ボトルネックの日本語訳とは?ビジネスで使う場合の意味と使い方も

ボトルネック(bottleneck)という表現は日本語の中でよく使われる表現であり、ビジネスの中では必ず耳にする言葉になっています。ここではボトルネックという言葉の意味や類語を紹介するとともに、その言葉の使い方を例文をまじえつつ紹介していきます。

ボトルネック(bottleneck)の日本語訳とは?

ボトルネック(bottleneck)の日本語訳とは元々瓶の首を意味する

ボトルと瓶

ボトルネック(bottleneck)の日本語訳とは元々瓶の首を意味しています。ボトルとは英語で瓶のことを意味し、ネックとは首のことを意味しています。そのため、この英語については瓶の首を意味しています。ビジネスにおいては瓶の首という意味でこの言葉を使うことはありませんが、元々はこのような意味です。

ボトルネック(bottleneck)は英語と日本語同じ意味で使われる

考える女性

ボトルネック(bottleneck)は英語と日本語同じ意味で使われます。英語においてもボトルネック(bottleneck)という言葉は瓶の首以外の意味で使われることになります。

ボトルネック(bottleneck)という言葉は元々英語において様々なシーンで使われており、ビジネスにおいて使われている意味がそのまま言葉ごと日本に輸入されてきたということになります。

ビジネスで使うボトルネックの意味とは?

ビジネスで使うボトルネックの意味①物事や仕事の進行の妨げとなる事項

真面目な男性

ビジネスで使うボトルネック(bottleneck)の意味の1つ目は、物事や仕事の進行の妨げとなる事項です。ボトルネック(bottleneck)という言葉はこの意味合いのように、ネガティブな意味合いが多くなっています。

ボトルネック(bottleneck)という言葉が物事や仕事の進行の妨げとなる事項を意味していることは、他の言い回しもそれを証明しています。なにかが障害になる時によく「ネックになる」という言い方をしますが、このネックという言葉はボトルネック(bottleneck)から来ています。

「プロジェクトは柔らかい土壌がネックになる」という言い回しは「プロジェクトは柔らかい土壌がボトルネック(bottleneck)になる」と言い換えることができます。今では「ネックになる」という言い方の方が一般的になっていますが、元々はボトルネック(bottleneck)であることを覚えておきましょう。

ビジネスで使うボトルネックの意味②道路等で日常的に混雑する箇所

交差点の風景

ビジネスで使うボトルネックの意味の2つ目は、道路等で日常的に混雑する箇所です。ボトルネック(bottleneck)という言葉は瓶の中でも細い部分を指していますが、交通渋滞も様々な原因がある中でその主要因として道が狭くなっている部分で車が詰まる状態があります。

ボトルネック(bottleneck)という言葉はこのように交通渋滞以外の意味でも何かが詰まって、スピードや効率が落ちる様を表します。ボトルネック(bottleneck)という言葉を理解する上で、このようなイメージを持っておくことで、この言葉を使って文章を表現する際に的確な文章を作ることができます。

ビジネスで使うボトルネックの意味③ITで高速化等性能向上を阻む要因

議論する風景

ビジネスで使うボトルネックの意味の3つ目は、ITで高速化等性能向上を阻む要因を指します。ボトルネック(bottleneck)という言葉はIT業界でも使います。交通渋滞と同じように、スピードや効率が落ちる意味合いで、ITで高速化等性能向上を阻む要因を言い表すこともできます。

ITの高速化が阻まれる時には、何らかの要因により一部の機能が低下したり止まることで全体的に100%の機能を発揮できず、機能全体が低下することになります。このようなITにおけるボトルネックの使い方は他の使い方と区別されることとなりますので、こういった使い方があることも覚えておきましょう。

ビジネスで使うボトルネックの言葉の由来は?

