キャッチアップの日本語での意味とは?類語やビジネス用語での使い方も

ビジネスなどにおいて耳にすることのある「キャッチアップ」という言葉をご存じでしょうか。今回はキャッチアップとは日本語でどういう意味なのかや類語、成長、展開など様々な意味をもつキャッチアップのビジネス用語での使い方について紹介します。

キャッチアップの日本語での意味とは?

キャッチアップとは外来語

海外のイメージ

キャッチアップという言葉とは英語での言葉を日本で使うようになったといわれ、外来語として分類されています。このキャッチアップを含む外来語はカタカナで書くことが一般的であることから、カタカナ語とも言われています。

このキャッチアップとは使用する場面や使用用途によって、意味やニュウアンスが微妙に変わってくるため日本語の意味として使用する場合には、意味や使用用途をしっかりと理解しておく必要があります。

キャッチアップの日本語の基本的な意味

色々なアイコン

先述したとおりキャッチアップの日本語での意味合いは使用する用途や場面によって微妙に意味が変わってきますが、基本的ものとしては「追いつく」という言葉が基本的な意味となっています。

これは語源となっている英語のキャッチアップと同じ意味をもち、「追いつく」という意味をベースとして、シーンに合わせて意味を付随させて使用されています。また日本語の形容詞や名詞などでもキャッチアップの意味あいは変化していくため、会話の中で出てくるキャッチアップは特に注意が必要です。

キャッチアップの類語3選

キャッチアップの類語①【日本語】追尾

歩く女性

キャッチアップの類語として1つ目に紹介するのは、キャッチアップの一般的に使用されている意味の「追いつく」と同じような意味を持っている「追尾」という日本語です。こちらの追尾という言葉には後をつけるという意味があり、ビジネスシーンなどにおいても使用されている日本語です。

キャッチアップを言い換えて使う際によく使用されている言葉の他にも、カメラ撮影の際に被写体が動いた際に自動的に追っかけてくれる機能のことを追尾オートフォーカスと言い、キャッチアップと同じ追いつく・追いかけるという意味合いとして広く使用されている言葉といえます。

キャッチアップの類語②【日本語】追走

走る人

キャッチアップの類語として2つ目に紹介するのは、後を追いかけるように走るという意味である「追走」という日本語が類語としてあげられます。「走」という言葉が使用されていることからも分かるように、追尾という言葉よりもスピード感がある事象の際に使われることが多い言葉です。

追いかけるという意味をもつという面では、キャッチアップの類語として追尾とともによく使用されている言葉といえます。後を追って走っているという意味から、何かの作業や事柄に対して急いで後追いをしていくというような場面でよく使用されています。

キャッチアップの類語③フォロー

助け合いのイメージ

キャッチアップの類語として3つ目に紹介するのは、「フォロー」という言葉です。フォローの意味としてよく知られているのは、事柄や人に対して補ったり助けたりするという意味ではないでしょうか。

ですが実はフォローには「追跡」や「後を追い求める」といった意味も含まれており、キャッチアップの類語としても使用されています。例えば「これは歴史についてしっかりフォローされた一冊です」などとキャッチアップの言い換えとしても使用できる言葉といえます。

下の記事ではご活躍という言葉の類語をいくつか紹介しています。日常やビジネスでも使用することのある言葉ですが、類語を知っておけば話のバリエーションも広がります。ぜひこちらの記事も参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 495050242
「ご活躍」の類語10選!更なる・益々・今後のご活躍などの使い方も

この記事では「ご活躍」の正しい使い方をご紹介します。「更なるご活躍」「益々のご活躍」などの文章を耳にしたことはあるので花でしょうか?相手の活躍を祈る類語も...

