顔が小さい人の特徴12選|小顔の定義・基準や平均の大きさとは?

顔が小さい人とは、どんな特徴をしているのでしょうか。この記事では、顔が小さい人の特徴を12選にしてご紹介します!小顔の定義や基準、手の大きさとの関係や平均の大きさについても触れるので、参考にしながら自分の顔の大きさと、小さくなるための方法について考えてみてください。

顔が小さい人・小顔の基準とは?

顔が小さい人・小顔の基準や定義①顔に余分な脂肪がついていない

綺麗な顔

顔が小さい人や小顔の基準や定義一つ目は、顔に余分な脂肪がついていないということです。顔に余分な脂肪がついている状態では、いくら骨格が細くても顔が小さいようには見えません。顔が小さい人の最低基準、定義として、脂肪がついていないというものがあります。脂肪についている人はまずそれを落とすことからです。

顔が小さい人・小顔の基準や定義②全身で見たとき顔の存在感が少ない

全身鏡に映る

顔が小さい人や小顔の基準や定義二つ目は、全身で見たとき顔の存在感が少ないということです。顔単体で見たときではなく、全身で見たとき、顔が小さく見えるかどうかが、小顔の基準であり定義なのです。全身のバランスに対して顔が小さいと小顔です。顔が小さいからといって小顔と決めつけられるわけではありません。

顔が小さい人・小顔の基準や定義③小顔の定義とはエラが張っていないこと

綺麗な横顔

顔が小さい人や小顔の基準や定義三つ目は、エラが張っていないということです。エラが張っていると、ただそれだけで小顔の基準からは外れてしまうことになります。どんなに顔が小さくても、エラが張っている場合は小顔ではなくなってしまうのです。エラが張っているか張っていないかも、大切な基準の一つになります。

顔が小さい人の特徴12選

顔が小さい人の特徴①写真写りが良い

寒そうな人

顔が小さい人の特徴一つ目は、写真写りが良いということです。顔が小さい人は写真写りが良く、複数人で写っている写真でもトップレベルに目立ちます。他の人よりも顔が小さいというだけで、目を引く存在なのです。このように、顔が小さい人は実生活だけでなく、写真に写った時にも得をする傾向にあります。

顔が小さい人の特徴②マスクが余る

マスクする女性

顔が小さい人の特徴二つ目は、マスクが余るということです。風邪を引いた時に着用するマスクはもちろん、美顔パックのためにするマスクも余る傾向にあるのが小顔な人の特徴です。子供用のマスクでないと、不便を感じることになるでしょう。標準規格で作られたものは、どれも小顔の人には大きすぎるのです。

顔が小さい人の特徴③顔に余白がない

冬の日の女性

顔が小さい人の特徴三つ目は、顔に余白がないということです。顔が小さい人は、パーツが小さくても余白ができることがありません。顔に余白が生まれる余地がないのが、小顔な人の最大の特徴です。普通の人はパーツが小さいことによって顔に余白が生まれ、これがコンプレックスになることが多い傾向にあります。

しかし小顔の人とこのような悩みは一切無縁なのです。顔が小さいということは、顔全体のバランスをよくするのにも繋がっているということがわかるのではないでしょうか。

顔が小さい人の特徴④顎が小さい

小顔の女性

顔が小さい人の特徴四つ目は、顎が小さいということです。顔が小さい人は顎が小さく、それがシャープな印象をつけることに繋がっています。中にはほとんど顎がないような人も見られるほどです。顔が小さい人の基準がわかりにくいというあなたは、顎の大きさで見分けるようにするとスムーズに判断することができるでしょう。

顔が小さい人の特徴⑤おでこが狭い

クールな人

顔が小さい人の特徴五つ目は、おでこが狭いということです。顔が小さい人は、普通の人よりもおでこの面積も狭いのが特徴です。普段おでこが前髪で隠れている人も、よく観察するとかなり幅が狭いことに気がつけるでしょう。もしおでこが広ければ、それだけ顔の面積が大きくなるので小顔とは言えません。

顔が小さい人の特徴⑥首が細長いことによって小顔に見える

自信のある人

顔が小さい人の特徴六つ目は、首が細長いということです。首が細くて長いと、それによって顔が小さく見えます。首に脂肪がついてしまっていると小顔に見えるものも小顔に見えなくなってしまうので、小顔を目指すならまず首回りの脂肪を落とすことを考えるようにすると良いでしょう。首は細くて長いほうがスラッと見えます。

