臨床検査技師の平均年収はどれくらい?年代別・男女別や資格の難易度も

臨床検査技師の平均年収はどれくらいかご存知ですか。専門性の高い職種である臨床検査技師の仕事は年代や男女の働き方の違いによって年収に差が出てきます。そこでここでは臨床検査技師の平均年収と資格を取得するための難易度について詳しくご紹介します。

臨床検査技師の平均年収は?

臨床検査技師の平均年収は468万円

電卓とお金

厚生労働省によると、臨床検査技師の平均年収は468万円となっています。年収は学歴や経験年数、役職などによって差があるので、この数字をすべての臨床検査技師に当てはめて考えるのは少々違うでしょう。このことは臨床検査技師に限らず、すべての職業に言えることでもあります。

臨床検査技師の平均年収はやや高め

Salariesのファイル

臨床検査技師の平均年収は全業種における平均年収と比べるとやや高い傾向にあります。全業種における平均年収は414万円となっていますので、約50万円ほど高いといえます。特別な技術と知識を持った有資格者が行う業務ですから需要は多く、その分が金額となって表れているといえます。

パラメディカルの中では平均的な年収

お金を数える人

病院では様々な職種の人が働いています。その中でも臨床検査技師のように医療業界の中でも医師を支える「パラメディカル」と呼ばれる職種の年収を比較してみると、診療放射線技師の年収が他のパラメディカルと比べるとやや高い傾向にあります。

臨床検査技師は医療業界の中でも診療放射線技師と比べるとやや安い傾向にありますが、理学・作業療法士や看護師と比べると高い年収になっていますので、医療現場で働くパラメディカルの中では高給と言えるでしょう。AIが発達しても最後は人間の目で確認しなければいけない部分も多く、需要の高い職種です。

男女別臨床検査技師の平均年収は?

男性臨床検査技師の平均年収は494万円

検査器具を使う男性

男性臨床検査技師の平均年収は494万円となっています。全業種における平均年収は412万円といわれていますから、平均年収と比べるとやや高いのが特徴です。臨床検査技師の仕事は専門性の高く国家試験を合格した人だけができる職種なので需要が多くその分が平均年収に反映されているといえます。

女性臨床検査技師の平均年収は456万円

顕微鏡を見る女性

女性臨床検査技師の平均年収は456万円となっています。男性臨床検査技師と比べると約40万円ほど安くなっていますが、それでも全職種の平均年収と比べるとやや高くなっています。女性の場合は結婚や出産で男性と同じ働き方は難しいという人も多く、その分年収が男性臨床検査技師と比べると安くなる傾向にあります。

臨床検査技師の賞与の平均金額は給与の2~5か月

ボーナスの封筒

臨床検査技師の賞与の平均金額は給与の2~5か月と言われています。平均年収から計算すると、賞与の金額は約40~100万円ほどと推測されます。一般的な職種と比べるとやや高い傾向にありますが、特別に高いという金額ではありません。ただし、賞与はその人の実力や役職、働いている場所などによって差があります。

年代・男女別平均年収の比較①20代臨床検査技師

20代臨床検査技師の平均年収は328万円

血液検査をする人

20代臨床検査技師の平均年収は328万円と言われています。これは男女を合わせた20代臨床検査技師の平均年収です。同じ20代のすべての業種の平均年収198万円~275万円とされていますから、20代臨床検査技師の平均年収は高い部類でしょう。やりがいを感じて熱心に仕事に取り組む人の年収は高くなります。

20代男性臨床検査技師の平均年収は337~402万円

顕微鏡を見る男性

20代男性臨床検査技師の平均年収は337~402万円と言われています。初任給は20万円ほどと他の職種と大差はないのですが、勤める場所によって早い段階で収入に差が出てくるのが特徴です。特に大きな病院や施設になると、20代のうちから男性臨床検査技師の給料はアップし、年収に反映されます。

20代女性臨床検査技師の平均年収は343~395万円

白衣の女性

20代女性臨床検査技師の平均年収は343~395万円と言われています。男性と同じく初任給は20万円ほどと他の職種と大差はないのですが、勤める場所によって早い段階で収入に差が出てくるのが特徴です。ただし、男性臨床検査技師と比べると年収がやや安い傾向にあります。

年代・男女別平均年収の比較②30代臨床検査技師

30代臨床検査技師の平均年収は432万円

試験管とスポイト

30代臨床検査技師の平均年収は432万円と言われています。これは男女を合わせた30代臨床検査技師の平均年収です。同じ30代のすべての業種の平均年収は395万円ですから、30代臨床検査技師の平均年収は高い部類と言えるでしょう。30代になると責任ある地位を任される人も出てきて年収が上がる傾向にあります。

30代男性臨床検査技師の平均年収は428~514万円

試験管に青い液体を入れる人

30代男性臨床検査技師の平均年収は428~514万円と言われています。経験を重ね実力を認められた男性の臨床検査技師は30代で責任ある仕事や難しい検査を任されることも多くなります。また結婚など自身のライフスタイルにも変化が生じることで仕事に対する意欲も高まり、年収がアップする傾向にあります。

30代女性臨床検査技師の平均年収は429~486万円

検査をする女性

30代女性臨床検査技師の平均年収は429~486万円と言われています。難しい生体などに出会うことも多く実力をつけていく年代となって女性臨床検査技師の平均年収はアップする傾向にあります。ただし男性臨床検査技師と比べると結婚や出産などで長期の休暇を強いられることもあり、その伸び率は低い傾向にあります。

