履歴書の服装は?スーツや私服のポイントや髪型や表情・撮り方も

履歴書の服装はどのようなものが良いのでしょうか?就職や転職での面接やバイト先の面接などで履歴書の写真を撮ることもあるでしょう。今回は、履歴書の写真についてです。履歴書の服装、スーツや私服のポイントや髪型や表情・撮り方もまとめてみました。

履歴書の写真の基本のポイント4選

履歴書の写真の基本のポイント①履歴書の写真のサイズ

履歴書の写真のサイズ

履歴書の写真の基本のポイント1つ目は、履歴書の写真のサイズです。履歴書の写真のサイズは、縦4cm×横3cmというふうに決まっています。履歴書の写真の部分には枠が表示されているので、大きい場合は自分でその大きさに合わせて切って貼る必要があります。証明写真で撮ったら、ピッタリの大きさにしてくれます。

履歴書の写真の基本のポイント②3ヶ月以内に撮影したものに限る

撮影したものに限る

履歴書の写真の基本のポイント2つ目は、3ヶ月以内に撮影したものに限ることです。履歴書の写真に古い写真は使えません。髪型など見た目が変わってしまっていたら、本人だと思われない可能性もあります。基本的に3ヶ月以内に撮影したものを貼ることになります。

履歴書の写真の基本のポイント③履歴書の写真の背景の色

背景の色

履歴書の写真の基本のポイント3つ目は、履歴書の写真の背景の色です。写真屋で履歴書の写真を撮る場合は、背景の色もいろいろ選べるようです。しかし履歴書に貼るのには、明るいビビットな色は適しません。履歴書に貼るのは、白が無難で良いでしょう。

あとは薄い水色やグレーあたりも良く使われる色ではありますね。写真屋で撮った写真は綺麗に仕上がりますが、すぐにはできなくて時間がかかります。すぐできる証明写真の機械を利用する場合は、背景を選択できないことがほとんどでしょう。

履歴書の写真の基本のポイント④目を背けずカメラの方を見る

カメラの方を見る

履歴書の写真の基本のポイント4つ目は、目を背けずカメラの方を見ることです。履歴書の写真はカメラ目線です。目を背けたりしてはいけません。まっすぐカメラのレンズを見て、目を細めたりせずに、表情を作ることが大切です。

履歴書の写真の服装のポイント・撮り方も

履歴書の写真の服装のポイント①就活や転職には男女ともにスーツを着用する

スーツを着用する

履歴書の写真の服装のポイント1つ目は、就活や転職には男女ともにスーツを着用することです。一般的には就活や転職のために履歴書の写真を撮る時は、スーツ着用です。暑いからといって、スーツの上着を脱いで撮ることは避けましょう。暑くても少しの間だけ我慢して、上着を着た状態で撮ることです。

奇抜な色のスーツを着て、就活や転職のための履歴書の写真を撮りに行く人はまずいませんが、スーツの色は黒や紺、グレーあたりが一般的です。シャツの襟が出ていないかを撮る前に確認をしてから、撮りましょう。

履歴書の写真の服装のポイント②男性は目立ちすぎないネクタイを選ぶ

ネクタイを選ぶ

履歴書の写真の服装のポイント2つ目は、男性は目立ちすぎないネクタイを選ぶことです。履歴書の写真を撮る時に、男性のネクタイは意外と目立ちます。ですから目立ちすぎるネクタイは避けましょう。目立ちすぎる柄や大きい柄物のネクタイはしない方が良いです。またネクタイで黒や白はしないようにすることが大事です。

冠婚葬祭を連想させるので、履歴書の写真向きではありません。ネクタイの色は、グレー、赤、黄色、ブルーあたりが良いでしょう。無地な物や、柄はドット、ストライプ、チェック柄などで細めの柄を選ぶことが大切です。入りたい企業に合わせたイメージで、ネクタイも選んでみてはいかがでしょうか。

履歴書の写真の服装のポイント③男女ともシャツは白を着用する

白を着用する

履歴書の写真の服装のポイント3つ目は、男女ともシャツは白を着用することです。やはり履歴書の写真といえば、白のシャツが基本です。白のシャツを着用することで、清潔感を出すことができます。他の色は華美に見えてしまいがちです。

