nanacoポイント交換方法は3つ!センター預かり分はどうなる?

セブンイレブンやイトーヨーカドーなどで使えるnanacoカード。nanacoで支払いするとnanacoポイントが貯まっていきますが、みなさんはポイントを交換されていますか?まだポイントを交換したことがない、ポイントを交換したいけど交換方法が分からないという方のために、今回はnanacoポイントの交換について3つの方法を紹介していきます。

nanacoのポイント交換方法とは

レジ操作にて電子マネーに交換

nanacoポイントを電子マネーに交換する方法があります。1ポイント=1円の還元率で交換するこができ、次回のお買い物で使うことができます。実際にお店での交換の流れについて、お店のレジカウンターでnanacoポイントを電子マネーに交換する旨をお店の方に伝えます。その後、nanacoをレジの専用リーダーにかざして電子マネーに交換します。 そのほか、ナナコチャージ機を設置しているお店もあります。こちらは、機械を自分で操作してnanacoポイントを電子マネーに交換します。nanacoポイントから電子マネーに交換する方法を2つ紹介しましたが、比較的簡単に交換できますので、まだ交換したことがない方は、ぜひ試してみてください。

オムニ7サイトの買い物で使う

次に、オムニ7サイトのお買い物の時にnanacoポイントを使用する方法について紹介します。 オムニ7とは、セブン&アイホールディングスが運営する店舗の商品をネット購入できるサービスです。ネット決済時にnanacoポイントから支払いを選択すると、1ポイント=1円で使用することができます。

1ポイント=1円の還元率で募金する

こちらは、パソコンやスマホからの申し込みになりますので、お店での申し込みはできません。パソコンやスマホのnanaco会員メニューにログインして、ポイント交換からポイント募金を選択して交換します。1ポイント=1円の還元率で募金することができます。 一般財団法人セブンイレブン記念財団に寄付されて、環境保全活動を支援している団体や大規模災害の被災地支援などに役立てられます。今までは富士山地域や北海道の霧多布湿原のトラストの環境保全、東日本大震災の被災地支援などにも寄付されているとのことです。

その他にポイントを交換する方法とは

ANAマイルやSKYコインにできる

ここまでnanacoポイントを電子マネーに交換する方法について紹介してきましたが、そのほかにANAのマイルやSKYコインにも交換することができます。 パソコンやスマホからnanaco会員メニューにログインし、ポイント交換からANAマイルまたはSKYコインに交換を選択して交換します。還元率は500nanacoポイント=250ANAマイル、500nanacoポイント=500ANA SKYコインです。キャンペーンをしているときは、さらに還元率が良くなることもあるようです。

キャンペーンやカードでチャージした分は?

センター預かり分はATMやレジで

センター預かり分とは、キャンペーンの特典やクレジットカードからチャージした金額などのことです。 センターお預かり分になる一例として、
  • キャンペーン特典のポイント
  • 提携先のポイントからポイント交換したポイント
  • セブンカード・プラスでクレジット払いしたポイント
  • クレジットチャージした電子マネー
  • nanacoギフトからチャージした電子マネー
などがあるようです。 お店のレジやセブン銀行ATMで残高確認または現金でチャージをすることで、センターお預り分を受け取ることができ、使うことができるようになります。

nanacoポイント交換での注意点

ポイントには有効期限がある

nanacoポイントには、ポイントを使用できる有効期限があります。具体的に説明しますと、4月から翌年3月までに獲得したポイントは翌々年の3月末までが有効期限になります。その期限を過ぎると、自動的に失効になりますので、期限内にポイントを交換するようにしましょう。 有効期限を確認する方法として、セブンイレブンなどで「残高確認」「チャージ」「ポイント交換」をした際にレシートで有効期限が確認できます。そのほか、パソコンやスマホでnanaco会員メニューから確認する方法やセブン銀行のATMでもポイントの有効期限が確認できます。

手数料はかからないが取消ができない

nanacoポイントの交換するときにかかる手数料は無料です。しかし、一度電子マネーやANAマイルなどに交換すると、取消することができないので、貯まったポイントを何と交換するのかは、事前に決めておきましょう。

まとめ

今回は、nanacoポイントの交換方法について紹介しました。貯まったポイントは、セブンイレブンやイトーヨーカドーなどのお店で交換したり、パソコン・スマホからも交換することができます。また、電子マネーに交換するほかにANAマイル・ANA SKYコインや募金することもできるので、みなさんの用途に応じて使い分けることができます。ただし、ポイントには有効期限がありますので、ずっと貯めっぱなしで気づいたらポイントが失効したということがないように、定期的にポイント交換をしましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。