疎外感を感じる心理7選!職場の人間関係や友達への克服方法3選は?

あなたは疎外感を感じたことはありませんか?疎外感を感じる心理や克服法について、職場や友達などに焦点を当てて、ご紹介して参ります。また、人間関係で疎外感を感じる瞬間や、疎外感自体の言葉の意味についても、あわせて、ご説明して参ります。

疎外感とは?意味や類語は?

疎外感とは「仲間外れにされていると感じる」という意味

仲間外れにされていると感じる

疎外感とは、「仲間外れにされていると感じる」という意味です。何人かで会話をしていると、自分だけが理解できない話が始まったりした場合には、その会話についていくことができなくなります。このような場合には、「仲間外れにされている」と感じる人もいるでしょう。この感覚を指してこのように言います。

疎外感の類語

疎外感の類語

いくつかの類語があります。簡単な説明も付け加えて、リスト上にしてご紹介して参ります。一度は聞いたことがある言葉もあるでしょう。また、使ったことがある言葉もあるかもしれません。参考にしてみてください。

    疎外感の類語

  • 孤独感:孤独だという感覚や意識
  • 独りぼっち感:仲間がいないという感覚や気持ち
  • 単独者:周囲に仲間と呼べる人がいないという意識や認識
  • 頼りなさ:誰も頼る人がいない状態のこと
  • 空虚さ:広い空間に一人取り残されているような感覚
  • 虚しさ・空しさ:誰も味方がいないという思い
  • 寂しさ:誰もそばにいなくて寂しいという気持ち
  • 孤立感:自分一人だけという感覚
  • 取り残された感じ:一人だけ状況や会話についていけていない感覚

疎外感を感じる心理7選!

人間関係で疎外感を感じる心理①周りの考えや気持ちが気になる

周りの考えや気持ちが気になる

人間関係で感じる心理の1つ目は、周りの人たちの考えや気持ちが気になる、ということです。言い換えるなら、自分の周囲にいる人たちの顔色を窺っている、ということです。「自分はこんな風に感じているけれど、他の人たちはどうなのだろう」といつも思っています。そして、周囲の人たちと同じであると安心します。

ただし、周囲の人たちと違っていた場合には、突然独りぼっちになったように感じます。この場合、自分の意見や感じている事などは、一切言葉にしません。自分の中で周囲の人たちの意見や考えと答え合わせをしているのです。その為、突然暗い表情になったり、元気がなくなったりして、周囲の人たちを驚かせることがあります。

人間関係で疎外感を感じる心理②自分に自信がない

自分に自信がない

人間関係で感じる心理の2つ目は、自分に自信がない、ということです。自分に自信がありません。自分の考えや感じていることはもちろん、自分の存在自体にも自信がありません。その為、人と違っていると途端に不安になるのです。いつでも周囲の人たちと同じでなければ落ち着かず、それが絶対だと思っています。

また、周囲の人たちと同じであっても、それが少人数の場合には、不安を感じます。いつでもたくさんの人たちと一緒でなければいけないのです。たくさんの人たちと一緒でなければ、自分の存在価値はないと思い込んでいます。また、周囲の人たちから「変わっている」と思われることにも強い恐怖を感じている場合があります。

人間関係で疎外感を感じる心理③一人になるのが嫌

一人になるのが嫌

人間関係で感じる心理の3つ目は、一人になるのが嫌、ということです。いつでも大勢の人たちに囲まれていないと落ち着きません。一人になると、自分の存在を否定されたと感じるのです。また、自分の存在を否定されたくないという思いも同時にあります。この為、一人になるということを極端に嫌う傾向があります。

今まで一人になったことがない、ということが一つの理由として考えられます。大家族の中で育てられた経験のある人は、大人になってから一人になることを極端に嫌うことがあります。「寂しい」と感じる事に慣れていないのでしょう。このタイプの人は、「寂しい=存在を否定」という方程式が成り立っているのかもしれません。

