IT業界の志望動機の書き方6選!SEの魅力や未経験や新卒の理由も

IT業界は時代の最先端を行く華やかなイメージから魅力を感じる人が多いと言われています。この記事ではIT業界の志望動機の書き方やSEなどのIT業界の仕事の魅力、未経験や新卒の場合の履歴書の書き方を紹介します。なぜIT業界に魅力を感じるのかや具体的な将来像が重要な理由、面接のポイントなどもお伝えします。

IT業界の仕事は?魅力や向いている人についても

IT業界の仕事内容①インターネット関連(ウェブデザイナーなど)

ウェブデザイナーのイメージ画像

IT業界の仕事内容の1番目はインターネット関連です。インターネット関連の仕事内容とは、ホームページの作成・ネットワークの構築などです。インターネット関連の仕事内容は、大きく分けてウェブデザイナーとウェブディレクターの2種類です。

ウェブデザイナーの仕事内容はホームページのデザインを担当することです。ホームページのデザインを作るためにはHTML・CMS・JavaScriptなどの専門知識が必要です。以下のサイトではウェブデザイナーの仕事内容について紹介されていたので参考になさってください。

Webデザイナーとは?Webデザイナーの仕事内容と将来性

ウェブディレクターの仕事内容はホームページの制作を統括することです。ホームページを作っていくうえで納期や進捗状況、トラブルへの対応など、滞りなくホームページを制作するという役割の仕事です。以下のサイトではウェブディレクターの仕事内容について紹介されていたので参考になさってください。

Webディレクターとは? Webディレクターの仕事内容と年収

IT業界の仕事内容②情報処理関連(ITコンサルタントなど)

ITコンサルタントのイメージ画像

IT業界の仕事内容の2番目は情報処理関連です。情報処理関連の仕事内容とは、顧客に情報処理を行うためのシステムの導入や提案などをすることです。情報処理関連の仕事内容は、大きく分けてITコンサルタントとセールスエンジニアの2種類です。

ITコンサルタントの仕事内容は、顧客が抱えている課題を聞き取って改善に導くことです。そのため、IT業界全般の知識や最新情報を把握することだけではなく、顧客とうまく信頼関係を構築する対人能力も重視されます。以下のサイトも参考になさってください。

ITコンサルタントとは?ITコンサルタントの仕事内容と年収

セールスエンジニアの仕事内容は、エンジニアとしての経験を活かしてIT商品・サービスの販売することです。そのため、セールストークなどの会話力・説明能力・対人能力などが重視されます。IT業界の仕事内容でイメージされがちなパソコン相手の仕事ではなく、営業の仕事ととらえる方が近いと言われています。

セールスエンジニアとは?セールスエンジニアの仕事内容と年収

IT業界の仕事内容③ソフトウェア関連(SEなど)

SEのイメージ画像

IT業界の仕事内容の3番目はソフトウェア関連です。ソフトウェア関連の仕事内容とは、OSやアプリケーションソフトを作ることです。ソフトウェア関連の仕事内容は大きく分けてSE、プログラマー、ネットワークエンジニアの3種類です。

SEとはシステムエンジニアの略です。SEの仕事内容はシステムを作ることです。システムを作るためにはクライアントの求めるシステム像を聞き取って具体的なものを作り上げなければいけないため、会話力や開発の進捗状況を把握するマネジメント力なども必要になると言われています。

SE(システムエンジニア)とは?SEの仕事内容と年収

プログラマーの仕事内容はソフトウェアを作ることです。得意な分野によって取組む仕事内容が異なると言われています。またネットワークエンジニアの仕事内容は多くのパソコンを使って効率良く業務を進めることができる環境づくりをすることです。

Webプログラマーとは?Webプログラマーの仕事内容と年収

IT業界の仕事内容④ハードウェア関連(組み込みSE)

組み込みSEのイメージ画像

IT業界の仕事内容の4番目は組み込みSEなどに代表されるハードウェア関連です。ハードウェア関連の仕事内容とは、スマートフォンや家電製品、車などに活用するシステムを作ることです。ハードウェアにシステムを組み込む職種は組み込みSEや組み込みエンジニアと呼ばれています。

