新車と中古車はどっちが得?メリット・デメリットやコスパの比較!

新車と中古車はどっちが得なのかご存知でしょうか。新車を買うとメリットが多いように感じる方もいますが、新車にもデメリットがあります。また、中古車にもメリットがあります。そこで新車と中古車を買う時のコスパなどを比較しメリットデメリットをご紹介します。

新車と中古車はどっちが得?新車の特徴やメリットデメリット5選

新車の特徴やメリット①カスタムが自由

男性

新車の特徴やメリット1つ目は「カスタムが自由」です。新車で購入する場合は車のグレードからボデぃカラー、内装まで色々とカスタムすることができます。中古車でもカスタムできるのですが、新車だからこそできるグレード選択や純正品の取り付けができます。

中古車でもカスタムは自由自在という方もいますが、やはり新車と中古車で出来るカスタム内容やカスタムできる範囲が違ってきます。1からすべて自分のオリジナルを作り上げたいという方にとっては、新車買うメリットではないかと思います。

新車の特徴やメリット②故障時も安心

男性

新車の特徴やメリット2つ目は「故障時も安心」です。中古車と故障時を比較しますと中古車の場合は、ディーラーで直さないので金額はリーズナブルですが、完璧に直るという保証や修理後の保証がなかったりと不安な点が多くありますが、新車で購入した場合はディーラーで直すことができます。

ディーラーでは少し金額が高くなりますが、完璧に直すことができたり、修理後の保証なども手厚くなっています。修理などのことを考えるとディーラーで新車を買うことをおすすめします。

新車の特徴やメリット③エコカー減税などのコスパが良い

男性

新車の特徴やメリット3つ目は「エコカー減税などのコスパが良い」ことです。近年はエコカーが主流となっており、新車を購入するとエコカー減税が適用されコスパがよくなります。エコカー減税があると無いとでは全く違ってきますので、エコカーを購入するなら新車がおすすめです。

新車の特徴やメリット④買った後のサービスが良い

女性

新車の特徴やメリット4つ目は「買った後のサービスが良い」ことです。新車を購入すると購入日から3年から5年間もしくは6000㎞から10000㎞の無料保証などが付いています。お店によって購入後のサービス内容が違ってきますが、買った後も安心して乗ることができます。

また、サービスは保証だけでなく、対応もまた違ったものとなります。もし、リコールがあった場合にも丁寧な対応や詳しいリコール説明などを聞くことができます。

新車の特徴やメリット⑤新品に乗れる

女性

新車の特徴やメリット5つ目は「新品に乗れる」ことです。当たり前のことですが、誰も載っていない新品の車に乗れることが出来るの最大のメリットと言えます。誰も乗っていない車を乗るというのは、安全性だけでなく優越感に浸ることができます。

新車には中古車にはない嬉しさと楽しさがあります。それを実感できるのもまた新車のメリットです。新品に乗りたいと思う方は新車を購入しましょう。

新車のデメリット5選

どっちが得なのか比較|新車の特徴やデメリット①購入金額が高い

女性

どっちが得なのか新車と中古車の比較や新車の特徴やデメリット1つ目は「購入金額が高い」ことです。新車はカタログ記載の金額だけ見ればあまり驚くような金額ではありませんが、実施に購入しようとするとカタログ記載の金額から50万から300万円などのプラスの金額が掛かってきます。

新車を恥得て購入しようとする人が良く勘違いをして損をしたように感じるのが、カタログ記載の金額が総合金額だと思うことです。カタログ記載されている金額は基本は本体価格ですので勘違いしないようにしましょう。

どっちが得なのか比較|新車の特徴やデメリット②値引き交渉でコスパ最悪

男性

どっちが得か新車と中古車の比較、特徴やデメリット2つ目は「値引き交渉でコスパ最悪の可能性」です。新車を購入する時に行うのが値引き交渉ですが、値引き交渉を行わなかったり下手をすると、コスパの悪い買い物となります。値引き交渉では、車や時期にもよりますが、10万円から50万円ほどの値引きが可能です。

