いじめっこの特徴・性格7選!いじめる心理・原因や言葉での対処法も

今回ご紹介するのはいじめっこの特徴や性格です。いじめっこがいると、どんな心理で人をいじめるのか気になりますよね。また子供がいじめっこなのは、親の教育が関係している場合があります。いじめっこの特徴を把握して対処したい方は、参考にしてください。



いじめっこの特徴・性格7選

いじめっこの特徴・性格①妬みやすく自分より上の人を許せない

負けず嫌いの子供

いじめっこの特徴や性格の1つ目は、妬みやすく自分より上の人を許せないということです。いじめっこは自分より顔が整ってる子、勉強のできる子、スポーツのできる子に、「自分より上だなんて許せない」「自分が1番でないと嫌だ」という心理状態になりやすいです。そしてその妬みから、自分より秀でた子をいじめるのです。

これは子供だけがなる心理ではありません。大人になっても嫉妬心が強く、自分より上の人に負けた悔しさからその人に意地悪をする人もいます。意地悪をして、自分の傷ついた名誉を取り戻しているのでしょう。このような特徴を持ついじめっこはプライドが高いタイプ、負けず嫌いなタイプ、自己愛の強いタイプだといえます。

いじめっこの特徴・性格②人の気持ちが分からず共感力が低い

人の気持ちが分からない女性

いじめっこの特徴や性格の2つ目は、人の気持ちが分からず共感力が低いということです。このタイプのいじめっこは「これをしたら・これを言ったら、相手はどう感じるのか」が分からず、相手が傷つく言葉を平気で言ってしまうことがあります。そして共感力が低いため、自分とタイプの違う人間には攻撃することが多いです。

また、大人になり精神的に成長し、さまざまなタイプの人間と関係を築いていくにつれ共感力は高くなります。しかし大人になっても共感力が低い人もいます。共感力が乏しい大人の特徴として思いやりがなく自己中、多様性を認めないことが挙げられます。このような人は子供のいじめっこと同様、攻撃的であることが多いです。

いじめっこの特徴・性格③学校生活にストレスを感じている

学校の様子

いじめっこの特徴や性格の3つ目は、学校生活にストレスを感じているということです。勉強についてけない、授業が楽しくない、校則が厳しい、受験が心理的負担になりストレスが溜まってる子供は多くいます。そしてそのストレスをどう発散させていいか分からないため、誰かをいじめることで発散させているケースもあります。

いじめっこの特徴・性格④1人になるのを極端に怖がっている

1人が怖い気持ち

いじめっこの特徴や性格の4つ目は、1人になるのを極端に怖がっているということです。このタイプがいじめるのはターゲットに嫉妬してるから、ストレスが溜まって発散したいからという理由ではありません。「いじめをするグループに入れば1人にならずに済むから」という理由でまわりと一緒になって誰かをいじめるのです。

また、誰かをいじめているうちは、自分はいじめられなくて済むという考えも持っています。このようないじめっこは打算的なタイプともいえます。さらに自分の立場が悪くなると、今度は自分がいじめのターゲットになるまいと手のひらを返して意見を変えることがあります。ときにはまわりに嘘をついて自分を守ろうとします。

いじめっこの特徴・性格⑤1人だと何もできないことが多い

悪口を言う女性たち

いじめっこの特徴や性格の5つ目は、1人だと何もできないことが多いということです。いじめっこは集団になって、ターゲットをいじめます。集団だからこそ力を発揮でき、1人になると意外にも大人しいことが多いです。いじめっこは強そうでも、実は肝が小さいのです。またこれは集団心理が働いているともいえるでしょう。

集団心理は集団になると責任が分散されるため、また大勢になると自分が強くなった気がするため、いつもより発言や行動が大胆になる心理を意味します。グループでいじめるいじめっこにはこの集団心理が働いている可能性が高いです。またこちらの記事でもいじめの集団心理についてまとめられているので参考にしてください。