年代・男女別平均年収の比較③40代臨床検査技師

40代臨床検査技師の平均年収は546万円

注射器で薬を吸い取る人

40代臨床検査技師の平均年収は546万円と言われています。これは男女を合わせた40代臨床検査技師の平均年収です。同じ40代のすべての業種の平均年収は528万円ですから、40代臨床検査技師の平均年収はやや高い部類と言えるでしょう。ただし40代は役職に就く人も多く、年収は人によって大きな差が生まれます。

40代男性臨床検査技師の平均年収は593~613万円

注射器を持つ人

40代男性臨床検査技師の平均年収は593~613万円と言われています。40代男性臨床検査技師は女性の臨床検査技師と比べるとやはり年収が高い傾向にあります。これまでのキャリアによるものと役職に就く人が増えてくるのがその理由と言えるでしょう。これまで以上に難易度の高い生体を任されることも増えてきます。

40代女性臨床検査技師の平均年収は478~542万円

検査をする人

40代女性臨床検査技師の平均年収は478~542万円と言われています。男性の40代臨床検査技師の年収と比べると低くなってしまうのはライフスタイルの変化によるものが大きいといえます。それでも実力と実績を残しやりがいを感じている女性の臨床検査技師は男性に引けを取らない年収を得ることができます。

年代・男女別平均年収の比較④50代臨床検査技師

50代臨床検査技師の平均年収は580万円

検査をする人

50代臨床検査技師の平均年収は約580万円と言われています。50代になると管理職に就く臨床検査技師の人が多くなるので、年収が高くなります。もちろんこれまでのキャリアが評価されるということも大きく影響されます。

50代男性臨床検査技師の平均年収は666~673万円

検査をする男性

50代男性臨床検査技師の平均年収は666~673万円と言われています。全業種の50代の平均年収は645万円と言われていますから、50代男性臨床検査技師の平均年収はやや高い傾向にあると言えます。50代になると役職や管理職についているかどうかによって年収に大きな差が付きます。

50代女性臨床検査技師の平均年収は528~548万円

画面を見る女性

50代女性臨床検査技師の平均年収は528~548万円と言われています。女性の臨床検査技師はライフスタイルの変化が年収に大きく影響を与えますが、その影響は長く続きます。そのため、年を重ねるほど男性臨床検査技師との年収の差が大きくなってしまいます。女性同士でも働き方によってその差は大きくあらわれます。

臨床検査技師の難易度は?

臨床検査技師の仕事は「難易度が様々な生体データの検査」

調べる人

臨床検査技師の仕事を一言で表すと「難易度が様々な生体データの検査」ということになります。医療現場では病気を調べるために様々な検査をします。その際に収集した生体データを調べるスペシャリストが臨床検査技師なのです。時に難しい症例に出会うこともありますが、その分やりがいを感じることも多くあります。

臨床検査技師は実際に患者の目の前で何かをするということは少なく、検査室などで集まってきた生体を調べ、病気の原因や体の中で実際に何が起こっているのかを調べるのが仕事です。健康診断などで集められた検尿や検便、採血などを調べるのも臨床検査技師の仕事です。高齢化社会の今、需要がありやりがいのある仕事です。

臨床検査技師国家試験は合格率80%の難易度

勉強する人

臨床検査技師になるには臨床検査技師国家試験に合格する必要があります。難易度は特別に高いというわけではなく、毎年受験者の80%が合格しています。受験するためには指定された臨床検査技師の養成課程のある学校に3年以上通い、知識や技能を修得していることなどの資格が必要になります。

臨床検査技師になるには高校を卒業したら臨床検査技師を養成する専門学校、短大、大学に進学し、専門的な知識や実技を学びます。専門学校と短大は3年間、大学は4年間通うことになります。難易度は特別高いわけではありませんが、医療を縁の下で支える大事な仕事ですので難しいながらもやりがいを感じる人が多い職種です。

臨床検査技師の就職先は病院や検査センターなど難易度は様々

病院

臨床検査技師の就職先は病院や検査センターなどさまざまです。一番先に思い浮かぶのは病院で、患者さんからの生体を調べるというのが主な仕事です。医療に直結しているという意識を強く感じることができ、難しい症例に出会うことも多くあります。需要も多く、やりがいのある職場です。

臨床検査センターというのは検査室を持たない病院やクリニックなどから生体検査を依頼されるセンターのことを言います。さまざまな施設から毎日たくさんの生体がやってきますから、仕事量は膨大で難しい症例に出会うことも頻繁にあります。大変な職場ではありますがやりがいはかなり感じることができます。

臨床検査技師は医療界で需要の高まる職種

いかがでしたか。臨床検査技師の仕事は私たちの健康を縁の下で支えてくれる医療界ではなくてはならない大切な存在です。高齢化で病院に通う人が増えている今、臨床検査技師の需要は多くなっています。その分年収にも反映されていますから、難しい仕事ではありますがやりがいも感じられますよ。

臨床検査技師の仕事は専門職で需要の高い仕事なので、比較するのは少々難しいかもしれませんが、一般的な平均年収が知りたいという人はこちらの生地も参考にしてみてはいかがでしょうか。同じくらいの年代の平均年収がわかります。

Small thumb shutterstock 519228910
一般職の平均年収はいくら?大手企業・銀行の給料はいくら?

この記事では大手企業などの一般職の平均年収についてお伝えしています。公務員・商社・銀行などの給料や仕事内容を把握することで今後の就活に役立てていただける記...

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。