組み込みSEの仕事内容については以下のサイトで詳しく紹介されていますので参考になさってください。組み込みSEは組み込み系エンジニアなどと呼ばれることもありますので、合わせて押さえておきましょう。

特に車や家電製品は、人の命に関わる事故につながるリスクがあることから、組み込みSEの仕事には重い責任と高いスキルが求められると言われています。IT業界の職種については以下のページに詳しくまとめられていたので参考になさってください。

【IT業界研究】IT業界地図で知る4つに分類できるIT業界の職種

IT業界の魅力は新しいことにチャレンジできて成果を実感しやすいこと

IT業界に魅力を感じている人の画像

IT業界の仕事の魅力は新しいことにチャレンジできて成果を実感しやすいことだと言われています。IT業界の仕事は常に新しいことへのチャレンジ精神や勉強意欲が必要であると言われています。新しい技術が次々と生まれる業界だからこそ、新しいことへチャレンジできることが大きな魅力であると言われています。

SEなどのIT業界の仕事はホームページやシステムなどを作ったり顧客の課題を解決したりといった内容であることから、成果を目で見て実感できることも大きな魅力の1つだと言われています。以下のサイトのアンケートのように、実は理系や文系が出世などにも大きな違いを生まないことも魅力と感じる人が多いと言われていま

理系出身vs文系出身SE出世事情のウソ☆ホント

またIT業界は時代の先端を走ることが多いため、新たな時代を作っている感覚や多様な価値観・働き方にふれることが多いということが、大きな魅力であると言われています。IT業界の仕事の魅力については以下のサイトで詳しく紹介されていましたので参考になさってください。

IT企業社員のやりがい、魅力

IT業界の仕事に向いている人はパソコンが好きで向上心のある人

IT業界の仕事に向いているパソコンが好きで向上心のある人の画像

IT業界の仕事に向いている人はパソコン好きで向上心のある人だと言われています。IT業界はパソコン関連の知識や経験が必須の業界なのでパソコンが好きな人に向いていると言われています。IT業界の流れは非常に激しいので、新しい知識を貪欲に吸収できる向上心のある人がIT業界に向いていると言われています。

またIT業界はイメージとは違って人間関係が得意な人や色んな職場環境に適応できる能力を持った人が活躍しやすいという口コミも多く見受けられます。IT業界と言えど、1人で仕事が完結するわけではないと言えるようです。以下のサイトでは、IT業界の経験者の口コミが掲載されていたので参考になさってください。

技術職(ITエンジニア)に向いている人、向いていない人-性格、能力、適職性など

向上心があって人間関係が得意な人の中には、IT業界で独立して大きな成功を手にする人も少なくないと言われています。IT業界で成功した社長がどれくらい豪華な生活を送っているのかといった内容が紹介されたサイトがあったので参考になさってください。IT業界の華やかさが垣間見れる内容が書かれています。

IT社長の豪華な暮らしってどんなもの?玉の輿にのるための出会いに指原も興味津々!

IT業界の履歴書の志望動機の書き方のポイント3選

IT業界の履歴書の志望動機の書き方①なぜその会社で働きたいのかを書く

なぜその会社で働きたいのかを考える人の画像

IT業界の履歴書の志望動機の書き方の1番目は、なぜその会社で働きたいのかを書くというものです。IT業界の履歴書の志望動機を書く際には、なぜ同じ業種の他社ではなく、その会社で働きたいと思ったのかについて書くことが重要であると言われています。

例えばSEとして働きたいと思ってA社を志望した場合に、なぜ同じSEを募集しているB社やC社ではなく、A社が良いのかという志望動機を書くことができれば、採用担当者の目を引くことができると言われています。

IT業界の履歴書の志望動機の書き方②短所を長所のように書く

短所を長所のように書く人の画像

IT業界の履歴書の志望動機の書き方の2番目は、短所を長所のように書くということです。履歴書に短所を書きたくないという人は多いですが、採用する側の立場になってみると、正直に短所を書いてくれる人の方が信用できると言われています。そのため、臆することなく短所を書く勇気が大切であると言われています。

しかしありのままの短所を書くとイメージダウンにつながりかねないことから、短所を書きながらも長所のように書くことがポイントであると言われています。例えば「行動力がありすぎて早とちりをしてしまうことがあります」といった具合に書くと、うっかりミスをしやすいことを良く見せることができると言われています。