いじめっ子の心理・対処法10選!いじめの加害者になる集団心理も

いじめっこの特徴・性格⑥いじめのターゲットを見極めるのが上手

いじめられている子

いじめっこの特徴や性格の6つ目は、いじめのターゲットを見極めるのが上手ということです。いじめっこは「この子なら反撃してこなそう」「この子なら何を言っても大丈夫そう」という見極めが上手いです。自分が不利になる相手は、いじめないのです。また自分と似たいじめっこタイプの子の見極めも上手で仲間を作ります。

そして仲間を見つけたら集団になって、ターゲットになった子をいじめるのです。ちなみにいじめられやすいタイプとして気が弱く自己主張できない子、容姿が整っていて嫉妬されやすい子、コミュニケーションが上手くとれない子などが挙げられます。大人のいじめのターゲットになりやすい人の特徴も、これに当てはまります。

また、こちらの記事には、仲間外れにされやすい大人や子供の特徴などがまとめられています。仲間外れもいじめの一環ですが、どのようなタイプの人がターゲットになりやすいのかきちんと把握し、的確に対処したいところですよね。「仲間外れにされやすい人の特徴や対処法を知りたい」という方は、ぜひチェックしてください。

Small thumb shutterstock 526769410
仲間外れされやすい大人や子供の特徴10選!する心理とされる時の対処法も

ある日突然、仲間外れされたら…。とても辛く、仕事も手につかなくなってしまいますよね。今回は、仲間外れされる大人と子供の特徴を紹介します。仲間外れする人の心...


いじめっこの特徴・性格⑦責任転嫁をよくする

言い訳ばかりの女性

いじめっこの特徴や性格の7つ目は、責任転嫁をよくするということです。いじめについて咎められても「それは○○が悪かったから」「自分だけでなく皆やっていた」と言い訳をします。言い訳するのはいじめっこはもともと自分に自信がなく、怒られて自分を否定されるのが怖いという心理が隠されているからといえるでしょう。

「いじめ」るという行為をする原因や心理は?

いじめる原因や心理①過去に自分もいじめられていた

過去にいじめられていた少女

いじめる原因や心理の1つ目は、過去に自分もいじめられていたということです。このような過去にいじめに関するトラウマのある子は、「自分も辛い思いをしたからまわりもそうなるべき」「いじめる側になって自分の傷を癒したい」「誰かをいじめて自分がいじめられるのを避けたい」といった心理状態であることが多いです。

いじめる原因や心理②家庭環境が悪く放置されている

寂しい思いをする子供

いじめる原因や心理の2つ目は、家庭環境が悪く放置されているということです。両親とのコミュニケーションの時間が少なく、放置され、寂しい思いをしているいじめっこもいます。そしてその寂しさをどこに向けていいのか分からず、両親からきちんと愛情を注がれてる子に嫉妬心が芽生え、攻撃してしまうケースもあります。

いじめる原因や心理③誰かを笑いのネタにして注目を集めたい

爆笑する人たち

いじめる原因や心理の3つ目は、誰かを笑いのネタにして注目を集めたいということです。このタイプのいじめっこは人気者になりたいという気持ちが強く、ターゲットの顔や髪型、話し方や仕草をネタにして周囲の笑いをとります。また本人はターゲットをいじってるだけで、それがいじめだと気づいてないケースも多々あります。


いじめる原因や心理④ヒーローになりたい

ヒーローでいたい子供

いじめる原因や心理の4つ目は、ヒーローになりたいということです。グループを作りターゲット(彼らの中で敵)を攻撃することで、「自分たちはヒーローなんだ」と優越感を感じます。ヒーローは本来“悪をこらしめる人物”です。しかしそんなヒーローの強さとは、“力で誰かを服従させるもの”だと勘違いしているのです。

このようにいじめる側の原因や心理はさまざまです。また「子供がどうして意地悪をしてしまうのかについてもっと知りたい」という方は、ぜひこちらの記事もお読みください。ここにはいじめっこの特徴を踏まえ、子供が意地悪する原因や心理、そして意地悪をする小学生や幼稚園生への対処法がより詳しくまとめられています。

意地悪する子供の心理や原因5選!いじめっ子の特徴や対処法は?