履歴書の写真も小さいので、シャツは少ししか映らなかったりもしますが、採用担当者には目につきやすいです。派手な印象を与えないように、白を着用しましょう。

履歴書の写真の撮り方①写真や面接でも口角を上げて印象の良い表情をする

印象良くする

履歴書の写真の撮り方1つ目は、写真や面接でも口角を上げて印象の良い表情をすることです。無表情で口角が下がってしまっていたら、愛想が悪く暗い性格なのではないかというイメージを持ちやすいです。履歴書の写真でも面接でも口角を上げて撮ることで、相手にも印象良く見えるし、明るく愛想の良い性格に思われます。

履歴書の写真の撮り方②ニコニコ笑顔で表情を作って撮るのはNG

ニコニコ笑顔で撮るのはNG

履歴書の写真の撮り方2つ目は、ニコニコ笑顔で表情を作って撮るのはNGです。履歴書の写真は企業側に提出するもので、普通に写真を遊びで撮るのとは違います。ですからニコニコ笑顔で撮ったり、楽しい表情を見せてはいけません。ましてやポーズをつけて撮ることはNGです。

もしそのように履歴書の写真を撮って企業に送った場合、やる気のない人だと思われ、書類選考の時点で落とされてしまいます。書類選考で落ちて面接までたどり着けないのはもったいないので、履歴書の写真は歯を出してニコニコ笑ったりしないようにしましょう。

以下の記事には、仕事のやる気のない人の特徴、働かない心理とやる気を出させる方法も紹介されています。企業側にやる気のない人だと思われてしまうのは嫌ですよね。やる気のない人というのは会社に少なからずいます。仕事に対してやる気のない人について知りたくなったら、この記事を読んで、参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 472129438
仕事のやる気のない人の特徴5選!働かない心理とやる気を出させる方法も

あなたの職場には、やる気のない人はいますか?一人もいない職場は存在しないのではないでしょうか。この記事では、「仕事のやる気のない人の特徴」とともに、働かな...

履歴書の写真の撮り方③上目遣いで撮らない

上目遣いで撮らない

履歴書の写真の撮り方3つ目は、上目遣いで撮らないことです。上目遣いをすると、かわいく写真が撮れるとも言われていますよね。しかし履歴書の写真では、まっすぐカメラ目線が基本です。

上目遣いをすることによって、目つきが悪く見え、睨んでいるように思われる可能性もあるので、カメラに対してまっすぐ視線を送るようにしましょう。

履歴書の写真の撮り方④背中をぴんと伸ばす

背筋をぴんと伸ばす

履歴書の写真の撮り方4つ目は、背中をぴんと伸ばすことです。履歴書の写真を撮る時に、体が丸まっていませんか?猫背の状態だと印象悪く思われます。できるだけ椅子に深く腰を掛けて、胸を張り背中をピンと伸ばします。堂々として見えるように、姿勢を正しましょう。

履歴書の写真の服装でおすすめ4選

履歴書の写真の服装でおすすめ①就活や転職にはビジネススーツ

ビジネススーツ

履歴書の写真の服装でおすすめ1つ目は、就活や転職にはビジネススーツです。基本的にはビジネススーツで履歴書の写真を撮ります。就活や転職の面接にも、採用担当者もビジネススーツを着ていることが多いので、ビジネススーツを着用して行く形になります。冬場にコートを着ていたら、脱いでスーツだけで撮りましょう。

履歴書の写真の服装でおすすめ②状況によっては私服もあり

私服もあり

履歴書の写真の服装でおすすめ2つ目は、状況によっては私服もありということです。就職や転職したい企業がスーツで仕事をしている状況ではないなら、私服もありです。面接でも、「スーツではなく私服で着てください」と言われることもあるかもしれません。そういう時は私服も会社のイメージに合わせて、着ていきましょう。