キャッチアップのビジネス・IT用語での使い方5選

キャッチアップのビジネス・IT用語での使い方①後から内容を把握する

会議

キャッチアップのビジネス・IT用語での使い方として1つ目に紹介するのは、ビジネスシーンで最も使用されることの多い「後から内容を把握、確認する」という意味での使い方です。ビジネスでは定期的に会議などが行われ、参加できなかった場合にも会議内容が分かるように議事録が作成されます。

会議に参加できなかった場合に後から、記事録や打ち合わせ内容に目を通して確認、把握するという時に「さっきの会議の議事録、キャッチアップしておいて」というような使い方がされています。

キャッチアップのビジネス・IT用語での使い方②新しい知識の吸収

キャッチアップイメージ

キャッチアップのビジネス・IT用語での使い方として2つ目に紹介するのは、新しい知識や内容を素早く習得する際の用語として使われています。例えば新規の業務をする際に当たって、マニュアルに目を通したりする場合や、実際に新規業務の実践研修などを受けスキルを習得する場合に使用されます。

例えば「新規業務の内容をキャッチアップするために、マニュアルに目を通した」などと素早く行動・対応する場合にキャッチアップという言葉を使い、新しい業務に前向きに捉えようとしているような場面で使用されることが多いです。

キャッチアップのビジネス・IT用語での使い方③ニュースリーダーの機能

勉強中

キャッチアップのビジネス・IT用語での使い方として3つ目に紹介するのは、ニュースリーダーでの機能として使い方です。ニュースリーダーでは未読のニュースが一定量たまったままの状態にしておくと、新しい情報やニュースを受信できなくなってしまいます。

そのためニュースリーダーでは未読状態のニュースを一度に全て既読にする機能があり、その機能のことを「キャッチアップ機能」と呼んでいます。このIT用語の使い方は、未読状態を「後から追いかけて把握する」という意味として使われています。

キャッチアップのビジネス・IT用語での使い方④画像のキャプチャ

パソコン

キャッチアップのビジネス・IT用語での使い方として4つ目に紹介するのは、画像をワンクリック操作でパソコンなどに取り込むことIT用語としての使い方です。この画像を取り込む言葉としての使い方は、アプリやシステムにおいてよく耳にする使い方といえます。

最近ジワジワと日本でも注目を集めているウェブサービスであるTumblr(タンブラー)などを使用して、ネット上にある様々な画像を簡単に取り組むことをキャッチアップというIT用語として表しています。

キャッチアップのビジネス・IT用語での使い方⑤業界のことを学ぶ

色々な視点

キャッチアップのビジネス・IT用語での使い方として5つ目に紹介するのは、ビジネスにおいて広い意味での使い方についてです。ビジネスと一言でいっても多種多様の業種があり、その分野においてキャッチアップの使い方は様々変化しますが業種関係ない使い方として、その業界のことを学ぶという意味あいで使用されます。

主に新しい業種へ転職したときや未経験の仕事に就くことになった場合に対して使われ、その分野の業種のことを事前にしっかりと学んでおくということや、素早く仕事内容を理解し、仕事する上で支障を来さないようにという意味あいとしてキャッチアップという言葉が使用されます。

下の記事ではビジネスでも使用することのある、マッチポンプの言葉の意味についてまとめています。意味だけでなく類語や語源についても紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

Small thumb shutterstock 623855219
マッチポンプとは?意味と語源や由来と類語やビジネスの使い方も

マッチポンプとはどういう意味なのか、その語源・由来や類語を紹介します。また、マッチポンプという言葉は英語として通じるのか、ビジネスにおけるマッチポンプの使...

キャッチアップの経済学用語での使い方3選

キャッチアップの経済学用語での使い方①先進国への展開・成長

世界地図

キャッチアップの経済学用語での使い方として1つ目に紹介するのは、発展途上国が先進国へ近づこうと成長・発展するという意味としての使い方です。経済学用語の中でもこの意味合いでしようされていることがほとんどなので、経済学においてのキャッチアップとはこのような意味ととらえておいて問題ありません。

かつての日本が戦後に時代に欧米などの国々をキャッチアップして、現在での経済大国を築くまでの成長・展開を進めてきた年数がまさにこの言葉そのものといえます。このように先進国に少しでも近づこうと色々な対策を展開し成長していく様を、キャッチアップという言葉に込められています。