ビジネスで使うボトルネックの言葉の由来①狭い場所を通る時の詰まる様から

図書館の風景

ビジネスで使うボトルネックの言葉の由来の1つ目は、狭い場所を通る時の詰まる様から来ています。瓶のような形状では、スペースが広い部分の流れはスムーズであり、通り道が細くなっているような場所では動きが止まったり、動きが悪くなったりすることが少なくありません。

例えば道路が渋滞するパターンの一つに交通事故による渋滞がありますが、まさにこの状態を表しています。通常3車線で走っている道路が事故によって交通規制で1車線になってしまうと、手前から車が一車線に合流し始め、そのためにスピードが落ちることとなります。そのため、1車線になっている箇所が詰まってしまいます。

そして、1車線規制が元の3車線に戻るとまた車は流れていきます。このように通り道が細くなっている部分は詰まりやすいのです。もちろん交通渋滞に関しては信号や踏切、料金所といった流れが止まる要因によって引き起こされることもありますが、道が狭くなる渋滞がイメージされてボトルネックという言葉が使われるのです。

ビジネスで使うボトルネックの言葉の由来②一般的な首が細い瓶の様式から

勉強する女性

ビジネスで使うボトルネックの言葉の由来の2つ目は、一般的な首が細い瓶の様式から来ています。瓶の首については首が細くなることで、流れが滞る旨をここまで説明してきていますが、瓶の首が狭くなっているのにはいくつかの理由があります。まず、瓶に入っている液体を注ぐ際にコントロールしやすくするためです。

口が広ければ一瞬で中身のほとんどが外に漏れますし、注ぐ時にこぼれやすくなります。また、首が細いことで持つ時に持ちやすく、しっかりグリップできるメリットもあります。そして意外に注目されないのが、瓶を傾けた時にちょっと傾けただけでは中身が飛び出ないことです。

例えば瓶に液体が半分ほどある場合、間違えて瓶が転がってしまった場合も少しだけ中身が漏れるだけで済みます。これは瓶の首が細くなっている分、横になった瓶の下部に液体がしっかり固定されるからです。このような状況で、実際に意外に中身が漏れ出さない、瓶の首の細さの作用をイメージしボトルネックは使われるのです。

ボトルネックのビジネスでの使い方3選

ボトルネックのビジネスでの使い方①CPUやGPUのボトルネック

タブレットとパソコン

ボトルネックのビジネスでの使い方の1つ目はCPUやGPUのボトルネックについて紹介します。CPUはコンピューターの核となる情報処理システムを表す言葉であり、GPUは画像描写に必要な計算をする情報処理システムとなるため、ITにおいてボトルネックを語る上でこれらの用語が絡むことが少なくありません。

例えば「新たに開発されたアプリにGPUの機能が追いついていないためエラーを起こしてしまうようだ。CPUも含めたバージョンアップが必要であり、このボトルネックを改善しない限りアプリは使い物にならないだろう。OSのバージョンアップや基盤の入れ替え等いくつかの方法を比較検討する必要がある」といった形です。

ボトルネックのビジネスでの使い方②フローのボトルネック

疑問を投げかける会社員

ボトルネックのビジネスでの使い方の2つ目は、フローのボトルネックについて紹介します。ビジネスでは何かを成し遂げる時に、そのスタートから完了までを一定のフローとして、手順を明確にすることが少なくありません。それをフロー化というのですが、フローを設定する中で思い通りに行かないことがあります。

そういった場合に、うまく行かない部分をボトルネックという言葉を使って表現します。例えば「このフローは手順2の運搬部分がボトルネックとなり効率を堕としている」といった形で使います。このような使われ方をすると手順2を改善するだけで、フロー全体が滞りなくスムーズに流れていくものなのです。

ボトルネックのビジネスでの使い方③組織のボトルネック

仕事する会社員

ボトルネックのビジネスでの使い方の3つ目は、組織のボトルネックについて紹介します。組織においてもボトルネックが生じる場合があります。例えば「この組織は年配社員がボトルネックとなり効率を落としている。若い層と同じフローが浸透してないようだ。世代ごとにフローを設定する必要がありそうだ」といった形です。

フローのボトルネックを説明した部分の例文と見比べると分かりやすいのですが、フローにおいては運搬がフローのボトルネックになっていて、組織においては年配社員がボトルネックになっている、という分析です。このようにボトルネックを見極めて対策を打つことでビジネスでは様々な改善が期待できるのです。

