社内SE(システムエンジニア)の平均年収はどれくらい?高収入になる方法も紹介!

社内SE(システムエンジニア)の平均年収について検証していきます。社内SE(システムエンジニア)はシステムエンジニアの働き方の中でも注目されており、高収入であると言われています。ここでは年代別の比較もしながら社内SEで高収入を得る方法も紹介していきます。

社内SE(システムエンジニア)全体の年代別平均年収

社内SE(システムエンジニア)年代別の平均年収①20代で350万円

2人での仕事

社内SE(システムエンジニア)年代別の平均年収の1つ目は20代の給料について紹介します。20代の社内SE(システムエンジニア)の平均年収は350万円です。20代のうちは月給20万円もいかずにボーナスもないこともあります。ボーナスありで300万円ほどになるので世代の平均よりも高い年収になります。

社内SE(システムエンジニア)年代別の平均年収②30代で500万円

パソコンでの仕事

社内SE(システムエンジニア)年代別の平均年収の2つ目は30代の給料について紹介します。30代の社内SE(システムエンジニア)の平均年収は500万円です。30代では平均年収は一気に上がる傾向にありますが、一方で上がらない人もいます。20代だと働いた分給料をもらえることが多いのですが30代は違います。

30代になると20代の頃に比べると知識やスキルに差がついてきて、それに伴い給料や役職にも格差が生まれてくるのです。そのため20代から年収がほとんど上がらない人もいますし、30代で1000万円近く稼ぐ社内SEも出てきます。

社内SE(システムエンジニア)年代別の平均年収③40代で600万円

パソコンを打つ男性

社内SE(システムエンジニア)年代別の平均年収の3つ目は40代の給料について紹介します。40代の社内SE(システムエンジニア)の平均年収は600万円です。40代の平均年収は30代よりもさらに格差が開いてきます。マネージャーや上級SEになれれば600万円は超えてきます。

一方で実力がなく社内に居場所がないと感じる事が多く転職を繰り返すような社内SEは転職をしても年収が上がらずにもがき苦しんでいることもあります。社内SEは稼げる仕事ではあるものの、センスと根性がいる職業です。

社内SE(システムエンジニア)年代別の平均年収④50代で500万円

パソコンのある風景

社内SE(システムエンジニア)年代別の平均年収の4つ目は50代の給料について紹介します。50代の社内SE(システムエンジニア)の平均年収は500万円です。社内SEは50代になると給料が下がる傾向にあります。

社内SEには役職定年がある場合が多く、50代になると役職から外れる都合で40代の頃よりも平均年収が下がることが少なくないのです。

ソフト系社内SE(システムエンジニア)の年代別平均年収

ソフト系社内SE(システムエンジニア)の平均年収①20代で380万円

仕事をする男性

ソフト系社内SE(システムエンジニア)年代別の平均年収の1つ目は20代の給料について紹介します。20代のソフト系社内SE(システムエンジニア)の平均年収は380万円です。社内SEにはソフト系とハード系があり、ソフト系の方が給料が高くなる傾向にあります。その傾向は20代から出ています。

ソフト系社内SE(システムエンジニア)の平均年収②30代で630万円

仕事する男性

ソフト系社内SE(システムエンジニア)年代別の平均年収の2つ目は30代の給料について紹介します。30代のソフト系社内SE(システムエンジニア)の平均年収は630万円です。ソフト系のSEは30代になっても、SE全体よりもやや高い給与水準になっています。

ソフト系社内SE(システムエンジニア)の平均年収③40代で700万円

仕事する女性

ソフト系社内SE(システムエンジニア)年代別の平均年収の3つ目は40代の給料について紹介します。40代のソフト系社内SE(システムエンジニア)の平均年収は700万円です。ソフト系のSEは40代になると役職がつくことが多く、平均年収も700万円を超えてきます。

ハード系社内SE(システムエンジニア)の年代別平均年収

ハード系社内SE(システムエンジニア)の平均年収①20代で350万円

パソコンのある風景

ハード系社内SE(システムエンジニア)年代別の平均年収の1つ目は20代の給料について紹介します。20代のハード社内SE(システムエンジニア)の平均年収は350万円です。20代の頃はソフト系もハード系もそこまで年収は変わりません。SEという仕事は年を重ねるほどに格差が出てくるものなのです。

ハード系社内SE(システムエンジニア)の平均年収②30代で480万円

ケーブルのある風景

ハード系社内SE(システムエンジニア)年代別の平均年収の2つ目は30代の給料について紹介します。30代のハード社内SE(システムエンジニア)の平均年収は480万円です。ソフト系とハード系のSEを比較すると平均年収がソフト系の方が上回っているので、ソフト系の方が給料が高いと錯覚してしまいます。

たしかに平均年収はソフト系の方が高いのですが、中央値はソフト系ハード系ともにほとんど差はありません。開発に関わっている上位層の給料がソフト系の方が高くなる傾向にあるため、ソフト系の社内SEの方が平均年収が高くなる傾向にあるのです。

ハード系社内SE(システムエンジニア)の平均年収③40代で550万円

基盤のイメージ

ハード系社内SE(システムエンジニア)年代別の平均年収の3つ目は40代の給料について紹介します。40代のハード社内SE(システムエンジニア)の平均年収は550万円です。

40代まではソフト系のエンジニア同様年収は上がっていきます。ハード系の中でも半導体関連の場合だとソフト系よりも給料が高くなる傾向にあります。

高収入になる条件の社内SEの気になる年収は?

