【30代税理士】平均年収はどれくらい?職場別の収入や高収入になる方法も紹介!

税理士と聞くと、高収入のイメージがあります。難しいと言われる、国家資格を突破して得られる年収は、一体どの位なのでしょうか?今回は、30代の年収の平均を職場別に見て検証していきます。また、更なる高収入になる方法についても調べます。

30代税理士平均年収【職場別】

30代税理士平均年収【職場別】①大手事務所

大手事務所のイメージ

職場別30代税理士平均年収1個目は、大手事務所の収入です。大手事務所は、入社時に約500万円の年収を得られることが多いです。数年経ち経験を積んでいきマネージャーなどの役職につくと、年収がアップして30代であっても1000万円程度の年収を得ることができます。

30代で1000万円もの高い年収で得ている人は、国内でもトップの規模の大手税理士事務所に所属している場合が多い結果になっています。大手税理士事務所に所属するには、どんな内容の案件をどの程度担当していたかや、処理の早さなどによって判断されます。税理士事務所に所属していただけでは難しいのが現実です。

30代税理士平均年収【職場別】②法人事務所

法人事務所のイメージ

職場別30代税理士平均年収2個目は、法人事務所の収入です。税理士法人は規模によって収入が変わります。規模の小さめな税理士法人においては、年収は約300万円から約600万円になります。規模が中位の税理士法人は、年収は約500万円から約700万円へと年収が変わります。

大規模な法人事務所になると、年収は約800万から約1500万円と、税理士法人の規模により大分違いが出てきます。規模によって年収が変わるのは、各法人事務所の所長が抱える案件の数によって違いが出てくるためです。手広く案件を担当する方向の考えで無ければ、役職が上がる意外に年収が上がる可能性は低いです。

規模が小さくても、管理職などの役職につけば、約800万円の高い年収を得ることができる可能性があるので、コツコツ努力していきたい方には向いています。

30代税理士平均年収【職場別】③個人事務所

個人事務所のイメージ

職場別30代税理士平均年収3個目は、個人事務所です。個人事務所は最も数が多く、町中にある税理士事務所などが個人事務所に相当します。規模が小さい分、年収は約300万円から約600万円となっています。税理士法人の小規模な事務所と同じく、扱う案件の数などにより収入が少なめであることが多いです。

30代税理士平均年収【男女別】

30代税理士平均年収【男女別】①男性

男性税理士のイメージ

男女別30代税理士平均年収1個目は、男性の収入についてです。税理士資格は、国家資格なので男女共に見合う能力を示していくことができれば、年収がアップしていきます。30代男性の税理士事務所で働く人の年収は、約400万円から約500万円となり、通常のサラリーマンとあまり変わらない金額となっています。

30代税理士平均年収【男女別】②女性

女性税理士のイメージ

男女別30代税理士平均年収2個目は、女性の収入についてです。30代女性の税理士事務所で働く人の年収は、約400万円から約500万円となり、男性と変わらない金額となっています。同じ時間、同じ内容の仕事を扱う場合は、性別により年収の変化はありません。後に、男性の方が年収が高くなる傾向があります。

後に、男性の方が収入と差が出てくる理由としては、女性が子供を出産した場合に、短時間勤務を希望することによります。短時間労働することで、男性と比べると年収が約200万円下がる傾向にあります。しかし、完全復帰した際に以前の様に働くことで、元通りの年収を得られます。

30代税理士平均年収【勤務歴別】

30代税理士平均年収【勤務歴別】①5年未満

若い社員のイメージ

勤務歴別30代税理士平均年収1個目は、5年未満は約500万円です。未経験を含む1年未満の勤務だと約280万円から約350万円、1年以上から3年未満だと約320万円から約400万円、3年以上から5年未満だと約350万円から約450万円となっています。

30~34歳の平均勤続年数は、約9.7年程です。30代前半は経験を積むための期間として、多くの人が働きながら次のステップに進むための準備をしています。独立するとしても、税理士として1人でやっていくための仕事のノウハウや、独立後の顧客の獲得との関係の基礎を作る期間として必要です。

30代税理士平均年収【勤務歴別】②5年以上

先輩社員のイメージ

勤務歴別30代税理士平均年収2個目は、5年以上については、約510万円から約580万円となっています。経験年数と年収は、確実に比例して高い結果になります。税理士の年収を考える上で、経験年数と税理士試験科目がどの程度合格しているかによって年収も変わってきます。

主任レベルになると約890万円、係長だと約1000万円と務める税理士事務所によって年収にも開きが出てきます。一般的に、30歳から34歳までの平均勤続年数は約4.8年で平均年収約600万円となっています。徐々に経験を重ねると、通常のサラリーマンが約400万円なのに比べ年収が高いです。

税理士試験科目の合格数に対しての対価は、事務所の判断基準により変わります。1科目ごとに数10万円から100万円の評価がなされ、年収アップができることもあります。未経験でも、合格科目数により高い年収を見込めます。

