自分で考える力がない原因とは?思考力をつけるトレーニング方法7選!

あなたは自分で考える力がありますか?ここでは、仕事などで自分で考える力がない人の特徴や原因について、ご説明して参ります。また、考える力をつける為のトレーニング方法についても、あわせてご紹介して参ります。参考にしてみてください。

考える力とは?

考える力とは「思考力」

悩む男性

『考える力』とは「思考力」という意味があります。思考力とは、頭の中で物事を想像したり、組み立てたりする力のことです。ひとつの物事に対して、どんな結果が得られるのかを想像したり、希望通りの得る為にはどうすれば良いのかということを考える為の力のことを指しています。

考える力とは「点と点をつなげる力」

考える男性

『考える力』とは、「点と点をつなげる力」という意味もあります。物事と物事をつなげ合わせると、どんな結果が得られるのかなどのようなことを、実際にやってみるのではなく、頭の中で想像して考える力のことです。「見えない道を作る力」と表現される場合もあります。

自分で考える力がない人の特徴5選!

自分で考える力がない人の特徴①自分の意見がない

額に手を当てる女性

自分で考える力がない人の特徴の1つ目をご紹介いたします。それは『自分の意見がない』ということです。自分の意見を持つということは、自分の頭の中で考えているからです。その考えることができない人は、自分の意見というものは生まれてこないのです。

自分がない人の特徴や心理、克服法についてご紹介している関連記事があります。リンクいたしますので、ぜひ、参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 589473767
自分がない人の特徴11選!自分で決められない心理や優柔不断の克服方法も

自分がない人って周りにいますか?自分の意志がないと、すぐ周りに流されてしまい、「自分の意見はないの?」と思われてしまいます。今回は自分がない人の特徴をご紹...

自分で考える力がない人の特徴②人の話を聞いていない

会議をする人たち

自分で考える力がない人の特徴の2つ目をご紹介いたします。それは『人の話を聞いていない』ということです。一見、聞いているように見えるかもしれませんが、他のことが気になっていたりします。「誰かが代わりに聞いてくれている」という思いがあるからです。

自分で考える力がない人の特徴③約束を守らない

うっかりする女性

自分で考える力がない人の特徴の3つ目をご紹介いたします。それは『約束を守らない』ということです。人の話を聞いていないので、期限などのような大切なことを聞き漏らしている可能性があります。また、期限に間に合うように仕事を片付ける、ということは考える為の力が必要なのです。

自分で考える力がない人の特徴④かまってちゃん

男性にもたれかかる女性

自分で考える力がない人の特徴の4つ目をご紹介いたします。それは『かまってちゃん』ということです。誰かにかまって欲しいという気持ちが強い人は、周囲の人たちの気持ちを自分に向ける為に、知っていても知らないふりをすることがあります。それが当たり前になってしまうのです。

自分で考える力がない人の特徴⑤他人を頼ることが多い

男性に助けてもらう女性

自分で考える力がない人の特徴の5つ目をご紹介いたします。それは『頼ることが多い』ということです。人に頼ることが多い人は「誰かがやってくれる」という思いがあります。これは言い換えるなら、自分で考えることを放棄しているのです。

考える力がない原因とは?

考える力や考える癖がない原因①考えることが面倒

拒否する女性

考える力や考える癖がない原因の1つ目をご紹介いたします。それは『考えることが面倒』という原因です。自分で考えることが面倒くさい、と感じる人がいます。考えるということにもそれなりのエネルギーが必要なのです。そのようなところに自分のエネルギーを使うくらいなら、もっと楽しいことに使いたいということです。

考える力や考える癖がない原因②自信がない

部屋の隅でうずくまる女性

考える力や考える癖がない原因の2つ目をご紹介いたします。それは『自信がない』という原因です。自分の考えを言葉で伝える為には、自信が必要になります。その自信がなければ、考えを持っても誰かに伝えるということは難しくなります。誰にも伝えられないのなら、考えることはやめにしよう、と考えてしまうのです。

考える力や考える癖がない原因③想像力がない

想像する女性

考える力や考える癖がない原因の3つ目をご紹介いたします。それは『想像力がない』という原因です。物事を考えるには、想像力が不可欠になります。この想像力がないと、「すべてがわからない」という状態になってしまいます。わからないものは考えるすべがない為、考えること自体をやめてしまうのです。

考える力や考える癖がない原因④考えなくて良い環境だった

会議をする男女

考える力や考える癖がない原因の4つ目をご紹介いたします。それは『考えなくて良い環境だった』という原因です。幼少期に両親からの過剰な干渉を受けていると、このようになります。考える前に先に両親が先回りしてすべてを行なってくれるのです。これでは、考える為の力は身につきません。

自分で考える力がないと困ることとは?

自分で考える力がないと困ること①頼りにされない

暗い表情の男性

自分で考える力がないと困ることの1つ目をご紹介いたします。それは『頼りにされない』ということです。考える為の力がないということは、決断力も判断力もないということです。すると、仕事では誰も頼りなります。

自分で考える力がないと困ること②一人で何もできない

手を繋ぐ男女

自分で考える力がないと困ることの2つ目をご紹介いたします。それは『一人で何もできない』ということです。やってもらうことが当たり前、という環境に育っている場合は、自分一人では何もできなくなります。やってもらうことが当たり前なのですから、当然と言えるでしょう。

自分で考える力がないと困ること③人が離れていく

独りぼっちの女性

自分で考える力がないと困ることの3つ目をご紹介いたします。それは『人が離れていく』ということです。みんな自分のことで忙しいのです。手がかかりすぎる大人を助けてあげよう、という人はそんなに多くありません。

考える力をつけるには?思考力のトレーニング方法7選!