高収入になる条件の社内SEの年収①自動車会社のマネージャーで1200万

赤い車

高収入になる条件の社内SEの年収の1つ目は、自動車会社のマネージャーの場合を紹介します。自動車会社のマネージャーで年収1200万円です。社内SEで上場企業勤務、かつ役職がついてくると年収は格段に上がってきます。このクラスになると世代の平均年収の2倍を超えてくることも少なくありません。

高収入になる条件の社内SEの年収②上場企業上級SEで1500万円

仕事の風景

高収入になる条件の社内SEの年収の2つ目は、上場企業勤務の上級SEの場合を紹介します。上場企業勤務の上級SEで年収1500万円です。管理職でなくても開発スキルのあるSEになると年収は格段にアップします。そのため、SEという働き方は必ずしも管理職を目指さなくても稼げる仕事であると言うこともできます。

社内SEがITスキルを生かして高収入になる方法5選

社内SEがITスキルを生かして高収入になる方法①さらにITスキルを磨く

仕事する男性

社内SEがITスキルを生かして高収入になる方法の1つ目は、さらにITスキルを磨くことです。社内SEが高収入を目指す方向性は一つではありません。通常会社員の場合だと出世を目指すことが収入を上げる近道になりますが、社内SEにはいくつかの方向性がありますので、それを細かく分けて紹介していきます。

まず、社内SEはスキルが上がるほどに給料が上がっていく傾向にあります。スキルや知識のあるSEはどこの会社も欲しいので会社から離れていかないように給料が上がっていくのです。逆に実力のないSEは給料が上がっていきません。そのため、そういった風土が会社の新陳代謝を良くしているのがSE業界の特徴です。

社内SEがITスキルを生かして高収入になる方法②マネジメントを修得する

相談する風景

社内SEがITスキルを生かして高収入になる方法の2つ目は、マネジメントを修得することです。他の会社員と同じように社内SEも成果を出してマネジメントスキルを身に付け、役職が上がっていくごとに給料も上がっていく傾向にあります。

社内SEがITスキルを生かして高収入になる方法③転職する

面接の風景

社内SEがITスキルを生かして高収入になる方法の3つ目は、転職することです。実力のない人が環境に不満を持ち闇雲に転職を繰り返す場合には収入は上がらないものの、周囲が認める実力を持つ社内SEの場合、転職をすると給料が上がったり待遇が改善することが少なくありません。

そのため明確な根拠がある状況で自分の実力が正当に評価されていないと感じるのであれば、給料を上げるために転職を考えるのは賢明と言えます。日本ではまだまだ一つの会社に留まることが給料を上げる近道だという考えが根付いているので、自分を冷静に見つめて動くことで高収入が得られる場合もあるのです。

社内SEがITスキルを生かして高収入になる方法④フリーランスになる

握手をする人

社内SEがITスキルを生かして高収入になる方法の4つ目は、フリーランスになることです。フリーランスはやり方を間違えると不安定で稼げない立場ですが、計画と手に職を持ってフリーランスになると会社員時代よりも高収入を得られる場合もあります。

フリーランスとして必要な保守だけを行う社内SEと働いたり、在宅ワークも含め何社かの仕事を請け負うことで収入が上がるだけでなく、生活の自由を得られる場合もあるので、収入や生き方に不満のある社内SEは一考の価値があります。

社内SEがITスキルを生かして高収入になる方法⑤起業する

4人での仕事

社内SEがITスキルを生かして高収入になる方法の5つ目は、起業することです。起業というのは人を雇う会社を立ち上げることをイメージしがちですが、それ以外にも様々な起業の方法があります。

自分の働き方に合った起業をすることで、SEとしての仕事を請け負いながら、社内SEとして会社員で働いていた時よりも収入が上がることも少なくないのです。

ちなみに下記の関連記事にはどのように会社を立ち上げると自分の利益になるのか、それを判断するヒントになる内容が書かれていますので、こちらの記事も併せて参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 1059362303
代表取締役とCEOの違いとは?COO・社長・会長の意味の違いも

日本において会社を代表する者の呼称として代表取締役やCEO、果てには社長や会長、COOなどさまざまな肩書があります。しかしこれらの意味を正確に説明できるで...

ITスキルを生かして稼げる社内SEになろう!

ITスキルのある人がガンガン稼げるのが社内SEという仕事ですので、努力をしてがっちり収入を上げていきましょう。ただし、SEという仕事は全体的に労働が長時間化する傾向があり問題視されている部分もありますので、今後の生き方も考えつつ自分に合った働き方を考えるとなお良いかもしれませんね!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。