから、同年代と比べると低い金額になります。平均年収に幅があるのはやはり雇用形態の違いが大きな理由です。正規雇用されれば肩書がついて年収も上がりますが、非常勤の場合は年収アップは期待できません。

40代女性臨床心理士の平均年収は219~316万円

女医の話を聞く女性

40代女性臨床心理士の平均年収は219~316万円と言われています。男性臨床心理士と比べて平均年収が低めなのは、結婚や出産、子育てなどで非常勤の雇用形態を選択する人が多いからと言えます。一方で常勤雇用された女性臨床心理士は年収がアップするため、女性臨床心理士の中でも平均年収に差が生じています。

年代・男女別平均年収の比較④50代臨床心理士

50代臨床心理士の平均年収は404~408万円

SALARYの積み木

50代臨床心理士の平均年収は404~408万円と言われています。50代になると雇用形態を変える人は少なくなってきますので、年収が他の年代と比べてアップしているのは、経験とキャリアを認められる年代ということを意味しています。正規雇用されていれば役職手当などもついてくるのでそれが年収に反映されます。

50代男性臨床心理士の平均年収は338~445万円

白衣の人

50代男性臨床心理士の平均年収は338~445万円と言われています。月額の給与に換算すると約28万円前後です。同年代の平均年収と比べるとやはり低いのが特徴です。50代で臨床心理士1本で生計を立てている男性のほとんどは正規雇用されている人で、非常勤の場合は他の仕事を掛け持ちしている人がほとんどです。

50代女性臨床心理士の平均年収は294~338万円

手を添える人

50代女性臨床心理士の平均年収は294~338万円と言われています。月額の給与に換算すると約21万円前後です。同年代の平均年収と比べるとやはり低いのが特徴です。非常勤で雇用されている割合の多い女性臨床心理士ですが、経験や実績によって時給や待遇が優遇されることも多いのがこの年代の特徴です。

臨床心理士の仕事内容・就職率は?

臨床心理士の仕事内容・就職率①病院でのカウンセリング・研究

病院関係者の集まり

臨床心理士の仕事内容の1つ目は「病院でのカウンセリング・研究」です。精神的に悩みを抱えている患者に対してカウンセリングや心理テストなどを行い、問題解決に努めるのが主な役割です。研究なども行い、やりがいを感じることができる将来性のある仕事ですが非常勤としての就職率が高いのが特徴です。

臨床心理士の仕事内容・就職率②企業でのカウンセリング

会議中の人たち

臨床心理士の仕事内容の2つ目は「企業でのカウンセリング」です。企業で雇用され、仕事上の悩みを抱えている人に対してカウンセリングや心理テストなどを行い、問題解決に努めるのが主な役割です。労働基準法や雇用の現状などに関する知識が必要になります。将来性のある仕事ですが非常勤での就職率が高いのが特徴です。

臨床心理士の仕事内容・就職率③教育・福祉の現場でのカウンセリング

誰もいない教室

臨床心理士の仕事内容の3つ目は「教育・福祉の現場でのカウンセリング」です。教育現場や福祉施設で雇用され、カウンセリングや心理テストなどで問題解決に努めるのが主な役割です。特に教育現場での需要は多く、やりがいを感じる臨床心理士も多くいます。将来性のある仕事ですが非常勤としての就職率が高いのが特徴です。

臨床心理士の仕事内容・就職率④公的施設でのカウンセリング

POLICEの車

臨床心理士の仕事内容の4つ目は「公的施設でのカウンセリング」です。警察や刑務所、少年院などの現場でカウンセリングや心理テストなどを行い問題解決に努めるのが主な役割です。公的施設で働く場合は公務員として正規雇用されますが、将来性はありますがかなり狭き門で就職率はかなり低くなります。

臨床心理士はやりがいを感じる将来性の高い職業!

いかがでしたか。臨床心理士はやりがいを感じることができる仕事です。現代は精神的に悩みを抱える人も多く、臨床心理士の活躍の場は広がっています。将来性の高い職業ではありますが、それが年収に反映されていないのが現状です。高い志を持った臨床心理士が生計を立てられるようになることが今後の課題と言えます。

同じ臨床系の仕事で活躍している臨床検査技師の平均年収を知りたいという人はこちらの記事も参考にしてみてください。年代別に詳しく説明されていますよ。

Small thumb scientist 54e1d14248 1280
臨床検査技師の平均年収はどれくらい?年代別・男女別や資格の難易度も

臨床検査技師の平均年収はどれくらいかご存知ですか。専門性の高い職種である臨床検査技師の仕事は年代や男女の働き方の違いによって年収に差が出てきます。そこでこ...

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。