つまり、短所を長所に見せかけるような視点の切り替えが大切であるということです。また、履歴書に短所を書く人が少ないことからも、採用担当者の目を引きやすく、その他の志願者と差別化ができると言われています。

IT業界の履歴書の志望動機の書き方③将来像を具体的に書く

将来像を考える人の画像

IT業界の履歴書の志望動機の書き方の3番目は、将来像を具体的に書くということです。将来像を具体的に書けると、志望動機に説得力が加わることから採用担当者の目を引くと言われています。将来像が具体的であるほど、その仕事のことを真剣に考えているという証拠になるからです。

反対に、とりあえず仕事に就きたいという人は、仕事に就いた後の将来像を描いていることはありません。このように将来像がない人は色んな仕事や職種を志望する傾向があると言われているので敬遠されると言われています。

IT業界の志望動機の書き方例6選|未経験・新卒編

IT業界の志望動機の書き方例|未経験・新卒編①やる気を見せる

やる気を見せてうまくいった人の画像

IT業界の志望動機の書き方例の未経験・新卒編の1番目は、やる気を見せることです。例えば、「IT業界は未経験ですが、これまでの学生時代の経験を活かして毎日少しでも成長できるように努力を惜しまず貪欲に仕事に取り組みたいと考えております」といった書き方です。

こういった書き方をしたうえで、学生時代の経験や、これまでの人生で培った経験などを書くと採用担当者の目を引きやすいと言われています。できる限り具体的に書いて、これまでの経験や知識をどのように活かしたいのかについても書ける方が効果的だと言われています。

学生時代に培った経験などをうまく伝える方法については以下のサイトで詳しく紹介されていたので、参考になさってください。面接でも使えるノウハウが語られているサイトです。

(例文つき)学生時代頑張ったことを攻略する5つのポイント

IT業界の志望動機の書き方例|未経験・新卒編②興味を見せる

興味を見せるために暑い思いを語る人の画像

IT業界の志望動機の書き方例の未経験・新卒編の2番目は、興味を見せることです。例えば、「IT業界は未経験ですが、時代を切り拓いていくIT業界の仕事に強く興味があります。今後もますますITが生活を快適なものにするので、社会に貢献できるよう全力を尽くしたいと考えております」といった書き方です。

IT業界ではパソコンなどに関する知識や技術だけでなく、人間関係やビジネスの構造なども必要とされることから、とてもつぶしがきく業界だと言われています。以下のサイトではそんなIT業界のメリットが紹介されていたので、志望動機でIT業界に興味を見せる際の参考になさってください。

IT業界の魅力とメリットについて5つ!就活や転職の参考に

IT業界の志望動機の書き方例|未経験・新卒編③向上心を見せる

向上心のある人のイメージ画像

IT業界の志望動機の書き方例の未経験・新卒編の3番目は、向上心を見せることです。例えば、「IT業界は未経験ですが、スキルや経験を積んで社会をもっと便利なものにしていきたいと考えております」といった書き方です。

以下のサイトでは、そんなIT業界で力を発揮できた時の喜びやのやりがい感じる瞬間の口コミが紹介されていたので向上心をアピールする際の参考になさってください。

IT業界で働く人に聞く!この仕事の魅力とやりがい5選

IT業界の志望動機の書き方例6選|未経験・転職編

IT業界の志望動機の書き方例|未経験・転職編①前職での経験を伝える

前職での経験を伝えるために一生懸命志望動機を書く人の画像

IT業界の志望動機の書き方例の未経験・転職編の1番目は前職での経験を伝えることです。例えば「前職は飲食業に従事しており、IT業界で活躍されている方の実体験を聞かせていただくことがありました。IT業界は未経験ですが飲食業で培ったコミュニケーション能力や問題解決能力を応用したいです」といった書き方です。

ちなみに以下のサイトでは寿司職人からウェブデザイナーに転職し、今は講師を務めるほどにまでスキルを伸ばされた方の実体験が書かれているので参考になさってください。毎日13~14時間、週6日勤務の中芯やに学習時間を作って努力されたエピソードが語られています。