顔が小さい人の特徴⑦あまり噛まない

チャーハン

顔が小さい人の特徴七つ目は、あまり噛まないということです。顔が小さい人は、何度も物を咀嚼することがありません。むしろ咀嚼をせずに飲み込むことの方がはるかに多いでしょう。そんな特徴を持つ彼らは、エラが発達することも、顔の筋肉が発達することもありません。そのためいつまでも小顔を持続させられるのです。

また、噛まないことによって顎が発達しないので、小顔になるということもあります。ただこれは望ましい傾向ではありません。噛まないことでどんどん筋力が衰えてしまうと、不健康な状態に陥ってしまうでしょう。物を噛まないことで顔が小さい自覚のある人は気をつけましょう。

顔が小さい人の特徴⑧全体的に細い

楽しげな人

顔が小さい人の特徴八つ目は、全体的に細いということです。顔が小さい人が太っているということはありません。顔に肉が付いていないことからもわかるように、全体的に見ても細いのが特徴です。全身どこを見渡しても余分な脂肪がついていない彼らは、誰が見てもスリムです。これも小顔の基準であり定義だと言えます。

顔が小さい人の特徴⑨歯並びが悪い

パープルの女性

顔が小さい人の特徴九つ目は、歯並びが悪いということです。顔が小さい人は口元も小さいので、歯が本来あるべき場所に収まらず歯並びが悪くなってしまいがちです。顔が大きい人に比べ、顔が小さい人の方が圧倒的に歯並びが悪い傾向が見られます。実際に小顔の人には矯正している人が多いのも事実です。

顔が小さい人の特徴⑩身長が高い

パーマの女性

顔が小さい人の特徴十個目は、身長が高いということです。身長が高いと、それに比例して顔も小さく見えるものです。顔の大きさ自体が同じでも、身長が低いか高いかで、周りに与える印象は異なります。前者は6頭身でも、後者は8頭身になることもあるからです。全体で見たときのスタイルは明らかに後者が優っています。

このように、顔そのものが小さいというわけではなくても、身長が高いとそれに伴い小顔と判断されることもあります。反対にいうと、身長が低い人は顔が大きく見られてしまいがちなので気をつけるようにしましょう。

顔が小さい人の特徴⑪帽子が似合わない

団子結びの女性

顔が小さい人の特徴十一個目は、帽子が似合わないということです。標準の顔の大きさの人を基準として作られた帽子は、顔が小さい人には大きすぎます。結果、かぶるとなんだか不恰好に見えてしまうのです。顔が小さい人には、市販されている帽子が似合わないというデメリットがあります。

種類によっては顔が見えなくなることもあるでしょう。顔が隠れてしまっては帽子をかぶる意味もなくなってしまうでしょう。顔が小さい人は仕方なくオーダーメイドで帽子を発注するしかないのです。そこまでして帽子をかぶる人も少ないでしょうから、結果として彼らは帽子なしの生活を送ることになります。

以下に関連記事として、顔や頭の大きさが小さい人の特徴についてまとめられているものがあります。小顔の大きさの基準や定義、条件について紹介されているので、参考にすればより詳しく小顔とは何なのかについて学べるはずです。顔が小さい人の基準や定義をはっきりさせたいあなたには必見の内容となっています。

Small thumb shutterstock 439436593
顔や頭の大きさが小さい人の特徴5選|大きさの基準や小顔の定義・条件も

顔が小さい人を見るとスタイルよく感じて憧れますね。小顔の大きさの基準や、小顔の人の特徴を調べて行きます。顔のサイズの測り方や簡単にできる小顔に近づくエクサ...

顔が小さい人の特徴⑫顔サイズは手の大きさに比例する為手の大きさが小さい

手のひらを出す

顔が小さい人の特徴十二個目は、顔サイズは手の大きさに比例する為手の大きさが小さいということです。顔の大きさと手の大きさは大体比例しているため、顔が小さい人は普通の人に比べると手の大きさが小さい傾向にあります。

手の大きさ比べをすると、顔の大きさも概ねわかってしまうということです。人と比べれば自分の顔の大きさを知る参考になるでしょう。手の大きさが顔の大きさに比例していたなんて、知らなければ気づきませんよね。顔の大きさを比べるのに抵抗があっても、手の大きさなら簡単に比較できるのでぜひ試してみてください。

顔の大きさの平均や測り方は?

