家族構成の書き方5選!履歴書や書類の家族調書の意味やどこまでなのかも

家族構成の書き方を知っていますか?履歴書などのいろんな書類に書くことがある家族構成は、就職などにも必要な身上状況の情報です。今回は、家族構成の書き方をご紹介します。続柄の書き方やどこままで書けばいいのか、まとめていますので是非参考にしてくださいね。

家族構成とは?書く意味についても

家族構成とは|履歴書や家族調書などの書類に書く家族状況

書類

家族構成とは、「履歴書や家族調書などの書類に書く家族状況」です。書類を書く際、家族構成や状況を記載する欄がある場合があります。そんな時、どうやって書けばいいのか悩みませんか?自分のことなら書類にも簡単に書くことが出来るかもしれませんが、家族のことについては難しい方も多いでしょう。

家族構成の変動は頻繁にはあることではありませんので、書き方を知っておくと、今後も迷うことなく書くことが出来るのではないでしょうか。市販の履歴書には、家族構成を書く欄は少なくなってきています。しかし、履歴書の他に家族調書などの書類を必要とする企業もありますので、書き方を知っておくといいですよ。

家族構成を書く意味|身上確認と扶養家族の有無

家族

家族構成を書く意味は、「身上確認と扶養家族の有無」であることが多いです。家族構成や状況を知ることで、本人の身元確認や扶養家族がいるのかを確認する目的があると思われます。他にも要介護者がいるのか、子供がいるのか、ということも配属先や雇用形態の参考にしている企業もあります。

自分の家族構成の状況や、きちんとした履歴書を提出する為にも、書類への書き方や答え方をしっかし覚えておくと安心です。厚生労働省では、適正や能力以外を採用材料にしないという基準を設けている為、絶対に必須とはいえません。

しかし、個人情報であるとはいえ、重要視している企業もあることは事実です。その為、書類を空欄で提出するのは得策ではありません。何も書かずに提出すると、合否に関わってくる場合もあるでしょう。書類は空欄を作らずきちんと明記しておくことで、自己アピールにもなりますよ!

家族構成はどこまで書くか・ポイントも

家族構成はどこまで書くか・ポイント①基本は同居の家族のみ

同居

家族構成はどこまで書くか1つ目は、「同居の家族のみでOK」です。履歴書や申請書類、家族調書に書く家族構成の場合、書くのは基本的に同居をしている家族です。その為、親や子供、兄弟など血が繋がっている家族であっても、書類を書く本人と一緒に住んでいないのであれば、書く必要はありません。

他にも、同じ屋根の下に住んでいる同居人がいるのなら、血縁関係がなかったとしても書いた方がいいでしょう。血縁関係のない同居人は1番下に明記します。その場合「同居人」と記載しておくといいですよ!

家族構成はどこまで書くか・ポイント②年齢や続柄

家族

家族構成はどこまで書くか2つ目は、「年齢や続柄」です。名前の他にその家族の年齢や、本人から見てその人はどんな関係の人なのかを記載します。記載する欄がなくても、この2つは書いておくといいでしょう。家族の年齢や続柄を記載することで、扶養家族の有無や幼い子供がいる家庭なのかなどが分かるようになります。

家族構成はどこまで書くか・ポイント③記載欄があれば職業も記載する

会社員

家族構成はどこまで書くか3つ目は、「記載欄があれば職業も記載する」です。職業を記載するように指示があったり、職業を書く欄がある場合には書くようにします。書く欄がなければ、書かなくても基本問題はありません。役所や願書などを書く際の家族構成欄には、職業を記載する欄が設けられていることが多いです。

家族構成はどこまで書くか・ポイント④1人暮らしの場合は記載なしでOK

1人暮らし

家族構成はどこまで書くか4つ目は、「1人暮らしの場合は記載なしでOK」です。1人暮らしで世帯主が自分の場合、家族構成欄には記入しなくてもいいでしょう。しかし、住民票が別にある場合など世帯主が自分ではない場合は、世帯主を記名する必要があるでしょう。緊急連絡先がある場合も、書いておくと親切です。

住民票が実家にある場合や緊急連絡先として記載する場合、同居していないことを示すことが出来るように「別居」などと書いておくと、わかりやすいでしょう。

下記の記事では、職業訓練の面接で受かりやすい人とはどんな人なのかをご紹介しています。自己紹介の仕方や、質問内容の例文などわかりやすくまとめていますので、合わせて参考にしてみてくださいね!