どっちが得なのか比較|新車の特徴やデメリット③価格がすぐに下がる

男性

新車の特徴やデメリット3つ目は「価値がすぐに下がる」ことです。新車の購入時は車種にもよりますが、平均200万円からと高額になっていますが、購入して1年も立たないうちに価格が下がるということも珍しくはありません。特に人気がなかったり、人気過ぎてマイナーチェンジが出た時には価格が下落します。

どっちが得なのか比較|新車の特徴やデメリット④2年も乗れば型落ちになる

女性

どっちが得なのか新車と中古車の比較や新車の特徴やデメリット4つ目は「2年経てば型落ちになる」ことです。新車で購入したとしても2年も経てば型落ちの車となってしまいます。新車として購入しても新車として乗れるのも2年が限界です。2年もすれば中古市場にも出回るため、新車を購入するメリットが薄くなってきます。

どっちが得なのか比較|新車の特徴やデメリット⑤生産終了モデルが買えない

女性

どっちが得なのか新車と中古車の比較や新車の特徴やデメリット5つ目は「生産終了モデルが買えない」ことです。生産終了モデルの方がデザインや性能、使いやすさなどが良かったなどという方が多くいますが、生産終了モデルは新車では購入できません。

新車と中古車はどっちが得?中古車の特徴やメリットデメリット5選

中古車の特徴やメリット①納車が早い

女性

どっちが得なのか新車と中古車の比較や中古車の特徴やメリット1つ目は「納車が早い」ことです。新車と比較した時に中古車の最大のメリットと言えるのが、納車の速さです。新車の場合は2ヶ月から半年なんて当たり前の世界ですが、中古車なら手続きに躓かなければ1週間も掛からずに納車できます。

中古車の特徴やメリット②購入金額が安くてお得

女性

どっちが得なのか新車と中古車の比較や中古車の特徴やメリット2つ目は「購入金額が安くてお得」です。購入金額は中古車の場合提示してある金額が総額の場合がほとんどで、プラスの追加料金が必要だったりしても1万円から5万円程度です。

中古車の特徴やメリット③カスタム費用が掛からない

女性

どっちが得なのか新車と中古車の比較や中古車の特徴やメリット3つ目は「カスタム費用が掛からない」ことです。中古車を選ぶときにカスタムされた車を選ぶことで、購入後にカスタムする必要が無くなります。ただし、カスタムされた中古車で品質のいいものを選ぶと、少し高額になってしまうことがあります。

中古車の特徴やメリット④気軽に乗ることができる

男性

どっちが得なのか新車と中古車の比較や中古車の特徴やメリット4つ目は「気軽に乗ることが出来る」ことです。中古車は新車と違い壊れてもいいかという気持ちで購入する方が多いと思います。中古車は新車のように傷や汚れなど気を使わなくても良いので、気軽に乗ることがメリットと言えます。

中古車の特徴やメリット⑤選択の幅が広い

男性

どっちが得なのか新車と中古車の比較や中古車の特徴やメリット5つ目は「選択の幅が広い」ことです。車種によって数多くの中から選ぶことが出来ます。こだわりの1台を見つけることも夢ではなりません。

中古車のデメリット5選

中古車のデメリット①アフターケアがない

女性

どっちが得なのか新車と中古車の比較や中古車の特徴やデメリット1つ目は「アフターケアがない」ことです。中古車を購入するとアフターケアがないことが多くあり、購入後に故障などがあっても保障などない場合がないので、中古車選びには注意しなくてはいけません。

中古車のデメリット②購入時から故障している場合も

女性

どっちが得なのか新車と中古車の比較や中古車の特徴やデメリット2つ目は「購入時から故障している場合がある」ことです。購入時には綺麗に見えていたものでも、実際に走らしてみると故障していたなんてことも良くあります。

中古車のデメリット③長く乗れない

女性

どっちが得なのか新車と中古車の比較や中古車の特徴やデメリット3つ目は「長く乗れない」ことです。長く乗れないのには様々理由がありますが、多くあるのが原因不明の故障です。こういった原因不明の故障は、中古車に付き物と考えておきましょう。

中古車のデメリット④維持費が掛かりコスパ最悪

男性

どっちが得なのか新車と中古車の比較や中古車の特徴やデメリット4つ目は「維持費が掛かりコスパ最悪」です。維持費というのは車を持つと必ず掛かってきますが、中古車を購入すると修理費や交換費用など掛かる場合があります。