30代税理士平均年収【外資・国際】

30代税理士平均年収【外資・国際】①5年未満

勤務経歴が少ないイメージ

外資・国際30代税理士平均年収1個目は、5年未満の外資系または国際税務に関わる職場は、約500万円から約700万円と高い年収となっています。一般の日本国内にある税理士事務所と比べると、年収が高めの設定にされています。英語力も当然必要になるので、能力が高い分年収も高いということになります。

外資の企業での仕事は、海外にある拠点の会計業務などの税金に関する業務を行います。高い英語力だけでは無く、場合により英語以外の他言語で案件を処理したりします。そのため、語学力も相当のものが無いと勤務することができません。また、クライアントとコミュニケーションとる際にも語学力が必要になります。

30代税理士平均年収【外資・国際】②5年以上

国際税務に関わる女性のイメージ

外資・国際30代税理士平均年収2個目は、5年以上の外資系または国際税務に関わる職場は、役職に就いていることが多く約800万円の年収になります。また、税理士科目がいくつ合格しているかにもより評価も変わります。外資への転職も、外資系で働いた経験が2・3年程勤務経験があるかが判断基準になります。

外資系または国際業務に関わる事務所は、都内にある場合が多いです。なぜなら、国際業務にも関わる大企業や海外進出している企業は、拠点を大都市に置くためです。よって、基の規模が大きい職場であることが多いため、年収も高めです。

30代税理士の年収を高収入にする方法

30代税理士の年収を高収入にする方法①大規模事務所に転職する

転職して張り切る女性

30代税理士の年収を高収入にする方法1個目は、大規模事務所に転職し高収入を得る方法です。年収が最も安い300万円から年収500万円得るには、大手事務所か人数が10人以上いる中規模な事務所の役職に就く必要があります。トップに近づくにつれ、年収も1000万円得ることも可能です。

一般的なサラリーマンに比べ、転職をすることで有利に年収を増やせる可能性があるのも、税理士という国家資格を持っているからこそなせる業です。経験年数を積み、実績を残し円滑なコミュニケーションを築ける様になれると、更なる年収のアップの力にもなります。

30代税理士の年収を高収入にする方法②企業の経理に転職する

企業へ転職したイメージ

30代税理士の年収を高収入にする方法2個目は、企業の経理にサラリーマンとして転職し高収入を得る方法です。企業は規模も大きいことから、専門の知識を持った税理士は税務以外の業務にも使えるため、重宝されます。一般的なサラリーマンと比べ、専門知識が必要な分、年収も高いでしょう。

また、財務に関する部に転職し、即戦力としてすぐに働けるので、仕事が多岐にわたる企業では必要とされます。規模が大きければ、資格の手当てもつきますので、安定した職場でもあります。ただ、サラリーマンという立場から定年の年齢となった時に、独立している人と比べて年収が下がる可能性が出てきます。

一般の企業のサラリーマンを選択する人の多くは、税務に限った部分では無く、深い知識や幅広い知識を得て、実力をつけたいという考えがえる人が多い模様です。中小企業の場合は特に、様々な税務に関係するため、会社の中でも中心的な存在になることができるでしょう。どの立場を目指すかも選ぶ要因になります。

30代税理士の年収を高収入にする方法③独立営業する

独立して働く人のイメージ

30代税理士の年収を高収入にする方法3個目は、独立営業して高収入を得る方法です。独立して成功した場合、平均年収が1000万円も夢ではありません。最も成功している例として、平均年収約2000万円から約1億円まで稼ぐ人もいます。

しかし、現実にはゼロからの独立となると、顧客を開拓する必要があるため、やることも多岐に渡ります。軌道に乗るまで、大変な思いをすることも少なくありません。数年は、年収が約300万円にまで下がることもあります。世襲による事務所の経営の場合には、基盤があるので顧客開拓に悩むことも少なくなるでしょう。

個人事務所はやり方次第で、年収をアップさせられる可能性があることも確かです。コミュニケーション力があると、顧客の開拓も増えます。税務に関する知識の他にも、営業が得意であると、独立の大きな力になります。自分の力を試してみたい人にはサラリーマンに比べ、夢のある仕事となります。

税理士の資格を活かして更なる年収アップを図る!

個人税理士事務所・税理士法人・国際税務や外資系の税務事務所・大企業の税務部署と比較してきました。年収の高低は現れますが、どの職場にあっても会社として機能する中で経理は、必要なものであり、企業には貴重な人材とされています。そして、男女共に年収の差が無い税理士は、とても女性に人気がある職業です。

一般的に男性よりも、コミュニケーション力に長けていることや、中小企業経営者にとってパートナーが税理士というのは、力強く魅力的な存在です。税理士の他にも、男女平等の職業はたくさんあります。国家公務員は代表的な例です。参考にどうぞ下記の記事もお読み下さい。

Small thumb shutterstock 1059382478
国家公務員の年収はどれくらい?年齢・職種別や国家公務員になる方法も紹介!

安定した職業というイメージが強く人気の職業である国家公務員ですが、実際の平均年収はどれくらいなのでしょうか。また、年齢や職種別の年収についても詳しく紹介し...

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。