4人家族のガス代の平均は?圧倒的に節約する方法も伝授します!

うちのガス代が高いのか、安いのか気になった事はありませんか?今回は「4人家族のガス代の平均」をテーマに、圧倒的にガス代を節約する方法を紹介していきます。また、相場や目安などより詳しく紹介していくので、ガス代が高いと感じている人は節約術を学ぶ参考にして下さい。

一般家庭(4人家族)の季節ごとに見るガス代の平均は?

ガス代の全国平均は1ヶ月4,911円

4つのコンロの様子

4人家族のガス代の全国平均は1ヶ月あたり4,911円というデータがあります。年間にすれば6万円弱のガス代を支払っている事になります。ガス代は、持ち家と賃貸でもガス代の違いはあるようです。持ち家の4人家族でのガス代の平均は4,490円、賃貸の場合には平均6,278円となります。

これらを見ても賃貸住宅に住んでいる4人家族のガス代の平均は持ち家の1.35倍となります。賃貸住宅にも様々なケースがありますが、社宅や公営住宅においても同様に持ち家の家庭よりもガス代が高くなる傾向にあります。基本料金や目安・相場には地域差はありますが、それでも一般家庭であれば同様の差が出ます。

差は一番大きくて1ヶ月4,000円

ストールを羽織る女性

ガスを使うのはコンロだけではありません。お風呂や手を洗ったり、食器を洗ったりする時などお湯を使う際にも使用するものです。その為、必然的に冬場の方がガス代が高くなるというのは理解できますよね。最もガス代が高くなる時期は1~3月期、ガス代が安くなる時期は7~9月期となります。

1~3月期は7,922円、7~9月で3,956円と最も安い時期と高い時期は1ヶ月で4,000円もの差が出ます。やはり、外気温が低いと夏場のような外気も温度が高い時期に比べれば同じ温度の水を作ろうとすると、それだけ冬場の方がいくらか時間が掛かってしまうというのは当たり前ですよね。

基本料金は年間通して一定料金なので、その差は使用量によって決まるというのがわかります。ここに、冬場のガス代が高くなってしまう理由や効果的な節約法について紹介している記事があるので、この記事を参考にして効果的に節約できる方法を模索する参考にして下さい。

Small thumb fotolia 187304458 subscription monthly m
冬のガス代なぜ高い?高い理由と効果的な節約法を紹介!

4人家族での都市ガスとプロパンガスの仕組みやガス代の平均の違いは?

プロパンガスと都市ガスの違い

シルバーのコンロ

プロパンガスと都市ガスの違いについてまずは見ていきましょう。都市ガスは道路の下に通されたガスの導管を通じて直接ガスが各家庭に運ばれます。それに対し、プロパンガスは液化されたLPガスを容器に充填してから各契約者に届けられます。都市ガスは導管を道路下に埋める必要があるので初期投資にお金が掛かります。

その為、人口が密集している都市部で使用されているケースが多いです。また、LPガスはそんな都市ガスが入っていない場所に点在しているという事になります。全国で約65%の家庭が都市ガスを使用しており、34.3%がプロパンガスを使用しています。

そもそも料金システムが違う

豚の貯金箱とお金

プロパンガスと都市ガスは、そもそも料金システムに違いがあります。都市ガスは政府の認可が必要な規制料金制であるのに対し、プロパンガスは自由に料金を決める事ができる自由料金制を取っています。これも都市ガスとプロパンガスのガス代の平均に影響を与えているというのは言うまでもありません。

平均の差はおよそ1.7倍

頭を抱える男性

プロパンガスは地域によってかなりの差があり、都市ガスもエリア毎に料金が異なるのでプロパンガスの関東の平均価格と関東エリアの都市ガス大手でもある東京ガスの東京地区の平均を比べてみましょう。都市ガスとプロパンガスの料金に最も影響を与えている熱量です。

プロパンガスの熱量は1㎥あたり24,000kcalなのに対して都市ガスはは11,000kcalです。プロパンガスは12,343円・都市ガスが7,022円となり1.7倍になります。都市ガスでプロパンガスと同じ量の仕事をする為にはプロパンガスのガス使用量の2.2倍の都市ガスを使用する必要があります。

その為、都市ガスでプロパンガスと同じ従量料金を2.2倍した都市ガスとプロパンガスを比較する必要があります。それでもやはり、プロパンガスは都市ガスよりも高い事がわかりますよね。ここに、プロパンガスと都市ガスの見分け方や平均料金の差について詳しくまとめた記事があるので、参考にしてみて下さい。

Small thumb fotolia 166770513 subscription monthly m
プロパンガスと都市ガスの見分け方は?平均料金の差も解説

4人家族のガス代の平均が高くなってしまう原因は?

浴槽にお湯を張る頻度が多い

浴槽にお湯を張る様子

冬場は湯冷めしないように湯船にゆっくり浸かりたいという人が多いでしょう。特に、小さな子供がいる場合にはお風呂に浸かる頻度も高くなります。しかし、そうなるとガス代は上がります。また、年間通してお湯に浸かる家庭であっても冬場の方が夏場よりもお湯を温める為にガスの使用量が増えます。

それが結果として基本料金に差はないのにガス代の相場や目安が上がる直接の原因となります。浴槽に入る頻度が多いご家庭ではいくらかガス代を節約する方法があるので、節約術を実践する事でいくらかでもガス代を抑える事ができます。

追い炊きする度にガスの使用量が増える

お風呂場の様子

家族の人数が増えるとどうしてもお風呂に入る時間帯もバラバラで、その度に追い炊きしていてはそれだけガスの使用量は増えます。200Lのお湯を25℃から40℃まで上げようとすれば3000kcalのエネルギーが必要となります。冬の寒い時期にはさらに多くのエネルギーを必要とするのでガス代は高くなる一方です。

ここに、お風呂やシャワーに対するおすすめの節約術を紹介している記事があるので、この記事を参考にしてお風呂やシャワーの時にできる節約術を学ぶ機会として下さい。

Small thumb fotolia 122600935 subscription monthly m
ガス代節約でお風呂やシャワーはどうする?おすすめの節約術解説!

