部屋が汚い人の心理5選!家が散らかってる男女の特徴と綺麗にするコツも

部屋が汚い人や散らかってる人の心理や特徴を男性女性別で紹介していきます。部屋が散らかっている心理にはあまりポジティブな要素がなく、ネガティブな精神状態を表していることをが少なくありません。ここでは部屋を綺麗にするコツまで併せて紹介していきます。



部屋が汚い人の心理5選!家が散らかってる男女の精神状態は?

部屋が汚い人や家が散らかってるの心理や精神状態①集中力を欠いている

サングラスの女性

部屋が汚い人や家が散らかってるの心理や精神状態の1つ目は、集中力を欠いていることです。何かに集中できている人は、周囲が整頓できていることが少なくありません。何故なら、集中するための環境が整っているからです。集中状態いうのは非常にデリケートなものです。いつもと違うものが目に入るだけで集中力を欠きます。

もちろん周りが汚いのが気にならないくらいに集中しているということもありますが、継続的に集中状態を保っている人は部屋が散らかっていることは少なく、自分の作業スペースは綺麗に片付いているものなのです。会社でデスクが汚い人は、集中力を欠いていると判断することもできます。

ちなみに下記の関連記事は掃除を料理が楽になる家事の時短テクニックをまとめた内容でおすすめの記事です。精神状態が安定している人は、掃除等の家事と仕事の両立ができている傾向にあります。部屋を定期的に綺麗にしておくことで精神状態は安定してくるものなので、是非ここで紹介している内容も参考にしてください。

Small thumb shutterstock 379445158
時短ゆる家事のテクニック18選|掃除や料理が楽になる家電も

こちらの記事では、時短ゆる家事のテクニックや手抜きに見えないズボラ掃除のテクニックをご紹介します。毎日の家事は働くママにとっても専業ママにとっても大変な仕...

部屋が汚い人や家が散らかってるの心理や精神状態②現状に満足していない

白黒写真の女性

部屋が汚い人や家が散らかってるの心理や精神状態の2つ目は、現状に満足していないことです。部屋が汚い人は基本的に何かしらの要因で精神状態が安定していないことが少なくありません。特に現状に満足していないような状態だと整理整頓にまで手が回らないということも往々にしてあり得ます。

現状に満足していないために、現状を満足する状態に持っていく改善にエネルギーを費やすことで、部屋の掃除にまで気持ちが向かないのです。また現状の改善に気持ちが向いているため、部屋が散らかってる状態でもあまり気にならないという側面もあります。

部屋が汚い人や家が散らかってるの心理や精神状態③高いストレス状態にある

不満な女性

部屋が汚い人や家が散らかってるの心理や精神状態の3つ目は、高いストレス状態にあることです。ストレスが溜まっている状態では部屋を綺麗にしようという気持ちが沸きあがってこず、また部屋が汚くても気になりません。そのため、ストレス状態が続けば続くほどに部屋は汚くなっていくのです。


逆にストレスが発散されている状態に戻ると部屋の汚さが気になり、部屋を綺麗に片付け出すことも少なくありません。部屋がいかに綺麗かどうか、という部分がストレス状態のバロメーターになっていると言っても過言ではないでしょう。

部屋が汚い人や家が散らかってるの心理や精神状態④物事に迷いがある

迷う女性

部屋が汚い人や家が散らかってるの心理や精神状態の4つ目は、物事に迷いがあることです。何かに迷いがある場合には、部屋の整理整頓がうまくいかないことが少なくありません。掃除にも、何を捨てて何を残すかといった決断が必要であり、物事に迷いがあるとその決断がうまくできないのです。

そのため、物事に迷いがある時と物事に迷いがない時では、整理整頓の度合いが違ってきます。また、極端に迷いがあるような状態では、部屋の掃除に気持ちが向かず普段綺麗好きな人であってもごみ屋敷のようになってしまうことすらあるのです。

