ヤフオクの出品手数料と落札手数料は?オートバイや自動車も売れる?

ヤフオクは、フリマ形式での出品ができるようになったことから、様々な人が利用するようになりました。このページでは、ヤフオクの出品手数料や落札手数料、落札されるコツなどを詳しく解説します。

ヤフオクの出品手数料とは

出品にはプレミアム会員登録が必要

ヤフオクのオークションに出品するにはYahoo!プレミアム会員になる必要があります。Yahoo!プレミアム会員は会員費が月額498円で、会員登録をすると、オークションに出品できる他、Yahoo!ショッピングを利用する際のTポイントが5倍になったり、様々なクーポンがもらえたりします。なお、Yahoo!プレミアムは自分で解除手続きを行わない限り、自動更新されますのでご注意ください。

フリマやヤフオクアプリは出品無料

現在ヤフオクには、オークション形式での出品とフリマ形式での出品の2通りの出品方法があります。オークション形式で出品する場合にはYahoo!プレミアム会員となる必要がありますが、フリマ形式での出品は会員となる必要はありません。ヤフオクはスマホ用のアプリも配信されており、Webサイトと同様に、オークションとフリマのどちらの形式でも出品することができます。

落札されたら落札システム手数料

自分が出品した商品が落札された場合はヤフオクに落札システム手数料を支払う必要があります。Yahoo!プレミアムに会員登録している場合は、オークション・フリマのどちらの出品形式でも落札手数料は落札価格の8.64%です。Yahoo!プレミアムに会員登録していない場合はフリマ出品しかできず、フリマ出品での落札システム利用料は10%です。

出品取り消しにも手数料が必要

オークション形式で出品し、入札者がいる場合、商品の出品を取り消すと「出品取消システム利用料」を払う必要があります。出品取消システム利用料は、1商品あたり540円で、自動車・オートバイなどの場合は3,024円かかります。 フリマ形式での出品の場合は、あらかじめ設定した金額での販売のため、入札者が現れた時点で出品は終了となります。なお、出品中の取消には手数料はかかりません。

バイクや車は手数料体系が異なる

通常、落札システム利用料はYahoo!プレミアム会員の場合8.64%、会員でない場合は10%ですが、バイクや自動車などの特定のカテゴリにおいては利用料が異なります。例えば、「自動車、オートバイ > 中古車・新車」というカテゴリでは出品システム利用料、落札システム利用料、出品取消システム利用料がすべて3,024円です。この他にも、船やボートなども独自の手数料体系となっています。

落札者も手数料を払うの?

送料以外は基本的に不要

基本的に落札者が払うのは落札した商品の代金のみです。着払い設定で出品されていた商品を落札した場合には、商品の送料に加え、着払い手数料を支払うこともあります。 落札者が商品代金や送料以外に手数料を支払うのは、商品の落札後に取引をキャンセルしたい場合です。もし、出品者が出品の際に有料オプションなどをつけていた場合、落札後のキャンセルでせっかく付けた有料オプションが無駄になってしまいます。ですので、落札後のキャンセルをすると商品代金以外の手数料が請求されることがあります。

ストアは消費税が発生することも

ヤフオク!ストアはYahoo!JAPANが定めている条件を満たした法人または個人事業主が利用できるサービスです。ヤフオク!ストア利用者は個人利用の場合よりも優遇された手数料体系でヤフオクに出品することができ、出品したものにはストアマークが付きます。 基本的にヤフオクでの個人間取引には消費税がかかりませんが、ストアマークのついた商品を出品しているのは法人もしくは個人事業主ですので、ストアマークがついている場合は個人間取引ではありません。ですので、商品代金に加え、消費税が発生することがあります。

落札されない時にはどうすればいい?

価格やタイトルを工夫する

落札されない理由としては、商品の需要がないことや、他にもっといい商品があるなど、様々な理由が考えられます。商品がなかなか売れない場合はまず価格の見直しをお勧めします。類似商品がどのような価格で出品・落札されているかを調べて、なるべく同等以下の価格設定にしましょう。 また、商品タイトルも見直せる点の一つです。商品の魅力と落札者が必要とする情報をコンパクトにまとめたタイトルにするとクリックされやすくなることがあります。

有料のオプションを利用してみる

価格や商品タイトルの見直しの他に、有料のオプションを利用するという方法もあります。オプションはオークションで利用することができ、自分の出品した商品を目立たせることができます。 例えば、「注目のオークション」というオプションは1日あたり21.60円から利用することができ、自分の商品を検索ページの上位に表示させることができます。金額は自由に設定することができ、設定した金額が高額なほど上位に表示されます。

ヤフオクでトラブル発生した時は?

不良品返品などの相談は原則出品者と

基本的にYahoo!JAPANは出品者と落札者の取引には介入せず、返金などの対応もしてくれません。ですので、もし不良品が送られてきたり、商品が届かないなどのトラブルがあった場合はすぐに出品者に取引メッセージを送りましょう。配達途中の荷物の破損の場合は運送会社が補償してくれる場合もあるので、出品者と相談しながら今後の対応を話し合う必要があります。

詐欺が疑われる場合は被害届提出も

実際にヤフオクを利用した詐欺も行われています。例えばお得な価格で売られていた商品券を数十万円分購入し支払いを済ませたが商品が届かず、出品者とも連絡が取れないといった詐欺被害が依然ありました。 詐欺が疑われる場合は警察署に被害届を提出しましょう。インターネットで検索すると同じような被害に会った人同士が情報をやりとりしている掲示板などもある場合があります。

まとめ

ヤフオクはYahoo!プレミアム会員に登録するか否かで利用できる出品形式や手数料が異なります。オークションを利用したいもしくは、ヤフオクでの手数料をなるべく安く抑えたい方にはYahoo!プレミアム会員になることをお勧めします。ヤフオクは様々な人が利用できる反面、詐欺などに使われる場合もあります。詐欺にひっかかると警察沙汰になることもあるので注意してください。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。