中古車のデメリット⑤悪質なお店がある

女性

どっちが得なのか新車と中古車の比較や中古車の特徴やデメリット5つ目は「悪質なお店がある」ことです。中古車を購入する時に注意してほしいのが、悪質な業者に騙されないことです。大手企業だからといって安心はできません。購入時は車をしっかりと確認して購入しましょう。

安くて良質な中古車を見つけるコツ3選

安くて良質な中古車を見つけるコツ①走行距離

女性

安くて良質な中古車を見つけるコツ1つ目は「走行距離」です。車によって走行距離の限界というものがあります。走行距離がかなりある車は安いですが、品質に保証できません。反対に走行距離が少ない車は高額となっていますので、あなたが乗るであろう距離を事前に把握して、ちょうどいい車を購入しましょう。

安くて良質な中古車を見つけるコツ②修復歴

女性

安くて良質な中古車を見つけるコツ2つ目は「修復歴」です。中古車を購入するときの基本ですが、修復歴のある車は安くなっていますが危険な場合もありますので、基本は避けましょう。修復歴がない安いものを選ぶと失敗することはあまりありません。

安くて良質な中古車を見つけるコツ③年式

女性

安くて良質な中古車を見つけるコツ3つ目は「年式」です。車を選ぶときは年式に注意しましょう。10年前の年式の車は安いですが、目に見えない部分にガタがきていることもありますので、おすすめできません。選ぶなら安くて年式の新しいものがおすすめです。

安くて良質な中古車を見つけるコツ④カスタムの有無

男性

安くて良質な中古車を見つけるコツ4つ目は「カスタムの有無」です。安い価格帯でカスタムされている車を選びがちですが、カスタムされていない車を選び自分でカスタムした方が安い場合がありますので、カスタムに騙されないようにしましょう。

安くて良質な中古車を見つけるコツ⑤清掃されているか

女性

安くて良質な中古車を見つけるコツ5つ目は「清掃されているか」です。安い中古車を見つけようと思えば安く金額設定することで簡単に見つかりますが、注意して欲しいのが清掃されているかです。安くても清掃されている車は良質な車が多くあります。

清掃されているかを確認できれば、外装だけでなく内装やエンジンなどの目に見えない部分も整備されているケースがあります。中古車といっても清掃や修理をしていない状態で、売っている場合も少なくはありません。内装が汚かったり前オーナーのニオイが残っている車はNGです。

中古車を選ぶときはついつい外装や走行距離などに目が行きがちですが、本当に良質な車を選ぶなら内装が清掃されているかをチェックしましょう。

安くて良質な中古車を見つけるコツ⑥タイヤのすり減り

女性

安くて良質な中古車を見つけるコツ6つ目は「タイヤのすり減り」です。中古車を購入するときは、外装や内装、付属のオプションなどに目が行きがちですが、タイヤにも注意しましょう。タイヤは何を履いているかも重要ですが、タイヤのすり減り具合も確認しましょう。車購入後にすぐタイヤ交換はコスパ最悪です。

タイヤはあまり交換するということもありませんが、中古車の場合は新車と違い何千何万キロと走行しています。そうこうしていると当然タイヤのすり減りも起こります。また、タイヤのすり減りは走行距離を見れば分かると言われていますが、走り方によってすり減り具合は違ています。

中古車を販売しているお店はタイヤの山が「6以上」あれば販売していますが、実際に6以上あるかどうかは分からない部分もあります。また、タイヤの山が6以上あったとしてもすぐにすり減ってしまうこともあり、購入後タイヤ交換が必要となりますので、中古車を購入する時はタイヤのすり減りも確認しましょう

新車と中古車の違いを知ろう

女性

新車と中古車のメリットとデメリットや中古車を選ぶときのコツなどは参考になったでしょうか。車を選ぶときには新車や中古車どちらを選ぶか迷うかも知れませんが、どちらにもメリットデメリットがあります。コスパやアフターケアなど重視して自分に合った車選びをしましょう。

Small thub fotolia 193840195 subscription monthly m
ヤフオクの出品手数料と落札手数料は?オートバイや自動車も売れる?

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。