いじめっこの親の特徴とは?

いじめっこの親の特徴①夫婦仲が上手くいっていない

夫婦喧嘩が絶えない家庭

いじめっこの親の特徴の1つ目は、夫婦仲が上手くいっていないということです。まず仲が悪い夫婦にはお互いの悪口を言っている、コミュニケーションが希薄、居心地の悪さから夫または妻が家にいる時間が短い、家族の時間がとれてないといった特徴があります。このような親だと子供はいじめっこになりやすいといわれてます。

理由は両親の仲が悪い子供は「2人の仲が悪いのは自分のせい」「何か言ったら今度は自分が怒られるのではないか?」「家に居場所がなくいづらい」と、自責の念や不安に駆られることが多いです。そしてそれら不安や悩みを誰にも相談できず、やがて大きなストレスとなり、弱い者をいじめることでそのストレスを発散させます。

いじめっこの親の特徴②家庭内の会話が悪口ばかり

悪口ばかりの夫婦

いじめっこの親の特徴の2つ目は、家庭内の会話が悪口ばかりということです。先ほどの親とは違い夫婦仲は良好であるもの、夫婦の会話のネタが誰かの悪口ばかりというのも子供に悪影響を与えます。親の悪口を聞いて育った子供は「悪口は言って当たり前のもの」「人を貶すのは悪いことではない」と勘違いすることがあります。

そして勘違いしたまま友人に誰かの悪口を言い、他人を貶して会話が弾むのを面白がります。しかしある程度年齢がいくと、友人から「○○は人の悪口多いし、いじめみたいだからやめた方がいいよ」と注意されることがあります。そこではじめて「あぁ、悪口は人を楽しませる会話のネタじゃなかったんだ…」と気づくのです。

いじめっこの親の特徴③子供を甘やかしがち

子供を甘やかす母親

いじめっこの親の特徴の3つ目は、子供を甘やかしがちということです。我が子が可愛いからと子供のわがままを許す、自分の子供の感情優先で相手がどういう気持ちになるのか教育しないと、人の気持ちが分からない性格になってしまいます。子供を放置するのも良くありませんが、かと言って甘やかし過ぎるのも良くありません。

いじめっこの親の特徴④兄弟や姉妹で比べる

勉強する兄弟

いじめっこの親の特徴の4つ目は、兄弟や姉妹で比べるということです。親はお互いライバル心を持って成長して欲しいという思いで比べることが多いもの、子供は劣等感を抱きます。そして自分より優れた人を許せなくなります。また劣等感を晴らしたいがために、相手を暴力や攻撃的な言葉で負かしていじめに発展するのです。

いじめっこの子供への言葉での対処法は?

いじめっこの子供の言葉での対処法①毅然とした態度で「何かした?」と聞く

毅然とした態度をとる女性

いじめっこの子供の言葉での対処法の1つ目は、毅然とした態度で「何かした?」と聞くということです。いじめっこは攻撃的な言葉を言っても、黙り込んでしまう人をターゲットにします。そのため堂々とした態度で「僕が・私が何かした?」と、短いセリフで反論しましょう。大きな声で堂々と反論するのがポイントです!

いじめっこの子供の言葉での対処法②強くはっきりと「やめてよ!」と言う

意思表示をする女性

いじめっこの子供の言葉での対処法の2つ目は、強くはっきりと「やめてよ!」と言うということです。先ほどお伝えしたようにいじめっこは反論しない人をいじめる傾向があるため、いじめてきたら「やめてよ!」「嫌だ!」とはっきり言うのも有効です。ここで強く言っていじめっこを怯ませ、意思表示することが大切です。

いじめっこになるのは家庭環境が関係している場合がある!

いじめっこの特徴として嫉妬心が強い、共感力が低い、ストレスが溜まっているなどが挙げられます。また誰かをいじめるのは、家庭環境の悪さや親の間違った育て方が関係している場合があります。そんないじめっこには毅然とした態度で立ち向かい、攻撃的な言葉にはきちんと反論することが大切です!


商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。