手取り30万の年収|額面給料と一人暮らしの生活費・家賃・貯金の内訳も

手取り30万円と聞いても、年収や額面が分からないという方も多いですよね。こちらの記事では、そんな手取り30万円の年収や生活費、家賃について紹介しています。一人暮らしの場合や既婚者の場合、貯金額についても紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。

手取り30万の月の給料の額面とボーナスあり・ボーナスなしの年収

手取り30万の月の給料の額面|約35万円

約35万円

手取り30万の月の給料の額面は、約35万円になります。基本的に手取りと言うのは、年金や保険料・各種税金などが引かれた値段になります。どのような給料でも、その合計は約5万円弱です。

そのため手取り30万円の場合は、額面では35万ほどのお給料をもらっているということになります。そのため手取り30万円は、なかなか実現しにくい手取りといえます。

手取り30万のボーナスありの年収|約550万円

約480万円

手取り30万のボーナスありの年収は、約550万円になります。これはボーナスが夏冬の二回、一回二か月分出ている場合の計算です。年収550万円程度となると、会社員の平均給与を大幅に上回る金額になります。

手取り30万のボーナスなしの年収|約420万円

約360万円

手取り30万のボーナスなしの年収は、約420万円になります。これは額面35万円支払われている場合の年収です。見てわかる通り、ボーナスありとなしとでは年収に100万円以上差がありますよね。

そのため手取り30万円でも、会社員の平均給与並みの年収になります。ですのでボーナスなしの場合は、特別高い給与というわけではないため注意しましょう。

手取り30万円はほど遠く、実感がわかないという方も多いと思います。こちらの記事では、そんな手取り30万円より5万円低い手取り25万円の生活について紹介しています。もう少し低い手取りの生活を知りたいという方は、合わせてチェックしてみてください。

Small thumb shutterstock 588769904
手取り25万の生活はどんなもの?給料/家計/年収/家賃/貯金

月の手取り給料が25万円の生活はどんな生活を送っているのでしょうか?該当する方の職業・仕事内容についての紹介や、家計の内訳についてなどご説明いたします!ま...

手取り30万の年収で見る生活費・家賃・保険・貯金内訳【一人暮らし】

手取り30万の年収で見る一人暮らしの内訳|生活費は約15万円程度

約15万円程度

手取り30万の年収で見る一人暮らしの内訳は、生活費は約15万円程度ということになります。一人暮らしの生活費を見たとき、節約や自炊をしていないと既婚者よりも高くなる傾向にあります。

例えば食費や外食費、交友費や趣味など様々なところにお金を使うため、結果として約15万円ほど使うことが多いです。それでも十分に生活していける手取りになります。

手取り30万の年収で見る一人暮らしの内訳|家賃は約9万円程度

約9万円程度

手取り30万の年収で見る一人暮らしの内訳は、家賃は約9万円程度になります。住む家の家賃を選ぶ基準は、月給の3割程度と言われています。そのため給与を35万円と考えると、約10万円です。

一人暮らしの場合は、そこまで家が広くなくてもいいため既婚者より少し低い家賃が相場になっています。しかし住む場所によっては、さらに低い家賃で住むことが可能です。家賃を削ると、他に回すお金が増えるためおすすめになります。

手取り30万の年収で見る一人暮らしの内訳|保険は約1万円程度

約1万円程度

手取り30万の年収で見る一人暮らしの内訳は、保険は約1万円程度になります。一人暮らしの場合、保険に入っていないという人は意外と多いですよね。しかし一人暮らしだからこそ、万が一に備え保険に入る必要があります。

一人分の保険を掛ける場合、保険料の相場は約1万円ほどです。場合によっては、さらに低く抑えることも可能になります。保険の種類によっては、積み立てすることも可能であるため様々な種類を探してみましょう。

手取り30万の年収で見る一人暮らしの内訳|貯金は約5万円程度

約5万円程度

手取り30万の年収で見る一人暮らしの内訳は、貯金は約5万円程度になります。一人暮らしの生活費などを考えると、残るお金は約5万円になります。そのためそのまま5万円貯金することが可能です。

もしも浪費癖が激しい場合は、定期預金など降ろせないような貯金の仕組みを利用するようにしましょう。定期的な貯金は生活していくために必ず必要になるため、少しずつでも行っていきましょう。