未経験でも寿司職人からWebデザイナーになった!ホスピタリティでスクールを支える宮脇トレーナー

IT業界の志望動機の書き方例|未経験・転職編②現在のスキルを書く

IT業界の志望動機で現在のスキルを書くためにまとめている人の画像

IT業界の志望動機の書き方例の未経験・転職編の2番目は現在のスキルを書くことです。例えば「前職は美容師として働いており、スマホのゲームが好きなのでIT業界への関心が高まりました。未経験ですが独学でスキルを学んで簡単なアプリを作れるようになり、さらに面白さを実感しています」といった書き方です。

前職がある社会人の場合にはそれなりの責任感や頼れる人間性をアピールできると、IT業界に転職する際に有利だと言われています。

ちなみに以下のサイトでは美容師からIT業界に転職された方の実体験が語られています。毎月の残業時間が15時間程度だとのことで、激務だった美容師からの転職に満足されているようです。IT業界が深刻な人手不足の状態であることなども語られているので参考になさってください。

IT業界へ未経験からの転職体験談!20代なら引っ張りだこってホント?

IT業界の志望動機の書き方例|未経験・転職編③前職の成果を書く

IT業界の志望動機で前職の成果を書いている人の画像

IT業界の志望動機の書き方例の未経験・転職編の3番目は、前職の成果を書くことです。例えば、「前職は事務職として働いていました。日々の業務の中で、少しでも改善できるところがないかと模索しながら働いていたところ、マニュアルを整えることが必要だとお思い時間を捻出して作り上げました」といった書き方です。

このように前職での成果を書くと採用担当者へ強くアピールできると言われています。また、その成果についての周りの人の評価などもさりげなく伝えるとアピールポイントになると言われています。

以下のサイトでは転職をする際に前職の成果を書く方法やアピールできるポイントなどが詳しく書かれていたので参考になさってください。

職務経歴書のギモン|実績の書き方とは?アピールすべきポイント

IT業界の面接のポイントは

IT業界の面接のポイント①なぜ魅力を感じているのかを具体的に伝える

IT業界の面接のイメージ画像

IT業界の面接のポイントの1番目は、なぜIT業界に魅力を感じているのかを具体的に伝えることです。採用担当者はIT業界で働く人であることから、自分が働く業界のことを良く言われると嬉しく感じることが多いと言われています。

そのため、うまくIT業界の魅力を語ることができれば、採用担当者に印象付けやすいと言われています。なぜIT業界に魅力を感じているのかを伝える際には、ネット上にある情報や他の志望者が言いそうなことを避けて、独自性のある内容をを伝えると良いと言われています。

IT業界の面接のポイント②将来像とそれに見合う努力をする決意を伝える

将来像とそれに見合う努力をする決意を持っている人の画像

IT業界の面接のポイントの2番目は、将来像とそれに見合う努力をする決意を伝えることです。採用担当者は具体的な将来像を持っている志願者に魅力を感じますが、その一方で目標を達成するための気概を持っているかどうかについても慎重に見極めようとする傾向があります。

口では大きな将来像を語っていても、実際に働き始めると努力ややる気が右肩下がりになってしまう人が少なくないからです。そういった採用担当者の不安を払拭できるよう、具体的な将来像に見合った努力をする決意やできる限り現実味のある計画などを提示すると良いと言われています。

IT業界の志望動機の書き方を把握して良い仕事に就きましょう

IT業界は華やかなイメージが強いですが、次々と新しい技術などが生まれることから日々勉強や経験を積み重ねないとついていけない厳しい業界です。

このような業界であることから、向上心があってスキルや経験を貪欲に積み重ねていきたいという人には向いている業界だと言われています。IT業界の志望動機の書き方を把握して良い仕事に就きましょう。

最後にIT業界のやり手の人のイメージとは反対の意味を持つ甲斐性なしという言葉についてお伝えしている記事を紹介します。経済力や頼りがいがないと言われる甲斐性なしの特徴などをまとめているので、ぜひ合わせてご覧ください。

Small thumb shutterstock 1166505262
甲斐性なしとは?意味と意気地なしの彼氏や旦那の特徴10選も

甲斐性なしの意味とはご存知ですか?甲斐性なしの男と結婚すると旦那に経済力がなく大変だと言われています。意気地がない、根性がないと言われる甲斐性なしを彼氏や...

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。