仕事で考える力をつけるトレーニング方法①人の話を聞く

会議をする男女6人

仕事で考える力をつけるトレーニング方法の1つ目をご紹介いたします。それは『人の話を聞く』ということです。人の話はしっかり聞きましょう。誰かが話をしている最中に、他のことを考えたりするのは良くありません。この場合の「考える」は自分勝手な妄想です。仕事ではこれは思い込みになり、良いとは言えません。

その状況や話の内容に合ったことを想像したり考えたりする為には、相手の話を聞くことが何より大切なのです。相手の話にしっかり耳を傾けることを習慣にしましょう。すると、あなたの妄想は自分勝手なものではなく、相手の話の内容に適した想像へと変わっていきます。本当の意味での「考える力」なのです。

仕事で考える力をつけるトレーニング方法②メモを取る

メモを取る女性

仕事で考える力をつけるトレーニング方法の2つ目をご紹介いたします。それは『メモを取る』ということです。誰かと会話をする時には、必ずメモを取りましょう。『メモを取る』という行動も、実はあなたの頭を鍛えることにつながるのです。相手の言葉を文字にして表す、というこの一連の動作が、脳に刺激を与えます。

考える力は脳を刺激することで鍛えられていきます。相手が話している言葉を文字にし、それをメモとして記すという行動は、脳にとっては大変高等な動作なのです。また、メモを取るということは、相手の話にしっかり耳を傾けるということも同時に行なわれています。脳にとっては大変効果的なトレーニングと言えるでしょう。

仕事で考える力をつけるトレーニング方法③本を読む

読書をする女性

仕事で考える力をつけるトレーニング方法の3つ目をご紹介いたします。それは『本を読む』ということです。ここでの『本』とは漫画のことではありません。また、イラストがたくさん入っている本でもありません。活字だけの本のことです。トレーニングのつもりで本を読むのなら、活字だけの本を読むようにしましょう。

活字だけの本を読むと、文章を理解しようという気持ちや意識が芽生えてきます。また「理解しよう」とするその考えや意識は、『想像力』を鍛えてくれます。物事を考えるにはこの『想像力』が不可欠なのです。漫画やイラストが多い本では、想像力は身につきません。活字の本を読むことは、大変良いトレーニングなのです。

仕事で考える力をつけるトレーニング方法④ニュースに興味を持つ

新聞を読む女性

仕事で考える力をつけるトレーニング方法の4つ目をご紹介いたします。それは『ニュースに興味を持つ』ということです。世の中には様々なニュースが溢れ返っています。それらのニュースに興味を持ちましょう。わざわざ新聞を読む必要はありません。ネット上では数多くのニュースが取り上げられています。

ニュースはテレビではなく、文字媒体として読むようにしてください。また、ニュースを読む際には、その背景にどんなことがあるのか、ということを想像するようにしましょう。更に、わからないと感じたことは、そのたびに調べる癖もつけてください。ニュースに興味を持つ、ということはこれら一連の作業のことなのです。

仕事で考える力をつけるトレーニング方法⑤結果を考える

結果を考える女性

仕事で考える力をつけるトレーニング方法の5つ目をご紹介いたします。それは『結果を考える』ということです。物事を始める際、まず初めに結果を考えましょう。周囲の人たちはどんな結果を望んでいるのでしょうか。また、あなたはどんな結果を求められているのでしょうか。具体的で明確な結果を考えましょう。

その上で、その結果を得る為には、どんな方法を取ればよいか、ということを考えるようにしましょう。この時、あなた自身の力量も考慮に入れましょう。あなた自身の力でどんなことができるのかも、必ず考えるようにしてください。結果を考えながら行動することを心掛けると、自然と考える為の力が身についていきます。

仕事で考える力をつけるトレーニング方法⑥マルチタスクを意識する

マルチタスクをする男性

仕事で考える力をつけるトレーニング方法の6つ目をご紹介いたします。それは『マルチタスクを意識する』ということです。『マルチタスク』とは、一度にいくつもの仕事を並行させて進める方法です。複数の仕事を並行して進める為には、かなり頭を使います。考える為の力を鍛える為には、頭を使う必要があるのです。

複雑な作業をマルチタスクで行なうのではありません。あなたにとって比較的簡単なことから始めましょう。最初は2つくらいから始めると良いでしょう。慣れてくれば、少しずつ数を増やしたり、内容を難しくしていくようにしましょう。時間をかけてマルチタスクに慣れていくことで、考える為の力も養われていきます。

仕事で考える力をつけるトレーニング方法⑦比較してみる

重さを比較する

仕事で考える力をつけるトレーニング方法の7つ目をご紹介いたします。それは『比較してみる』ということです。様々なことを比較してみましょう。比較するということは、頭の中で想像するという作業が必要になります。考える為の力を鍛える為には、想像力が不可欠ですから、比較するというのは良い方法なのです。

例えば、ひとつの仕事に対して、最低でも2つの方法を考えましょう。そして、どちらの方法があなたにとってやりやすいのか、またはどちらの方法がより効率的なのかについて、よく考えてみましょう。このようにして比較する癖を身に着けることで、考える為の力も鍛えられていきます。

自分で考える力を鍛えるには考える力がないことに気づくこと

考えるメガネの女性

自分で考える力を鍛える為には、まず自分に考える力がないことに気づくことが大切です。あなたは自分で考える力があるでしょうか。まずは自分に問いかけてみてください。その上で、ご紹介したトレーニング方法を実践してみることをおすすめいたします。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。