楽天カードの2枚目の追加は可能?申込み方法やメリットは?

 

節約するには、家計の収支をしっかりと把握しておくことが大切です。しかし、クレジットカードを1枚しか持っていない場合、支払いが混ざってしまい、どれがどの料金なのかを容易に判断することが難しくなります。今回は、楽天カードを2枚持ちすることで得られるメリットを解説します。

楽天カードは2枚持ちが可能?


家計簿の管理のため、クレジットカードの2枚持ちはおすすめです。

楽天VISAカードは2枚目追加可能

楽天カードには3つのブランドがありますが、VISAのみ2枚目の追加ができます。既にJCBまたはMasterCardを持っている場合は、2枚目の申し込みはできません。

VISAでも対象外のカードがある

VISAなら何でもよい、という訳ではなく、その中にも対象外のカードがあります。ゴールドカードやプレミアムカード、ANAカードなどは対象外です。

JCBやMaster Cardは解約が必要

JCBやMasterCardの楽天カードの場合、2枚持ちするには一回解約して新たにVISAカードを申し込む必要があります。楽天カードを2枚持ちする場合、楽天ノーマルカードはVISAを固定として、JCBまたはMasterCardを追加のカードとして持つ、ということしかできません。

追加できるのはどんなカード?


2枚目として追加できるカードを解説します。

2枚目はJCBかMaster Card

上述したように、2枚目として追加できるカードはJCB、またはMasterCardのみです。

選べるカードの種類

選べる種類は、年会費無料のノーマルカード、有料のゴールドカード・プレミアムカードから選べます。ノーマルカードの中では、楽天パンダデザインカード・バルセロナカード・楽天PINKカードから選べます。

楽天カード・楽天イーグルスカード・楽天ANAカードは選べませんので、ご注意ください。

2枚目の申込み方法や手続きは?


追加カードの申し込み手続きを具体的に解説します。

会員専用サイト「楽天e-NAVI」から

会員専用サイト「楽天e-NAVI」から、2枚目の楽天カードを申し込みすることができます。なお、最初のカードのような複雑な手続きや審査はありません。

追加カードの申し込みに落ちてしまった場合でも、既存のカードに影響はありません。2枚目のカードを申し込むリスクはほとんどありません。しかし、JCB、あるいはMasterCardを解約して2枚目のカードを申し込む場合は、新たに審査を受ける必要があります。

この審査は、1枚目の楽天カードを申し込む際に行われる審査と同様です。スコアリング審査によって厳正に審査されるため、審査落ちする可能性があります。

楽天e-NAVIは1つのIDで管理

楽天e-NAVIに登録しておけば、2枚のカードを同じIDで管理することができます。別々のIDでそれぞれログインする必要がないため便利だと言えるでしょう。

楽天カード2枚持ちのメリットは?


複数ブランドのクレジットカードを所有することにはメリットがあります。

用途別にカードを分けられる

2枚に分けるメリットとして、まずはお金の使い方を分けられることが挙げられます。

特に個人事業主の場合、仕事とプライベートの支出が混在してしまい、金銭管理が難しくなる傾向があります。2枚に分けておけば、仕事用とプライベート用でカードを使うことができ、金銭管理が楽になるでしょう。

また、複数のブランドのカードを持っていると言うことは、決済できる幅を広げることにもなるのです。楽天ノーマルカードのVISAで決済できない店舗でも、追加カードのJCB、またはMasterCardを持っていることで、決済できる可能性があります。

引き落とし口座を分けられる

追加カードを持つと新たに口座が増えるため、お金の収支の管理が簡単になります。公共料金の支払いと普段の買い物の支払いが混在してしまうと、何の料金がどの程度掛かっているのかの判別が難しくなります。

口座を分けて管理してしまえば、ひと目でそれぞれに掛かっている金額を知ることができるのです。節約のためには、それぞれの料金をしっかりと把握しておくことが大切になります。無駄な支出を抑えるためにも、追加カードを利用することは有効なのです。

自動リボキャンペーン

楽天カードは「自動リボキャンペーン」を行っています。自動リボキャンペーンとは、自動リボを設定したあと、利用金額に応じてポイントが受け取れるサービスのことです。自動リボキャンペーンの対象は、利用金額10万円以上になります。

1枚目のカードで自動リボを設定してしまうと、その分だけリボ払いの残高が増えます。

自動リボキャンペーンの対象は、次月・次々月の支払いをリボ払いにすることです。1枚のカードしか持っていない場合、自動リボにしている間にカードを使ってしまうとリボ残高が増えてしまいます。

追加カードを持っていれば、一方は自動リボとして、もう一方は普通の支払いとして使うことができるのです。つまり、1枚目のカードを自動リボにしている間に2枚目のカードを使って決済することで、1枚目のカードのリボ残高増加を抑えられる、というメリットがあります。

別ブランドのカードが持てる

上述したように、別ブランドのカードを持つと、決済できる店舗の幅が増えます。どちらか一方で決済ができなくても、もう一方のカード(別ブランド)で決済できる可能性があるのです。

クレジットカードで買い物をしたい店舗があっても、取り扱いがなければ実現できません。しかし、追加カードを手にすることによって、今までクレジット決済ができなかった店舗でも、利用できる可能性があるのです。

まとめ

楽天カードの2枚持ちの対象はJCB、またはMasterCardです。1枚目のカードがVISAの場合、すぐに追加カードの申し込みができますが、1枚目のカードがJCB、またはMasterCardの場合、一回解約する必要があります。カードの2枚持ちのメリットは、主に「支払いを分けることで支出を明確にできること」と、「支払いできる店舗の幅が広がること」だと言えるでしょう。

関連記事

全記事一覧