専業主婦のお小遣いの平均と相場とは?嫁・妻のお金の使い道や内訳9選

専業主婦の方は平均どの程度のお小遣いを貰っているのかが気になるという方や妻がお小遣いをどのような使い道をしているのか気になるという旦那さんも多いと思います。そこで、世の中の専業主婦のお小遣いの平均金額やお小遣いをもらった嫁の使い道や内訳をご紹介します。

専業主婦をお小遣い制にするメリット3選

専業主婦をお小遣い制にするメリット①効率よく貯金ができる

女性

専業主婦をお小遣い制にするメリット1つ目は「効率よく貯金ができる」ことです。貯金をしたいと思っている主婦がほとんどだと思います。お小遣い制にすることによってなぜ効率よく貯金ができるのかという疑問を浮かべる方も多いですが、初めにお小遣いを渡しておくことでお金を制限できます。

お小遣い制にすることによって、使いすぎや使途不明金を防ぐことが出来、貯金できます。貯金を優先した行いたいという方は、お小遣い制にして貯金を出来る環境を作りましょう。

専業主婦をお小遣い制にするメリット②お金の使い方を考えれる

女性

専業主婦をお小遣い制にするメリット2つ目は「お金の使い方を考えれる」ことです。お小遣い制にすることによって限られたお金の中で、1月やりくりしなくては生活ができません。お小遣い制にすることでお金の使い方を考えることができます。

特に新婚夫婦などにはおすすめとなっています。新婚夫婦は結婚生活が浅く、夫婦としてのお金の使い方も分からない方が多いと思います。そういった方々にはお小遣い制がメリットとなります。

専業主婦をお小遣い制にするメリット③浮気防止

女性

専業主婦をお小遣い制にするメリット3つ目は「浮気防止」です。浮気防止というのは妻にではなく旦那さんにメリットのある話です。浮気は今ブームとなっていますが、浮気を防ぐには方法があります。ですが、防いでも浮気をしてしまうという方がいます。

浮気をするには連絡を取る手段や出会う手段などありますが、1番重要なのはお金です。お金が使いたい放題だと浮気が簡単にできますが、お小遣い制で限られたお金しかないと浮気する余裕もなくなってしまいます。浮気防止にはとても効果のある方法です。

専業主婦のお小遣いの平均とは?

専業主婦のお小遣いの平均相場①20代夫婦の場合

女性

専業主婦のお小遣いの平均1つ目は「20代夫婦の場合」です。20代夫婦の場合はお互いにあまり余裕がない時です。お金に余裕がないのは、将来の貯金などに回すことでお金に余裕が無くなります。そんな20代夫婦のお小遣いは1万円から1.5万円となっています。

専業主婦のお小遣いの平均相場②30代夫婦の場合

女性

専業主婦のお小遣いの平均2つ目は「30代夫婦の場合」です。30代夫婦の場合は収入的にも余裕が出てくる年代ですので、20代よりもお小遣いの金額が多くなりますが、ローンや子育てがある場合が多いので、30代妻の平均お小遣いの金額2万円となっています。

専業主婦のお小遣いの平均③子供が小さい場合

女性

専業主婦のお小遣いの平均3つ目は「子供が小さい場合」です。子供が小さくまだ外出の頻度が少ない主婦が多いので、子育て中の妻の平均お小遣いの金額は1万以下となっております。子育て中の妻のお小遣いの金額少なく感じますが、多くの妻はあまり不満に思っている方が少ないようです。

不満に思わない1つの理由は外出が出来ないことで好きなものが買うことができず、お金を欲しいと思わないことです。階に行くことができなければ、お金の必要性が無くなってしまい、お小遣いの金額も最低限で良いと考えるからです。

専業主婦のお小遣いの使い道9選

専業主婦のお小遣いの使い道や内訳①ファッション

女性

旦那の気になる嫁のお小遣いの使い道や内訳1つ目は「ファッション」です。ファッションでは、5,000円から1万円ていどかかってしまいます。毎月ファッション関係のものを購入しないという方でも年間を通して見てみるとファッション系に1/3のお金を使っているという場合があります。

ファッション系は男性と違い、女性の方が必要なアイテムが多くあり、流行も頻繁的に変わりますので出費がどうしても多くなってしまいます。男性が思うファッションアイテムは服や下着程度だと考えている方も多いですが、女性の場合アクセサリーなども含まれます。

ファッションアイテムといっても女性の場合は数多くあり、ファッションを楽しむことが趣味という方はさらにお金がかかります。また、ブランド志向の方となると全身をブランド物に固めますので、お小遣いの使用がファッション中心となります。

旦那の気にな妻のお小遣いの使い道や内訳②コスメ

女性

旦那の気になる嫁のお小遣いの使い道や内訳2つ目は「コスメ」です。女性となると化粧するのが基本となり、多くの方が必要とするアイテムです。コスメと言っても価格帯はピンからキリまでありますが、基本的に1つのアイテムで1,000円以上はしてしまいます。

そのため、コスメを集めようとするとお小遣いの1/3は使ってしまいます。現在ではプチプラブランドは主流となり流行っておりますが、プチプラブランドと言っても余りやすいものではありません。反対にハイブランドのコスメとなると安いアイテムでも3,000円以上はしてしまいます。

男性はコスメの価格を知らないため、妻に買い過ぎだと怒る方もいますが、必要最低限のコスメを集めたとしても5,000円以上は掛かってしまいます。コスメの価格や必要なアイテムの数を知っておくと男性も妻に怒ることはなくなると思います。