キャッチアップの経済学用語での使い方②基準に追いつくこと

グラフ

キャッチアップの経済学用語での使い方として2つ目に紹介するのは、経済分野において技術や経済、インフラなどが一定の基準に追いつくという意味での使い方です。この一定水準をクリアできていないと、世界各国の競争の上では大きなハンデとなってしまう可能性があります。

そのため経済学分野においてこのようなキャッチアップまでの道のり、キャッチアップ後の独自の個性を活かした展開の2つに分類して、戦略を練ることが他社競合の世界では有効かつ大切な考え方とされています。

キャッチアップの経済学用語での使い方③キャッチアップ効果

悩んでいる人

キャッチアップの経済学用語での使い方として3つ目に紹介するのは、「キャッチアップ効果」と呼ばれる経済学用語についてです。一定の条件で成長する場合であっても、はじめが貧しい国であれば成長しやすいといった、最初の条件が成長におよぼす効果のことを意味しています。

すでに経済発展している国の技術を導入にあたり、成功マニュアルや技術をそのまま真似ることができるため、貧しい国の方が豊かな国に比べると成長する速度が速く、また人件費も安いことから低コストで成長していくことができキャッチアップ効果が高いといわれています。

下の記事ではマクロとミクロの違いについて紹介しています。経済においての視点についても紹介しているので、ぜひこちらの記事とあわせて参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 605436275
「マクロ」と「ミクロ」の違いとは?意味や使い分けに経済の視点も

マクロとミクロの違いとは具体的にはどのようなものがあるのでしょうか。今回はマクロとミクロの違いやそれぞれのもっている意味、よく使用される視点や経済での違い...

キャッチアップの医療用語での使い方3選

キャッチアップの医療用語での使い方①キャッチアップ現象

子ども

キャッチアップの医療用語での使い方として1つ目に紹介するのは、子どもの成長における「キャッチアップ現象」と呼ばれるものです。子どもの成長には個人差がありますが、身体の成長の平均の様子をグラフにした成長曲線というものが成長の1つの目安とされています。

キャッチアップ現象とは、何かの疾患が原因で成長曲線から成長が遅れていた子どもが原因が解消したことによって急速に成長していくことを指しています。このキャッチアップ現象という言葉は看護師の国家試験に出題されるほど、近年において注目を集めている用語の1つです。

キャッチアップの医療用語での使い方②キャッチアップ障害

婦人系のイメージ

キャッチアップの医療用語での使い方として2つ目に紹介するのは、婦人系の医学用語として使われる「キャッチアップ障害」と呼ばれる言葉です。これは卵管が上手に卵子をとりこむことができない状態を指し、ピックアップ障害とも言われています。

キャッチアップの医療用語での使い方③予防接種

医療用具

キャッチアップの医療用語での使い方として3つ目に紹介するのは、小児科において使われる予防摂取のキャッチアップスケジュールについてです。子供の予防接種は年々増加し接種する期間も複雑になってきています。

基本となる予防接種期間を過ぎてしまった子どもに対しての予防接種の計画のことをキャッチアップスケジュールで標準接種期間以外の予防接種方法をまとめています。

下の記事では相手の体調を伺う際に使用する、お加減の使い方について紹介しています。また類語や意味についてもあわせて紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 551821381
お加減の使い方|類語とお加減いかがですかの意味とは?

相手の体調を尋ねる表現である「お加減いかがですか」「お加減いかがでしょうか」などの表現ですが、いまいちその意味や使い方が分からない!という人も多いと思いま...

キャッチアップの分野での使い方を知って正しく理解しよう

握手

キャッチアップの日本語としての意味についてや類語、ビジネスや医療分野での使い方について紹介しましたがいかがでしたでしょうか。同じ言葉でも業界によって使い方は様々なので、しっかりと理解して正しく使い分けをしましょう。

下の記事ではコンセプトの意味や使い方について紹介しています。キャッチアップと同様に正しい使い方はよく知らないという方も多いので、ぜひ参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 449045500
「コンセプト」の意味は?使い方の例文19選!類語や目的に考え方も

コンセプトという言葉の意味と正しい使い方は知っていますか?日常に馴染んだ英語ですが、その例文をまとめてみました。また、コンセプトの考え方など使う際のポイン...

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。