部屋が汚い人や家が散らかってるの心理や精神状態⑤心身ともに疲れている

疲れている女性

部屋が汚い人や家が散らかってるの心理や精神状態の5つ目は、心身ともに疲れていることです。心身ともに疲れているような状態だと、部屋の掃除をしようという気にはなりません。またそれが一時的なものではなく慢性的な疲れになってくると、部屋はどんどん汚い状態になっていきます。

身体の疲れは精神状態にも影響を及ぼしますし、精神状態が悪くなってくると肉体的にも疲れやすくなっていきます。心身の状態は心理的・精神的に相互に影響を及ぼし合うので、どちらかの疲れが極端に慢性化してくると一方にも影響を及ぼし、部屋が汚い状態になっていくのです。

部屋や家が汚い女の特徴・性格3選!

部屋や家が汚い女の特徴や性格①わがまま

お金を持つ女性

部屋や家が汚い女の特徴や性格の1つ目はわがままであることです。わがままな人は普段から不満が多く、現状に満足していないことが少なくありません。そのため、部屋が散らかりやすい傾向にあるのです。またわがままな人は周りが汚くても他の人から注意を受けることも少ないため部屋が綺麗にキープできない特徴もあります。


部屋や家が汚い女の特徴や性格②寂しがり屋

寂しがる女性

部屋や家が汚い女の特徴や性格の2つ目は、寂しがり屋です。寂しがり屋の人は、物事を考え込む習性があります。そのため、部屋の掃除にまで気が向かないことが少なくありません。そんな寂しがり屋な人は、自分を理解してくれる人が現れると精神的に安定し、部屋が片付いていく傾向にあります。

部屋や家が汚い女の特徴や性格③大雑把

無造作におかれた化粧品

部屋や家が汚い女の特徴や性格の3つ目は、大雑把であることです。大雑把な人は部屋が散らかってる状態でも気になりません。そのため、どんどん部屋が散らかっていくのです。そして大雑把な性格な人は部屋が散らかっていてもそれに対して抵抗もないので、部屋の汚さに拍車をかけていく特徴も持っています。

大雑把な性格の人は、部屋の掃除の必要性を考えていないことも多いので、こういった人に対して部屋を綺麗に保つことを説得するのは非常に骨が折れることです。「私は嫌だな」「女子力を感じない」といった、部屋が汚いと周囲からの評価が下がることを伝えていくと、掃除に対するモチベーションが上がりやすくなります。

部屋や家が汚い男の特徴・性格3選!

部屋や家が汚い男の特徴や性格①怒りっぽい

怒る男性

部屋や家が汚い男の特徴や性格の1つ目は、怒りっぽいことです。怒りっぽい性格の人は、部屋が片付かないことに対しても怒りを溜めていきます。そのため掃除を始めても、片付けをしている間にイライラし、部屋が片付かないことが多いのです。さらに怒りっぽい人は精神的にも安定せず、部屋が綺麗になりづらくなっています。

部屋や家が汚い男の特徴や性格②ナルシスト

ナルシストな男性

部屋や家が汚い男の特徴や性格の2つ目は、ナルシストです。ナルシストな人は、自分の現状を非常に高く評価しています。そのため、部屋が片付いていない状況にも言い訳をし、中々片付いていかないのです。自分を見つめなおすことを促していくことで、ナルシストな人にも整理整頓を促していくことができます。

部屋や家が汚い男の特徴や性格③すぐに人のせいにする

人のせいにする男性

部屋や家が汚い男の特徴や性格の3つ目は、すぐに人のせいにすることです。人間が出来ている人は悪いことがあれば、自分が何をすれば改善していくのかを謙虚に考えるものですが、中には何でも人のせいにする人もいます。こういった人は部屋が汚いのも自分ではなく環境や状況を理由にし片付けようとしないのです。

汚い部屋に住む男女が散らかってる家を綺麗にする方法は?