旦那の気になる嫁のお小遣いの使い道や内訳③美容室

女性

旦那の気になる嫁のお小遣いの使い道や内訳3つ目は「美容室」です。美容室はカットだけでなくカラーやパーマなど行うため、毎月通うという方がおほとんどとなっております。また、カットをしなくてもカラーやパーマだけで10,000円以上してしまう場所もありますので、意外と高額な出費となります。

ですので、お小遣いを多くもらっている方は必ず毎月一度は通っている方もいます。また、毎月通わなくても基本は2か月に一度は通うので、必ず美容室での出費は掛かってしまいます。

男性とは違い女性はどうしても美容室代が多くかかってしまいます。男性よりも行うことが多いため仕方がないことだと言えるので、男性は美容室という出費は抑えられないものだと考えておきましょう。

旦那の気になる嫁のお小遣いの使い道や内訳④おやつ

女性

旦那の気になる嫁のお小遣いの使い道や内訳4つ目は「おやつ」です。おやつは生活費から出しているという方も多いですが、お小遣いをで買うおやつは日常的に食べるおやつを買うのではなく、ケーキなどのお菓子屋さんなどで購入する特別なおやつとなっております。

そのためおやつとなると1回に500円以上を出費してしまう方も少なくはありません。特にケーキなどのおやつが好きな人は毎月のお小遣いはケーキに消えているという方も多いです。

旦那の気になる嫁のお小遣いの使い道や内訳⑤趣味

女性

旦那の気になる嫁のお小遣いの使い道や内訳5つ目は「趣味」です。趣味は人それぞれあり、趣味内容によってはお小遣いのほとんどを掛けてしまうという方もいます。趣味と言っても遊ぶだけではないので、何かを集める趣味となると集めたアイテムをコレクションするための棚なども、お小遣いから購入します。

旦那の気になる嫁のお小遣いの使い道や内訳⑥貯金

女性

旦那の気になる嫁のお小遣いの使い道や内訳6つ目は「貯金」です。専業主婦の方は貰たお小遣いは貯金している人は多くいます。専業主婦の方もすべてお小遣いを使う訳ではなく、何か目標や夢のために貯金をしているという方がほとんどで、実際はお小遣いを貰っても使っていないという方もいます。

特に小さな子供がいたり、結婚することで専業主婦と言っても出歩く時間なんてほとんどなくなり、友人も結婚や仕事が忙しく遊ぶ時間がなく、ほとんどお金を使うタイミングなんてなくなってしまいます。その結果お小遣いは基本貯金に回ってしまうことが多くあります。

旦那の気になる嫁のお小遣いの使い道や内訳⑦子供のもの

女性

旦那の気になる嫁のお小遣いの使い道や内訳7つ目は「子供のもの」を買うことです。平日の買い物に子供と一緒に行くこととなると出費は基本妻のお小遣いから出る場合がほとんどです。子供とどこかお出かけした時ほ出費は基本お小遣いなので、お金を自分に使うというよりもお小遣いを子供に使う場合が多くあります。

お出かけの際に子供にかかる出費はあまりかからないと考える男性が多いですが、子供と言ってもかなりの出費が弾む場合があります。出費が多くなるのは、外での飲み物やおやつ、お昼ご飯などです。大人なら我慢できることも子供なので我慢できないため出費が増えてしまいます。

旦那の気になる嫁のお小遣いの使い道や内訳⑧習い事

女性

旦那の気になる嫁のお小遣いの使い道や内訳8つ目は「習い事」です。専業主婦の方は意外と習い事でお小遣いを使っていることがあります。習い事は専業主婦の楽しみとして習っている方から技術を身に着けるために習っている方もいます。

習い事言っても子供の習い事のような価格の場所はほとんどなく、1月に1万円弱掛かる習い事がほとんどとなっています。主婦に人気の習い事はお料理教室やジム、ヨガなどです。習い事は通うペースや内容によって金額が異なるので、お小遣いが習い事でなくなるという方も少なくありません。

旦那の気になる妻のお小遣いの使い道や内訳⑨生活費

女性

旦那の気になる嫁のお小遣いの使い道や内訳9つ目は「生活費」です。お小遣いとして渡されたお金であってもお金を管理しているのは妻の仕事ということが多いので、生活費が苦しい時は妻のお小遣いから出しているということもあります。

お金が溜まらないという主婦におすすめの節約術

お金が貯まらないという主婦におすすめの節約術①食費は決めておく

女性

お金が貯まらないという主婦におすすめの節約術1つ目は「食費を決めておく」ことです。出費が多い部分はどの家庭も食費だったりします。食費を抑えるのは厳しいという方も多いですが、月初めに食費を前もって決めておくと簡単に節約ができます。

お金が貯まらないという主婦におすすめの節約術②家計簿はNG

女性

お金が貯まらないという主婦におすすめの節約術2つ目は「家計簿はNG」です。家計簿は付ける事のよって節約できている方もいますが、家計簿を付けることによって節約できているという気分になっているだけの場合があります。家計簿を付け節約できたという方は続け、効果のない人はやめましょう。

家計簿を付けない事によって、家計簿を付け手帳やノートを買う必要が無くなり、家計簿を付ける時間を他の時間に使うことができます。無駄なことを辞め効果のある節約術を行いましょう。

専業主婦のお小遣いの平均相場を知ろう

女性

専業主婦のお小遣いの祖平均相場や夫の気になる妻のお小遣いの使い道などは参考になったでしょうか。お小遣いの相場平均は1万円から2万円となっております。また、お小遣いの使い道はファッションやコスメ、おやつが主な内訳です。専業主婦のお小遣いの平均を知り幸せな家庭を築きましょう。

Small thub fotolia 164622548 subscription monthly m
生活費の節約方法とは?一人暮らしや4人家族のポイントは?

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。