履歴書の写真の服装でおすすめ③私服の場合はジャケット必須

ジャケット必須

履歴書の写真の服装でおすすめ3つ目は、私服の場合はジャケット必須です。私服で履歴書を撮ってもOKな企業だと、どんな私服で履歴書の写真を撮ったら良いのか悩みますよね。Tシャツやチノパンなどカジュアルな格好でも良いですが、Tシャツだけだとラフすぎてしまうので、上にジャケットを羽織りましょう。

ジャケットを羽織ることで、引き締まった印象を与えます。面接に私服で行く時も、ジャケットは必須です。カジュアルすぎない格好を選ぶようにすることが大切です。

履歴書の写真の服装でおすすめ④高校生は制服

制服

履歴書の写真の服装でおすすめ4つ目は、高校生は制服です。高校生でバイトの面接を受けるために、履歴書の写真を撮りたいという人もいるでしょう。その場合は制服で写真を撮るようにしましょう。大人がスーツを着るのが正装なように、高校生は制服が正装になります。ですから基本的には制服で履歴書の写真を撮りましょう。

履歴書の写真の服装に合う髪型は

履歴書の写真の服装に合う髪型|男性の場合①髪を短くしてヒゲの処理も行う

髪を短くする

履歴書の写真の服装に合う髪型で男性の場合1つ目は、髪を短くしてヒゲの処理も行うことです。長髪で髪が目にかかっているような髪型だと、相手に良い印象を与えないのは当然のことです。やはり男性は顔をスッキリ見せることができて、男らしさと清潔感がある短髪が履歴書の写真の服装に合います。

またヒゲが生えていると、不潔な印象を与えかねません。ですから履歴書の写真を撮る時には、無精ひげが残っていないかを確認して、ヒゲの処理をしっかりと行うことが大切です。

履歴書の写真の服装に合う髪型|男性の場合②スタイリングも気にかけて

スタイリングも気にかけて

履歴書の写真の服装に合う髪型で男性の場合2つ目は、スタイリングも気にかけてみましょう。短髪でそのままでもスッキリ見えて良いですが、スタイリングをして少し髪に動きをつけるだけでも、だいぶん印象が変わってきます。髪を立てすぎるのはNGですが、髪に流れをつけて、おしゃれにしてみましょう。

履歴書の写真の服装に合う髪型|女性の場合①ポニーテール

ポニーテール

履歴書の写真の服装に合う髪型で女性の場合1つ目は、ポニーテールです。髪の長い女性は、ポニーテールに結んで顔を出すことです。顔を出すことで、スッキリとした印象を与えます。ポニーテールも高い位置に結ぶのではなく、低い位置で結ぶようにしましょう。

履歴書の写真の服装に合う髪型|女性の場合②ハーフアップ

ハーフアップ

履歴書の写真の服装に合う髪型で女性の場合2つ目は、ハーフアップです。髪が長い女性や髪をポニーテールに結ぶことができないくらいの髪型の場合、耳だけ出るハーフアップでも清楚で女性らしい印象を与えて良いですね。耳を出すことで、顔立ちがスッキリします。

履歴書の写真の服装に合う髪型|女性の場合③ショートヘアは耳に髪をかける

耳にかける

履歴書の写真の服装に合う髪型で女性の場合3つ目は、ショートヘアは耳に髪をかけることです。ショートヘアだと髪が短すぎて結ぶことができないですよね。そういう時は、髪を耳にかけるだけでも、印象が変わってきます。ショートヘアで髪を耳にかけることで、仕事ができそうな責任感のある女性にも見えます。

履歴書の写真を上手に取って採用を目指しましょう!

採用を目指しましょう!

就活や転職、バイトの面接のために、履歴書の写真を撮ることもあるのではないでしょうか。履歴書の写真と内容は、企業側でこの人はどのような人物なのかを把握するための判断材料となります。まずは書類選考を通ることが第一歩になります。履歴書の写真をうまく撮ることができたら、採用してもらうチャンスも出てきます。

暗いやる気のないイメージを出さないように、表情や髪型には気を付けて写真を撮る必要がありますね。履歴書の写真を撮るための一般的な常識を身につけて、その企業に対して自分をどのようなイメージに見せたいのかというのも考える必要があります。履歴書の写真を上手に撮って、採用を目指しましょう!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。