顔の大きさの平均や測り方①男女別の平均の顔の大きさ

ダイエットの道具

顔の大きさの平均や測り方一つ目は男女別の平均の顔の大きさについてです。女性の顔の大きさの平均は縦の長さが21.80cm、横の幅が15.33cmだと言われています。一方の男性の顔の大きさの平均は、縦の長さが23.19cm、横の幅が16.08cmと言われています。若干男性の方が大きいのがわかるでしょう。

ただ、女性よりも男性の方が骨格や体格そのものが大きいことを考えると、これは極めて普通のことです。その辺りを考慮に入れて考えると、女性も男性も、平均の顔のサイズは変わらないと言えるでしょう。あとは自分の顔のサイズを測って、平均よりも大きいか小さいかを知るのみです。

顔の大きさの平均や測り方②ロータリーメジャーで頭のてっぺんから測る

野菜とメジャー

顔の大きさの平均や測り方二つ目は、柔らかい材質のロータリーメジャーで測るということです。ホームセンターなどどこでも売られているので、ぜひ手に入れてみてください。まずはこのメジャーで、頭のてっぺんから顎の先までの長さをはかります。これによって顔の長さを求めることができます。

ただ、唇や鼻などの立体的なパーツを含めてしまうと正しい数値が出なくなってしまうので、気をつけてください。まっすぐにメジャーを当て、頭の先から顎の先までを測ってみてください。このとき気をつけて欲しいのが、口を自然に閉じることです。口は不自然に開いたり閉じないでください。鏡を見るとより簡単です。

次に横幅を測る方法ですが、両耳の付け根の位置を点と点で結ぶようなイメージで測定してみてください。横幅を測る時も鏡を見るとはかりやすいでしょう。これで顔の縦と横の幅を測定することができるはずです。平均のサイズと見比べて、自分の顔は大きいのか小さいのか、判断してみましょう。

顔が小さい人に近づくための運動・体操3つ

顔が小さい人に近づくための運動や体操①舌を回すトレーニング

カッサを当てる

顔が小さい人に近づくための運動や体操一つ目は、舌を回すトレーニングです。舌を回すトレーニングはとっても簡単なので、誰でも気軽に取り入れることができるはずです。やり方は、口の中で大きく舌を一回転させるだけです。歯茎に沿って回すようなイメージをするとわかりやすいでしょう。これを左右繰り返すのみです。

やりすぎると疲れてしまうので、一日5回ずつを3セットするイメージで続けましょう。毎日続けることで、フェイスラインがシャープになってくるのがわかるはずです。このトレーニングをすることは口周りの筋肉を鍛えることにつながるので、顎がスリムになって小顔に近づけること間違いなしです。

顔が小さい人に近づくための運動や体操②「あえいうえおあお」と言う

スキンケアする人

顔が小さい人に近づくための運動や体操二つ目は、「あえいうえおあお」と言うことです。声に出して「あいうえおあお」とハッキリ発音するだけで、顔のあらゆる筋肉を刺激することができ、小顔につながります。表情筋を鍛えることで小顔に見える効果が期待できるので、ぜひ試してみてください。きっと結果が得られますよ。

顔が小さい人に近づくための運動や体操③むくみとり体操

化粧をする人

顔が小さい人に近づくための運動や体操三つ目は、むくみとり体操です。まずは思いっきり目を見開き、口を開けてください。その状態から、一気に顔のパーツを中心に寄せるイメージですぼめます。たったこれだけで、顔のむくみを取ることができ、小顔につながります。小顔になるにはまず顔のむくみを取ることが大切です。

骨格そのものを劇的に変えることができなくても、むくみをとることなら誰にだってできます。本来小顔のはずの人も、むくみのせいで顔が大きく見えてしまっていることもあるので、気をつけてくださいね。

顔が小さい人になろう!

顔が小さい人には、思わず憧れてしまいますよね。顔が小さいだけで写真写りがバッチリ決まったり、周りの人との差をつけることができます。そんな小顔になるためには、運動や体操を用いるのがオススメです。日々のエクササイズによって、顔を小さくすることは可能です。これを機にあなたも小顔体操にトライしてください。

また、平均のサイズを知った上で自分の顔の大きさをはかり、今自分がどのくらいの位置にいるのかを知ることも大切です。もう既に小顔だという人はこれ以上何かすることはありませんが、顔が大きいという人は、自分にできる範囲の努力が必要です。小顔になって、周りと圧倒的な差をつけ人生を楽しんでくださいね。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。