人間関係で疎外感を感じる心理④かわいそうな存在

かわいそうな存在

人間関係で感じる心理の4つ目は、かわいそうな存在、ということです。これは自分のことを「かわいそうな存在」と認識している、ということです。いわゆる「悲劇のヒロイン症候群」と呼ばれる心理的な症状です。あえて自分を輪の中から外に置くことによって、「私はかわいそうな存在」として捉えています。

「悲劇のヒロイン症候群」である場合には、本人はそれで満足しています。自分を憐れむことに快感や喜びを感じています。このタイプの人は、日常会話の中でも、いかにかわいそうな存在であるか、ということを語ることが多くあります。周囲の人たちにも「かわいそうな存在」と思ってもらいたい、という欲求があるのです。

人間関係で疎外感を感じる心理⑤かまって欲しい

かまって欲しい

人間関係で感じる心理の5つ目は、かまって欲しい、ということです。いわゆる「かまってちゃん」です。かまってちゃんは、常に誰かに自分の存在を意識していて欲しいという心理があります。誰かに自分の存在を意識してもらうことで、安心できるのです。周囲の人たちを通して、自分の存在を感じています。

一人だけ理解できない話になったり、周囲の人たちが一斉に笑っているのに、笑いのツボがわからない状況になったりすると、途端に不機嫌になります。疎外感を感じるのは、決して落ち込んだり悲しんだりというリアクションだけではないのです。怒りをあらわにする、というリアクションも感じているのです。

人間関係で疎外感を感じる心理⑥話題の中心でありたい

話題の中心でありたい

人間関係で感じる心理の6つ目は、話題の中心でありたい、ということです。周囲の人たちにとって、自分がいつでも中心でありたい、という思いを抱えているケースもあります。周囲の人たちから注目されることに、快感や喜びを感じているのでしょう。また、そのような感情の中毒になっている可能性も考えられます。

その為、中心ではない話題になると、途端に不機嫌になったり、怒りの感情を露わにしたりします。中心でないことに苛立ちを覚えているのです。また、不機嫌になったり怒りをあらわにすることで、周囲の人たちの関心を自分に向けようともしています。このようにして、感じないようにしているのです。

人間関係で疎外感を感じる心理⑦自分のことをわかって欲しい

自分のことをわかって欲しい

人間関係で感じる心理の7つ目は、自分のことをわかって欲しい、ということです。このタイプの人は、周囲の人たちには自分のことをわかって欲しい、と強く思っていますが、自分はわかっていないケースが多くあります。自分のことをわかっていないという感情を、他の人に埋めてもらおうとしているのです。

自分のことわかっていないという心理は、「寂しい」という感情のもとになっています。その寂しいという感情を埋めたくて、周囲の人たちに自分のことをわかって欲しいと強く欲求します。ただ、どんな風に周囲の人たちに理解して欲しいのかがわからない為、いつも心の中に冷たい北風のようなものが吹いている状態なのです。

友達に対してや職場で疎外感を感じる瞬間とは?

友達や職場で疎外感を感じる瞬間①自分だけ笑わなかった

自分だけ笑わなかった

友達や職場で疎外感を感じる瞬間の1つ目は、自分だけ笑わなかった瞬間です。周囲の人たちは一斉に笑ったのに、何が面白いのか理解できず、笑わなかった瞬間、一人になったように感じることが多くあります。説明を求めて理解できなかった場合には、更にその思いに拍車がかかります。

友達や職場で疎外感を感じる瞬間②会話についていけない

会話についていけない

友達や職場で疎外感を感じる瞬間の2つ目は、会話についていけないと感じる瞬間です。周囲の人たちは明らかにその会話の内容を理解しているのに、自分だけ頭の中にクエスチョンマークが連立している状態にある時、仲間外れにされていると感じることが多くあります。

友達や職場で疎外感を感じる瞬間③誰も目を合わせてくれない

誰も目を合わせてくれない

友達や職場で疎外感を感じる瞬間の3つ目は、誰も目を合わせてくれない瞬間です。自分が周囲の人たちに一生懸命話をしているのに、誰も自分と目を合わせてくれないと感じた瞬間、自分には味方になってくれる人がいない、と強く感じます。目を合わせてくれないという行為は、否定されているように感じるからです。