汚い部屋に住む男女が散らかってる家を綺麗にする方法①全部ごみ袋に入れる

掃除する男性

汚い部屋に住む男女が散らかってる家を綺麗にする方法の1つ目は、全部ごみ袋に入れる方法です。これはすごくシンプルで有効な方法です。いるものを入れるごみ袋といらないものを入れるごみ袋の2種類を用意し、次々とゴミ袋に入れていくだけです。いるものも一度ごみ袋に入れますので、一度部屋がさっぱりします。

また、一度いるものだと思っている方のごみ袋に入れても、改めて見ると「やっぱりいらない」と感じるものも出てきます。いるものも一度ごみ袋に入れることで、もう一度すべての物に対して改めているかいらないかを考えることができるため、普段物が溜まっていく傾向にある人も物を減らすことができる掃除の方法です。

汚い部屋に住む男女が散らかってる家を綺麗にする方法②業者に頼む

電話する女性

汚い部屋に住む男女が散らかってる家を綺麗にする方法の2つ目は、業者に頼むことです。業者に頼むと1~2万円ほどの支出にはなるものの、自分の時間や手間を使わずに見違えるほど部屋を綺麗にすることができます。お金を払って部屋を片付けてもらうことに抵抗がある人もいるかもしれませんが、今では一般的な方法です。

特に汚い部屋に悩んでいるのであれば一度業者に部屋を綺麗にしてもらい、その綺麗な部屋を保つように心がければ、精神状態も改善してきます。業者に掃除を頼むことで部屋が綺麗になるだけでなく、精神状態が改善し仕事でも成果を出せると考えれば、1~2万円ほどの費用も決して高いものではないでしょう。

汚い部屋に住む男女が散らかってる家を綺麗にする方法③捨てずに売る

レジでの風景

汚い部屋に住む男女が散らかってる家を綺麗にする方法の3つ目は、捨てずに売ることです。不用品の引き取りは、リサイクルショップが家に物品を引き取りに来ます。不用品を引き取ってもらうとわずかながらお金が手に入りますし、不用品をまとめることで自然と部屋を片付けることになります。

部屋を片付けるとなると心理的に抵抗がある人も、不用品を売ってお金が入るということになれば、モチベーションが違ってくることも少なくありません。部屋を掃除するのではなく、宝探しをするような感覚で物品の整理に臨むことで、自然と部屋が整理されてくるのです。

部屋や家が綺麗な男女が汚部屋にしないための心がけは?

部屋や家が綺麗な男女が汚部屋にしないための心がけ①片付ける時間を決める

朝日がさすベッド

部屋や家が綺麗な男女が汚部屋にしないための心がけの1つ目は、片付ける時間を決めることです。例えば毎朝起きたら必ず部屋を掃除してから他の物事に臨む習慣を付けると、何もなくても部屋を綺麗にするようになってきます。また、朝が辛ければ寝る前の時間や仕事から帰ってきたタイミングでもいいでしょう。

毎日決まった時間に掃除をすることで、逆に掃除をしないことが落ち着かなくなります。また、毎日できないのであれば、例えば土曜日の朝や日曜日の夜と決めて掃除をしても良いでしょう。一週間に一回、必ず掃除をすると決めるためでも部屋を汚くする可能性を大幅に減らすことができます。

部屋や家が綺麗な男女が汚部屋にしないための心がけ②物を増やさない

シンプルな部屋

部屋や家が綺麗な男女が汚部屋にしないための心がけの2つ目は、物を増やさないことです。部屋に物が少なければ部屋が汚くなる可能性を減らすことができます。そして物に囲まれている生活になれてくると「物が多いから汚くなってもしょうがない」という気持ちにも繋がっていきます。

「断捨離」という言葉がありますが、物を増やさないということは物を買わないだけでなく、いらなくなったら捨てることも大事です。「もったいないから使わなくても捨てない」という精神の人は自然と物が増え、部屋がどんどん汚くなっていくのです。

部屋が汚い状況を率先して改善しよう!

部屋が汚い状態には、心理状態や精神状態、そして性格的なものも大きく影響しています。そのため、部屋が汚い、パーソナルな理由を改善することで、まず部屋が汚いという状況が許せなくなります。また、部屋を片付ける方法や心がけも紹介してきました。これらを役立てて部屋が汚い状況を率先して改善していきましょう!


商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。