そのため、ボトルネックという言葉をビジネスで使う場合には、どのが何故ボトルネックになっているのか、またその改善策を具体的に提案することで、相手に対して説得力のあるプレゼンが期待できるのです。

ボトルネックの類語3選

ボトルネックの類語①弱点

落ち込む女性

ボトルネックの類語の1つ目は「弱点」です。弱点という類語は、弱い部分を表す日本語表現であり、ボトルネックに置き換えて使われることが少なくありません。特に、年配の方が多い場合には弱点という日本語表現を使った方が、ボトルネックを使った場合よりも相手にそのニュアンスがしっかり伝わります。

ボトルネックの類語②問題

下落する数値

ボトルネックの類語の2つ目は「問題」です。問題という類語表現は、解決すべき事項や課題を指す日本語表現です。問題には改善がつきものであり、他の類語表現よりもボトルネックという言葉に近い意味で使えることが少なくありません。

ただし、ボトルネック自体幅広く使える表現になっているため、どの類語表現を使うのかはその状況によって適切なものが変わってきます。日本語の類語表現に置き換えて使う場合には、問題という言葉をはじめとしてボトルネックが何を意味しているのか、しっかり考えながら使い分けるようにしましょう。

ちなみに下記の関連記事は問題的の意味や問題提起の仕方をまとめたおすすめの内容になっています。問題という言葉をボトルネック(bottleneck)の類語として使う場合には、課題を問題提起に繋げて何かを論じることが少なくありません。そのノウハウを下記の記事で確認してみてください。

Small thumb shutterstock 1154187910
問題提起の意味は?類語や英語・レポートや小論文での書き方や例も

社会人や大学生になると、会議やレポートなどで問題提起をする場面も増えてきますよね。そこで今回は、レポートや小論文を始め会議でも役に立つ問題提起の書き方や例...

ボトルネックの類語③障害

悩む女性

ボトルネックの類語の3つ目は「障害」です。障害という類語表現は、正常な行動の妨げとなる事柄を意味しています。そのため、弱点や問題という表現よりも、その事項に何かが妨げられる状況を誇張して伝えたい場合に使いたい日本語表現になります。

アパレルで使うボトルネックの意味とは?

アパレルでのボトルネックの意味は首に沿って襟が立ち上がっている服のこと

振り向く女性

アパレルでのボトルネックの意味は、首に沿って襟が立ち上がっている服のことです。アパレル業界でボトルネックという言葉を使う場合、商売のフローや展望を語る上で障害になる何かを語るようなシーンにおいてボトルネックという言葉を使うこともあるかもしれませんが、基本的には洋服の襟を示すこととなります。

これはボトルの首のように、襟が首や頭の方向に延びている襟の形を示しています。似たようなものにタートルネックというものがありますが、これは亀の首をイメージしたものであり、基本的に折り返しがあります。それに対してボトルネックは折り返しがないのが基本なのでタートルネックとは違うものを示しています。

アパレルで使うボトルネックの文例

電話する女性

アパレルで使うボトルネックの文例を紹介します。アパレスでボトルネックを使う場合には「今付けられているネックレスに合わせるなら、ワインレッドのボトルネックがすごくお似合いかと思います。肌に直接ネックレスが触れるよりも上品な印象になり、お客様の魅力が引き立つと思います」といった使い方をします。

例文のようにボトルネックは開襟のシャツに比べて露出を押さえるので、相手に対して落ち着いた印象や、上品な印象を与えることができます。ビジネスで使うボトルネックの意味をしっかり理解しておくことも大切ですが、こういったまったく違う意味がアパレル業界には存在することを覚えておきましょう!

ボトルネックを理解してビジネスで一目置かれる意見を出せるようになろう!

ボトルネック(bottleneck)はどのような意味で使われたとしても、ビジネスを前に進めるにあたり障害となることを示すことには違いありません。ここで紹介したボトルネックの意味や使い方、そしてその概念をあなたのビジネスで活かし、ビジネスを前に進める材料にしてもらえたらうれしいです!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。