手取り30万の年収で見る生活費・家賃・保険・貯金内訳【既婚者】

手取り30万の年収で見る既婚者の内訳|生活費は約12万から13万円程度

約12万から13万円程度

手取り30万の年収で見る既婚者の内訳は、生活費は約12万から13万円程度になります。既婚者の場合、自炊や節約などを行い生活費を抑えることができます。ですが子供がいる場合は、学費などでさらにかかることもあります。

そのため大きく幅が広がりますが、おおまかには約12万円程度が生活費として使われています。生活費が多い場合は、一度固定費を見直すことがおすすめです。

手取り30万の年収で見る既婚者の内訳|家賃は約10万円程度

約10万円程度

手取り30万の年収で見る既婚者の内訳は、家賃は約10万円程度になります。既婚者の場合も一人暮らしと同様、給与の約3割が家賃にあてられます。ですが既婚者である分、やや高い家賃相場です。

ですがこれも住んでる場所や地域によって、大きく値段が異なってきます。家賃は節約したい場合に、一番抑えやすい固定費です。工夫次第では貯金額を増やすことができるため、一度見直してみてください。

手取り30万の年収で見る既婚者の内訳|保険は約2万円程度

約2万円程度

手取り30万の年収で見る既婚者の内訳は、保険は約2万円程度になります。結婚すると、子供や家族のために保険に入っていることが多いです。さらに一人暮らしの場合より、しっかりとした保障の保険に入っています。

その保険に二人で入るため、約2万円ほど保険料にかかることが多いです。それと同時に積み立て型に入り貯蓄している人も多くいます。一見多いように思える保険料ですが、安心を買っているという気持ちでいずれかに必ず入ることがおすすめになります。

手取り30万の年収で見る既婚者の内訳|貯金は約5万円程度

約5万円程度

手取り30万の年収で見る既婚者の内訳は、貯金は約5万円程度になります。これは生活費などを抜いたあまりの金額です。そのため工夫次第では、さらに貯金額を増やすことが可能になります。

また配偶者が働いていたり、パートをしていたりする場合はさらに貯金額を増やすことができます。結婚していると、将来のためや子供のためにお金が必要であるため計画的に貯金していくようにしましょう。

手取り30万の人の割合は?20代の割合や職種は?

手取り30万の人の割合|約9%

約9%

手取り30万の人の割合は、約9%になります。全体的な給与を見たときに、手取り30万円の人の割合は約9%です。つまり、10人に1人ほどの人が手取り30万円で暮らしているということになります。

そう考えると意外と多いですよね。今はそこまで高くない給料でも、昇給次第ではいずれ手取り30万円になる可能性も大きいということになります。そのため手取り30万円の生活がどのような生活になるのか、しっかり確認しておきましょう。

手取り30万の人の20代の割合|約3%

約3%

手取り30万の人の20代の割合は、約3%になります。20代だけを見ると、手取り30万円の割合は非常に低いです。特に20代前半はほとんどおらず、平均的には約20万円ほどになります。

20代は大学を卒業し社会に出てすぐの年代です。そのため給与もまだまだ低く、このような割合になっています。20代の時点で手取り30万円になるのは非常に厳しいため、今後どの程度昇給するか考え転職や仕事を行っていきましょう。

手取り30万の人の20代の職種①医療系の職種

医療系の職種

手取り30万の人の20代の職種一つ目は、医療系の職種になります。医療系の職種は、今非常に需要が高く給与も高いことが多いです。特に医師や看護師といった国家資格のある職業は、手取り30万円行くことは珍しくありません。

特に夜勤のある医療系の職種は、夜勤手当が出ます。夜勤手当があると、20代でも手取り30万円行くことも多いです。しかしその反面、業務が大変であったりするため注意が必要な職種でもあります。

手取り30万の人の20代の職種②資格の必要な職種

資格の必要な職種

手取り30万の人の20代の職種二つ目は、資格の必要な職種になります。資格の必要な職種の中でも、特に国家資格といわれる取ることが難しい資格を持つ職業は基本給が高い傾向にあります。

弁護士や税理士といった国家資格を持っていると、20代でも手取り30万円行くことが多いです。さらに今後独立したり起業することも多いため、その後の平均給与も高くなっています。しかし医療系の職種と同様、業務が忙しいことが多いため注意しましょう。

手取り30万円の人の年収や額面でできる生活スタイルを知ろう!

手取り30万円の年収や額面、生活費や家賃について紹介しましたがいかがでしたでしょうか。手取り30万円の生活は、意外と幅の広いものだということを知っていただけたと思います。これから昇給して手取り30万円に行きそうという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。