友達や職場で疎外感を感じる瞬間④知らない仕事の話をしている

知らない仕事の話をしている

友達や職場で疎外感を感じる瞬間の4つ目は、知らない仕事の話をしている瞬間です。周囲の人たちが、自分だけ知らない仕事の話をしていた場合、「どうして自分だけその仕事のことを知らないのだろう?」という思いが湧いてきます。それが、仲間外れにされている、という思いを湧き上がらせるのです。

友達に対してや職場で疎外感を感じる時の対処法3選!

友達や職場で疎外感を感じる時の対処法①話の内容を詳しく聞いてみる

話の内容を詳しく聞いてみる

友達や職場で疎外感を感じる時の対処法の1つ目は、話の内容を詳しく聞いてみる、という方法です。話の内容が理解できなかったのなら、明らかに理解できていると感じる人に、詳しく聞いてみると良いでしょう。ただし、場の空気や状況を考えて、こっそり聞いてみるようにした方が、迷惑を掛けなくて済みます。

友達や職場で疎外感を感じる時の対処法②とりあえず一緒に笑う

とりあえず一緒に笑う

友達や職場で疎外感を感じる時の対処法の2つ目は、とりあえず一緒に笑う、という方法です。話の内容が理解できなくても、とりあえず周囲の人たちと一緒に笑ってみましょう。笑うと気持ちが明るくなり、寂しさや不安などのような暗い感情は消えてなくなります。

友達や職場で疎外感を感じる時の対処法③気にしない

気にしない

友達や職場で疎外感を感じる時の対処法の3つ目は、気にしない、という方法です。誰でも寂しいと感じたり、孤独を感じたり、疎外感を感じたりすることはあります。ですが、それを誰も外に出していないだけです。誰でも感じる感情ですから、気にする必要はありません。第三者の立場で受け流してみましょう。

疎外感の克服方法3選!

人間関係で疎外感の克服方法①自信を持つ

自信を持つ

人間関係で疎外感の克服方法の1つ目は、自信を持つ、という克服方法です。原因の多くは自信の喪失にあります。自分に自信を持てば、孤独感を感じても平気になります。周囲の人たちの顔色を窺ったりする必要はありません。自信を持つように努力することで、あなたが感じている疎外感は克服できるようになるでしょう。

人間関係で疎外感の克服方法②一人を恐れない

一人を恐れない

人間関係で疎外感の克服方法の2つ目は、一人を恐れない、という克服方法です。一人になることは何も怖いことではありません。あなたの周囲をよく見回してみてください。誰ともつるまず、一人を楽しんでいる人も大勢いるはずです。一度思い切って一人きりになる環境を自分で作ることで、克服できるかもしれません。

世の中には、一人が好きな人もいます。そんな男性や女性の心理について、詳しくご紹介している関連記事があります。リンクいたしますので、ご覧ください。

Small thumb shutterstock 517365208
一人が好きな男性と女性心理10選!仕事や恋愛観と結婚は?

あなたの周りに一人が好きな男性や女性はいませんか?あえて一人でいることを好む心理や、仕事や恋愛観、そして結婚はどうなるのか気になりますよね。今回はそんな一...

人間関係で疎外感の克服方法③運動をする

運動をする

人間関係で疎外感の克服方法の3つ目は、運動をする、という克服方法です。心に穴が空いたように感じるのは、あなたが自分の考えに囚われてしまっているからです。その状況から抜け出すには運動が一番です。思い切り身体を動かしてみましょう。身体を動かすことで気持ちが高揚し、いつの間にか克服できているでしょう。

疎外感を感じるのは決して悪いことではありません

決して悪いことではありません

疎外感を感じるのは、決して悪いことではありません。そのような感情を抱くことで、あなた以外の他の誰かが同じように感じていた時、そっと寄り添ってあげることができるからです。あなたはとても心優しい人なのです。自信を持つようにしましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。