Small thumb shutterstock 551903329
職業訓練の面接で受かりやすい人とは?自己紹介や服装・質問内容の例文も

この記事では、職業訓練の面接・質問において受かりやすい人の内容などについてや、訓練校での正しい自己紹介の例文、服装やパソコン・ポリテクなどについて、詳しく...

家族構成の書き方5選・例も

家族構成の書き方や例①1番最初は世帯主

家族

家族構成の書き方は、「世帯主以外は年齢順に書く」です。履歴書や家族調書によっては、既に書類に「世帯主」を書く欄が用意されているものもあります。しかし、記載がないものは、1番最初に世帯主から書き始めるのが基本です。これは、年齢や本人との関係に関わらず、世帯主になっている人が一番上になります。

家族構成の書き方や例②年齢順に書く

家族

家族構成の書き方2つ目は、「世帯主以外は年齢順に書く」です。世帯主は、年齢に関わらず1番最初に書くことを上記でご紹介しました。しかし、その先はどんな順番で書いたらいいのか悩みますね。世帯主を除き、その他の家族構成は年齢が高い順番に書いていきます。

本人は書きませんので、本人を除いた家族を順番に書きましょう。しかし、血縁関係のない同居人の場合は、年齢に関わらずに1番下に書きます。名前の隣には年齢を書くのが基本なので、正確な年齢も記載しましょう。生年月日を書く欄がある場合は、生年月日と一緒に書きましょう。ない場合は、年齢だけで大丈夫です。

例えば親と弟と同居していて世帯主がお母さんの場合、「母、父、弟」と世帯主が1番上になり、他は年齢の順で書きます。名前の隣には、それぞれの年齢を書きましょう。

家族構成の書き方や例③崩した続柄はNG

家族

家族構成の書き方や例3つ目は、「崩した続柄はNG」です。簡単なように思えますが、意外と難しいのが続柄です。兄弟が多い場合、「長男」や「次男」などと書くのではなく、自分から見た兄なのか弟なのかだけで大丈夫です。おじいちゃん、おばあちゃんの場合は、「祖父」や「祖母」と書きます。

他にも、両親の兄弟の場合は「叔父」や「叔母」、旦那さんや奥さんの場合には「妻」と書きます。自分の子供がいる場合、何番目の子供でも関係なく全員自分から見た子供なので「子」と書きます。妻や夫の両親と暮らしている場合は「義父」や「義母」と記載します。

例えば、「山田太郎・52歳・父」「山田次郎・25歳・兄」と書きます。「父親」や「兄貴」など崩した書き方でなく「父」や「兄」と適切な書き方をしましょう。続柄は書き方が難しく、間違える人も多いです。これがきちんと書けていないと、印象が悪くなる可能性がありますので、確認をしてミスのないようにしましょう。

家族構成の書き方や例④職業は簡単でOK

家族

家族構成の書き方や例4つ目は、「職業は簡単でOK」です。職業欄がある場合には、職業を書く必要があります。細かく書く必要はなく、会社勤めをしているならどんな職種でも「会社員」と書きます。自分で会社を経営しているなら「自営業」などと簡単な職業で構いません。

仕事をしていない場合は「無職」、主婦の場合は「主婦」と書きます。子供の場合は、「小学生」「中学生」と書きます。仕事をしていない場合や幼稚園や保育園、学校などに通っていない場合は、「無職」と書いても問題はありません。家族の状況をしっかりと記載し、相手に伝えましょう。

例えば、「山田太郎・52歳・父・自営業」や「山田花子・50歳・母・主婦」と書きます。子供の場合は「山田次郎・10歳・子・小学生」や「山田三郎・5歳・子・幼稚園」などと記載します。幼稚園や保育園の場合「園児」とまとめても問題ありません。