4人家族でもガス代の平均を抑える節約方法は?【調理編】

ガスコンロの火は鍋の大きさに合わせる

フライパンで調理する様子

ガス代が高いご家庭では、調理する際に火力が鍋の大きさに合っていない事も少なくありません。調理をする際に強火ではなく、中火を目安に調理するのがおすすめです。強火だとどうしても鍋底から火がはみ出してしまう事も多いので、それだけ無駄となってしまう事も多いものです。中火にすればピンポイントで調理も可能です。

電子レンジを上手く活用する

電子レンジの様子

根菜類を調理して柔らかくするには、それだけ長い時間火にかけておく必要があります。その為、根菜類を調理する際にはあらかじめ電子レンジで調理をしたうえで調理すればガス代の節約になります。また、スープなどの再加熱も電子レンジですれば時短にもなりますよね。

落し蓋を活用する

調理をする女性

ガスコンロで煮物をする際には落し蓋をする事でガス代を半分以下にする事ができます。落し蓋をする事で味も染みやすくなりますので、ガス代の節約にもなりますよね。基本料金は変化しませんので、調理によっていくらか節約するにはそれだけ時短調理がポイントになってきます。

なるべく同じ鍋で一気に調理する

料理をする女性

煮る・茹でる・焼くなど複数の調理法で調理する場合でも一緒に調理すれば一度で済むので時短にもなります。断熱できる袋を使用してタレや野菜、肉など火を通す食材それぞれを袋分けして入れ、一つの鍋で一気に調理する事も節約に繋がります。

ここに、自宅のガスがプロパンガスである時におすすめの節約法をまとめた記事があるので、この記事を参考にして一般家庭の相場を知ったうえでキッチンでもできる節約術を学んでみて下さい。

Small thumb fotolia 121640510 subscription monthly m
プロパンガス節約法が丸わかり!お風呂や賃貸、キッチンはこれでOK

4人家族でもガス代の平均を抑える節約方法は?【日常生活編】

お風呂に溜めるお湯の量を減らす

浴槽に浸かる女性

通常だと湯船に8分目程お湯を溜めてから入浴すると思いますが、5分目までお湯を溜めた所で入浴してみて下さい。半分程、溜まった状態で入浴すれば体を十分温める事も可能ですし、満水になる前に早めに止めればガス代だけでなく水道代の節約にもつながります。時間を掛けて入浴する事にも繋がりますよね。

浴槽の蓋はこまめに閉める

浴室の様子

蓋をその都度閉めておかなければ、どんどんお湯の温度は下がる一方です。特に、冬場の浴室は冷えますので夏場よりも蓋を閉めずにいればすぐに冷えてしまいます。一般家庭で浴槽の蓋を閉める場合とそうでない場合には年間約2,000円の差が出ます。その為、お風呂の蓋はこまめに閉めるように意識しましょう。

家族の入浴時間を揃える

家族で楽しむ様子

4人家族の一般家庭でのガスの使用量を考えると、家族皆がバラバラに入浴すればそれだけ1ヶ月のガスの使用量も増えてしまいます。都市ガスとプロパンガスのどちらを使っているかでも基本料金の違いはありますが、何度も同じ事を繰り返すと1ヶ月、年間でかなりの差が出てきます。

冬場となればそれだけ多くのガスの使用量となりますので、これが積もればいくらの節約になるかというのは理解できますよね。4人家族のガス代の目安を知っておけば節約するにも参考になりますので、基本料金の目安や相場を知っておくというのは大事になってきます。

シャワーを有効活用する

シャワーの様子

ガスの使用量を考えると4人家族のような一般家庭である場合には、シャワーは敬遠されがちです。しかし、シャワーも使い方次第では1ヶ月でいくらかではありますが、その結果が出るでしょう。4人家族の一般家庭でのガス代の相場や目安を考えると、シャワーを使う時間を5分と決めて使用すれば大丈夫です。

また、シャワーのヘッドを節水型の物に変えればガスや水道の使用量を抑える事ができるだけでなく、基本料金も抑える事が可能です。また、浴槽にお湯を張った時には体を洗う際にも浴槽のお湯を利用するというのもポイントです。シャワーで節約するよりもいくらかはより、高い節約が期待できます。

ここに、お風呂でできるガス代の節約法を紹介している記事があるので、この記事を参考にして1ヶ月でいくらか節約できる術を身につけるヒントとして下さい。ガス代の基本料金や相場を把握したうえで、すぐにできる事から始めてみて下さい。

Small thumb fotolia 134452866 subscription monthly m
お風呂のガス代節約法3つを大公開!追い炊きの代金や水道代とは?

4人家族でも普段からできる節約術を実践してガス代の平均を抑えよう

今回は「4人家族の一般家庭でのガス代の平均」をテーマに、1ヶ月・1年間かけてできるあらゆる節約法を紹介してきましたが、いかがでしたか?冬になれば必然的にガス代は高くなる傾向にあります。また、一般家庭のガス代の目安と共にプロパンガスと都市ガスの相場についても見てきました。

地域によってもその目安や相場には差がありますが、それでも都市ガスの方が高めの傾向にあるのは理解できたでしょう。1ヶ月いくらというのが目に見えて出るものですので、それだけ節約に取り組むのも楽しくなります。その為、基本料金や目安・相場を知り、まずは自分でもできる事から始めてみましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。