家族構成の書き方や例⑤本人は書かない

書類

家族構成の書き方や例5つ目は、「本人は書かない」です。履歴書などの場合、本人の情報は他の部分に記載している事が多いですよね。その場合は、本人のことは書かなくても大丈夫です。その為、本人を除いた同居している家族全員分を、上記でもご紹介した通り年齢順に書いていきます。

例えば、夫が世帯主で子供が1人居る場合、1番初めは「山田太郎・30歳・夫・会社員」になります。続いて「山田次郎・7歳・子・小学生」と書きます。本人が世帯主で、世帯主の記載欄がある場合には自分の名前を書いてもいいでしょう。その場合は、続柄の欄には「本人」と書きましょう。

chokottyでは他にも、家族が嫌いな心理をご紹介しています。イライラする兄弟の対処方法や、嫌だと思われる両親の言動や行動などの家族に対する心理をまとめていますので、是非参考にしてみてくださいね。

Small thumb shutterstock 96743032
家族が嫌いな心理7選!うざい母親やイライラする兄弟の対処法も

あなたは、家族と仲が良いですか?この記事では、「家族が嫌い・苦手な心理」とともに、うざい親やイライラする兄弟姉妹の対処法もご紹介します。家族が嫌いだと、ス...

家族構成の面接での答え方

家族構成の面接での答え方①答えなくてもいい

面接

家族構成の面接での答え方1つ目は、「答えなくてもいい」上記でもご紹介したように、能力や適性以外のことで合否を判断するのは禁止とされています。面接においても、家庭や生活についての質問は、基本的にしてはいけないことになっています。その為、答えなくても問題はありません。

しかし、答えないと印象を悪くしてしまい、不採用となってしまう場合もあります。答えられるならしっかりと答えておくのがいいでしょう。急に質問をされると、なんと答えていいかわからない方も多いかもしれません。事前になんと答えればいいのか知っておくことで、急な質問も対処出来るでしょう。

断る時には「申し訳ありません。家族のことなので答えは控えさせてください」などの丁寧に断るようにするといいでしょう。どうして答えられないのか、しっかりと伝えることが少しでも印象を良くするために必要です。戸惑ってしまわないように、復習しておくといいかもしれませんね。

家族構成の面接での答え方②簡単にシンプルに

面接

家族構成の面接での答え方2つ目は、「簡単にシンプルに」です。家族についての質問は禁止されているとしても、聞かれることもあるかもしれません。答えなければならない状況になった場合には、簡単にシンプルに答えるようにするといいでしょう。

例えば自分を含めた4人家族の場合「父、母、兄と私の4人家族です」と答えるといいでしょう。口頭ならば、家族構成の書類に書くような名前や年齢、職業などは伏せていても大丈夫です。その先は聞かれたら答えるようにして「家族構成は?」と聞かれただけならば、簡単にシンプルに答えれば問題ありません。

他にも、面接ではいろんな質問をされると思われます。下記の記事では「どんな社会人になりたいですか?」という質問への答え方をまとめています。こちらもすらすらと答えられるようにしておくと、いざという時に役に立つのではないでしょうか。合わせて参考にしてみてくださいね!

Small thumb shutterstock 627271019
どんな社会人になりたいかの回答例は?面接や作文・将来の人物像とはも

この記事では、面接や作文でもどんな社会人になりたいか・どんな人間になりたいかという例についてまとめています!理想の社会人の人物像やビジネスパーソン、将来図...

家族構成の書き方を知ろう!

いかがでしたか?履歴書などの書類に家族構成や状況はどこまで書くのか、何のために必要なのか、知らなかった方も多いのではないでしょうか。しっかり書き方を知っておくことで、いざという時に迷わず書くことが出来るでしょう。ポイントは、同居している全員を書くことです。

続柄など書類の書き方が少し複雑ですが、自分の家族構成状況をメモにしてみるなど、一度書き出してみると書きやすいです。書いたら見直しをして、誤字脱字がないように注意しましょう。丁寧に書くことも重要ですしっかりと家族構成を記載して、面接時にも1つの自己アピールにしましょう。是非参考にしてみてくださいね!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。